「静岡」にまつわる記事

【え?】深海魚、ソーセージになる / 駿河湾の深海魚を気軽に味わえる「あおやまさおりのしんかいソーセージ」を食べてみた!

深海魚のソーセージとは……? その商品を見つけた時、2つの単語がうまく結びつかずに数秒考えこんでしまったのは言うまでもない。

確かに世の中には魚肉ソーセージというものがある。そう考えると、同じ魚類である深海魚がソーセージになったって何らおかしいことはないのかも。

深海魚入りのソーセージって、普通の魚肉ソーセージと何が違うんだろう? やっぱり味や食感が違ったりするのかな……? 

疑問を解消するべく、さっそく食べてみることにした!

続きを全部読む

開店前に受付終了!? 混みすぎと話題の「さわやか御殿場プレミアム・アウトレット店」攻略法はコレだ! / 勝手にさわやか通信︰第5回

静岡県に34店舗あるさわやかのうち、1番混んでいる店舗をご存知だろうか? それは日本最大面積を誇る「御殿場プレミアム・アウトレット」内にある「さわやか御殿場プレミアム・アウトレット店」だ。

この店の混雑具合は数あるさわやかの中でも別格。6時間7時間待ちは日時茶飯事だし、混んでいる日は開店前に1日分の受付が終了することもあるほど。

それでも御殿場アウトレットでげんこつハンバーグにありつきたいと思うのならば、事前のリサーチがなにより大事。今回はアウトレット店を狙う県外勢のため、朝から行列に挑んで攻略法を掴んできたぞ。ポイントは3つかな、それでは順番にみていこう。

続きを全部読む

1日2000個売れた「長坂養蜂場」の『はちみつソフトクリーム』が超絶品! はちみつが練り込まれたソフトに「追いはちみつ」はもう反則です!!

静岡県西部に位置する浜松市。そのさらに西側に「浜名湖」という大きな湖がある。うなぎの養殖で有名って言ったら分かる方もいることだろう。

そんな浜名湖のほとりに、多い日で1日2000個ものソフトクリームを売り上げるお店がある。はちみつ専門店「長坂養蜂場」だ。

1日2000個ということは、単純計算で1分に4個売れるということ。これが東京なら特別驚くことではないかもしれないが、都市部から遠い湖のほとりでこの数字は驚異的。都会でこのソフトクリーム売ろうものなら、あまりの美味さに日本のはちみつが枯渇するんじゃないかな。そのぐらいやばいよ、ここのソフトクリーム。

続きを全部読む

【社長イチオシ】さわやか湖西浜名湖店限定「炭焼き野菜」を堪能してきた! 炭焼きのプロの焼く野菜は別格です / 勝手にさわやか通信︰第4回

先日、静岡県湖西市に県下34店舗目となる「さわやか 湖西浜名湖店」がオープンした。

正式には28年続いた「新居湖西店」のリニューアルオープンなのだが、オープン日はまるで県内初出店かのような盛況ぶり。なんたって5時間半待ちでしたからね。

そんな湖西浜名湖店には、他の店には無い「店舗限定メニュー」が存在する。さわやかの社長もお墨付きのメニューとのことで、そりゃあ食べてみるしかないよね!

続きを全部読む

【5時間半待ち】さわやかファン憧れのアイテム「カンパイジョッキ」の入手難易度が鬼すぎる件 / 勝手にさわやか通信︰第3回

5時間半待ち……この脅威の待ち時間をたたき出したのは、ディズニーでもUSJでもなく、昨日リニューアルオープンした「さわやか湖西浜名湖店」である。

湖西というと、静岡県の中でも1番西端の地域。高速道路や駅からのアクセスは全然良くないし、そもそも今回は元々近くにあった店のリニューアル。地域的にさわやかが珍しい訳では無い。

では一体何がここまで人々を惹き付けるのか……もちろんさわやか愛があってこそだが、オープン時にもらえる記念品の存在が大きいようだ。

続きを全部読む

さわやかはハンバーグだけじゃない! クラウンメロン使用の夏デザートを見逃すな / 勝手にさわやか通信︰第2回

ロケットニュースで先日紹介したスタバのメロンフラペチーノ、みなさんもう飲みました? ネットで騒がれてたけどめっちゃメロンだったよね。

でも今メロンで熱いのはスタバだけじゃない! なんと、静岡のローカルレストラン「さわやか」でもメロンのスイーツが始まりましたー! やったーー!

ということで【勝手にさわやか通信】第2回は、6月から始まった夏のデザートフェアをご紹介。さわやかってハンバーグのイメージが強いと思うけど、実はスイーツもめちゃくちゃ充実しているんです!

続きを全部読む

さわやか歴15年が教える 最高に美味しい『げんこつハンバーグ』の食べ方 / 勝手にさわやか通信︰第1回

静岡のソウルフードとも言われるさわやかの『げんこつハンバーグ』。牛肉100%のハンバーグを超レア状態で頂くその美味しさはいまや全国に知れ渡り、遠方から足を運ぶ人も多い。ピーク時だと「6時間待ち」というディズニー並の待ち時間を叩き出すから驚きだ。

何時間も待って食べるのならば、1番美味しい状態で『げんこつハンバーグ』を味わって頂きたいところ。わざわざ静岡に食べに来てくれた人なら なおさらね。

ということで、しれっと始まった【勝手にさわやか通信】の初回でお届けするのは、「最高に美味しいげんこつハンバーグの食べ方」。 15年かけて培った『げんこつハンバーグ』をより美味しく食べる秘技について包み隠さずお伝えしよう。

続きを全部読む

【激ウマ】静岡発の冷凍ハンバーグ「そのまんま肉バーグ」を何も言わずにとりあえず食べてくれ!! 家でこの味が楽しめるのはもはや反則レベル

静岡は言わずと知れた「ハンバーグ県」であろう。最強ローカルチェーン「さわやか」をはじめ、「ブロンコビリー」に「スパーゴ」、「びっくりドンキー」など、ハンバーグを扱う店に事欠かない。どこも安くて美味しいし。

だからこそ、静岡県民である私(まろ)も「ハンバーグはレストランで食べた方が良い」と小さい頃から思っていた。そう、過去形。最近考え方が変わったのだ。

なぜなら最強のおうち用ハンバーグの存在を知ってしまったから。初めて食べた時はビビったよ、こんな美味いハンバーグが家で食べられていいの? ってね。レストランが家に来たレベルですよこれは!!

続きを全部読む

【1ヶ月待ち】藤井・新王将が食べた『CHABATAKEケーキ』をお取り寄せ! 五冠達成に一役買ったケーキはやはりウマかった

先日王将戦7番勝負をストレートで制し、最年少五冠となった藤井聡太・新王将。ベテラン勢から続々タイトルを奪取していく様は、素人から見ても半端ない強さだなと感じさせてくれる。

将棋については人並みの知識しかないのだが、そんな私(まろ)でもニュースを見る度に気になっていたことがある。それは、藤井五冠が試合中に食べていたおやつだ。対局ごと違うものを食べていて、竜王パワーのせいかなんだかとても美味しそうに見えたのだ。

調べてみたところ現地に行かないと食べられないものも多いが、王将戦第1局で登場したケーキはネットで取り寄せることができるみたい。五冠達成に少なからず貢献したケーキだなんて、そんなん食べてみたくなっちゃうよね。

続きを全部読む

【2022年福袋】オリジナルグッズの大盤振る舞い! サービス精神がスゴすぎるサッカー「清水エスパルス」の福袋を開封したら物量で圧倒された

サッカー王国と言われる静岡には、現在2つのJ1所属チームが存在する。1つはジュビロ磐田、もう1つは今回紹介する「清水エスパルス」だ。

エスパルスはこのたび6種類の福袋を販売しているが、どれも値段の2倍以上の商品が入っていて、一定金額以上の福袋にはなんと直筆サイングッズも入っているとのこと。

サッカー選手のサインをこうも簡単に手にできる機会なんてあまり無いからな。案の定、販売開始時刻にネット上で争奪戦になったがどうにかゲットすることができたぞ。

続きを全部読む

静岡県知事「御殿場にはコシヒカリしかない」→ 最強の生フルーツゼリー専門店「フルフール」の存在をお忘れでは?

「御殿場にはコシヒカリしかない」といういわゆる「コシヒカリ発言」で、全国的に有名になってしまった静岡県知事。

静岡県民である私(まろ)からしたら知事のトンデモ発言にはもう慣れっこなのだが、さすがに今回の発言は看過できない。

なぜなら、コシヒカリに負けず劣らずな最強フルーツゼリーの存在を知事がお忘れだからである。あれは御殿場……いや、静岡県の宝だぞ??

続きを全部読む

人気ガトーショコラ専門店「ケンズカフェ東京」の初支店が静岡に! オープン直後しか買えない店舗限定メニューはカカオ好き歓喜な珠玉の逸品!

新宿御苑近くにある有名なガトーショコラ専門店「ケンズカフェ東京」。完全予約制でネット通販もしていないため地方民が気軽に食べられるものでは無いのだが、なぜか初の支店が静岡にやってきたのだ! やったーーー!

そして、オープンに伴い静岡店限定のメニューが販売されている。本店でも買うことが出来ない期間限定のレアモノだ。早速手に入れたので食べてみたところ、カカオ好きにはたまらない非常に上品な味であったので紹介したい。

続きを全部読む

こんなに真っ青なプリンがあるなんて…! 静岡発の「深海プリン」がプリンの概念をひっくり返すおいしさで新名物の予感!!

昨今、世の中にはクリームがこれでもかと詰め込まれたマリトッツォや虹色のチーズハットグなど、華やかな見た目のスイーツで溢れている。

激動のスイーツ戦国時代の中で、筆者も様々な「映える」スイーツを目にしてきた。おかげで、大抵のビジュアル重視スイーツには驚かなくなっていたと思っていたのだが……

「それ」に出会った日、筆者は久しぶりに自分の目を疑った。

だって……こんなに真っ青なプリンがあるなんて、一体誰が想像したよ……!?

続きを全部読む

【今夜は十五夜の満月】 静岡県浜松市にある「世界で一番月に近い場所」へ行ってみた

本日2021年9月21日は「中秋の名月」。しかも、今年は8年ぶりに中秋の名月と満月が重なるのだそうだ。そこで今回は「月」にまつわる記事をお届けしよう。

ご存知だろうか。実は静岡県浜松市には世界で一番「月」に近い場所があることを。というか、月そのものがあることを。なんともロマンチックな話なので、実際に行って確かめてみることにした。

続きを全部読む

【世界一】総重量なんと3.5キロ! 静岡の山中で販売されている「鯛焼き」は大きさも作り方もまさに規格外だった!

昭和の名曲『およげ!たいやきくん』。毎日のように鉄板の上で焼かれることが嫌になったたいやきくんは、海へと逃げて自由に泳ぎ回るが、最後は釣られて食べられてしまう……という曲だ。これ聞くと無性に鯛焼き食べたくなるよね。

だが今回ご紹介する静岡で買える鯛焼きは、海へと逃げようもんなら確実に海底まで沈むだろう。なんてったって総重量が3.5キロ。世界一の鯛焼きなのだ!

続きを全部読む

自動販売機で「干物の缶詰」を買ってみた

無人販売がアツい! 無人餃子販売所無人ホルモン販売所カキフライまで自販機で買えるようになった。

そんな “無人販売界” にまた新たなショップが誕生した。なんと、干物の缶詰を買える自販機なのだ! 干物を缶に詰めたっての!? 一体どんなものか実際に購入してみた。

続きを全部読む

【普通乗用車は通行不可】静岡県掛川市・全国最小クラスのトンネル「岩谷隧道」を徹底調査してみたらヤバすぎた

トンネルと聞くとどういったものを思い浮かべるだろうか? バイパスにある新設の高規格トンネル? それとも郊外の幹線道路にある交通量の多いトンネル?

今回はそのどちらでもない、おそらく読者の想像するトンネルのイメージからは大きくかけ離れたヤバすぎる現役トンネルをご紹介したい。なにがどうヤバいのかは見ていただいた方が早い。さっそく行ってみよう!

続きを全部読む

タバコではなくチャバコで一服!? デザイン・売り方ともに茶目っ気溢れる箱の中身は、本格的な静岡茶でした!

ここは国内屈指のお茶処、静岡県牧之原の東名高速サービスエリア。ドライブも中盤、気分転換にここらで一服しときたいところ。さぁ、自販機でタバコを1箱っと……

続きを全部読む

【悲報】ローソン『悪魔のおにぎり』がいつの間にか販売終了していた! 元ネタと噂される静岡名物『たぬきむすび』でロスは解消できるのか?

2018年9月の発売以降、年間売り上げ5600万個という悪魔的ヒットを飛ばしたローソンの『悪魔のおにぎり』。一時はローソンの全おにぎりで1位の売れ行きを誇り、派生商品も続々と発売された。毎日食べたいってわけじゃないが、たまに無性〜に食べたくなる味なんだよね。

ところが……! 完全に定番商品化と思い込んでいた『悪魔のおにぎり』が、最近どこの店舗にも売っていない。「まさか」と思いローソンに問い合わせてみたところ……「現在は販売していない」との回答だ。

おまけに今後の販売予定も「現在のところ未定」なのだという……マジかよ! 食べられないと思うと死ぬほど食べたくなってきちゃっただろ!!!

続きを全部読む

【お取り寄せ餃子】浜松餃子の「浜太郎」がポテトチップスみたいな味だった

まるでポテトチップスのような餃子だなぁ〜。何を言っているのか分からないかもしれないが、その餃子を食べたときに口から出たありのままの感想がそうだった。餃子がポテトチップスみたい……こんな思いもよらないことがあるから餃子の旅はやめられない!

この度、お取り寄せしてみたのは日本有数の餃子県である静岡県から浜松市の「浜太郎」。HPを覗いたら、どうやら餃王座グランプリ、そして新浜松餃子プレゼン大会グランプリ受賞の実績があるらしい。これは期待っ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3