「伊勢丹」にまつわる記事

鈍感な上司は「部下がTバックを履いている」ことに気付くのか → 検証しようとしたら上司に殺意が芽生えた!

うちの上司(編集長GO羽鳥)はちょっと変わった人だ。鈍感であるがゆえに多少のことには気づかないのはもちろんだが、男の部下にパンツを贈る癖(へき)がある。私(佐藤)も1枚もらった覚えがあるし、当編集部の原田には5~7枚も贈呈している。

そんな羽鳥は、過去の記事で男性にTバック着用を推奨していた。きっと私がTバックを履いていても、気づかないんじゃないのか? そう思い、Tバックを履いてみたところ、不本意ながら一瞬彼に殺意が芽生える結果となった。なぜだ……。

続きを全部読む

【えっ!?】竹内力さんが伊勢丹でスーツを販売する謎イベント『力祭』がヤバイことに! 新潟伊勢丹「対応を検討してます」

祭りじゃ祭りじゃ「力祭」じゃー! なんとこの度、「力祭」が再び伊勢丹に帰ってくる。ゼニの匂いがしよるでえッ!!

え? 「力祭」って何って? ヤだなあ、危ない役をやらせると右に出るものはいないVシネマの帝王・竹内力さんが伊勢丹でスーツを販売するイベントじゃないか。あの謎イベントが再び伊勢丹で開催されるのである! マ・ツ・リじゃァァァアアア!!

続きを全部読む

俺は何を血迷ったのか、1粒1080円のぶどうを食っちまった…… / 東京・伊勢丹新宿店

季節はもう秋! 秋といえば、「食欲の秋」「実りの秋」である。何食っても美味い季節の到来だ。ということで、東京・伊勢丹新宿店の生鮮食品売り場に行ってみたところ、すでにマツタケが並んでいた。もっとも高いものは数万もの値がついている。とてもじゃないが買えねええええ!

彩り鮮やかな果物を見て帰ろうとしたところ、ぶどうが目に留まった。しかもよく見ると、そのぶどうは1粒単位で売っている。こんなの買うヤツいるのか? なんて思っていたのに、私(佐藤)は血迷って購入していたのである……。

続きを全部読む

俺は何を血迷ったか、1万円の持ち帰りすしを買ってしまった…… / 伊勢丹新宿店催事「すし将」

寿司といえば、まず最初に頭に浮かぶのは「スシロー」や「くら寿司」「かっぱ寿司」など、回転寿司ではないだろうか。次いで、「すしざんまい」や「すしざむらい」のような、いわゆる回らない寿司だ。

これらの他に、もう1つある。私はそのもう1つを個人的に「第3の寿司」と呼んでいるのだが、それは持ち帰り寿司だ。最近ふらりと東京・新宿の伊勢丹を訪ねた時のこと。地下の食品催事場に出店していたお店で、第3の寿司を買って帰ろうとしたところ、何を血迷ったのか、1万800円もする代物を買ってしまった……。そうだ、これは血迷いグルメなのだ。

続きを全部読む

【閲覧注意】海パン最前線! 人生で初めてビキニパンツを履いてみた / あるいはデカパンからの脱却

夏だ! 海だ! 海水浴だ!! 海パンだッ!! 今年の夏は冷夏で梅雨明けしたばかりだけど、とにかく買う! 海パン(男性用水着)を買う!! しかも良いヤツを買うんだーーッ! と息巻いて、私(佐藤)は東京の伊勢丹新宿店にやってきた。

以前海パンを買ったのはいつのことだっただろうか? トンと思い出せないのだが、今まではデカパンを買っていたことだけは覚えている。そんな訳で、今回はショートパンツ、さらにはビキニパンツに挑むことにしたぞ!

続きを全部読む

【閲覧注意】高級パンツ最前線! 紳士用パンツはこんなに進化していた / あるいはユニクロパンツからの脱却

「夏は股間がかゆくなる」とは真理的な言葉だ。そう、夏は股間がかゆくなるのである。おそらく世の男性の8割、ひょっとしたら、もっと多く。あるいは女性も含めて、切実な問題だろう。私(佐藤)が男性である都合上、今回は男性にフォーカスして話を進めたい。

さて私は、パンツは消耗品だと思っているので、だいたいユニクロで手頃な値段のモノを買うのが常である。もっと高額な商品に目を向ければ、いまだ知らないパンツの世界が広がっているのではないか?

そう思い、新宿伊勢丹の紳士用下着コーナーに行ってみたところ、驚きの進化を遂げたパンツに遭遇した

続きを全部読む

【ファ!?】竹内力さんが伊勢丹でスーツを店頭販売する謎イベント『力祭』が開催! 京都伊勢丹「販売員として接客する予定です」

竹内涼真さん、竹内まりやさん、竹内結子さんなどなど、著名な竹内さんは多いが、大阪人にとって外すことができないのが竹内力さんである。一糸乱れぬリーゼントに鋭い眼光、『ミナミの帝王』はじめ、危ない役をやらせると右に出るものはいないVシネマの帝王だ。

そんな竹内力さんが紳士服を販売するイベントが伊勢丹で開催される。繰り返す。竹内力さんが伊勢丹で紳士服を販売するイベントだ。何を言っているか分からないと思うが、私(中澤)も分からない。そこで、伊勢丹に問い合わせてみた。

続きを全部読む

【こんなのアリ!?】おにぎりなのに「カレーパン」が挟んである商品を発見してしまったんだが……

おにぎりの具材で好きなものは? と問われたら、大抵の人が1つや2つ出てくるだろう。コンビニの商品も豊富で、購入時にどれにしようか迷ってしまうほどだ。個人的には、どんな食材でもおにぎりとして美味しく食べることができる、のだが……。

「さすがにこれは!?」と思うものを発見してしまった。関東を中心にデパートなどで店舗展開する「株式会社グゥー」の新作おにぎり(おにぎらず)が、ちょっと想像を超える具材を挟んでいた。それは……カレーパンである

続きを全部読む

【何もかも限定】コーヒーの実「カスカラ」のシロップを使った伊勢丹のスイーツ3種を制覇してきた

みんな、コーヒーの実の部分「カスカラ」ってどんな味か知ってる? コーヒーに使われるコーヒー豆は、コーヒーの木の種子。種子ということは、もともとはそれを包む実があったわけだ。でも実はどう考えても種子であるコーヒー豆ほどメジャーじゃない。

なお筆者はそんなものが製品化されていることすら知らなかったぜ……。でも実際には一部のカフェとかで「カスカラティー」なんて名前で楽しまれていたんだってな! そんなレアなカスカラだが、伊勢丹から期間も個数も店舗も何もかも限定でカスカラのシロップを使ったスイーツが販売されているってよ! こいつは早速食べてみるしかねぇ!!

続きを全部読む

【衝撃】伊勢丹で発売される「シャア・アズナブルさんの赤い軍服」の値段がヤヴァイ / あえて言おう! 誰が買うのかと!!

ルウム戦役では1人で5隻もの艦隊を沈め、「赤い彗星」の異名を得たことでも有名なシャア・アズナブルさん。赤色が好きなことでも知られ、とりあえず赤いものがあったら「シャア専用」と言われてしまうくらい、そのイメージは世間に浸透している。

さて、シャア・アズナブルさんといえば、いつも着ている赤い軍服が頭に浮かぶはずだ。あと、あの肩のヒラヒラね。そんなアズナブルさんの軍服が、なんと限定発売されることになったぞ。ええ~ちょっと気になる! と思い覗いてみたところ、価格の方も「赤い彗星」だったのでお伝えしよう。

続きを全部読む

【第45回】グルメライター格付けチェック『クリームシチュー』編 !「伊勢丹のクリームシチュー」vs「100円のクリームシチュー」

2017年11月も中盤に差し掛かり、すっかり肌寒くなってきた。これからのシーズンに特に美味しい料理のひとつに「クリームシチュー」がある。凍える体を温めてくれるクリームシチューは、単なる優しさのかたまり。まさに “冬に食べたい料理” の代表格といえるだろう。

第45回を迎えた『グルメライター格付けチェック』は、そのクリームシチューでライター達の味覚をテストした。安いレトルトでもそれなりに美味しいクリームシチューだが、果たしてライター達は味の違いを見分けることが出来たのだろうか? 詳細は以下でご覧いただきたい。

続きを全部読む

【第28回】グルメライター格付けチェック『ぶどうジュース』編 !「長野県産超高級ぶどうジュース」vs「紙パックのぶどうジュース」

コンビニの加工食品にマズいものは存在しない。そう断言していいほど、最近のコンビニ食品のクオリティはどれも秀逸だ。だがしかし、──リアル。つまり本物と比べたらどれほどの差があるのだろうか? コンビニ漬けの生活を送る我々ロケットニュース24編集部には想像もつかない。

そこで今回の『グルメライター格付けチェック』は、どのコンビニで購入しても確実に美味しい「ぶどうジュース」でライター達の味覚をテストすることにした。果たして、どのライターが本物の味を見極めたのだろうか? 以下でご覧いただきたい。

続きを全部読む

【第23回】グルメライター格付けチェック『ローストビーフ』編 !「伊勢丹の黒毛和牛ローストビーフ」vs「スーパーのローストビーフ」

流行の移り変わりが激しいグルメ業界の中で、ここ数年圧倒的な人気を誇っているのが “肉” である。赤身肉・熟成肉・ブランド肉……次から次へと登場する様々な肉たち。しばらくは怒涛の肉ブームが終わりそうにない。

そんな肉ブームの中で、もっとも身近になった肉料理が「ローストビーフ」ではなかろうか? これまでは高級レストランや結婚式でしか口にしなかったが、今や「ローストビーフ丼」を提供する店も非常に多い。第23回目の『グルメライター格付けチェック』は、そのローストビーフでライター達の味覚をチェックしてみたぞ。

続きを全部読む

【クロワッサン食べ比べ】伊勢丹新宿店で開催中の「フランス展」でもっとも美味しいクロワッサンはコレだ!!

パン屋の実力はクロワッサンにあらわれると思う。シンプルであるがゆえに、技術を必要とするクロワッサン。これ1つ食べれば、パン屋の技術やこだわりのすべてを知ることができるといっても、過言ではないだろう。

そんなクロワッサンを愛してやまない人達に、ぜひとも試して欲しいことがある。それは、伊勢丹新宿本店6・7階の催物場で開催している「フランス展」に行き、出店しているベーカリーのクロワッサンを食べ比べることだ。実力店が集結しているので、美味しいクロワッサンを食べ比べることができるぞ!

続きを全部読む

パン好き注目! “とびばこ型の食パン” が猛烈にカワイイ!! 堺市の人気店が新宿伊勢丹に出店中だぞ~!

東京・新高円寺のパン屋で販売している「ウサギ食パン」について、以前の記事でお伝えした。このお店「ベーカリー兎座LEPUS」は、2017年3月にオープンしたばかりなのに、ネット上で話題となり人気爆発。連日ウサギ食パンを買い求める人が後を絶たないようだ。

食パンの形に一工夫しているお店は、ここだけではない。大阪・堺市の「パン ド サンジュ」もまた、可愛らしい形の食パンを販売している。その形とは……とびばこである!

続きを全部読む

【驚きの超コスパ】肉好き注目のイベント「かみしめて、肉 2017」に行ったらローストポークサンドを食え! 東京・伊勢丹新宿店

私(佐藤)は伊勢丹新宿店の地下1階食品フロアが好きだ。特に、フロアの中央にある、催事場(フードコレクション)は欠かさずチェックしている。ここは大体2週間周期でさまざまな催しを行っている。まるで定期的に祭りが開催しているみたいで、行く度にワクワクしてしまう。

そんな私が、1月の終わり頃から目をつけていたイベントが、ついに始まった! その名も「かみしめて、肉 2017」である。何とも肉好きをそそるタイトルじゃないのッ! ここで見つけた、ローストポークサンドが超肉厚でなおかつ安い! 分厚い肉サンドが3つも入って1080円なりーーッ!!

続きを全部読む

伊勢丹新宿店と『ルパン三世』のコラボイベントが激熱すぎる! ルパンの歴代ジャケットや次元の帽子が販売しているぞ~ッ!

今年『ルパン三世』は誕生50周年を迎える。1967年に「週刊漫画アクション」の創刊と共に誕生したこの作品は、現在に至るまで高い人気を誇り、2月4日から最新映画『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』が公開されている。

そんな50周年を記念して、東京・伊勢丹新宿店では2017年2月22日からコラボレーション企画がスタートした。会場に行ってみると、原作者のモンキー・パンチ先生直筆の水墨画や、TVシリーズのルパンの歴代ジャケットが販売しているのだ! 欲しい!! ジャケットが超欲しい! パート2のジャケットが震えるほどカッコイイじゃないかーーッ!

続きを全部読む

【第9回】グルメライター格付けチェック『とうふ』編 !「伊勢丹の高級豆腐」vs「コンビニの豆腐」

あなたは自分の味覚に自信があるだろうか? きっと「ある」という人も「あんまりない」という人もいると思うが、通常であれば大した問題ではない。味覚差はある意味で個性であり、何を美味しく感じるかは個人の自由だからだ。だがしかし……。

グルメ情報を世に伝えるグルメライターの場合、少なくとも “一般的な味覚” を持ち併せていたいもの。本当に記者たちの味覚は正確なのか? 舌バカじゃないのか? そこんところをストイックに追及するのがこの企画『グルメライター格付けチェック』である。第9回となる今回は「とうふ編」をお届けしたい。

続きを全部読む

【1本1万円】松阪牛サーロインステーキを使った「幻の恵方巻」が完全に貴族の食べ物だった件

東京・伊勢丹新宿店では、金箔を巻いた恵方巻(1本1万800円)が販売している。おそらくこの商品は伊勢丹で、節分当日に販売しているもっとも高い商品だろう。これに次いで高いのが、柿安ダイニングの1本1万1円の恵方巻きである。

優れた血統の松阪牛サーロインステーキを使用しているので、高額なのではないかと思う。実際に購入して食べてみようと思ったら、意外なものが入ってるじゃないか! なんじゃこりゃ!? 貴族の食べ物ではないか!!

続きを全部読む

【1本1万円】伊勢丹新宿店でも最高級レベルの「恵方巻」の中身はコレだッ! 金箔に包まれた黄金の巻き寿司!!

2月3日は節分。豆まきをする家庭は少なくなったかもしれないが、近年は恵方巻が定着しつつある。ゴリ押しじゃないか? との声もあるようなのだが、もしも食べるならできるだけ美味しいものが良いだろう。

まして、福を呼び寄せたいと思うなら、ケチケチすべきではない! ということで、東京の伊勢丹新宿店で最高峰レベルの恵方巻を購入してみた。その名も「特選海鮮十二単巻」である。お値段はなんと1万800円! 金箔で巻かれとるやないかいッ!! めっちゃファビュラーーース!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2