「写真」にまつわる記事

プロカメラマンが公開した「簡単に幻想的な写真を撮影するトリック」を超ど素人が実践してみた結果…ひと味違った写真が撮れた!

最近はスマホのカメラに押され気味なミラーレスや一眼レフだが、スマホにはない魅力があるのも事実。旅先で目にする絶景や家族との特別なイベントなどは、やはりちゃんとしたカメラで記念すべき瞬間を収めたいものである。

そこで、プロのカメラマンがスマホを小道具に使い、幻想的な写真を簡単に撮影するトリックを披露しているので紹介したいと思う。どんなシーンでも使えそうだぞ!

続きを全部読む

【撮影テク】レンズ前に掲げるとキラキラ効果を得られる金網製品について再検証!

先日「茶こしをレンズ前に掲げることで、キラキラ効果を得ることができる」という内容の記事を書いたのだが、読者からの指摘で衝撃的な真実が発覚した。なんと、その記事では「茶こしを掲げるだけで」と言っておきながら、 “茶こしではないもの” で撮影していたのだ!

調べると、それはセリアで売っている「アク取り 大」だったのだが、このままでは最悪「記事を信じて撮影に臨んだ結果、写真には茶こししか写っていなかった」などという悲劇が起きかねない。

そこで今回は、セリアで売っていた本物の「茶こし」をはじめとする複数の金網製品で再検証してみた。その結果、実践する際に注意すべき点や、いけるように見えて実はNGな金網製品についても明らかになったのでご覧頂きたい。

続きを全部読む

【撮影テク】レンズ前に「茶こし」を掲げるだけでキラキラ加工ができる! 今年の夏は海に持って行くべし!!

このところ、体感的には夏としか思えないくらい暑い日が多かった気がする。これはもう実質夏みたいなものだろう。そして夏といえばやはり……海だ!

全国的に梅雨入り宣言が出されたばかりだろっていうのはさておき、海が人々で賑わうのに先立ち、ビーチに持っていくべきたった一つの神アイテムを紹介したいと思う。これさえあれば、おっさんのボッチ海という悲惨な状況からでさえも、きらめきに満ちたビーチライフを演出することができるので必見だ!

続きを全部読む

日本人が撮影した「亡き父の写真」を探しています……ある人物の呼びかけがネット上で話題に

亡き父の写真を探しています……今、ネット上でそんな呼びかけが話題を集めている。1人のネットユーザーが、自身の父親がうつった「ある写真」を探しており、その撮影者が日本人だというのだ。

詳細は以下でお伝えするが、もしかしたらあなたが撮影した写真かもしれない。心当たりはないだろうか……?

続きを全部読む

【衝撃】きゃりーぱみゅぱみゅの中学生時代がヤヴァイ

今をトキめくポップシンガー・きゃりーぱみゅぱみゅ。キラキラした不思議可愛いそのセンスで注目を集める、若者の教祖的存在である。そんなきゃりーぱみゅぱみゅさんの中学時代がヤヴァイ! アババババ……これマジでヤベエ……。

続きを全部読む

【激似】加藤鷹が葛西紀明とのツーショットを公開 → そっくり過ぎると話題 / ネットの声「どっちがどっちかわかんねえ」「もはや双子」

「自分とそっくりの人が最低3人はいる」と言われているこの世界。しかし、どっちがどっちかわからなくなるレベルのそっくりさんに出会ったことのある方は、そう多くはいないだろう。

今ネットでは、あるツーショット写真に写った2人がそっくり過ぎると話題になっている。その2人の人物とは……葛西紀明さん加藤鷹さんだ。

続きを全部読む

提供:トヨタ自動車株式会社

何度も言うけど「トヨタの社員研修」がガチでヤバイ / 今度は従業員141人で“アレ”を達成

日本を代表する自動車メーカーのひとつである「トヨタ自動車株式会社」。高度な技術で世界をリードしているだけあって、やはり社員研修の内容もハンパなものではない。

以前の記事でもお伝えしたが、同社は2014年から従業員自らが大陸を走る 『TOYOTA GAZOO Racing 5大陸走破プロジェクト』という取り組みをスタート。ついに2017年にはヨーロッパ大陸を走破したとのこと。今回はその過酷なチャレンジの経過を動画と共にお届けしたい。

続きを全部読む

【目の錯覚】同じはずなのに違うように見えてしまう不思議な2枚の写真が話題沸騰中 / あなたの脳は見抜ける?

俺(私)の脳、どうしちゃったのかな……。現在、そんな声が聞こえてきそうな写真が海外で話題になっている。なんでも、並べられた2枚の写真が同じシーンを写しているはずなのに、まったく違うように見えてしまうらしい。

そ、そんなはずないやろ〜とネット民が参戦するもこれが本当。違うように見える現象に混乱してしまい、ドロ沼から抜け出せない人が続出している。さて、あなたの脳は同じ写真だと見抜けるだろうか。

続きを全部読む

【検証】 家電量販店によくある「写真プリント機」の性能を比較してみた結果

これから卒業、入学、就職などなど、新年度を迎えるにあたって多くなる記念撮影。そこで今回は、写真を手軽に現像できる写真プリント機についてお伝えしたい。

家電量販店などに行くと、様々な機種があってどれが良いのかイマイチ分からない写真プリント機。そこで実際に現像して、どの機種が最も優秀なのかを確かめてみることにした。さて、結果はいかに!

続きを全部読む

“ダウン症の男性&赤ちゃんの写真” が注目集める「彼に赤ちゃんを抱っこさせてくれる人は少ない……」掲載者が訴え

赤ちゃんを抱っこすると、様々な感情がわき上がってくるものだ。あまりの小ささに戸惑ったり、温もりと柔らかさにホッとしたり、畏怖(いふ)の念を抱いたり。

これからご紹介する写真にうつる男性は、赤ちゃんを抱きながらニッコリ笑顔&愛おしそうな表情を浮かべている。彼がいかに赤ちゃんを愛しているかが、とてもよく伝わってくる。しかし、彼に赤ちゃんを抱かせてくれる人はあまりいないのだとか……。

続きを全部読む

これぞ運命! 子供の頃に「海外で撮影した写真に婚約者が写っていた」カップルが話題に

信じられないような偶然が重なったりすると、因縁めいたものを感じてしまうことがあるが、これが恋愛となると運命だと思いたくなってしまうものだ。

まさに、そんなカップルが話題となっている。なんでも、子供の頃に海外で撮影した写真に現在の婚約者が写っていたそうで、国境を越えた巡り合わせに運命を感じずにはいられないのである!

続きを全部読む

「認知症の悲しさが伝わってくる」とある編み物の写真が話題に

今、ある1枚の「編み物の写真」が注目を集めている。そう聞けば、人間業とは思えない技巧的な編み物が載っているのでは……なんて思ってしまうが、逆なのだ。

そこには、徐々に形が崩れていく編み物の作品がいくつも収められているのである。実はこれらの作品は、認知症だと診断されたある女性によるものなのだとか。

続きを全部読む

世界一有名な写真? 「 Windowsのアレ」を撮影したのはこの人です / 誰もが一度は見たことがあるはず!

「世界でもっとも有名が絵画は!?」と聞かれたら、「モナリザ」と答える人が多そうだが、では「世界で最も有名な写真は?」と聞かれたらどうだろう。ウ~ンと唸ってしまう人が少なくないと思う。しかし、おそらく読者の皆様も、その写真を一度は見たことがあるはずだ。

なんといっても、10億人が見たと言われているのだから。そんな、「世界で最も有名だと言われる写真」を撮影したカメラマンが新たなチャレンジを与えられ、次なる “世界で最も有名な写真” を生み出そうとしているという。

続きを全部読む

インスタフォロワー100万人超え!白黒写真のみを 25年も撮り続けている超人気カメラマンの作品がコレだ

特に芸術に興味がないという人でも、画像に特化したInstagramの料理や旅行をテーマにしたアカウントなどで、写真を楽しんでいる人は結構いるのではないだろうか。

そこで、フォロワーが100万人超えの超人気カメラマンがいるというので紹介したい。白黒写真のみを撮り続ける彼の作品は、どれも額に入れて部屋に飾りたいほどカッチョいいのである!

続きを全部読む

【人間かよ】スマホを認識しているゴリラがスゴい! 来園者と仲良く写真を閲覧してスワイプらしきジェスチャーも見せる

霊長類のゴリラは、まるで人間のような頭の良さを見せることがある。これまでにも手話で会話、カメラで撮影など、驚くべき能力を発揮してきただけに、賢さを知っている人も多いだろう。

そして現在、ゴリラの賢さが改めて分かる新動画が YouTube に公開されて話題だ。今回のゴリラは、なんとスマホを認識。人間と仲良くスマホの写真を見るだけでなく、ジェスチャーでスワイプらしき動きまでしているから驚かされる。

続きを全部読む

【何度でも注意喚起】家の鍵の写真をSNSにあげちゃダメ絶対! 写真から合鍵を作って泥棒を働いた男が逮捕 / ネットで簡単に作れたらしい…

こんなこと、誰でも知ってる当たり前知識かもしれない。しかし重要なことなので何度でも言っておく! 「家の鍵の写真をSNSにあげちゃダメ絶対!」 なぜなら写真から合鍵を作ることができるというのである。

嘘みたいな話だが、どうやら事実。写真から合鍵を注文、3度も盗みに入った男が逮捕されたという。

続きを全部読む

プロカメラマンが公開した「ドラマチックな写真の撮影過程と完成作品を比較したビフォーアフター画像」がスゴイ参考になる

あまりにも美しい「ドラマチックな写真」を目の当たりにすると、ついつい「CGでしょ」なんて疑ってしまう。たしかにフォトショ加工もされているかもしれないが、それよりも大切なのは「写真の撮り方」なのかも? というのも……

あるプロカメラマンが撮影現場の様子を披露しているのだが、その撮影過程と完成作品を比較したビフォーアフター画像がスゴイのである。伝わってくるのは「撮影現場でしか調節できない光源の具合やカメラアングルも大切なんだよ」というメッセージ。目からウロコの匠の技とアイデアは、写真撮影の役に立つこと請け合いだ。

続きを全部読む

【閲覧注意】日本で唯一「ギロチン」や「鉄の処女」が展示されている博物館『明治大学博物館』に行ってみた!

世界的に禁止されている拷問。日本国憲法では「公務員による拷問は絶対にこれを禁じ、かつ、拷問によって得られた自白は証拠として使えない」と定められており、唯一「絶対に」と明文化され禁止されている行為だ

そんな拷問に使う器具の中でも史上最も有名なものの1つが、ニュルンベルクの「鉄の処女(アイアン・メイデン)」だろう。世界でも数えるほどしか現存していないこの拷問具を実際に見てきたのでレポートしたい。静寂の中、世界の拷問具が佇む雰囲気は息を呑むものがあった。

続きを全部読む

【神の手】「この画像が写真じゃないだと……?」奇跡の絵師、ポルカさんの作品にネット民戦慄

絵の世界は非常に奥深い。何が何でも絵が上手ければいいというものでもなく、いわゆる “下手ウマな絵” が評価されるケースも多々存在する。つまり、そこまでの画力がなくてもチャンスはあり、逆に言えばどれだけの画力があろうと評価されない世界なのだ。だがしかし……。

今回ご紹介する絵師の画力はマジでヤバい。「これが絵だと……? 写真じゃなくて?」とネット民を戦慄させているのが、話題の絵師・ポルカさんである。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10