「ステーキ」にまつわる記事

【震える】コストコで1番高い肉「米国産チョイスビーフヒレステーキ」を食べてみた

今さら申し上げるまでもないが、大型スーパー「コストコ」の商品は全般的に安い。ちょっと量が多すぎる……という欠点はあるものの、1度コストコ価格に慣れてしまったら一般的なスーパーではなかなか買い物できなくなってしまうことだろう。

中でも安いのが「肉」である。特に牛肉は「安ッッ!」と毎回のように驚かされるが、逆に高い肉はどうなのだろうか? 今回は清水の舞台からダイブするつもりでコストコの最高級肉『米国産チョイスビーフヒレステーキ』を購入してみたのでご報告したい。

続きを全部読む

【正直レビュー】かつや系列の新業態「スーパーグリルブラザーズ」に行ってみた率直な感想

「かつや」を展開するアークランドホールディングスの子会社「ミールワークス」は、2021年6月4日、東京・銀座にグリルレストラン『スーパーグリルブラザーズ』をオープンした。

え? スーパーマリオブラザーズ? あの3人でプレイするとめちゃくちゃ盛り上がるゲームか? いや、違う“グリルブラザーズ” だ。そんなインパクトのある名前のお店でランチしてきたぞ!

続きを全部読む

ステーキ専門店「モンスターグリル」のブロッコリー(300g)の丸焼きがスゴイ! 鉄板の上に “森” が形成されているようだ……

噂には聞いていた。「ステーキ専門店「モンスターグリル」のブロッコリーがスゴイ」と……。ブロッコリーはダイエットの味方であり、ボディメイクをする人にとっては主食に匹敵する価値がある。低カロリーで高たんぱくな野菜の代表格として良く知られている。

モンスターグリルでは、それをまるごと焼いて出すらしい。減量を継続している私(佐藤)にとって、ちょうど都合の良いメニューじゃないか。その「スゴイ」という噂をたしかめるために、実際に店舗で注文してみたら……、本当にすごかった! 鉄板の上に “森” が形成されているじゃないか!

ご覧あれ、実物はコレだ!

続きを全部読む

【ペッパーランチ】総重量800g超えのテイクアウト! 肉だらけの「ガッツリ肉盛りプレート」は新たなスタンダードとなるか!?

かつてないほどにテイクアウト&デリバリー向け新メニュー戦線が盛り上がりを見せる中、「ペッパーランチ」から肉好きを狂喜乱舞させる1品が誕生した。

2~3人前、合計600gの肉を詰め合わせた「ガッツリ肉盛りプレート」である。

ペッパーランチといえば、筆者が想像するのは「フードコートの昼食」で、大人数向けのイメージはない。どんなものか、さっそくテイクアウトしてみた。

続きを全部読む

【朗報】あの「ビッグダディ」がステーキ店の店長に! 東京・門前仲町の「ステーキ食いやがれ」に行ったらダディが普通にいた

なんだかんだ言いながら、みんなが気になる “あの男” が実は東京にいた。男の名は「林下 清志(はやしした きよし)」──。そう、ビッグダディの名で知られ、一時は各種メディアで引っ張りだこだった、あの林下清志さんだ!

風の噂では「東北の家が全焼した」「浅草でマッサージをしている」「沖縄の飲食店にいるらしい」などと耳にしたが、2021年5月現在、ダディは東京都江東区のステーキ店『ステーキ食いやがれ』の店長を務めている。こりゃ行くっきゃない案件だろ……!!

続きを全部読む

【超巨大だと話題】ガストの「はみでるステーキ」をテイクアウトして肉の重さを量ってみた / これは見た目のトリックか?

一般的に、人はハミ出た部分に目が行きがち。もっと言うならば、ハミ出た部分こそが人の記憶に焼き付きやすいものである。

そういう意味で、ガストの期間限定商品『はみでるステーキ(税込1099円)』は人の心理を巧妙に突いているように思う。なぜなら実物が……

続きを全部読む

【驚愕】「いきなり! ステーキ」インスパイア系の「カミナリステーキ」が進化してメニュー構成がスゴイことになってた!

1都3県の緊急事態宣言は解除されたものの、飲食店の時短営業は続いており、飲食業界は依然厳しい状況が続いている。そんななかで、モンテローザグループのステーキ専門店「カミナリステーキ」がメニューを刷新していた。

たしかこのお店は「いきなり! ステーキ」のインスパイア系だったはずだが……。久しぶりにお店を訪ねると、メニューの幅広さに度肝を抜かれた! その内容に「意地でも店を続ける」という気概が感じられた

続きを全部読む

パンチョ系列の「ステーキロッヂ」で人生で初めてカンガルーステーキを食べてみた!

ステーキ業界の戦乱時代は、過ぎ去りつつあるのかもしれない。「いきなり! ステーキ」は業績不振により続々と店舗を閉じている。いきなりに限らず、飲食業界は全般的に新型コロナの影響で店舗拡大どころかお店を守ることが最優先される状況だ。ステーキ業界で覇権を争っている場合ではないのだろう。

そんななか、スパゲッティのパンチョ系列の「ステーキロッヂ」がグランドメニューを刷新し、牛肉以外の提供を開始した。新たに加わったメニューにはカンガルーもある。ところでカンガルーって美味いの? 気になったので食べてみた!

続きを全部読む

【100均検証】キャンドゥに売ってた100円の「バーベキュー用ミニ鉄板」で焼肉やったら大変なことに!

つい昨日キャンドゥをパトロールしていたところ、見慣れない商品を発見! パッケージを凝視すると……「MINI IRON PLATE」ときて、下に日本語で

バーベキュー用ミニ鉄板(リフター付き)

と書いてあるではないか! ななな、なにっ!? 鉄板? バーベキュー? そして写真をよく見てみると……

続きを全部読む

豚肉好きに知って欲しい! ポークステーキ専門店『マロリーポークステーキ』は豚肉ヘブンだ!! 東京・自由が丘

肉といえば「牛肉」、ステーキといえばやっぱり「牛肉」だと私(佐藤)は思っている。あえて肉の格付けをするなら1位牛肉、2位豚肉、3位鶏肉の順番になってしまうのは私だけだろうか? いや、多くの人がこの格付けに賛同するだろう。

だが、その順位を覆すような豚肉料理を提供するお店が存在した! 東京・自由が丘の「マロリーポークステーキ」はその名の通りポークステーキ専門店だ。ここに行けば、牛肉に退けをとらない立派なステーキに出会うことができる。「豚は牛の格下」という概念が変わること請け合いだ!

続きを全部読む

【朗報】サイゼリヤの新メニュー『ラムのランプステーキ』はサイゼ史に残る肉の塊だった! ミディアムレアで肉喰らってる感がすげぇ!!

自他共に認めるサイゼリヤ信者の私(あひるねこ)は、サイゼの特に居酒屋としてのポテンシャルに絶大な信頼を寄せている。しかし、そんな私でも『リブステーキ』とは多少の距離を置いていることを告白せねばなるまい。

あのステーキって、サイズは大きいんだけどなんか薄くて食べ応えがないんだよな。税込1000円という値段に見合っているとは、私にはどうも思えない。だから2021年3月17日に発売された新メニュー『ラムのランプステーキ』にもあまり期待していなかったのだが……。

結論から言おう。これはサイゼ史に残る肉の塊である!

続きを全部読む

【イオン警察】トップバリュ「冷凍サイコロステーキ」はアリかナシか? 調査の結果…予想外の事態が発生!

イオンのプライベートブランド「トップバリュ」。最大の魅力はその豊富な品揃えと圧倒的な安さにあるが、中には不届きな輩も潜んでいるため注意が必要だ。要はアタリジャナイ商品である。光の数だけ影も存在するのがトップバリュと心得よ。

つい先日、イオン系列のスーパーにて気になる商品を発見した。『サイコロステーキ』という名の冷凍食品だ。次の瞬間、私(あひるねこ)のイオンセンサーに緊張が走る。果たしてこいつは、アリなのか? それともナシなのか!? 今こそイオン警察出動の時……!

続きを全部読む

常識をくつがえす「スーパーの肉を絶品ステーキにするコツ」に目からウロコ! 自分の焼き方と比較してみた

ちらし寿司、ローストチキン、鯛のおかしら……ハレの日のメニューは数あれど、やはりごちそうの代表格といえばステーキだろう。

レシピ動画サイト「クラシル」で、「人気ステーキ店のシェフが教えるスーパーのステーキ肉をお店の味に仕立てる方法」が好評だという。

見てみたら、筆者の常識を180度くつがえすようなアドバイスばかりである。普通に焼くのとどう違うか検証してみた。

続きを全部読む

【さすが】超高級『ウルフギャング・ステーキハウス』でデリバリーを頼んでみた → 配達方法から異次元で笑った

あの『ウルフギャング・ステーキハウス』がデリバリーをやっているらしい。店舗によってはUber Eatsで頼めるらしい。弁当っぽいメニューもあるらしい。──そう聞いたときは意外な印象を受けたが、よくよく考えれば当然であろう。

あれほどの高級店。あれほど会食にピッタリの店。コロナ禍の今となっては、とりわけ被害が大きいのは想像にかたくない。お店としては「何らかの手を打たねば」となるのは至って自然なことだろうが……。

思い切ってデリバリーを頼んでみたところ、配達の方法が高級店らしさ全開だったのは さすがであった。そのため、配達人からの電話を受け取った時点で笑ってしまったぞ。

続きを全部読む

【最高】ステーキガストの「肉三昧コンボ」は工業地帯みたいな雰囲気だが…内容は理想的! 彩りを完全に捨てたテイクアウト限定メニュー

言うまでもなく、いまはバレンタイン商戦の真っただ中である。見た目の華やかなスイーツがショーケースを飾り、それらを求めて多くの人が列をなす。コロナの影響で例年ほどではないとはいえ、街中の雰囲気も普段より甘々だ。

そんな時期に、これ程まで男臭い商品を販売し始めたステーキガストは最高であると、私はまず言いたい。そして、見た目の彩(いろど)りを完全に捨てた勇気を称(たた)えたい。よくぞ、振り切ってくれた!

続きを全部読む

知ってた? びっくりドンキーは「ステーキ」も美味い!! 期間限定で “肉増し” をやってるぞ~!

びっくりドンキーは、人気のハンバーグレストランである。全18種ものハンバーグメニューを揃えており、毎回何を食べるか迷ってしまうという人も多いはず。あまり知られていないけど、実は「コロコロステーキ」ことサイコロステーキの販売も行っている。

そのコロコロステーキを堪能できる期間限定キャンペーンがスタートした。2021年1月27日から3月末まで、肉を増量した「肉増しコロコロステーキ」が登場したので、さっそく食べに行ってみた。実際に食べてみると味もボリュームも申し分ない! こりゃステーキ専門店を脅かすことになるかも!?

続きを全部読む

松屋のステーキ店「ステーキ屋松 三鷹店」限定のテイクアウトメニュー『ハッシュドビーフステーキ弁当』を食べてみた! お値段税込1000円ですっ!!

コロナ禍に突入する前、飲食業界はもっと元気だった。たとえば、焼肉・ステーキ業界。1人焼肉の「焼肉ライク」が台頭し、ふらんす亭の跡地に「ステーキマックス」。そして松屋のステーキ店「ステーキ屋松」もまた、存在感を増していった。

現在は多くの店舗がテイクアウトに力を入れているわけだが、今回取り上げるのはステーキ屋松の『ハッシュドビーフステーキ弁当』。こちらは東京・三鷹店の限定メニューで、お値段はなんと税込1000円! お札1枚のステーキ弁当の実力はいかほどのものか、たしかめてみた!

続きを全部読む

【グルメ】富山発祥のハンバーガー専門店「SHOGUN BURGER」のステーキが激ウマ! ステーキ専門店を脅かす美味しさだっ!!

ハンバーガー業界は相変わらず熾烈(しれつ)な戦いを繰り広げている。このコロナ禍で、テイクアウト・デリバリー需要の高まりを受けて、ますます競争は激化しているように見える。そんななか富山発祥のハンバーガー専門店「SHOGUN BURGER」が2020年末に、東京・秋葉原に新店舗をオープンしていた。

このお店は富山の焼肉店が仕掛ける肉にこだわったお店だ。1987年創業の老舗焼肉店なのだとか。ということは、きっといい肉を使っているに違いない! それなら肉の味をダイレクトに感じたい! ということで、SHOGUN BURGERのステーキを食ってみた! その味はステーキ専門店をも脅かす美味さだった……。

続きを全部読む

「ペッパーランチ」がテイクアウトメニューをリニューアル! さっそくワイルド “ジューシーカット” ステーキを持ち帰ってみた!!

飲食店はもはや、デリバリー・テイクアウトの需要に応えていかなければ、存続が厳しいかもしれない。とくに、東京・神奈川・千葉・埼玉の首都圏地域では、再び緊急事態宣言が発令。店舗の維持さえままならなくなる可能性がある。

そんななかペッパーランチは、2021年1月4日よりテイクアウトメニューをリニューアルした。店舗でも人気のメニューを持ち帰ることができるそうなので、ワイルド “ジューシーカット” ステーキを持ち帰ってみたぞ! あれ? ワイルドといえば、いきなり! ステーキな気が……。

続きを全部読む

「いきなり! ステーキ」が12月1日から新メニュー導入!! チキンステーキが食えるようになってるぞ~!

量り売りステーキのパイオニア「いきなり! ステーキ」は、2020年12月1日から全店舗(一部店舗、ダイナーUENO3153店除く)でメニューをリニューアルした。これまで「ステーキ = 牛肉」の路線を貫いてきたのだが、新メニューにはなんとグリルチキンステーキ(単品税別770円)が加わっている。いきなりで鶏肉!? マジかよ! 実際に食べてみると、これが思っていた以上にアリだった!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8