「話題」にまつわる記事

【話題】少年ジャンプは「少年」が読む漫画ではない? そんなバカな! でも当時を思い返してみると…

日本を代表する漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」。なんだかんだ言ってやはりジャンプこそが少年漫画の究極であり、多くの少年たちはジャンプと共に成長してきたはずだ。ところが先日、少年ジャンプに関する “あるツイート” が話題になった。

なんでも小学6年生の女の子が「少年ジャンプは大人が読む漫画」と言ったらしいのだ。な、何だって? 少年ジャンプが……大人の漫画だと? おいおい、ちょっと待ちなお嬢ちゃん。こちとらジャンプで育った元少年だがね、そんなバカな話があるわけ……ホンマや。

続きを全部読む

【話題】コメダ珈琲が「写真詐欺」をしているらしいので確かめに行った結果 → まったく詐欺じゃなかった

『シロノワール』で有名なコーヒーチェーン「コメダ珈琲店」が詐欺を働いているらしい──。そんなショッキングなニュースがネットを騒がせている。なんでも、注文した商品のボリュームがメニュー写真とまるで異なるんだとか。実にけしからん話だ。

このような写真詐欺の横行を許すことはできない! というわけで、その実態を探るため、コメダ珈琲の店舗に突撃をかますことにした。本当に詐欺は行われているのか? 緊迫の現地レポは以下をチェックだ。

続きを全部読む

【真理】『天気の子』に出てくるチャーハンのレシピが話題になるも作るのがダルい → 新海誠監督が自ら “最強のアンサー” を提示してしまう

皆さんはもうご覧になっただろうか? 『君の名は。』の新海誠監督による最新作『天気の子』が現在公開中である。CMを見かけない日はないほどの話題作だが、なにやら今、作中に登場したチャーハンのレシピが話題になっているらしい。

映画を見た人なら当然お分かりだと思うが、ヒロインの陽菜(ヒナ)がちょっと変わったチャーハンを作るシーンがあって、それがとてもウマそうなのだ。私(あひるねこ)も食べてみたいなぁ。でも作るのダルいなぁ……と悩んでいたら、監督自らすべて解決してくれたぞ。

続きを全部読む

ACジャパンのCM「にゃんぱく宣言」がとてもイイと話題 / 作詞作曲はさだまさしさん

伝説のキャッチコピー「いじめ、カッコ悪い」で知られる通り、時に秀逸な広告を世に送り出すことで有名なACジャパン。2018年の答えがわからない「セーブ・ザ・チルドレン」の広告をご記憶の方も多いことだろう。そのACジャパンの新CMが話題になっている。

話題になっているのは、2019年7月1日より放送を開始した「日本動物愛護協会」のCMで、その名も『にゃんぱく宣言』である。おっさしの通り、さだまさしさんの代表曲「関白宣言」を元にしたCM作品だ。

続きを全部読む

【漫画】「電車の中で女の子に声をかけた不審な男の話」がジワジワ怖い / 乗客たちの神連携プレーとは?

何かと物騒なこのご時世。さすがに戦国時代と比べれば平和なものかもしれないが、それでも凄惨な事件や胸が痛くなるような事件は後を絶たない。情報量が多いことも理由の1つだろうが、少なくとも自己防衛が必要な時代であることは確かだろう。

ただし、大人であればある程度は自分を守れるものの、子供たちはそういうワケにもいかない。もし子供に不審な影が忍び寄ったとき、周囲の大人はどう対応すべきなのだろうか? 1つの例をTwitterで話題の漫画からご紹介したい。

続きを全部読む

【Twitterで話題】セブン限定「おおすぎ~。やりすぎクッキーアイスバー」を食べてみたらほぼクッキーで笑った / アイス遠慮しすぎだろ!

おおすぎ~! もうどうやったって IKKOさん、というより例のモノマネで脳内再生されるこのワードが、デカデカと印刷されたアイスクリームが現在ネットで話題になっている。一体何がおおすぎ~なのか、皆さんも気になっていることと思う。

2019年5月7日より全国のセブンイレブン限定で発売されているこちらのアイス、その名も『おおすぎ~。やりすぎクッキーアイスバー(税込138円)』は、ココアクッキーが通常よりも多く混ぜ込んであるのが特徴だ。私(あひるねこ)も実際に食べてみたのだが、結論から言うとほぼクッキーで笑ったぞ。

続きを全部読む

【公式も困惑】最近の『テニスの王子様』、ヤバイを通り越してもはや意味不明な領域へ / これは…コラではないのか?

ジャンプの人気テニス漫画、テニプリこと『テニスの王子様』。現在は『新テニスの王子様』と名前を改め、月刊誌である「ジャンプスクエア」にて連載されているのはご存じの通り。そのテニプリに関する、あるツイートが現在話題になっている。

『新テニスの王子様』の公式Twitterが本日2019年4月3日に投稿したツイート。そこでは最新話のラストシーンが画像付きで紹介されているのだが、その内容がどうも普通ではないのだ。というか、これは本当にテニスなのか? コラではないかと疑うレベル。

続きを全部読む

【話題】ブックオフのCMに出演する寺田心さん(10)の演技に称賛が集まる / ネットの声「少し好きになった」「正しい利用法」

一部では記憶を持ったまま人生をループしていると噂される子役タレントの寺田心さん。去年イタリアで開催された「ミラノ国際映画祭」では外国語映画最優秀主演男優賞に輝くなど、その実力は世界で認められている。

そんな寺田さんが出演する「ブックオフ」のテレビCMを、あなたはご覧になったことがあるだろうか? 現在ネットでは、作中での寺田さんの演技が大変素晴らしいと話題になっているのだ。これまでの寺田さんのイメージを覆す内容となっているため必見である。

続きを全部読む

【漫画】「制服ぬすまれた子の話」が超話題 / ドラマ化決定レベルのハイクオリティ作品

あたりまえの事ではあるが、おもしろいドラマは脚本がおもしろい場合がほとんどだ。「古畑任三郎」も「あまちゃん」も「24」も、秀逸な脚本がドラマを支えている。もちろん演者の力もあるが、つまらない脚本では演者さんの良さも発揮されないだろう。

それはさておき、いまTwitterで猛烈に拡散している漫画『制服ぬすまれた子の話』をご存じだろうか? 内容については後述するが、そのクオリティは秀逸の一言。すぐにでもドラマの脚本になりそうなほど完成し切っている。

続きを全部読む

【漫画】「ゲイって気持ち悪いって言われたからカミングアウトした話」が2段階で予想外の展開

LGBTという言葉がそろそろ認知されてきた昨今。友達や知り合いにゲイやレズビアンがいる人も珍しくない時代になったが、それでも法的に、そして世間の風当たり的にLGBTの人が生きやすい時代とは言い難い。きっとLGBTであることをカミングアウトしている人の何倍も、実数は多いのだろう。

それはさておき、現在Twitterでゲイにまつわる漫画が話題になっていることをご存じだろうか? きっとあなたはこの2段オチを予測できないハズだ。

続きを全部読む

【画像あり】エスパー伊藤が3人くらい入りそうな「超巨大リュックサック」がマジでデカすぎる

夢も希望も愛情も、大きければ大きいほどイイ。一部では「下品」との声もあるデカ盛りグルメだって、大きければ大きいほど人々を惹きつけるものだ。そして今──きっとあなたの想像を遥かに凌駕する「超巨大リュックサック」が話題になっていることをご存じだろうか?

巨大なリュックサック……。そう聞いてあなたはどんなサイズのリュックサックを思い浮かべるだろう? どうか目一杯大きいサイズのリュックサックを頭の中で想像して欲しい。だがしかし、話題の『バックパッカーズ クローゼット(BACKPACKER’S CLOSET)』はあなたの想像よりも遥かに大きいハズだ。

続きを全部読む

【漫画】「耳鼻科に行ったら人生が変わった話」が超話題 → でもちょっとおっかねぇぇえええ!

右か左か、前進か後退か? 時に人生には「重大な決断を迫られる瞬間」が訪れるものだ。どちらの道に進むかはその人次第だが、来るべき “その瞬間” に備え、我々は日々知識を蓄え、そして経験を積み重ねているのかもしれない。

ただ、中にはそこまで大げさではなくとも「人生が変わる瞬間」があるようだ。例えばいまネット上で超話題になっている漫画のように “耳鼻科” に行っただけで人生が変わることもあるらしい。

続きを全部読む

【漫画】「カウンセラーをしていた母の教え」が予想の斜め上を行く展開すぎて話題

子供にとって親の存在は偉大だ。それなりの年齢になるまで子供は親に頼らざるを得ず、親の言うことは絶対である。ましてや親が「心理カウンセラー」だったりしたら、それだけで子供は「100%信じられる存在」だと思うハズだ。だがしかし……。

実際に心理カウンセラーの母を持つ人に言わせると「たまにおかしい教え」もあるらしい。これからご覧いただく漫画「母の教え」の展開を、きっとあなたは予想できないだろう。

続きを全部読む

【やってみよう】Twitter発『10分以内に寝落ちする裏ワザ』が超話題 → 作者「10年以上寝付けない夜がなくなりました」

よく言われることだが、人間は人生の1/3ほどを寝て過ごす。だからこそ質のいいベッドや枕などが売れるわけだが、中には「寝つきが良くない」「あまり深く眠れない」という人が多いことも事実である。出来ることならば毎日、快適な睡眠を取りたいものだ。

さて、今回ご紹介するのはその “睡眠にまつわる裏ワザ” である。2018年8月、Twitterに投稿された1枚のイラストは約2日間で8万リツイート以上、20万イイネ以上を記録するなどメチャメチャ話題になっているのだ。

続きを全部読む

【漫画】『コミケに来るみなさんへのお願い』が切実すぎて共感の嵐を呼ぶ / ネットの声「ほんとコレ」「気を付けます…」など

2018年8月10日から世界最大の同人誌即売会の祭典「コミックマーケット94」(以下コミケ)が開催される。数ある同人誌イベントの中でも別格の規模で開催されるコミケは言わば「お祭り」であり、この日を心待ちにしている人も多いことだろう。

まともに歩けないほどの人で埋め尽くされた会場には熱気が立ち込めているが、同時に “あること” が気になるのもまた事実である。少々デリケートな問題になるが、いまその “あること” をテーマにした漫画がTwitterで話題になっているのでご紹介したい。

続きを全部読む

【必読】ジャンプの読み切り『勇者ご一行の帰り道』がスゴイと話題に! 漫画家「見開きの意味が読む前と読んだ後で変わってくる」

連載作品と違い、限られたページの中で一つのストーリーを描く読み切り漫画。ずぶの素人でも、しっかりとした構成が必要不可欠であることは想像に難くない。

さて、少年ジャンプの漫画誌アプリ「少年ジャンプ+」に掲載されたある読み切り漫画が、ネットを中心に今話題になっている。平野稜二先生による『勇者ご一行の帰り道』という作品なのだが、ご存じだろうか? ネタバレを避けつつ、以下でご紹介したい。

続きを全部読む

【算数】ACジャパンの広告の問題が難しすぎると話題 / これ即答できるヤツいるのかよ…!

公共マナーなどの普遍的なテーマから、認知症などの社会性を反映したテーマ、さらにはグローバルな福祉問題に至るまで広くメッセージを発信し続ける、公益社団法人ACジャパン。おそらくテレビや新聞を通し、ACジャパンの広告作品を目にする機会も多いことだろう。

中には過去に前園真聖さんが出演した「いじめ、カッコ悪い」など、伝説的な広告作品を世に送り出してきたACジャパンだが、現在公開中のあるポスターが話題になっているのでお伝えしたい。

続きを全部読む

【起きろ社畜】AIが社員の「まぶたを監視」して居眠りさせないようにする鬼システムが話題に! ネットの声「すごい奴隷制度」「国会に導入せよ」

会社員たるもの、職場では真面目に働かなければならない。もちろん分かってはいるが、我々も人間である。仕事中ついウトウトしてしまうことだってあるのだ。そりゃあ、暖かいオフィスにずっといれば眠くもなるさ。

しかし、そんなちょっとした居眠りさえも許さない驚愕のシステムが生まれようとしているぞ。朝日新聞によるとそのシステムは、人工知能(AI)が社員のまぶたを監視し、仕事中にウトウトしてきたら部屋の温度を下げて眠気を吹き飛ばすという代物らしい。マ、マジか……!

続きを全部読む

【突撃】ネットを騒がせた架空の学校「国際信州学院大学」にガチで行ってみた

数カ月前、ある大学がネットを騒がせたことを覚えているだろうか? 事の発端は「うどんや 蛞蝓(なめくじ)亭」を名乗る飲食店によるツイート。50名分の予約を当日になって無断キャンセルされたとして、その恨み節を料理の写真と共に Twitterに投稿したのである。

ツイートの内容から、キャンセルをしたのが「国際信州学院大学」の職員であることが分かると、ネットは非難の声で大炎上。ところがその後、飲食店も大学もすべてが架空の存在だったことが明らかになる。まさに前代未聞の珍事だ。

つまり、「国際信州学院大学」なんて学校は始めから存在しなかった、ということなのだが……本当にそうだろうか? 架空と聞いただけで、この目で確かめたわけではない。ネット社会の悪いところだぞ。そこで、大学があるという場所まで実際に行ってみることにした。

続きを全部読む

【提供中止で話題】セブンイレブンの「ちょい生」を試してみたらマジで最高だった!

セブンイレブンの一部店舗にて本日2018年7月17日からスタートする予定だった、「ちょい生」の販売が急きょ中止になったとして話題になっている。報道によると、今後の提供については未定だそうだ。

私(あひるねこ)としても、ぜひ店舗を訪れレポートしたいと考えていただけに、今回のニュースは残念である。とそこへ、なんと編集部近くに「ちょい生」を楽しめるセブンイレブンがあるとの情報が飛び込んできたではないか。これは、実際に行って確かめてみる必要があるだろう。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4