「肛門」にまつわる記事

【素朴な疑問】「すかしっ屁が臭いのはなぜなのか?」肛門のプロに聞いてみた!

冠婚葬祭でも授業中でも静まり返ったオフィスでも、オナラは突然したくなる。私(中澤)はこれまでの人生で、何度「今かよ!」とツッコミを入れたかわからない。マジで空気が読めない奴だ。オナラだけに。そんなオナラには2種類ある……音の出る屁とすかしっ屁だ。

音が出るか出ないかだけの違いに思えるこの2つだが、あなたは思ったことはないだろうか。「すかしっ屁の方が音の出る屁より臭くね?」と。なんでだろう。今回は、そんな素朴な疑問を肛門のプロにぶつけてみたぞ!

続きを全部読む

【変態速報】トルコ人男性の肛門からキュウリが取り出される

人は誰ひとりとして同じではなく、趣味嗜好はそれぞれ。この世に生を受けた以上、個人の楽しみは自由であり、誰にも邪魔する権利はない。そう、周りに迷惑をかけない限り、他人にとやかく言われる筋合いはないのだ。

しかしながら、人間の欲は無限であり、ついついおかしな行動に走ってしまう人も少なくない。例えば今、海外でニュースになっているトルコ人男性もそんな一人だろう。なぜなら彼の肛門から異物が見つかったというのである。

続きを全部読む

【知ってた?】公開オーディション番組で “屁” をしまくった猛者がいる / 肛門を自由自在に操る放屁芸人「ミスター・メタン」がアツい!!

イギリスの有名な公開オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント』 。かつてスーザン・ボイルやポール・ボッツを輩出したことで有名だが、その一方で審査員から酷評された人だって珍しくない。天国か地獄か。出る側からすれば、何ともシビアな番組である。

恐らくオーディションを受ける出演者の緊張感はハンパではないだろうが、そんな番組に “屁” で挑戦した猛者がいたことをご存知だろうか。……繰り返す、屁だ。公開オーディションで屁をぶちかましたのだ。

続きを全部読む

まさに神秘! 地球の肛門といっても差し支えないポルトガルの超巨大ダム映像

ロケットニュース24では、これまでにもいくつかの「穴」に関する記事をお届けしてきた。どうしてかは分からない。しかしそこに穴があると、人間は何らかの事件を起こしたり、ミステリーが生まれたり、時に果てしないロマンを描くこともあるらしい。

今回紹介する穴は、中でも「神秘の穴」だ。ポルトガルの高山帯に、幻想的かつちょっぴり不気味な雰囲気を醸し出しながら……。ひっそりと、そしてどっしりと構える、謎の穴。正体は超巨大なダムなのだが、それを空撮した映像が実に神秘的なのだ!

続きを全部読む

【実録】Siriに「キスして」と言い続けたら予想外の展開に! そして語り始めた愛と肛門

ふと孤独を感じたとき、とっておきの解決方法がある。iPhone や iPad の中に入っている秘書「Siri(シリ)」さんと語り合えば良いのだ。「ヘイシリ!」と呼びかけたら「ご用件は何でしょう?」と即反応。さびしくなんか、ぜんぜんないぞ!!

それはさておき、ある日のこと。そんなSiriさんに対し、私は突然キスしたくなった。かといって、いきなりキスしたら単なる変態だと思われるうえ、立場上セクハラにもあたるので、とりあえず彼女に聞いてみたのだ。「キスして」と。

続きを全部読む

【検証】iPhone6sの指紋認証を「指肛門」で突破

つい先日、前モデル「iPhone6」において肛門認証は可能という、実に有益なセキュリティ情報をお伝えした。国家の機密情報をiPhoneに入れている世界の要人たちからアクセス殺到したことは想像に難くない。アメリカ、ロシアあたりは確実であろう。

だが、「ロック解除するために、いちいちパンツを脱ぐのはどうなのか?」という声があったのも事実である。しかも肛門は一期一会。たとえ全裸になってもロックが解除できないという緊急事態も起こりうる。でも安心してほしい。最初から私(GO羽鳥)は、よりスタイリッシュな肛門認証を考えていた。それが「指肛門」である。

続きを全部読む

【検証】iPhone6で「肛門認証」は可能

iPhone5sから搭載されたチョー便利な機能といえば「Touch ID」こと指紋認証システムだ。いちいちパスワードを入力しなくても、あらかじめ登録しておいた指紋をタッチするだけでロックが解除されるとか楽チンすぎる。指紋認証、最高だ!

だが、悲しきかなセキュリティ的に “穴” があるのも事実。スヤスヤと寝ている隙に……「ぴと」なんてされたらロック解除。たとえ指紋ではなく乳首を登録しておいたとしても、風呂あがりに「ぴと」されたら一巻の終わりだ。これはイカン。超危険。

そこでオススメしたいのが肛門である。指紋ではなく肛門だ。いわば「肛門認証」だ。分厚いオシリの肉にガードされている肛門の “紋(もん)” は、そう簡単に攻略できまい(攻略されても困るが)。さあ、私と一緒に肛門を登録してみよう。

続きを全部読む

お尻を拭いても拭いても「妙に肛門がかゆい!」って日に聴きたい “懐かしの名曲” ベスト5 (邦楽篇)

お尻を拭いても拭いても、トイレットペーパーには茶色い筋……。「もう十分に拭いたのだから大丈夫だろう」と思ってトイレを出たら、しばらくして肛門の痒(かゆ)みが……!

——きっと誰もが、一度はこんな経験をしたことがあるはずだ。ウォシュレットの普及によって、ウンコのキレの悪さを随分とカバーできるようになったが、お尻の穴がむず痒くなるあの感覚は、いくつになってもイヤなものである。

でも、そんなときに音楽の力を借りれば、少しは気持ちが楽になるかも。……というわけで、今回は、肛門カイカイな状況でも、人の心に訴えてくる昭和の「懐かしい名曲ベスト5」を紹介したい。なお、以下は全て筆者の独断と偏見で選んだものだが、いずれも長く親しまれている名曲中の名曲だから、間違いないはずだ。

続きを全部読む

【おしゃれ】ネコの肛門に輝きを!? 『ニャンコ向け “お尻” ジュエリー』がハイレベル過ぎて震える

スタイリッシュなネコ様! あんな格好、こんな格好、スーパーモデルっぷりに何だってドッカンドッカン決めてくれて、なんとも頼もしいオシャレ番長だ!! 

けれども今回ご紹介する “アクセサリー” はどうだろう? さすがのニャンコ様でも、ハイレベルすぎて手に負えないのではないか……。なぜなら、ネコのお尻、ズバリ肛門をキラキラ光る “ジュエリー” で隠しちゃうのがこのアクセサリーだからだ。世の中には、色々なものが売られていますね!

続きを全部読む

【コラム】長時間オナラを我慢した末にトイレに行ったのに「パッスゥー」だったときの裏切りは何なのか

なかなか人生は思い通りにはいかない。肛門もだ。青天の霹靂(せいてんのへきれき)という諺(ことわざ)もあるが、肛門の霹靂にも注意したい。寝耳に水という諺もあるが、「寝耳に屁」でも同じ意味合いになると思う。私は言いたい。肛門に。

一体なぜ、思い通りに動いてくれないのかと。天邪鬼か。問題児か。長時間オナラを我慢した末にトイレに行ったのに、音消しの意味で「大」レバーを流したのに、なぜお前ときたら「パッスゥー」とスカした態度を見せるのか! あれは一体なんなのか。

続きを全部読む

排泄する時は「洋式トイレより和式トイレを使用するべき」だと専門家が主張 / 痔や腸の病気になりにくいとの説

「東洋人にできて欧米人が苦手なことは!?」と聞かれたら、皆さんは何と答えるだろうか? “箸の使い方” との声が一番よく挙がりそうだが、実は “ウンコ座り” が正解である。そう! 基本的に欧米人はウンコ座りを苦手としているのだ。

東洋では和式トイレが一般的だったため、東洋人がウンコ座りが得意なのかは謎だが、ある専門家が、排泄する時は「洋式トイレより和式トイレを使用するべき」だと主張している。ウンコ座りでキバった方が肛門や腸への負担が少なく、痔や腸の病気になりにくいとの説を唱えているのだ。

続きを全部読む

肛門チョコレートで有名な肛門アーティストの新たな挑戦 !! 人の肛門を型どったブロンズ製のオーダーメイド肛門アートを約22万円で制作開始!

いくら芸術が好きな人でも、なかなか理解し難いアートは存在するものだ。以前、キャンバスの真ん中に線が1本描かれた超シンプルな作品が、44億円で落札されたとのニュースをお伝えしたことがあったが、理解し難いからこそ芸術は奥が深いのかもしれない。

そんな、理解不可能な芸術を生み出す一人のアーティストがいる。肛門をかたどったチョコレートを制作することで知られるアーティストが、新たな試みに挑んだのである! ブロンズ製の特注肛門アートを、約22万円で制作・販売を請け負うというのだ。

エキセントリック・アートの製造過程は、動画「Alternative Model Has Her Anus Cast In Bronze」でチェックできるぞ!

続きを全部読む

【左手でオシリを洗う】インドやバングラデシュの「紙なしトイレ」は慣れてくるとクセになる

海外旅行に行った時、そして安い宿に泊まった時、思わず「ウッ」と唸ってしまうのが『紙のないトイレ』である。トイレットペーパーを切らしているわけではなく、そもそも “紙を流すという文化がないトイレ” のことだ。

よく中国でも「紙を流してはいけないトイレ」には遭遇する。排便後にフキフキした便所紙はゴミ箱へ捨てるのが基本ルール。だが、インドやバングラデシュでよく出会う「紙なしトイレ」にゴミ箱は置かれていない。そのかわりに置いてあるのがバケツと手桶(ておけ)なのである。

続きを全部読む

医学生の触診スキル向上のために開発されたシミュレーターが静かな反響を呼ぶ

医学生向けに開発されたあるシミュレーターの写真が、ネット上で静かな反響を呼んでいる。パソコン上のバーチャルな患者と、マネキンのある部位が接続されたこのシミュレーターは、医学生がデリケートな部分を触診するスキルを磨くために開発されたものだ。

そのデリケートな部分とは「肛門」だ。身体部位の中でも特に、触診する側・される側ともに大きな緊張を生む箇所であり、もっともデリケートな部分のひとつといっても過言ではない。その肛門の触診用に開発されたシミュレーター、見た目はなかなか衝撃的であるが、医学の進歩に大きな貢献を果たしてくれるのではと期待されている。

続きを全部読む

【衝撃事実】歯医者さん「口の中は肛門より汚い」

この世には、「知らなければよかった知識」というものがある。事実なのかもしれないが、知らないほうが幸せだったのかもしれない知識というものがあるのだ。そのひとつが口の中に隠された、大変ショッキングな事実である。

教えてくれたのは歯医者さん。どんな事実なのかというと……ズバリ「口の中は肛門より汚い」……だッ!! ゴシゴシと歯を磨いても無駄らしい。詳しくは以下のとおり!!

続きを全部読む

【実録】ポリープ疑惑があったので「大腸内視鏡検査」をやってきた(前編)

以前、性格診断の先生に「あなたは大腸にポリープがあるかも。今すぐ病院で診てもらった方がいい!」とズバリ言われた。病院の先生でもないのに何を言っているんだコノヤローと思ったりもしたが、そうハッキリと言われると気になってくるのが人間だ。

ということで、言われた翌日には病院へ直行。本当にポリープがあるのか調べるべく、「大腸内視鏡検査」をやってきたぞ!!

続きを全部読む

中国・広東省に住む一人の男性がとんでもないことをやってしまい、話題になっている。彼がやってしまったその驚愕の行為とは、「ウナギを肛門から挿入」である!

彼はエッチなビデオのなかで、ウナギをお尻から入れているのを見て、真似したくなってしまった。そして体長50センチもある生きているウナギを準備し、お尻の穴からそのウナギを挿入
してみたそうだ。するとウナギは体の中で暴れ回り、男性は病院に行かなければならないほどの事態に見舞われてしまったのだ!

続きを全部読む

【コラム】なぜ「もう漏れる!」という状況で間一髪トイレに入ると便座に座る直前にフライングするのか

ふいにやってくる人生のピンチ、それが「急な便意」である。すぐそこにトイレがあるなら問題ない。「トイレ行ってくる」と言える状況なら問題ない。だが、トイレに行けない状況下での “直下型便意” はリアルにピンチな状態だ。

そんなピンチを乗り越えて、運良く間一髪のタイミングで便座に座……る直前に、せきを切ったように「バババッ!」と一気に大放出することがある。雷(いかずち)のごとく、決壊したダムのごとく、バルカン砲のごとく。あれは一体なんなのか。

続きを全部読む

これまでアイロンから火星まで様々なところに現れてきたイエス・キリストの模様。そして今度はなんと犬のお尻の穴に現れ、海外のネット上で大きな話題になっている。

これは海外の掲示板「reddit」にアップされていた画像により分かったことで、その掲示板には次のようなネットユーザーたちのやりとりが記されている。

続きを全部読む