「高校野球」にまつわる記事

高校野球が終わって「甲子園ロス」になる人が続出 / まさかの「金足ロス」や「吉田ロス」まで…

大阪桐蔭高校の史上初となる2度目の春夏連覇で幕を閉じた第100回目の甲子園(全国高校野球選手権大会)から一夜明けた。全国3780校から目標にされた大阪の強豪校がプレッシャーを跳ね返すのか、それとも秋田の金足農業高校が白河の関を越えて深紅の大優勝旗を持ち帰るのか──ドラマのような組み合わせになったこともあって、決勝は日本中の関心を集めた。

1日経った今でも甲子園の話題は尽きないほどだが、ネット上で喪失感に襲われる「甲子園ロス」が起きている。悲しみの声が溢れていて後を絶たず、まさかの「金足ロス」まで……。まずは甲子園ロスになってしまった人の声から紹介しよう。

続きを全部読む

【は?】金足農「吉田投手の侍ポーズ」を高野連が自粛要請 → 何がダメなのか高野連に聞いてみた結果…

第100回目を迎えた甲子園がアツい。その中心にいるのは東北勢として初の優勝を目指す秋田県代表の金足農業高等学校、さらに言えばエースとしてチームを牽引する吉田輝星投手だ。

そんな吉田投手のルーティンが時折見せる「侍ポーズ」だが、各種メディアによれば大会を運営する高校野球連盟(以下・高野連)が吉田投手に対し侍ポーズの自粛を要請したという。正直、あまりにも意味がわからないので「侍ポーズの何がダメなのか?」高野連に問い合わせてみることにした。

続きを全部読む

【甲子園】金足農業高校の決勝進出で「AAB秋田朝日放送」のTwitterがまたぶっ壊れる

秋田の金足農業高校旋風が止まらない。2018年8月20日、第100回目の全国高校野球選手権大会(甲子園)の準決勝第1試合が行われ、金足農(秋田)が日大三(西東京)に2−1で勝利した。

これにより金足農は秋田勢として103年ぶりに決勝進出。福島以北の東北地方に優勝旗をもたらすまで、あと1勝と迫った。そして大躍進に興奮を隠せていないのが、このところネットで話題になっている「AAB秋田朝日放送」のTwitterだ。

続きを全部読む

【賛否両論】甲子園史上初の「タイブレーク」に対するネットの反応

100回の節目を迎えた全国高校野球選手権大会(甲子園)は2日目を終えた。春夏連覇を狙う王者・大阪桐蔭が登場し、熱気は高まるばかり。そしてついに甲子園史上初となる新ルールも適用された。

第4試合の旭川大(北北海道)vs 佐久長聖(長野)は、9回を終えて4−4と互いに譲らず。延長12回の時点でも得点は動かず同点のままだったため、タイブレークで決着をつけることになった。

続きを全部読む

【知ってる?】高校野球はスマホアプリやパソコンでも無料視聴できる

2018年8月5日、ついに第100回全国高校野球選手権大会(甲子園)が開幕した。節目の今年は史上最多の56校が出場。「甲子園レジェンド始球式」もあって、初日から例年以上に盛り上がっている。

お盆前の忙しさで高校野球を観戦できずに泣いている社会人もいるかもだが、近年は事情が変わってきた。そう、ネットでの動画視聴に加え、スマホアプリでも見られるようになっているのだ。

続きを全部読む

「高校野球ってやっぱりイイ!」と思ってしまうインスタアカウントがヤバい / 涙腺崩壊する写真の数々はフォローせずにいられない

最近、セミの鳴き声が聞こえるようになってきた。気温も連日の30度超えでいよいよ夏本番。そして夏といえば甲子園(高校野球選手権大会)である。2018年の甲子園は100回を数え、大きな節目を迎える。

すでに予選が始まっている地域もあり、わずかな椅子をかけて熱戦が繰り広げられている。今から本大会を待ちきれず、ウズウズしている人も多いはず……ということで、ヤバいとしか言えないインスタアカウントを紹介しておきたい。

続きを全部読む

【笑いあり涙あり】高校球児あるある70連発

日本全国の高校球児たちが、負ければ終わりの一発勝負で激突する夏。甲子園常連の超強豪校から9人ギリギリで地方予選に挑む無名校まで、野球部員たちのドラマは様々だ。青春がギュッと詰まった高校野球には、勝ち負けを超えたサイドストーリーが必ず存在する。

そこで今回は、高校球児たちが過ごす3年間を「あるある形式」にして紹介したい。高3最後の夏を迎えるまでに、球児たちは一体何を経験するのか……男子校野球部出身の筆者が、当時の思い出を一気に振り返ってみたのでさっそくご覧いただこう!

続きを全部読む

演奏を聞くだけで「甲子園の季節が来たな」と思ってしまう曲10選

台風5号の影響で順延されたものの、ついに開幕した第99回全国高校野球選手権大会(甲子園)。果たして全国の頂点に立つ高校はどこなのか。これから15日間に渡って、年に一度の戦いが繰り広げられる。

白球を全力で追いかける高校球児たちは見ているだけでアツいものがあるが、それをサポートする吹奏楽部の存在も忘れてはいけない。そこで今回は、演奏を聞くだけで「甲子園の季節が来たな」と思ってしまう曲10選をお届けしたい。

続きを全部読む

今もっとも面白いマンガ「バトルスタディーズ」を読まないとか素でエグい! 元PL学園野球部の作者が描く高校野球ストーリーが熱すぎる!!

世の中に出回る大量のマンガの中で、今もっともおもしろい作品は何だろうか。『キングダム』? 『ベルセルク』? たしかに、それらのマンガは面白い。しかし、もしもあなたが『バトルスタディーズ』を読んでいないと言うのなら、それは大きな間違いを犯しているぞ。

現在「モーニング」で連載されている『バトルスタディーズ』は、DL学園という架空の高校を舞台にした高校野球マンガである。今1番面白い作品だと言っても言い過ぎではないと思うのだが、いかんせん知名度が足りていない気がするのだ。もっともっと話題になってもいいはず。ていうか、ヤバいからみんな読めよ!

続きを全部読む

台湾遠征中の福井県の高校球児が礼儀正しいと話題に! 台湾ネットユーザー「見習いたい!」「勝負は一時、品格は永遠だ」

いま野球は、オフシーズン真っ只中だが、2015年12月25日~27日の日程で、台湾で日台の高校生による交流試合が開催されているのをご存知だろうか?

その試合前の練習で日本のチームが見せたある行動が、台湾で話題になっている。よくスポーツは心を養うものだと言うが、日本の高校球児の精神に心を打たれているというのだ。

続きを全部読む

【超速報】夏の高校野球で東海大相模が優勝するとドラクエの復活の呪文に入力するとレベル28の勇者が復活する!!

第97回全国高等学校野球選手権大会、いわゆる夏の甲子園は神奈川県の東海大相模の優勝で幕を閉じた。決勝の仙台育英との試合は後世に語り継がれるだろう。

そんな夏の甲子園の結果をドラクエの復活の呪文に入力したらレベル28という超強い勇者が復活した! ドラクエは夏の甲子園の結果も予言していたのである!

続きを全部読む

【高校野球】東海大四・西嶋亮太投手が投じた「超スローボール」に拍手を送りたい

2014年の甲子園も9日目が終了。49校の頂点を目指す戦いが続いているが、ここまで注目を集めた選手といえば、なんといっても東海大四(南北海道)の西嶋亮太投手だろう。そう、連日取り上げられている「超スローボール」を投じた投手である。

元フジテレビアナウンサーの岩佐徹氏が Twitter で「世の中をなめた少年になっていきそうな気がする」などと発言し炎上すると、メジャーリーガーのダルビッシュ有投手は持論を展開……と昨年の「カット打法」を思い出すほどひと騒動になった。

続きを全部読む

【知ってる?】甲子園のブラスバンドで使用されている定番の楽曲20選

2014年8月9日からいよいよ始まる甲子園。球児たちのアツい戦いはもちろん注目だが、吹奏楽部(ブラスバンド)の演奏を楽しみにしており、それを聞いて甲子園シーズンの到来を感じる人も多いはずだ。

しかし楽しみにしている一方で「聞いたことあるけど、アレって何ていう曲だっけ」という人もいることだろう。そこで今回は、甲子園の開幕を前に「甲子園のブラスバンドで使用されている定番の楽曲20選」として、動画と合わせてご紹介するぞ!

続きを全部読む

【あるある】まもなく開幕! 甲子園でよくあること30選

第96回全国高校野球選手権大会(甲子園)の開幕まで、残すところあとわずか。いよいよ始まる高校球児たちの “負けたら終わり” というアツい戦いを、今から楽しみにしている人も多いことだろう。

2014年8月6日には組み合わせ抽選が行われ、9日から23日まで15日間で開催される予定だが、今回は大会をより楽しむためにも甲子園でよくあることを「あるある」として30個ご紹介したい。「高校野球が好きだーッ!!」 という人は必見、あなたはいくつ当てはまる?

続きを全部読む

【衝撃野球動画】台湾人選手初の殿堂入りを果たした「人間機関車」こと呉昌征選手の野球人生

先日、台湾野球の礎を築いた「嘉義農林学校(かぎのうりんがっこう)」をご紹介した時に少し触れたが、彼らの甲子園での活躍に呉昌征(ご・しょうせい)選手は欠かせない存在だ。

卒業後、日本のプロ野球で活躍し「人間機関車」の異名をとった彼のことを動画「呉 昌征(呉 波)」と合わせてご紹介するぞ。果たしてどういった野球人生を送ったのか、詳細は次の通りである。

続きを全部読む

【感動野球ヒストリー】日本人も知らなかった! 戦前の甲子園で台湾の高校が準優勝していた / 当時の日本に感動を起こした「嘉義農林学校(KANO)」

高校球児の夢であり目標である高校野球選手権大会こと「甲子園」。毎年、数々のドラマを見せてくれる夏の甲子園は2014年で96回を数える。

そんな歴史ある大会のうち83年前に行われた1931年の第17回大会が注目されている。なんとこの大会、台湾の高校が甲子園に出場、しかも初出場にも関わらず次々と強豪を倒し決勝にまで進んでいたのである。その学校の名前は「嘉義農林学校(かぎのうりんがっこう)」。通称「嘉農(KANO)」だ。

続きを全部読む

【感動高校野球動画】これぞ青春! 高校野球で起きた劇的すぎる幕切れ 「門司学園 vs 福工大城東」

「野球は最後まで何が起こるかわからない」というのはよく聞く話だ。9回裏の2アウトという状況でも、3アウトにならない限り試合は終わらない。そういった極限の状態からの逆転劇は野球の醍醐味でもある。

そこで今回は、今年の甲子園の県予選でドラマのような幕切れをした9回裏の様子を動画「【劇的な幕切れ】20130723 福工大城東–門司学園 高校野球福岡県大会 準々決勝」と共にご紹介したい。最後まで諦めない姿勢に注目だ!

続きを全部読む

【感動野球動画】東北楽天が2位指名した常総学院高校・内田靖人選手のドラフト会議での裏側と期待

東北楽天が最終戦までもつれた巨人との日本シリーズを制し、まだ興奮が冷めないという人も多いことだろう。初の日本一、ドラフトでは高校No.1左腕・松井裕樹投手の交渉権を獲得するなど楽天は今、ノリに乗っている球団だ。

そんな楽天にドラフト2位指名をされた内田靖人(やすひと)選手をご存知だろうか。今回は、彼がどのような選手かを動画『【ドラフト会議の裏側】常総学院 内田靖人 選手「運命の日」』と共にご紹介したい。

続きを全部読む

【マジかよ速報】人員不足でスキー部と帰宅部を助っ人に加えた高校野球部が決勝進出(笑)! すごすぎる快進撃

高校野球では、人数不足で大会に出場できないということをよく耳にする。それは野球が9人以上いないと成り立たないスポーツであることに他ならない。強豪校では部員が100人を超えることもあるが、その逆で部員が足りない高校というのも多く存在する。

今回ご紹介する北海道の双葉高等学校も例外ではなく、部員不足に悩まされていた。1年生5人の野球部員に助っ人を加えた9人でなんとか大会に参加したのだが、あれよあれよでチームは決勝まで進む快進撃。その詳細は次の通りだ。

続きを全部読む

【衝撃野球動画】ダルビッシュも絶賛する高校生「山岡泰輔投手」のスライダーがスゴすぎると話題

前橋育英高校の優勝で幕を閉じた甲子園から数週間経ったが、高校球児たちに休息はない。チームは来年度への始動、そして日本代表に選ばれたメンバーは、8月30日から9月8日まで台湾で行われている「18Uワールドカップ」に参加している。

そんななか、大会で一際目立つピッチングをしている投手がいると話題になっている。瀬戸内高校・山岡泰輔投手で、どうやらスライダーがヤバいくらい変化するというのだ。そこで今回は、そのスゴさを動画と共にご紹介したい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2