「カップ麺」にまつわる記事

【再現レシピ】『日清焼そばU.F.O.「四川火鍋味」』が死ぬほどウマいが入手困難なので自作してみた / 辛ウマ「秘伝ソース」は5分で作れる!! 麻辣好きは試してみて

先日の記事で紹介した『日清焼そばU.F.O.「四川火鍋味」』。その名のとおり中国の麻(マー:痺れる辛さ)で辣(ラー:唐辛子の辛さ)な鍋をイメージした焼きそばである。これがウマすぎィィィ! 史上最強にウマいU.F.O.と言っても過言ではないくらいなのだ。

ただひとつ、残念なのは日本では手に入らないということ。全国発売を切望するが、その思いは、まだ日清に届いていないよう。もう待ちきれない! 自宅で作ってみたところ……たった5分でほぼ再現可能と判明したので報告させてほしい。

続きを全部読む

準備万端の状態で汗っかきが濃厚激辛カップ麺『地獄の担々麺 護摩龍(阿修羅)』を食べたら予想外の展開に…

汗っかきの人たちなら薄々気づいていると思うが、「辛い料理=汗が吹き出る」ではない。何が作用しているのかは不明だが、普通の人が「そこまで辛くない」と思う料理でも、汗がダラダラになることなんてザラにある。その逆もしかり……だ。

そんなこんなで、絶望的な汗っかきである私が今回食べてみたのは、サッポロ一番の濃厚激辛カップ麺『東京大久保 地獄の担々麺 護摩龍 ミドルステージ阿修羅』だ。名前からして相当ヤバイ。なにせ「地獄」で「阿修羅」で「濃厚激辛」である。

続きを全部読む

【新旧比較】新しくなった『日清・トムヤムクンヌードル』を旧商品と食べ比べてみた結果…

2014年に発売され、一時は生産が追いつかなくなるほどの人気となった日清食品の『トムヤムクンヌードル』。タイ日清の協力によって開発された本格的な味わいに、驚いた方も多いことだろう。

2018年4月2日、『トムヤムクンヌードル』を含む3品のエスニックヌードルが新たに登場した。ロケットニュース24ではその3品をレポートしたばかりだが……続けて『トムヤムクンヌードル』の新旧比較をお届けするぞ〜っ! さあ、ウマいのはどっちだ!!

続きを全部読む

【新商品】進化したトムヤムクンヌードルを含む「カップヌードル エスニックシリーズ」3種類を食べてみた → どれもクセが強いけどウマい

便利な世の中になったものです。私はつい先ほど、タイ・シンガポールのグルメ旅をしようと思い立ち、数分間でそれを実現しました。しかも、たった160円ほどで。さあ、あなたも気軽に旅を楽しみませんか……カップヌードルで

──2018年4月2日、グルメ旅気分が味わえるカップヌードルの「エスニックシリーズ」から3つの新商品が登場した。『トムヤムクンヌードル』と『シンガポール風ラクサ』がリニューアルされ、新たに『ブラックペッパークラブ』が加わった。さっそく食べてみたので感想をお伝えするゾ!!

続きを全部読む

中国の国民的カップ麺『紅焼牛肉麺(ホンシャオニュウロウメン)』を食べてみよう / マズイと思った人にこそ試してほしい「美味しく食べるコツ」はこうだった

「20世紀最大の発明」と名高いカップ麺! カップ麺は日本企業の発明品。1971年に日清が発売した『カップヌードル』がその元祖である。その後、世界中に広がり一大文化となった。

ラーメン発祥の国・中国もその例外ではない。数多くのカップ麺が販売されているなかでひとつ注目したい商品がある。それは『紅焼牛肉麺(ホンシャオニュウロウメン』。どうやら日本人の評価は真っ二つであるよう。なぜなのか? 結局、ウマイのかマズイのか、何なのだろう。

続きを全部読む

【新商品】まさかのチキンナゲット入り!「カップヌードル ポテナゲ ビッグ」を食べてみた

数あるカップ麺の中でも揺るぎない人気を誇る、日清食品のロングセラー「カップヌードル」。しょうゆ、シーフード、カレーといった定番だけではなく、エナジー味噌ジンジャーチーズピザポテトマトなど “攻め” の商品も続々と世に放っているのが印象的だ。

2018年2月12日、「カップヌードル」からまたしても斬新な商品が発売された。その名は『カップヌードル ポテナゲ ビッグ』である。“ポテナゲ” という名前の通り、ポテトとチキンナゲットの組み合わせらしいのだが……さて、どんな味がするのだろうか?

続きを全部読む

【コラム】日本のカップ麺はなぜ容器の中に “アレ” が入っていないのか? 海外みたいに “アレ” を入れてくれよ! お願いだーッ!!

日本が誇る世紀の大発明品、カップ麺。その人気は日本だけにとどまらず、世界中のあらゆる場所で販売され親しまれている。とはいえ、個人的にはやはり日本製が味・種類共にもっとも優れているように思う。日本よ、おまえがナンバーワンだ! ある1点を除いては。

先日中国に行ってきた私(あひるねこ)は、現地で何回かカップ麺を食した。過去に別の国で食べたこともある。その際、毎回思うことがあるのだ。日本のカップ麺は、なぜ容器の中に “アレ” が入っていないのか? 頼むから “アレ” を入れてくれェェェェエエ!

続きを全部読む

提供:株式会社LIFULL

【ガチ検証】カップ麺と袋麺ではどちらの麺の方が長いのか? 実際に測ってみた結果!

もはや私たちの生活に必要不可欠な存在となったインスタントラーメン。カップ麺や袋麺など、一口にインスタントラーメンと言っても様々な種類がある。ところで、あなたはこんなことを思ったことはないだろうか? カップ麺と袋麺では、どちらの麺の方が長いのか、と。

できることならより長い方、つまり量が多い方を食べたいと思うのが人情というもの。そこで、実際に2つの長さを測って比べてみることにした。さあ、一体どんな不毛な作業が待っているのか、オラわくわくすっぞ! 正直死ぬほどどうでもいいけど、いっちょ測ってみっか!!

続きを全部読む

【本日発売】セブン「蒙古タンメン中本」に新作『チーズの一撃』が登場! 公式が話題の “ウマい食べ方” を完全再現したぞーッ!!

日々、入れ替わりが激しいカップ麺。特にコンビニのカップ麺コーナーでは、一度見かけた商品を次に見られる保証はないのである。その中にあって、セブンプレミアム「蒙古タンメン中本」は常に安定した人気を誇っており、最強のカップ麺との呼び声も高い。

そして本日2017年10月23日、数量限定の新商品『蒙古タンメン中本 チーズの一撃』が発売された。その名の通りチーズが入った「中本」なわけだが、実はこれ、ファンの間で流行っている食べ方からヒントを得て誕生したのだという。そんなん絶対ウマいだろ! というわけで、さっそく食べてみたぞ。

続きを全部読む

提供:日清食品株式会社

【独占】10分どん兵衛の発案者「マキタスポーツ」&「日清食品担当者」&「RN24」の頂上対談がついに実現! 変態裏メニューも大公開!!

旨味たっぷりのつゆに、コシの強い太麺が特徴の定番カップうどんが『日清のどん兵衛』だ。ここ数年は「10分どん兵衛」や「レンチンどん兵衛」をはじめとする、数々のアレンジメニューで大きな注目を浴びているのはご存知の通りである。

そんな中、驚くべきことにこの度、どん兵衛の開発担当者と『10分どん兵衛』の発案者である「マキタスポーツ」さん、そして当サイト「ロケットニュース24」の夢の三者対談が実現! 10分どん兵衛にまつわる秘話や、どん兵衛の開発担当者が考案した衝撃の裏メニューなどを聞くことができたので、その内容を詳しくご紹介していくゾ!!

続きを全部読む

【新商品】ネットで話題の「アクマのキムラー」を再現した『チキンラーメンどんぶり キムラー』を食べてみた / 調味オイルが効きまくり!

今や世界各国で販売されている「インスタントラーメン」だが、その起源は日清食品の創業者「安藤 百福 (あんどう ももふく)」 さんの発明した『チキンラーメン』であることを忘れてはならない。

そんな歴史的ロングセラーであるチキンラーメンシリーズに本日2017年6月5日、ネットで話題のアレンジレシピ「アクマのキムラー」を再現した商品『チキンラーメンどんぶり キムラー』が登場した。しかし、“キムラー” とはいったい何味なのか? 実際に味わってみたので、感想をご報告したい。

続きを全部読む

【人気のカップ麺】再現度がマジで高い! ミシュラン星獲得店監修の日清『鳴龍 担々麺』が激ウマ!!

2007年に初の日本版が発売されてから約10年が経ち、すっかりグルメガイドとしての地位が確立された「ミシュランガイド」。そんなミシュランガイドで数々の超高級店と並び、2016年に見事 “星” を獲得したラーメン店が東京「鳴龍(なきりゅう)」だ。

なんと、その『鳴龍』のカップ麺が、2017年5月29日に全国発売された。実はこのカップ麺、ミシュランの星獲得前に1度発売されており、今回は星獲得後の再販ということで、以前にも増して人気が高まっているもようだ。さて、どれほど本物の味に近いのか? 確かめてみることにした。

続きを全部読む

【結果発表】みんなが選んだ「最強カップ麺」が決定! 栄光の第1位はやっぱりアレだった!!

2017年5月2日から16日までの約2週間、アンケートサイト「みんなの声」の協力を得て『最強カップ麺決定戦』を実施した。地球人のソウルフード、カップ麺の王者……つまり、キング・オブ・カップ麺を決めるガチ投票である。

そして今回はいよいよ結果発表! 2万3551票の頂点に輝いた栄光のカップ麺は何なのか? そして過酷な罰ゲームが待ち受ける最下位のカップ麺は何なのか? 全人類が気になって仕方ない注目の結果を……括目せよ!

続きを全部読む

【不思議】『どん兵衛 ギョーザラブうどん』を食べてみた → まるで水餃子を食べてるみたいな感覚に!

スープにご飯をぶっこんだ味を再現した「カップヌードル ぶっこみ飯」や、同社史上初のエナジー系商品「カップヌードル エナジー味噌ジンジャー ビッグ」など、続々と “攻め” のカップ麺をリリースしている日清食品から、また新たな刺客が登場した。

その名は『どん兵衛 ギョーザラブうどん』である。文字通り、中華の人気メニュー “餃子” をどん兵衛流にアレンジした商品で、餃子そのものは入っていないという。果たしてどんな味がするのだろうか? 実際に食べてみることにした。

続きを全部読む

【投票してね】「最強カップ麺決定戦」開催! そろそろNo.1カップ麺を決めようぜ!!

日本が世界に誇る食文化の1つに “カップ麺” がある。その起源は1971年に日清が発売した「カップヌードル」にさかのぼり、今では世界レベルで愛される、地球人のソウルフードと言っても過言ではあるまい。

今回のアンケート企画は、そのカップ麺のNo.1「キング・オブ・カップ麺」を決めようというもの……名付けて『最強カップ麺決定戦』である。果たして一番ウマいカップ麺はどれなのか? 熱き決戦がいま幕を開ける……!

続きを全部読む

【衝撃美味】カップヌードルリッチの新作「あわび風味オイスター煮込み」を食べてみた → 本格中華さながらの味でビビった!

昨年2016年4月、カップヌードル発売45周年記念商品として登場した、「カップヌードル リッチ」シリーズ。贅沢な味わいが楽しめるとたちまち人気となり、発売からすでに販売累計1400万食を突破しているというから驚きだ。

本日2017年4月24日、そんな同シリーズの新商品『あわび風味オイスター煮込み』が発売となった。カップヌードル史上初となる、あわびの味わいを表現したというこの商品。さっそく、その仕上がりを確かめてみたので、感想をお伝えしたい。

続きを全部読む

【新製品】マルちゃん「ゆず香る 鯛だしうどん」をレンジ調理で作るとウマすぎてマジ最高

日本で人気の食材のひとつに『鯛(たい)』がある。特に桜の咲く頃に獲れる真鯛は、産卵期を迎えて桜色になることから別名「桜鯛」と言われ、美しい食材として重宝されているのだそう。

そんな桜鯛が旬を迎えている中、本日2017年4月10日に鯛エキス入りのカップうどん、マルちゃん「ゆず香る 鯛だしうどん」が発売された。高級魚・鯛の風味が気軽に楽しめるとは、これは食べないわけにはいかない。さっそく味わってみたぞ。

続きを全部読む

【マジかよ】カップヌードル初のエナジー系!「エナジー味噌ジンジャー ビッグ」を食べてみた

続々と新商品がリリースされている日清「カップヌードル」シリーズに、2017年3月27日、またニューフェイスが登場した。その名は『カップヌードル エナジー味噌ジンジャー ビッグ』だ。

な、なに? 名前に “エナジー” の文字が入っているではないか! 日清によれば、これはカップヌードル初となるエナジー成分を加えた商品とのこと。どんな味か気になったので、さっそく食べてみたぞ。

続きを全部読む

【速報】「カップヌードルぶっこみ飯」を食べてみた → スープにご飯をぶっこんだ “あの味” よりウマいと判明!

しょうゆ・カレー・シーフードの味で昔から親しまれている、日清カップヌードル。最近では、高級感溢れる「カップヌードルリッチ」シリーズや、多国籍な味わいが楽しめる「CUP NOODLES」シリーズが人気を博しているのはご存知の通りだ。

そんな中、ちょっと変わったカップヌードルの新商品「カップヌードル ぶっこみ飯」が発売となった。名前からすでに怪しげなこの商品。さっそく味を確かめてみたので、感想をお伝えしたい。

続きを全部読む

【チョコ味など】本当にマズかった『奇抜系インスタント食品ランキング2017』発表!

2016年の終盤から2017年1月にかけて、インスタント食品業界で奇妙な流れが続いていた。明星の「一平ちゃんショートケーキ味」を皮切りに、東洋水産の「マルちゃん甘~いきつね」まで、いったい何を競っているのかわからない奇抜なラインナップが相次いだのだ。

クリスマス及びバレンタインを意識しての商品が多かったため、おそらくいったんこの流れは止まることだろう……いや、そうであって欲しい。そこで今回は『本当にマズかった奇抜系インスタント食品ランキング2017』と題して、当サイトがご紹介した全6品を総括しよう。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2