「焼肉」にまつわる記事

ファスト焼肉戦争激化か!? 東京・神田に「俺の焼肉」がオープン / 1000円で肉300グラムの焼肉定食がお得

「いきなり! ステーキ」はステーキのファストフード化を実現した。そして、「焼肉ライク」は1人焼肉専門店として、焼肉のファストフード化を先導している。そのファスト焼肉シーンに、「俺の株式会社」が参戦!

すでに都内3店舗を展開している「俺の焼肉」を東京・神田に新たにオープンした。ランチに行ってみると、1000円で300グラムもの肉を提供しているではないか! これはますます焼肉ファストフード化に拍車がかかりそうだ。

続きを全部読む

五感で味わう至極の焼肉屋はここだ! 東京・板橋の『炭火焼肉ホルモン時楽』は肉好きの聖地である!!

どんなに素晴らしい料理でも、ただ味がいいだけでは、本当の意味で「美味しい」と感じるのは難しいだろう。たとえ最高級のキャビアであったとしても、紙コップに入っていたり体育館のようなだだっ広いところで食べたら美味しいとは言い難く、どこか味気ない気持ちがしてしまうはずだ。

美味しいモノとは、つまるところ五感で楽しむものではないだろうか。目で見て耳で聞き、鼻で嗅いで舌で味わう。食感もまた美味しさを感じさせる大事な要素だ。それが見事に調和した焼肉店が東京・板橋にある。そのお店「炭火焼肉ホルモン時楽」は、まさに五感で味わう焼肉屋だった

続きを全部読む

【令和のおかげ】自分の名前で焼き肉が半額になったから食いまくった / 素晴らしすぎた新元号割引

新元号「令和」の発表直後から、様々な形の新元号割引キャンペーンが実施されている。その中で、個人的に目についたのが氏名に “令” か “和” が含まれていれば割引というもの。

大阪・ミナミの焼肉店「道頓堀みつる 本店」もそんなキャンペーンを実施しているお店の1つで、名前に “令” と“和” の2つ入っていれば、黒毛和牛サーロインステーキや黒毛和牛ロースなど約500グラムの肉を盛り合わせた『みつる盛り』(通常:税込6500円)が無料に。1つなら半額になるという。

幸運にも、私(和才)は半額になるのでお店に行ってみたところ……生まれて初めて自分の名字に感謝することになった

続きを全部読む

どっちがウマい? 叙々苑とモスの「焼肉ライスバーガー」を食べ比べてみた結果…

高級焼肉店の代名詞とも言える「叙々苑」。同社の商品を取り扱うネットショップをチェックしてみたところ『焼肉ライスバーガー(冷凍)』を発見した。説明によれば、選りすぐりの国産牛肉を叙々苑秘伝のたれで焼き上げているとのことだ。

さて、いったいどれだけ叙々苑の焼肉ライスバーガーはウマいのだろうか? 今回はモスの焼肉ライスバーガーと食べ比べながら、味の違いを確かめてみることにしたぞ。

続きを全部読む

【激安】「七輪焼肉安安」がPayPayに全力便乗! 3億円割り引いちゃうってよ!! 人気メニュー『中落ちカルビ』が何品注文しても半額に!

日本中を熱狂の渦に巻き込んだ電子決済サービス「PayPay(ペイペイ)」の100億円キャンペーン。その第2弾が現在開催中で、ついに「松屋」などでも還元されるようになったことは以前の記事でお伝えした。

今もっともアツいキャンペーンであることは間違いないが、そこに全力で便乗しようとしているのが焼肉チェーン「七輪焼肉安安」だ。『3億円 割り引いちゃうキャンペーン』と銘打ち、人気の「中落ちカルビ」をどれだけ食べても半額にすると発表したのである!

続きを全部読む

手軽に1人焼肉できる『焼肉ライク』に行ってみた! 焼肉のファストフード化が加速しそうな予感

オーダーカットのステーキチェーン『いきなり!ステーキ』が飲食業界にもたらした影響はあまりに大きい。ステーキをファストフード化したことはもちろんのこと、おひとり様向けの食事の在り方を根本から変えたといって良いだろう。

そんななか、高級焼肉店『KINTAN』などを運営するダイニングイノベーションは、東京・新橋に手軽に焼肉を食べられる『焼肉ライク』を2018年8月にオープンした。そして新橋店に続いて、11月29日には西新宿に新宿西口店をオープン。実際に行ってみたところ、これは焼肉のファストフード化が加速しそうな予感

続きを全部読む

【衝撃】叙々苑よりもさらにワンランク上だという「游玄亭」に行ってみた結果 → GACKTの家かと思った

日本で一番有名と言っても過言ではない高級焼肉店「叙々苑」。もちろん私(あひるねこ)は生まれてこの方ノー叙々苑だったが、先日ついにファースト叙々苑を果たし、2500円の豪華なランチを食べることに成功した。しかも上司の金で。

その際、初めて食べた『叙々苑サラダ』の衝撃的なウマさに、思わず肉を焼く前に帰りそうになったのは前回の記事でお伝えした通り。ところが。聞いた話によると叙々苑には、「游玄亭」なるさらにワンランク上の店があるというのだ。こりゃあ……行くっきゃねぇ。

続きを全部読む

【衝撃】生まれて初めて「叙々苑」に行ってみた結果 → 肉を焼く前に帰りそうになった

言わずと知れた超高級焼肉店「叙々苑」。私(あひるねこ)のような平民にはまったく縁のない場所だと思われたが、先日ついに……ついに人生初「叙々苑」の機会がやって来た! しかも上司の金で。

「叙々苑」ってあれでしょ? 芸能人がこぞって行くようなトコでしょ? そんな高い店で僕も焼肉を食べられるようになりましたよ、お母さん! 興奮を抑えきれない私だったが、結果から言ってしまうと、肉を焼く前に帰りそうになったでござる。

続きを全部読む

【ルノアール探訪】中華丼・ガパオライス・赤カレーなど独創的なメニューが充実の神田淡路町店で「牛カルビ焼」を食す

ルノアールは喫茶店である。その認識で間違いない。何しろ「喫茶室」というくらいだから、コーヒー・紅茶がメインで、食事はトースト・サンドイッチ・ケーキと軽いものばかり。だが、それですべてのお店を語ることができないのが、ルノアールの面白いところである。

過去に大塚店には釜めしがあることをお伝えした。神田淡路町店には、中華丼がある! ガパオライスがある! 赤カレーがある! そして牛カルビ焼きのセットがあるッ!!

続きを全部読む

【初老あるある】量り売りで有名なステーキチェーンの名前をド忘れして「いきな○○」に行ってしまった話

量り売りで有名なステーキ店に行こうとして、なぜかいつも名前を間違えてしまう私(佐藤)。初老に差し掛かっているためか、固有名詞がなかなか出て来ず何でも “アレ” で解決を図ろうとしてしまうのが、すっかりクセのようになってしまった。余談だが、編集部のYoshioはバラエティ番組の『アメトーーク!』の名前を100パーセント思い出せず、彼が「アレ」といったら、アメトーークのことである。

それはさておき、最近少し思い出してきた。量り売りのステーキチェーンの名前の一部を! 「いきな」が付くお店だったんだ!! そこまで思い出して肉を食いに行ったところ、確かにお店にはたどり着いたようだ。だが、ここもなんか違うお店な気が……

続きを全部読む

イケメン竹内涼真さんが通いまくってるらしい焼肉店『牛恋』に行ったら「ミックスボックス」と「炙りロース」を食え! 東京・新宿

今夏は観測史に残る暑さだったといって良いだろう。「災害級」の酷暑で、全国各地で熱中症で搬送された人が相次いだ。9月に入って、いくぶん暑さは和らいだものの、油断してはいけない。十分な睡眠と食事をとって、いつでもベストなコンディションを保ちたいものだ。

そんな時には肉! 焼肉!! ということで、東京・新宿歌舞伎町の焼肉店「牛恋」に行ってみた。ここの炙りロースの食べ方が斬新でウマい!! しかも俳優の竹内涼真さんが足しげく通うお店なのだとか。マジかよ! 運が良ければ涼真くんに会えるの!?

続きを全部読む

「焼肉の日」には肉を食おうぜ! 東京・新橋『豚ホルモン専門店 鶴松』は安くてウマい肉が食えるぞ~ッ!!

8.29、今日は「焼肉の日」である。焼肉食わねえでどうする! 今日はそれにちなんだ記念イベントを焼肉店でやってるに違いない!! っつうことで調べたところ、東京・新橋に本日オープンする「焼肉ライク」が、290円で200グラムもの肉を提供しているというので、早速行ってみた!

しかーし!! 開店時間に行ったら、時すでに遅し、あきれるほど長い行列が出来ていて入店を断念。すでに肉を食いたいモードだった私(佐藤)は、うまい肉を出すと評判のお店「鶴松」に行ってみた。思いつきで入ったお店だったが、見事にヒット! 焼肉の日にふさわしいお店だった!

続きを全部読む

【常連確定】全品1人前500円以下! 驚異のコスパの焼肉屋「コグマヤ」が最高すぎやんッ!! 東京・池袋

いきなり梅雨明けが宣言されて、連日暑い日が続いている。こんな暑さがこの先しばらく続くと思うと、とてもじゃないが夏を越せない! スタミナつけなきゃ、やってられんッ!! ということで、肉を食うことにした。

友人の紹介で訪ねたお店は、とにかく安い! しかもウマい!! メニューを見たらマジでびっくり。料理は1人前500円以下、一般的な焼肉屋とは異なる食べ方を推奨しているちょっと変わった、でも最高なお店だったヨッ!

続きを全部読む

【安すぎ】ホルモン食べ放題が990円! 東京・大崎「BEBU屋」のランチが激アツすぎた!! 焼きまくってライスにドーーーンしようぜ!

全国各地で梅雨明けが発表され始め、いよいよ夏が本気を出し始めた感がある今日この頃。しかし、暑い暑いと言いながら、心のどこかで私(あひるねこ)は物足りなさを覚えていた。何かが足りない……そう、肉だ! 肉が足りない。肉で俺のハートを熱くしてくれェェェェエエ!!

今回は、そんな私にピッタリすぎるお店に出会ってしまったのでお伝えしよう。なんとそこでは、ホルモン食べ放題がたった990円だというのだ。こうなったらホルモンを焼いて焼いて焼きまくって、ライスの上にドーーーンするしかない!

続きを全部読む

【狂気】京都の焼肉屋さん、W杯を記念して「青いホルモン」を発売してしまう

みなさんは「青くて美味しいグルメ」と聞いて何を思い浮かべるだろうか? ソーダやブルーハワイなどいくつかのグルメは連想できるが、それでも他の色に比べて圧倒的に青いグルメは少ないハズだ。というか、青いグルメで食欲をそそるものは滅多にないと言っていいだろう。だがしかし……。

サッカーW杯の開幕がすぐそこまで迫った2018年6月14日、おそらく史上初の青いグルメが誕生した。それが京都の焼肉屋で提供される『青いホルモン』だ。青い……ホルモンだと? 情報によるとサムライブルーを意識しているようだが、そ、そうじゃないだろ……!

続きを全部読む

【焼肉食べ放題】60分間で1280円!『北海道焼肉ふらの 新宿三丁目店』のコスパが素晴らしい! 特にランチタイムはムリにでも誰かを連れて行くべきッ!!

「焼肉食べ放題」はそれだけで十分魅力を感じるメニューだ。それがお手頃価格だったら、なおのこと利用してみたいと思うものである。しかし、お店によっては厳しいルールを設けているところもある。たとえば、「ご利用は2名様より」といったものだ。

なんだよ、1人じゃ食べ放題を利用できないじゃないかッ!! 「北海道焼肉ふらの 新宿三丁目店」もまた、ランチでこのルールを設けているのだが……あえて言おう。ここはムリにでも人を連れて行くべきだ。ベタな言い方をすれば、コスパ最高!

続きを全部読む

【突撃】「YouTuberは全品食べ放題1000円」で話題の焼肉屋にYouTuberを連れて行ってみた! 結論、これで1000円はマジでお得!!

先日、人気焼肉チェーン『七輪焼肉安安』が、全品食べ放題90分を税込1000円で提供することを発表し話題になった。1000円という安さも凄いが、話題になったのはその条件である。なんと、チャンネル登録者100人以上のYouTuberが対象となるのだ!

時代も変わったものだな~。と驚く一方、YouTuberではない自分は、この神キャンペーンとは無縁であると思われた。ところが、よくよく調べてみると、同伴者6名まで適用と書いてあるではないか。マジかよ! じゃあ、YouTuberを連れて行けば自分も1000円になるじゃん!! というわけで、実際にYouTuberを連れてお店に突撃してきたぞ。

続きを全部読む

【激安速報】「七輪焼肉安安」が全品食べ放題を1000円で実施するぞォォォオオ! 条件はYouTuberであること!!

好きなことで生きていきたい! 動画投稿で食っていきたい!! そう考える人間にとって、YouTuberという生き方はまさに夢である。しかし、誰だって最初からスターだったわけではない。地道に努力した結果、今があるのだ。

人気焼肉チェーン「七輪焼肉安安」は、2018年2月14日から期間限定で、全品食べ放題90分を税込1000円で提供することを発表した。マジかよ! やっす!! もちろんそれには条件がある。賢明なあなたなら、もう分かっているはずだ。そう、YouTuberであること! それが条件である。

続きを全部読む

【2018年福袋特集】ヤフー「焼肉福袋(5400円)」の中身を大公開! 総重量3キロの肉はまあまあお得かも!!

近年、Amazonや楽天などのネットショッピングが勢力を拡大していることはご存知の通りだが、正月のお楽しみ “福袋” もその例外ではない。各サイトともに大々的に福袋を売り出しているが、今回はその中からヤフーで見つけた「焼肉福袋(5400円)」をご紹介したい。

焼肉……福袋……! なんとも魅力的で、そしていくらかの怪しさを感じるのは記者だけではないハズ。果たしてその中身はどうなっているのか? 以下でドドンとご紹介するぞ。

続きを全部読む

マサイ族の男たちが集まって「よし、みんなで肉を食おう」ってなったらこうなる  / マサイ通信:第124回

スパ! みんな、ちゃんとメシ食ってるか? メシは元気の源だぞ。特に肉はパワーが出るよな。日本のみんなも、ともだち何人か集まったら「よ〜し、肉を食いに行こうぜ!」なんて展開になったりするのかな? そして向かうのは焼肉屋さんかな?

それはマサイ族も同じだ。特に活力みなぎる血気盛んな野郎どもが集まって、「ハラ減ったな」や「なんか食いたいな」となったら、「よ〜し、肉を食いに行こうぜ!」って展開になったりするんだ。そして食べるのは、焼肉ならぬヤギ肉の焚き火焼きだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5