「日本人」にまつわる記事

【コラム】大坂なおみさんへの反応について在日韓国人が思うこと / 国籍や肌の色「日本人の定義とは何なのか?」って話

日本男女を通じて史上初となる「4大大会シングルス優勝」の快挙を達成したプロテニスプレイヤーの大坂なおみ選手。祝福の声が殺到とするとともに、特にインターネット上では “微妙な空気” が流れている。

ズバリ言ってしまえば「大坂なおみ選手を日本人と言い切ってしまって良いのか?」みたいな雰囲気があるが、今回はこの件に関して在日韓国人である私、P.K.サンジュンが「日本人の定義」について思うところがあるのでお話したい。

続きを全部読む

【共感の嵐】あるスペイン人のツイートに “わかりみ” が止まらない!「日本人は時間を守るって言うけどさ…」

一般的に日本人は何事にもキッチリしたイメージがある。大多数の人が規則正しく行動できることは日本人の特性であり、世界に誇るべき美点であることは間違いないだろう。例えば「日本人は時間を守る」なんてことはよく言われる話である。だがしかし……。

果たして日本人は本当に時間を守る民族なのだろうか? 2018年8月、あるスペイン人が投稿したツイートがメチャメチャ話題になっているのでご紹介したい。

続きを全部読む

【マジかよ】江戸時代に「初めてカレーを目撃した日本人の感想」が衝撃的すぎる!

カレーライスといえば、日本の国民食だ。しかしその歴史は意外と短く、日本人が初めてカレーと遭遇したのは、約150年前なのだとか。そんな日本のカレーの歴史は、神奈川県横須賀市の「横須賀海軍カレー本舗」に行くと知ることができる。

カレーが日本の歴史に登場するのは幕末。1863年(文久3年)に、日本人が初めてカレーを見たのだとか。そして……! その日本人は、かなり衝撃的な一言を残しているのだ。

続きを全部読む

えっ…本物の猫じゃないの!? 日本人アーティストの作った「リアルすぎる猫の肖像画」が海外で話題に

最近はSNSの発達により、国籍を問わず才能のある人が手掛けた作品やユニークな人が世界規模で注目されやすい時代になった。中には日本国内よりも早く海外で話題になるケースもあり、拡散されるスピードも尋常ではない。

そしてまたひとり、日本人アーティストの “わくねこ” さんが海外で注目を浴びている。羊毛フェルトで制作した猫の肖像画がリアルすぎて話題になると、世界の猫好きからDMも殺到しているようだ。

続きを全部読む

飛行機で「友人・家族・恋人と隣同士になれるよう席の交渉をする」と答えた日本人は「たったの6%」で世界一低いという調査結果

旅行には欠かせない移動手段である飛行機。世界各国の人々が乗り込む飛行機は、世界の縮図といっても過言ではないだろう。そんな飛行機の中で、友人や家族、あるいは恋人と席がバラバラになってしまった……なんて時、あなたならどうする?

というのも、飛行機で「友人・家族・恋人と隣同士になれるよう席の交渉をする」と答えた日本人は、なんとたったの6%で世界一低いという調査結果が出てしまったのである。ちなみにワースト2位は香港の16%。つまり日本はダントツで「交渉しない」のであった。

続きを全部読む

【韓国】あの日本人女優が人気大爆発! 韓国ネット民「美しすぎ!」「韓国人ならトップ女優」→ 『デスノート』にも出演の “藤井美菜さん” だった

日本でも知られていないわけじゃないけど、海外だとビックリするほど有名な日本人。最近だと「おディーン様」こと、ディーン・フジオカさんは、まず台湾で活躍していたし、BABYMETALも欧米から人気に火がついたのは有名な話だろう。

先日、韓国で、ある日本人女優が話題になったという。なんと韓国ネットユーザーが「美しすぎ!」「韓国人ならトップ女優と双璧なのに!!」と大絶賛! ええっ!! そこまで褒めちゃうの!? そんなに美しい日本人って、一体、誰、誰~!? 

続きを全部読む

日本人による「新しいミカンのむき方」が海外で話題に! むき方次第でアッと驚く芸術作品が誕生

すっかり朝や夜は涼しくなり、秋の訪れを感じる今日この頃。柿や梨など秋の果物に混じり、そろそろ冬に欠かせないミカンが顔を覗かせる時期がやって来る。

ほとんどの読者の方が、何気なくミカンの皮をむいていると思うが、むき方次第ではアッと驚く作品が仕上がることも。そんな「新しいミカンのむき方」を披露する日本人アーティストが、海外で話題になっているので紹介したいと思う。

続きを全部読む

【正直インタビュー】ポーランド発の歌姫ユリア・ベルナルドさんに聞いた日本の「良いところ」「嫌なところ」

2017年9月1日に、初のカバーアルバムをリリースするポーランド在住の歌手、ユリア・ベルナルドさん。彼女は『のどじまん ザ!ワールド』(日本テレビ系)に出演したことをきっかけに広く知られるようになり、現在自国と日本で歌手として活動をしている。

何度も来日をはたしている彼女なのだが、日本について正直どう思っているのだろうか? 日本文化を愛する彼女は、日本のどんなところが好きなのか? そしてちょっと嫌だなと思うのは、どんなところか? 率直な意見を尋ねた。

続きを全部読む

「日本人男性の7割はカセイ人説」はマジなのか? 真面目に分析して見えた3つの仮説

「YES」のキャッチコピーでおなじみ高須クリニック。その院長である高須克弥先生といえば、歯に衣着せぬ発言をする美容整形外科医として人気だが、絶対に忘れてはいけない功績を残したことでも有名だ。特に男性にとっては、感謝してもしきれない功績と言えるだろう。

それは……何人ものカセイ人に手術を施し、「男の自信」を取り戻させたということ。いや、シンセイ人やカントン人もいただろうが、とにかく、デリケートな部分の手術ブームを作った張本人だということである。ここでは、そんなデリケートな話をしたい。

続きを全部読む

【次世代ダンス】日本人パフォーマー・XTRAPが繰り広げる「指を使ったフィンガーダンス」が海外で話題! 万華鏡のように変化し続ける動きが超美しい~!!

ダンスといえば、手足を駆使して全身を使った一般的なダンスを思い浮かべてしまうと思う。しかし現在、海外で一風変わったダンスが話題となっているので紹介したい。

日本人パフォーマーが繰り広げる「指を使ったフィンガーダンス」は、まさに次世代ダンスとも言える斬新さ。まるで万華鏡のように変化し続けるその動きが超~美しいのである!

続きを全部読む

【炎上】『私日本人でよかった。』のポスターを外国人はどう思うのか? 外国人に意見を聞いてみた!

現在、京都の街のあちこちに貼られているというとあるポスターが話題だ。日の丸をバックに黒髪の女性が笑うこのポスターには「私日本人でよかった」というコピーが書かれている。

ネット上では、そのコピーやデザインにナショナリズム的思想や人種差別的ニュアンスを感じる人が多く「気持ち悪い」「怖い」「『日本人でよかった』→『日本人以外はよくない』と言ってる」などの声が相ついだ。そんなこのポスターを海外の人が見たらどう思うのか? 実際に外国人に意見を聞いてみることにした

続きを全部読む

日本人が挙げた「アメリカやヨーロッパに行ったときにビックリしたこと」30連発

テレビ番組や映画などを見れば、様々な外国の暮らしを知ることが出来る。「はああ、アメリカの高校生はプロムなんてものに行くのか〜」「ほうほう、イギリスって本当に曇っている日が多いんだなあ」なんてね。

しかし実際に行ってみないと分からないことも多いもの。ということで今回は、海外メディア『Reddit』に投稿された質問「日本人のみなさん、アメリカやヨーロッパに行ったときにビックリしたことはなに?」に寄せられた回答を30連発でお伝えしちゃうぞ! みんなはどんなことにビックリしたかな?

続きを全部読む

【国際結婚の日】外国人夫に「日本人妻ならではの不満」を聞いてみた

毎日が特別。2月9日が漫画の日だったり、3月3日が耳の日だったり、3月10日が佐藤の日サンジュンの日だったり……実に色々な日があるもんだ。

そして本日3月14日は「国際結婚の日」! せっかくの記念日なんだから、国際結婚夫婦の間にわだかまった不満に光をあててみたい。ということで今回は、外国人夫に「日本人妻ならではの不満があるか」聞いてみたぞ!! さ〜て、なんて言われるのだろうか……?

続きを全部読む

海外ネット民があげた「日本人に質問してみたいこと」40連発

世界には数多の国があり、それぞれ深い文化が存在する。実際にそこに住んでみないと見えてこないものもあるはずだ。よく知らないのに、「あの国はこうだから〜」と決めつけるのはよくないだろう。私たちだって、「日本はああだから〜」と決めつけられるのは嫌なもの。

分からないこと、知らないこと、知りたいことがあれば質問すればいいじゃない! そこで今回お伝えするのは、ネット掲示板『Reddit』に海外ネット民が寄せた「日本人に質問してみたいこと」を40連発でお伝えしたい。これらの質問に、あなたならどう答えるだろうか?

続きを全部読む

【動画あり】フランスで「宮崎駿」「北野武」などに次いで有名な日本人『レ・ロマネスク』がアツい! 林家ぺー・パー子級の強烈キャラに注目せよ!!

2016年世界的に大ブレイクしたアーティストといえばピコ太郎だが、実は数年前から海外で大人気の日本人ユニットが実在するのをご存知だろうか? 2000年にフランスパリで結成され、今やフランスでは「宮崎駿」「北野武」「黒澤明」に次ぐ知名度を誇るという。

彼らの名前は『レ・ロマネスク』。幅広いジャンルを取り入れた音楽はもちろん、林家ペー・パー子さんを彷彿させるピンクのド派手な衣装はインパクト大だ。すでに日本デビューもしており、来年はさらにブレイクする予感……。今回はそんなレ・ロマネスクにスポットを当てる。

続きを全部読む

「日本人の嫌いな西洋の食べ物」27連発

ルートビアやリコリス菓子、甘い緑茶、醤油をかけたご飯……これらは、以前お伝えした「日本人が嫌いな西洋の食べ物 25連発」という記事であげられた食べ物。海外サイト Reddit での質問「日本人の皆さん、嫌いな西洋の食べ物はありますか?」に寄せられた回答を選出したものだ。

しかし、我々が嫌いな西洋の食べ物はまだまだ存在する! そこで今回も、 Reddit に新たに集まった「日本人が嫌いな西洋の食べ物」をお伝えしちゃうぞ!!

続きを全部読む

海外女性誌が “日本人を差別する” 写真を投稿し炎上 → 謝罪

自分では差別しているつもりはなかったのに、配慮不足から結果的に相手を差別したことになってしまった……。そんな危険を誰もが抱えている。そして「つもりがなかった = 問題がない」ということには決してならない。

今回も、ある海外女性誌の SNS投稿が「日本人を差別した!」と非難され、炎上。謝罪する事態にまで発展した。

続きを全部読む

【中国】上海市中心部で6歳の日本人女児が見知らぬ中年男に連れ去られそうになる事案が発生

海外生活をしていると忘れがちになることがある。それは「異国で生活している」ということだ。日本人居住区に住んでいたり、日本人が集う場所に行くと日本にいるような感覚にとらわれることがある。だがそこはあくまでも異国。日本とは文化も風習も違えば事件に巻き込まれることも少なくない。

日本人が多く住む中国・上海市の中心部で6歳の日本人女児が連れ去られそうになる事案が発生していたことがわかった。在上海日本国総領事館が2016年10月19日に明らかにした。そして事案が発生した場所では過去にも同様の事件が起きていたのである。

続きを全部読む

【日本どうした】『妊婦の電車事情』をリサーチした結果 / 最初から座れる確率「29%」席を譲ってもらえる確率「12.3%」など

「日本の技術は素晴らしい」「日本には世界に誇る文化が数多くある」……確かにそういう一面もあるだろう。昔から奥ゆかしく自己PRが下手とされる日本人は、損している面も多いに違いない。だがしかし、本当に現代日本は “おもてなしの国” にふさわしいレベルといえるのだろうか?

以前の記事で「最近わざと優先席に座っている理由」というコラムを書いた。簡単にいえば、優先席ですら必要な人に譲れない人ばかりだから、わざと座って必要な人に譲っている……という内容だ。賛否両論、多くの反響をいただいたが、実際のところ「本当に席を必要としている人たち」は、どれくらいの確率で着席出来ているのだろう?

続きを全部読む

言葉の壁が仲良しの秘訣!? 外国人4名に聞いてみた「日本人恋人のいいところ、悪いところ」

グローバリゼーションが進み外国人と接する機会が増えた昨今、町で日本人と外国人のカップルを見かけることがよくあるのではないだろうか。

言葉や文化が違えば、相手に想いを伝える上で様々な問題もあるだろう。また一方で生まれ育った環境が違うからこそ、相手から学べることもたくさんあるはずだ。では外国人たちは日本人と付き合って、どこに良さと大変さを感じているのだろうか?

ということで、日本人と付き合ったことのある、もしくは日本人と結婚している外国人4名に「日本人と付き合って気づいた日本人恋人のいいところ、悪いところ」を聞いてみた! 以下がその答えである。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2