「インテリア」にまつわる記事

【ネット悶絶】福岡県大川市が猫のための家具「ネコ家具」を作成! PR動画がキャワワすぎてネット民キュン死「可愛すぎかよ…」

可愛いは正義! つまり、正義とは猫である!! もうね、猫がゴロゴロしてるの見るだけでこっちも心がごろにゃんするんじゃ。それはさておき……

2017年10月16日、福岡県大川市役所が公開したPR動画が「可愛すぎかよ…」と話題になっているのでご紹介したい。ネコ家具でくつろぐ猫さんは正義正義大正義ーーーーーー

続きを全部読む

【コレは危険】人をダメにするソファ「Yogibo(ヨギボー)」を購入した結果 → マジでダメ人間になりそうで困ってる!

突然だが、「Yogibo(ヨギボー)」と聞いてその意味がわかった人は、かなりお洒落な人か流行に敏感な人に違いない。言葉だけ聞いて「よぎ棒? なんかの棒?」と聞き返していたのは、つい1カ月前の筆者である。

このヨギボー、簡潔にいえばアメリカ発祥のソファブランドだ。もちろんソファを販売しているのだが、キャッチコピーは「人をダメにするソファ」という大胆不敵なもの。人をダメにする……ソファだと? ほう、どれだけダメになるか気になるじゃないか。

続きを全部読む

ピザに囲まれすぎだろ! 服もインテリアも「ぜ~んぶピザ柄」なペパロニ青年がネットで大人気に!!

「死ぬ前に絶対食べたい物って何!?」と、最後の晩餐について話したことがある人は結構いるだろう。誰にでも、‟メチャクチャ大好物!” という食べ物があるはずだが、服もインテリアもぜ~んぶピザ柄な青年が、ネットで大きな人気を集めている。

それだけに、彼の最後の晩餐がピザであろうことは簡単に予想がつくが、彼が選びそうなトッピングも写真を見れば一目瞭然なのである!

続きを全部読む

【希少映像】マサイの窓

家づくりやインテリアが大好きな人ならば、気になるのが「ひとんちの家」であろう。どのように暮らしているのか。どんな家具を置いているのか。たまに行く “ひとんち” は超たのしい。特に、海外旅行時における “ひとんちチェック” は興味深い。

ということで、今回ご紹介したいのは、アフリカのケニアはアンボセリに家を持つ、マサイ族の戦士・ルカさんの家である。彼はライオンと戦い勝利したこともあるほどの、らいおんハートを持つ男だ。はたして、どんな家なのかというと……

続きを全部読む

【不思議なテレビ】えっ、これがテレビ!? 電源オフでミラーになるんだってぇ!

秋になると、なぜかむしょうに食べたくなるチョコレート。そのオシャレ感からスマホケースやアクセサリーなど、これまでさまざまな小物のモチーフに使われてきたけど、このたびお目見えしたのが、板チョコ風デザインのテレビ! シックかつスイートな見た目が、インテリア好きにはたまりませんッ‼

続きを全部読む

【ライフハック】ペンダント照明の名作「ルイスポールセン PH5」を紙コップと紙皿で作ってみた!

よく「オシャレは足元から」と言うが、「部屋のオシャレは照明から」といっても過言ではない。そんな照明の中でも、特に “オシャレすぎてマジやばい” と古くから世界中で愛されているのが、1958年にルイスポールセン(louis poulsen)が発売した不朽の名作ペンダント照明『PH5(ピーエイチ5)』である。

これさえ付けていれば、どんな部屋でも即オシャレ! ただし、価格が8〜9万円くらい……とメチャ高い。でも欲しい。でも金がない! ──ということで、紙コップと紙おわん、そして紙皿を使って『PH5』風のペンダント照明を作ってみた!!

続きを全部読む

【素敵インテリア】室内にいながら嵐な気分に浸れちゃう♪ カミナリ雲型スピーカー内蔵ランプ ”the Cloud”

雨のザーザーという音。ゴウゴウ唸る風。そしてカミナリ。嵐の夜は、自然の音があまり届かない都市部の住居では非日常な気分になります。映画などでも荒々しい天候の夜、主人公はベッドの中で重大な決意をする、あるいは物語の要になる大きな転機を迎えていますよね。

そこで「少し非日常な気分を味わいた~い!」という方にご紹介したいのが雲の形と質感を再現したスピーカー内蔵ランプ「the Cloud(クラウド)」

続きを全部読む

【検証】手作り「トルコランプ」教室に参加してみた / あまりの完成度にウットリしまくっている今日この頃

「トルコランプ」とは、文字通りトルコの伝統的なランプである。その歴史は古く、オスマントルコ時代から宮殿やモスク等で使用されており、艶やかでエキゾチックな雰囲気が特徴的だ。当時はキャンドルを入れて使用していたが、現在は電気を使用するものが多い。

日本では稀に雑貨屋などで見かけるくらいだが、なんと都内にトルコランプを手作りできる教室があるらしいとの情報をキャッチした……! 作ってみたい!! そこで今回は、手作りトルコランプ教室に参加し、実際にトルコランプを作ってきたぞ!

続きを全部読む

これで独り暮らしも寂しくない!? 2本の足がニョキッと生えた人間みたいなランプを発見

独り暮らしって、ものすご~く気楽だけど、ごくたまに寂しさを感じてしまう日もある。この気持ち、みんなもわかってくれるよね?

でもだからといって、誰かとルームシェアしたいかって言われたらそうではないし、結婚の予定もない。ペットを飼おうにも賃貸には制約がある。堂々巡りの末結局、やっぱり独りでいるしかないのよね、という結論に落ち着いてしまう……。でもね、そんなアナタに、今日は朗報があるの!

それは韓国のデザインスタジオ『Rising(ライジング)』が手掛けたランプ、『ランプ・アイデンティティ(Lamp Identity)』。こちらのランプにはなんと、「足」が生えているんですっ!

続きを全部読む

木でできているから超軽い! 木目が美しい「メープルウッドの包丁」を発見

インテリアにこだわりがある方ならば誰しも、きっとキッチン用品ひとつにだって、一過言あるはず。

人とは違うもの、しかもそこにキラリとセンスが光るもの。そんなアイテムを常日頃追い求めているあなたにご紹介したいのが、海外サイト『designboom』に掲載されていた商品、『Maple Set(メープルセット)』です。

続きを全部読む

わ、なんかステキやん!! 鳥かごとテーブルが一体化した「鳥かごテーブル」

ここ最近インコが右肩上がりの売上を記録するなど、現在日本では、鳥をペットに迎え入れる家庭が増加傾向にある模様。

もしもあなたがそんな流行の波に乗って鳥を購入しようと考えているのならば、ぜひともご紹介したい逸品があるのです。

それは、鳥かごとテーブルが一体化した鳥かごテーブル、『Cage Archibird』! フランスの建築家兼デザイナー、Grégroire de Laforrestさんによって手掛けられた同アイテムは、その斬新すぎる構造が見る者の興味を否が応にも惹きつけます。

続きを全部読む

お部屋のインテリアとしても秀逸! 虹色に彩られたキューブ型の本が美しすぎる!

縦・横・高さがそれぞれ、20.32cmのキューブ型の物体。コレ、一体なんだかわかりますか?

物体をよ~く見ると、おや? コレ、本ではないですかっ! 文字がなくて、ただただ膨大な量のカラフルなページがどこまでも続いてるだけだなんて、超斬新っ! まるで虹を見ているみた~い!!

続きを全部読む