「カップ麺」にまつわる記事

【カップ麺で初体験】大宮の人気店「狼煙」の豚骨魚介カレーまぜそばを実食 → 本場のジャンクさに思いを馳せた

あちぃ……あちぃよ……梅雨が明けた途端、猛暑に切り替わった日本列島。毎日のように熱中症予防が呼びかけられており、外を歩くだけで体力が奪われてしまう。こんな時こそスタミナ飯を食べたい!

何かパンチの効いた麺類はないものか。スーパーを彷徨っていたところ、おあつらえむきの商品を見つけた。ずばり、大宮の人気店「狼煙(のろし)」の豚骨魚介カレーまぜそばがそう。その場でググったらどうやらジャンクさをウリにしているようなのだ。これは期待!

続きを全部読む

【世界の山ちゃん】ローソンで見つけた「幻の手羽先風味ラーメン」を食べてみた / マジで手羽先の香りハンパじゃねえです!

先日、ローソンのカップラーメンコーナーで見慣れない商品を見つけた。手羽先の唐揚げを世に広めた「世界の山ちゃん」である。有名ラーメン店の味をカップ麺で再現するのはわかるが “手羽先風味のラーメン” に需要はあるのだろうか……ガチで食べたい人はいるのだろうか。

いやいや、もしかしたらウマいのかも。だんだん分からなくなってきたぞ。だって、こんなにも堂々とコンビニカップ麺コーナーに並んでいるくらいだからな。気になる……というわけで、買って確かめることした。手羽先ラーメンいただきますっ

続きを全部読む

【駄菓子】ブタメンの新味「うま辛とんこつ」を郷愁とともにレビューする / そして大人食いもする

私事で恐縮だが、今は齢30を越えてすっかりインドア精神が完成され尽くしている筆者も、子供の頃は結構な頻度で外へ遊びに出ていた。その折、駄菓子屋の軒先でよく食べていたのが、ご存知の方も多いであろうカップ麺風の有名駄菓子、ブタメンである。

そんなブタメンの新商品「うま辛とんこつ味」が、つい先日2021年4月12日に発売されたらしい。「ブタメンってアップデートされるんだ」という驚きが胸に湧き、そして久しく食べていなかったブタメンへの郷愁も膨れ上がってきたので、実物を入手してみることにした。

続きを全部読む

【注意喚起】セブンの『蒙古タンメン中本』キャンペーンがさらに地獄化でヤバイことに! ハマると激辛クーポン地獄から抜けられなくなるぞ!!

地獄みたいな辛さのセブンプレミアム『蒙古タンメン中本』が、地獄みたいなキャンペーンを実施していたことは以前お伝えした。あれから数日。さすがに終わったかな? と思いのぞいてみたところ、まだ地獄だったため再びお伝えしたい。

特に前回のキャンペーンに参加した人は要注意である。もし万が一、2021年4月13日まで有効の「無料引換券」が財布に入っていようものなら、場合によっては脱出困難な無間激辛地獄に落ちてしまう可能性も否定できないからだ。

続きを全部読む

久世福商店が監修する「カップ麺」があるって知ってた? あの “毎日だし” が使われているからか、さっぱりしていて上品な仕上がりだぞ

久世福商店の出汁シリーズには、大変お世話になっている。万能だしに昆布だし、毎日だしなど。食材に応じて使い分けられる、種類の豊富さもありがたい。

そんな久世福商店が監修するカップ麺があることを、ご存じだろうか。やはりと言うかなんと言うか「だし」を使い、仕上げているらしい。そんな豪華なカップ麺、食べずにおれようか。さっそく味わってみるとしよう。

続きを全部読む

【注意喚起】セブンの『蒙古タンメン中本』が地獄のようなキャンペーンを実施中! 一つ買うと地獄みたいな「無料引換券」を渡してくるぞ!!

ラジオの帝王が伊集院光なら、コンビニ激辛グルメの帝王はセブンプレミアム『蒙古タンメン中本』である。辛い……! でもなぜか箸が止まらない……!! 入れ替わりの激しい商品棚において、圧倒的な存在感を放ち続けていることは皆さんご存じの通り。

実はこの『蒙古タンメン中本』が今、地獄のようなキャンペーンを実施している。店頭で『蒙古タンメン中本 辛旨味噌』を買うことが強制地獄イベントの発動条件だ。舌と胃と腸ともろもろに自信がない人は、十分注意していただきたい。

続きを全部読む

大のわかめ嫌いが大好きな「チキンラーメン」の新商品 “わかめ味” に挑んでみた

幼少の頃より、わかめが苦手である。わかめを愛する方々には申し訳ないが、あの独特の匂いと食感がどうも受け付けない。「口に入れたら吐く」とかそこまでのレベルではないが、食卓にわかめの姿を認めると苦りきった顔になること請け合いである。

ただ、筆者はわかめ愛好者とのあいだに火種をばらまきたいわけではない。むしろその逆である。というのも、去る2021年3月8日に日清食品より「チキンラーメン」のわかめ味が新発売されたのだが、その情報を聞いて筆者はこう思ったのだ。

大好きな「チキンラーメン」の助力があれば、わかめを克服できるのではないかと。

続きを全部読む

カップ麺のフタを押さえてくれるグッズが画期的に見えたので買ってみた結果…

いいもの見つけた! 一度そう思ったはいいものの、あとで冷静になったら「なんてことないものだった」なんて経験は誰にでもあるのではないだろうか。ダイヤの原石を見つけたと思ったらそうじゃなかった的な。

私はある。何なら何度もあって、つい先日も勢いに任せて買ったら「あったらいいけどなくてもいい」商品だった。ずばりカップ麺のフタを押さえてくれるグッズがそうである。

続きを全部読む

【謎】ライフPBのカップそばが「緑のたぬき」とほぼ同じなのに安い! 東洋水産に真相を確認してみた結果

近所にあったら便利なスーパーマーケット・ライフ。食材、惣菜だけではなく、生活雑貨に消耗品まで揃うのが良いところで、私(中澤)はめちゃくちゃお世話になっている。お世話になりすぎて近所のライフの休館日が告知されると焦るレベル。もはや依存していると言っても過言ではない。

ある日、そんなライフをぶらぶらしていると、見慣れないカップ麺を発見した。天ぷらそばなのだが、どん兵衛でも緑のたぬきでもない。それでいて税抜き88円とカップ麺にしたって相当安い。安いから食べてみることにしたぞ。

続きを全部読む

【ライバルはお店】一蘭から史上初のカップ麺が登場! 長年の研究でこだわりまくった結果「あえて具材ナシ」ってマジかよ!

一蘭から “こだわりまくりのカップ麺” が出たらしい。一蘭としては史上初のカップ麺で、どうやら20年以上前から研究はスタートしていたそうだ。んで、よくわからないのが、こだわり過ぎた結果「具材はナシ」で勝負しているという。ほほう、正気かよ。

しかも、ライバルは「お店の一蘭」とのこと。具材ナシのカップ麺が調子に乗ってんじゃねえぞ……とは思いつつも、ここは一蘭ファンがきっちりジャッジしておく必要があるだろう。というわけで、買ってみた。

続きを全部読む

新大久保で海外カップ麺の “ジャケ買い” をしてみた結果… → めちゃくちゃウマいのを発見してしまった!!

「ジャケ買い」とは、レコードやCDを聞かずにジャケットだけを見て買うことを指す。そこから転じて中身を確かめずに購入することを、そう呼ぶこともある。

今回私(佐藤)は、東京・新大久保にある中国食材のお店で、カップ麺のジャケ買いに挑戦してみた。パッケージに写真のないものをあえて選んでみたのだが、実際に食べてみると……、ビックリするほど美味かったんだ! カップ麺のクオリティは日本が世界一だと思ってたけど、海外の商品もなかなかイケることがわかったぞ!

続きを全部読む

サンポーの「焼豚ラーメン」は九州で知らない人はいない最強カップ麺 / 昔から変わらない味は今も健在

インスタント食品にもいろいろあるが、九州で「あなたの好きなものは?」と聞いたら結構な割合で回答に入ってくると思われるのがサンポーの焼豚ラーメンである。理由は単純明快でウマいから。そのままやんけと言われるかもだけど、普通にウマいのだ。

まぁウマさに加えて安い、早いまでついてくるから人気なのだが、サンポーは九州で知らない人はいないカップ麺界のトップランカーでもちろん福岡県出身の私も大好物。先日、久しぶりに食べたら全く変わっていなくて改めて最強のカップ麺だと確信した。

続きを全部読む

【新作】伝説のすた丼屋が監修した「スーパーカップ」を実食 → ニンニク好きにはたまらん一杯

ニンニクこそ正義。そう言わんばかりにニンニク攻めをするお店といったら「伝説のすた丼屋」で決まりだろう。何しろこの春、新型コロナウイルス感染症に対抗するため『超ニンニクすた丼』を緊急発売。ただでさえニンニクたっぷりメニューがデフォなのに、通常の5倍以上の量をぶち込んできたことがあるからだ。

もはやニンニクを扱わせたら右に出る者はいないが、このたび形を変えて新商品を世に放ってきた。エースコックから出されたスーパーカップの「すたみなラーメン」は、すた丼屋監修だけに当然ながらニンニク入り!

続きを全部読む

【比較】30円安いのにカップヌードルの味! ローソン、ファミリーマート、セブンイレブンのオリジナルカップラーメンを食べてみた結果

庶民の味方カップヌードル。言わずと知れた日清食品のエースだ。口の中がカッカッするようなスープと、ちぢれ麺、そして謎肉……普通に食べているがよく考えると、その味は圧倒的なオリジナリティーに満ちている。カップヌードル以外にカップヌードルなし

と、私(中澤)は勝手に思っていたのだが、コンビニオリジナルのカップラーメンにカップヌードルに激似のヤツがあった。しかも、約30円安い上にノンフライ麺。「コスパも意識も高いカップヌードル」とでも言うべきオリジナルラーメンの名は……

続きを全部読む

IKEAの低カロリーカップ麺『プラントラーメン』を食べてみた感想 → こんなに罪悪感のないラーメン生まれて初めて…!

たまに無性に食べたくなるカップ麺。しかし、いつからだろう……。食べ終わった後、謎の罪悪感に襲われるようになったのは。中には食べたことを後悔するくらい罪深いラーメンも存在する。我々はこの感情から逃れることはできないのか?

そこへ現れたのが、今年4月25日に発売された植物由来100%のカップ麺『プラントラーメン』だ。なんとこれ、あの「IKEA(イケア)」が手掛けたという少々珍しい商品である。先日久しぶりに店舗に行くことができたため、遅ればせながらさっそく食べてみたい。

続きを全部読む

「岩下の新生姜味 塩焼きそば」に「焼きそば専用 岩下の新生姜」をかけて食べてみた / 良い意味で文句しか出ない味

ペンライト芳香剤ポテトチップス巾着袋。一見無関係に見えるこれらの品々には、実は「ある要素」が共通している。読者の皆さんはおわかりだろうか。賢明な方であれば気付くかもしれない。そう、これらは全て「岩下の新生姜」の派生商品である。

賢明な方というより賢明な「新生姜」マニアの方しかわからなかったかもしれないが、ともあれ、その「新生姜」で有名な岩下食品は、これまで多様な「新生姜商品」を展開してきた。そして今回、2020年6月29日に新たにラインナップに加わったのが、サンヨー食品とのコラボで開発されたカップ麺「岩下の新生姜味 塩焼そば(税抜193円)」だ。

続きを全部読む

【アカン】伝説の激辛モンスター再び…! セブン『蒙古タンメン中本 北極ラーメン』が復活を果たしていたので食べてみた

先週末、近所のセブンイレブンに行ったら赤いカップ麺がハンパなく山積みになっていた。どうやら『蒙古タンメン中本』のようだが、発注ミスでもしたんか? ってくらい大量だったのでよく見てみると……いや、普通の『中本』じゃない! コ、コイツはたしか……!!

_人人人人_
> 北 極 <
 ̄Y^Y^Y^Y^ ̄

そう、通常の『中本』よりも遥かに辛い伝説の激辛クレイジーモンスター『蒙古タンメン中本 北極ラーメン(税込213円)』が復活を果たしていたのだ。マジかよ、なんかもう見てるだけで唇が痛くなってきやがった……!

続きを全部読む

【ガチ】「出前のプロ」はどんな過酷な環境でも料理をこぼさないのか?『ロデオボーイ』をスピードMAXにして乗せたらこうなった!

デリバリー全盛の今。外を歩いていると、四角いリュックを背負って自転車に乗っている人を必ずと言っていいほど見かける。登録すれば誰でも配達員になれるのだからスゴイ時代になったものだ。しかしその一方で、料理がこぼれていた等のトラブルもやはり多いらしい。

ケースは様々あるだろうが、原因の一つとして、彼らがプロではないことが挙げられるだろう。出前のプロならば、雨が降っていようが風が吹いていようが、汁物を運んでいようが絶対こぼさないはず。そこで今回は、出前のプロを『ロデオボーイ』に乗せてその実力を確かめてみたい。

続きを全部読む

【マジかよ】どん兵衛の新作『汁なしラーそば』は温・冷どちらにも対応! 激推しされたので「冷盛り」にしてみた結果 → ちょい面倒だけどウマし

日清「どん兵衛」に湯切りタイプの『釜たま風うどん』が登場した時は衝撃を受けたものだ。どん兵衛に注いだお湯を流しに捨てるなど、サザエさんも軽く引くレベルのうっかり行為ではないか。しかし今では “汁なしシリーズ” として人気を博しており、すっかり市民権を得たようである。

2020年3月30日に新しく発売された『日清の汁なしどん兵衛 ラー油香るラーそば(税抜193円)』もその一つで、日清によれば、全国的に人気が拡大しているという “ラーそば” をどん兵衛流にアレンジした商品とのこと。現物が送られてきたため、さっそく作ってみようと思う。

続きを全部読む

宮崎の有名店「味のおぐら」のチャンポンカップ麺がビビるほど美味い! 宮崎・鹿児島のファミマで発見したら即ゲットせよ!

宮崎県で「おぐら」といえば、チキン南蛮が有名。県民はもちろん、観光客も足を運ぶほど人気の洋食店だ。そんな「おぐら」のチキン南蛮……ではなく、チャンポンがカップ麺となって宮崎・鹿児島のファミマで限定販売されているらしい。チャンポンも有名だったのかよ。

しかもかなりの人気で、毎年あっという間に売り切れてしまうのだとか。となると、見つけるのも困難かもしれない。そう思いつつも、先日、宮崎に行った際にファミリーマートに立ち寄ったところ……あった。どころか、めっちゃ売っていたので買ってみることにした。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5