「巨大」にまつわる記事

追記あり【神コスパ】超巨大「2キロの熟成肉」を自分で作ってみた結果 → こんなウマいステーキ食ったことネェェエエエ!!

一昔前までは「霜降り肉こそ正義」と思われていたが、赤肉ブームに代表されるよう、日本でも定番となった熟成肉。赤身の肉をあえて新鮮なうちに食べずに、旨味が凝縮するまで寝かせる食べ方である。だがしかし……。

霜降り肉ほどではないものの、熟成肉も結構高い! 「もっと安く激ウマ熟成肉が食べたい!!」と思っていたところ、ふとひらめいてしまった。そうだ、自分で作れば安いんじゃね? コストコとかの肉なら高コスパ確定なんじゃね? と……。

続きを全部読む

ステーキのどんの新メニュー「3代目横綱ハンバーグ」がデカすぎるッ!! 鉄板を覆い尽くすほどの大きさに驚いた

ハンバーーーーグ!! 時々ムショーにハンバーグを食べたい衝動に駆られるのは、私(佐藤)だけではないはずだ。きっとお笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田潤さんも、ハンバーグを食べたい欲求を抑えきれずに、持ちネタのハンバーグ師匠を誕生させたに違いない。

さて、そんなハンバーグ好きに朗報だ。ステーキレストランの「ステーキのどん」が、2016年3月15日から超ボリュームメニューの提供を開始した。それは、3代目横綱ハンバーグ(税別1599円)である。鉄板を覆い尽くす巨大な肉塊。あまりの大きさにこう叫ぶに違いない。ハンバーーーーグ!!

続きを全部読む

【大手術】巨大な「クマのぬいぐるみ」の中に入ってみた / そして動き出した2.5メートルの生物

生まれ変わるなら何になりたい? ……なんて寂しい質問だろう。かつて長渕剛さんが「生まれ変わるなら生きてるうちに」と言っていたが、まさにその通り。体中を駆け巡る鼓動が聞こえるうちに、人間は生まれ変わるべきなのだ。

では生きているうちに何に生まれ変わろう? 簡単なのはクマである。今回ご紹介する方法であれば、今の自分でありながら「クマとしての人生」もエンジョイ出来てしまうのだ。用意するのはたったひとつ。2.5メートルのクマのぬいぐるみだけである。

続きを全部読む

セブンイレブンのコピー機で約1.2×1.7メートルの「巨大ポスター」を作れるらしい / 実際に印刷してみたらデカすぎてヤベぇぇぇぇ!!

セブンイレブンにコピー機があることは、知らない人の方が少ないと思う。私(あひるねこ)も過去に何度かお世話になった。だが、あのコピー機には更なるスンゲー機能が搭載されていることを、あなたは知っているだろうか?

なんと! コピー機でポスターを作ることができるのである!! 「え? それだけ?」なんてセリフが聞こえてきそうだが、当然そんなことはない。そのポスターは、1158×1651mmという超巨大サイズなのだ。聞いて驚け、A3用紙16枚分だぞ。実際に印刷してみたところ、あまりにもデカすぎて度肝を抜かれた!!

続きを全部読む

提供:すかいらーく

【爆ウマ】「ステーキガスト」で『1ポンド熟成赤身肉』を食べてない人はマジで人生損してる / 全メニュー「サラダやカレー」など20種類も食べ放題!

突然だが「ステーキガスト」はご存じだろうか? ガストではなく「ステーキガスト」である。その名の通り、ステーキを中心とした肉料理がたらふく食べられるだけではなく、サラダやカレー、デザートなど全20種類のメニューが食べ放題の、あの「ステーキガスト」のことだ。

そんなステーキガストが、世にもお得なキャンペーンを開催しているのでお知らせしたい。その名も『熟成塊肉フェア』という、肉好きならば響きだけでワクワクが止まらない魔性のイベントである。その目玉は何といっても、1ポンド……つまり約450グラムの「熟成赤身ステーキ」だ!

続きを全部読む

【ロマン】炊飯器で「巨大たこ焼き」を作ってみた

人間は大きなものに憧れる。器の大きい人間はどの世界でもモテモテだし、背の高い男性が好きな女性は多い。命がけで山頂を目指すアルピニストたちの夢は、言うまでもなくエベレストだ。言い換えれば、大きさとロマンは比例しているのだ……そう、たこ焼きでもね。

つい先日のこと。一口サイズがあたり前の「たこ焼き」が、炊飯器を使えば『巨大たこ焼き』に生まれ変わるという情報をキャッチ! ……なにそれ超ロマン!! というわけで、炊飯器で『巨大たこ焼き』を作ってみたのでご報告するぞ。

続きを全部読む

通常の1440倍のデカさ! 超巨大ハイチュウを作ってみた

国民的ソフトキャンディーといえば、森永製菓『ハイチュウ』である。最近はアメリカでも大人気らしい!

1粒でけっこう満足感のあるお菓子だが、できることなら飽きるまでハイチュウを食べてみたい! 1粒で腹一杯になる、デカいハイチュウって無いの?

モチロンそんなものはあるはずがないので、無いなら作ってしまえばいい! ……ということで買ってきました。ハイチュウ120個。

続きを全部読む

布だけで645m! 超巨大なターバンを巻いている男性が話題 / そのままバイクで疾走

読者の中には、「インド人男性 = ターバンを巻いている」というイメージを持っている人は少なくないだろう。しかし、全てのインド人男性がターバンを用いているわけではない。インドでターバンを巻いているのは、主にシーク教徒の男性。その比率は、外務省のデータによると、全体の約2%だそうだ。

というわけで、今回はそんなターバンにまつわる話題をお届けしたい。海外サイトで、「世界最大か?」と言われているターバンを巻いている男性がいるのだが……それがメチャクチャでかいのだ! しかもそのターバンを付けたままバイクに乗っているではないか……。実際の姿を見ると、話題になるのも納得である。

続きを全部読む

デカすぎる「息子」が激写される

「これが私の自慢の息子です」と写真を見せられ、そこにデカデカと息子が写っていたらどう思うだろうか。それが通常の2倍はある息子であれば、思わず反応に困ってしまうかもしれない。

というのも、今回ご紹介する「息子」が驚きを隠せないくらいデカいからだ。もはや言葉を失ってしまうほどのインパクト。一目でわかるその大きさをぜひ確認していただきたい。

続きを全部読む

【衝撃】世界一のテレビ! お値段なんと2億7千万円

アメリカの高級デパート『ニーマン・マーカス』が、ぶっ飛んだクリスマスプレゼントを公式サイトで公開し、大きな話題となっている。そのプレゼントとは高級テレビ。値段はなんと264万ドル! つまり約2億7千万円!

続きを全部読む

【大物の予感】体重7キロの超ビッグな赤ちゃんが生まれる

生まれたばかりの赤ちゃんは手も足も何もかもが小さい。新生児の平均的な体重は3500グラムだ。4000グラムでかなり大きい。5000グラムを超えると「巨大ベビー」と言ってもいいくらいだ。

先日、中国でなんと7040グラム(7.04キロ)の赤ちゃんが誕生していたことがわかった。赤ちゃん2人分もの重さだ。常識外れの重さであるにもかかわらず母子ともに健康、大変おめでたいと世界中で話題になっている。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2