生きたカタツムリで「カタツムリ美容パック」したらカタツムリが死んだ

「奇跡のクリーム」として、女性の間で密かにブームの「カタツムリ・クリーム」。カタツムリの分泌液から作られた化粧品で、シミ・シワ・たるみ、あらゆる肌の悩みに効果があるとされている。

カタツムリ・クリームの主成分はカタツムリから分泌される体液。ある女性がクリームを買うより安上がりと、生きたカタツムリを直接肌に乗せる「生カタツムリパック」にチャレンジした。一定の効果はあったものの、カタツムリが謎の変死を遂げるという事態になっていた。

続きを全部読む

お酒を搭載したカクテルを作るドレスが近未来的でカッコイイ

オランダの女性デザイナーが、斬新なドレスを考案し脚光を浴びている。彼女は過去にも、独自のセンスでファンション界に旋風を巻き起こしてきたのだが、今回発表したドレスは今までのものに増してユニークなアイディアが詰め込まれたものだ。

そのドレスとは、カクテルを作ることのできるドレス。服のあちこちにリキュールが隠されており、ボタンひとつで胸の小窓からカクテルが出てくるのだ。オランダのクラブシーンで、アルコールメーカーのプロモーションに活用されるものと思われる。

続きを全部読む

2億DLを達成したゲームアプリのCM動画がリアルすぎて面白い!

アングリーバード(Angry Birds)という世界的に有名なゲームアプリをご存じだろうか。iPhone、アンドロイドともにダウンロードが可能で、なんと最近になって2億ダウンロードも達成したようだ。

続きを全部読む

結腸ガンの既婚者は死亡率が低いという研究結果が発表された。海外ニュースサイト「U.S.News HEALTH」が報じている。

これは、127753人の患者記録をもとに調査したようで、結腸ガンの既婚者は、14%も死亡率が下がるとのこと(男女問わず)。

では一体なぜ、既婚者は死亡率が下がるのだろうか?

続きを全部読む

妻夫木聡が教えてくれた「目玉焼きのせ納豆丼」で納豆嫌いを克服

朝御飯にもってこいな食品といえば納豆です。栄養価がバツグンなことは、みなさんもご存知のとおり。かのアントニオ猪木は、貧乏だった若手時代に納豆ばかり食べていたらしく、「猪木は納豆で体を作った」という伝説まであるほどです。

そんな闘魂食の納豆も、ニオイがキツかったり、ネバネバがイヤだったりで、苦手とする人も大勢います。実は私もそうでした。しかし、数年前にテレビで紹介されていた「目玉焼き+納豆」の組み合わせを試してからは、納豆嫌いが一変し、まさかまさかの納豆好きになってしまったのです。

オススメなのは「目玉焼きのせ納豆丼」。まずは作り方からご紹介します。
 
続きを全部読む

私(記者)は、西武池袋線「大泉学園」駅に住み続けて、今年でなんと30年目となる。したがって、ほとんどの飲食店は行ったことがあるし、また、近所の人が教えてくれた美味しといわれる店には足を運んでいるつもりである。

そんな私からすると、食べログやグルナビの大泉学園のグルメランキングは間違ってるんじゃないかと思うことさえある。それは致し方ないのかもしれない。なぜなら、ランキングでウマイと投票した人の多くが、私と全く違う好みや価値観なのかもしれないから。

続きを全部読む

あまりにもかわいすぎるチビッコ野球のダブルプレー

野球でもサッカーでも、チビッコが一生懸命にプレイしている姿は、見ていて思わずなごんでしまう。ルールを超えた「なんでそうなるの!」といったプレイが、チビッコスポーツの醍醐味だ。

そんな、なごみ系のチビッコ野球試合動画が、いま話題になっている。

続きを全部読む

完全に住めるレベル! 男のロマンを刺激する、リビング&ロフト付きの改造トラック

なんということでしょう! 一見、何の変哲もない普通の部屋。キッチンがあり、奥にはデスク。ノートパソコンも置いてある。少し狭いながらも、住みやすそうな良い部屋だ。

しかし、ここ、なんとトラックの中なのだ!!

続きを全部読む

私の名前は褌シメタロウ。日夜日常の些細な出来事について、深く思いを巡らし、実働時間を無視して記事を書いているライターである。

次第に暑さが増し、気が付けば夏。そう、夏が来た。1年でもっとも男性にとって悩ましい季節だ。どこに行くにも、何をするにも女性に目が行ってしまう。これは何も、いやらしいことを考えていてそうなるのではない。

続きを全部読む

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーのマネジメントを読んだら』という書籍や映画が人気を博していますが、もし高校野球の女子マネージャーがAKB48の秋元康だったら、どのような展開になるのでしょうか?

続きを全部読む

奇跡!交通事故により視力を回復した少年

右目の視力がなかった少年が交通事故により、奇跡的に回復したと、海外メディア「news24」が伝えている。

同メディアによれば、このGerhard君(7歳)は南アフリカに住んでおり、つい最近、家の前でタクシーにひかれてしまった。その時の衝撃は激しいもので、12mほど飛ばされたが、幸いにも、軽い脳震盪で特に問題なかったという。

続きを全部読む

【闇の大人たち】第32回:家政婦は見た! 迷惑ばあさん機内で大暴れ

その日の早朝、台湾の桃園国際空港でプノンペン行きの中華航空機に搭乗した。この便はアメリカに移住したカンボジア人が里帰りに使うことで有名。参考までに皆さん、アメリカで溜め込んだストレスで爆発寸前だ。

席に座ると、真横でなにやら言い争う声がする。あき竹城を彷彿とさせるガッチリ型のCA(キャビンアテンダント)と、全盛期のダンプ松本風グラサンに迷彩テンガロンハット、迷彩シャツという、もはや悪役女子レスラーにしか見えない完全武装のババアが、荷物を座席の下に置く、置かないで激しく罵り合っていた。

一歩も退かないダンプにブチ切れたあき竹城が業を煮やし、他のクルーを呼びに走ったその時であった。何を思ったのか、CAの背中に向かって、ダンプがこう叫んだのだ。「マザー○ァッカー!」と……

続きを全部読む

ANAが世界初で運行する「ボーイング787」がヤバすぎ!加湿器装備、窓が約1.2倍、電子カーテンで調整など…

全日空(ANA)が世界で最初にボーイング787を運行することをご存じでしょうか。このボーイング787とは、米・ボーイング社が開発した、次世代中型ジェット旅客機で、今までは大型ジェット機でしか飛べなかった距離でもこの787であれば飛行可能とのことです。巡航速度はマッハ0・85。

それ以外にも、下記のような点が従来の飛行機とは差別化されています。 続きを全部読む

お教えしよう、これがガリガリ君の上品な食べ方だ!

もう夏本番、7月を前にしてすでにバテ気味の方もいるかもしれない。暑さが続くとどうしても手が伸びてしまうのが氷菓だ。なかでも国民的な人気を誇る「ガリガリ君」は、豊富なテイストと手ごろな値段で長年支持を集めている。

とてもおいしいアイスキャンディーなのだが、ゆっくり味わっていると暑さで融け出してしまい、手がベタベタになってしまったという経験はないだろうか。できれば手を汚さずに食べたいという方のために、上品な食べ方をご紹介しよう。この方法であれば、手を汚すことは絶対になくなるぞ。

続きを全部読む

韓国が北の極秘資料を公開 / 人肉事件や麻薬犯罪、罪にならない殺人まで

先ごろ、ぞっとするような北朝鮮の極秘資料を韓国が公開した。この資料は、北朝鮮の警察庁に当たる人民保安省(現在の人民保安部)が発刊したものとみられており、脱北者の救出活動を展開する韓国のキリスト教団体が得た情報だという。脱北者の口から語られた真実であり、北朝鮮の恐ろしい内情がみてとれるのだ。

続きを全部読む

エリザベスカラーが邪魔で階段を上れないワンちゃん…知恵を振り絞ってみました

傷口を舐めたり噛んだりして悪化しないよう、首にエリザベスカラー(サポーター)を付けたワンちゃん。2階にいる飼い主に呼ばれて階段を上ろうとするも、エリザベスカラーが1段ごとに階段に引っかかって、スムーズに歩けない。

続きを全部読む

自転車メーカーのコピーがカッコ良すぎると話題に / 「ひと振りで世界を変える死神の鎌(サイス)」など

とある自転車メーカーのキャッチコピーが、インターネット上で注目を集めている。同社のサイトをみると、およそ自転車を販売しているとは思えないような文言を確認することができるのだ。たとえば「死神の鎌」や「漆黒の長槍」など、インパクト絶大。まるでこれらの自転車が、ゲームの世界の武器のように表現されているのだ。

続きを全部読む

うな重かと思ったらiPhoneケースだった

今年の夏は猛暑との予想。6月の時点ですでに猛暑だが、暑さを乗り切るためにはスタミナが必要だ。そして、これからの季節にピッタリなスタミナ料理といえば「うなぎ」である。

ということでネットでうなぎを検索してみると、とても香ばしそうなうな重を発見。これはどこで食べられるのカナ?……と思いきや、なんとこのうな重、iPhoneケースだったのだ!

さらに調査を進めてみると、さまざまなメシ系iPhoneケースが出回っていることを確認。どんなメニューになっているのか、以下にまとめてみたぞ。

続きを全部読む

今日6月24日は「UFOの記念日」、全世界でヒットした超大作もいよいよ公開!

突然だが、みなさんは今日6月24日が何の日だかご存知だろうか? 実は今日は「UFOの記念日」。世界中のUFOマニアが一斉にUFO観測を行う日なのである。

では一体、なぜUFO記念日なのだろうか? その答えは今から64年前の1947年の今日6月24日に、アメリカで初めてUFOが目撃されたからである。

続きを全部読む

「スイーツ世界大会で韓国が日本を妨害!」と報じた日本の番組に韓国が反論「韓国が悪いように見せる編集だ」

先日ロケットニュース24で、「権威あるスイーツ世界大会で、日本チームが韓国チームから意図的と思われる妨害をされていた」とをお伝えした。韓国チームが日本チームと共用していた冷蔵庫をわざと開けっぱなしにして、日本チームのアイスクリームが溶けるように仕組んだらしい、というものだ。

この妨害の一部始終は、テレビ朝日の人気番組『トリハダ秘スクープ映像100科ジテン』で放送された。韓国チームは番組内で「我々は日本だけには負けたくないんだよ」とも発言しており、日本のインターネットユーザーに大きな衝撃を与えたのだ。

その「スイーツ世界大会の妨害問題」に対し、韓国メディアを含む韓国のネットユーザーは、「わざと冷蔵庫を開けっぱなしにしたように見せる編集だ」など、次々と反論記事を掲載している。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 2000
  4. 2001
  5. 2002
  6. 2003
  7. 2004
  8. 2005
  9. 2006
  10. ...
  11. 2102