「そうめん」にまつわる記事

【保存版】そうめん専門家による「そうめん」の真の魅力を徹底解説! なぜそうめんは格下扱いされてきたのか

承知の通りラーメン、そば、うどんは、食べるお店も全国的に数え切れないほどある。有名店には行列が出来て、有名ブロガーが紹介した美味い店はすぐに話題になる。ぬぬ、そうめんはどうなんだ! なぜそうめんは格下に見られるのか? そうめんの魅力について、徹底的にお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

【そうめん】「揖保乃糸」が保存しづらすぎるので問い合わせてみた → 冷たい返事だなと思ったら最後の最後は神対応で泣いた

動けば暑い。動かなくても暑い。暑い暑い暑い……あっつーーい!! 灼熱フルスロットルの日本列島だが、この時期の食卓に欠かせないのがそうめんである。以前の記事で紹介したように、缶のめんつゆを使ってもよし! 韓国風にアレンジしても激しくウマイ!! そのそうめんで最も有名なブランドといえば揖保乃糸(いぼのいと)であろう。

揖保乃糸とは、兵庫県手延素麺協同組合が有する手延そうめんの商標で、パッケージを見れば誰もが「あのそうめんね」となるはずだ。その揖保乃糸だが、とにかく保存しづらい。なぜこんな仕様なのか? 問い合わせてみたら、思わぬ展開になったのでご紹介したい。

続きを全部読む

【ご当地食材】関西の夏はコレや! 冷たい麺にはヤマモリの「缶のめんつゆ」やで!!

冷たい麺類が欠かせない季節になってきた。そうめん・そば・うどん・冷やし中華……。おいしいだけでなく、夏バテで食欲がないときでもノドの奥にチュルチュルとすべり込む冷たい麺は、この時期なくてはならない存在だ。

関西で、冷たい麺類とセットで欠かせないのが「缶のめんつゆ」だそうだ。冷蔵庫に常備されていて、そうめんやもりそばは、缶のめんつゆで食べる家庭が多いらしい。一体どんな味なんだ……? というわけでさっそく食べてみたぞ!

続きを全部読む

【超絶簡単レシピ】所要時間10分! 辛ウマ「ビビンそうめん」で夏本番を乗り切れ!!

アヅイ……アジィィイイ……アッジィィイイイイイイ!! 今年は冷夏って言ってなかったっけ? 心の中で何度唱えてみても、暑いものは暑い。額から噴き出る汗だけが真実なのである。

うだるような暑さの中、家庭ではそうめんが大活躍だ。夏場は毎日そうめんでもいい! と夏の始めは思うが、いくらおいしいそうめんでも、毎日のように続くと飽きてくるのが人間の性(さが)である。そこで、そうめんを韓国のビビン麺風にアレンジした、「ビビンそうめん」超絶簡単なレシピをご紹介したい! もちろんメチャウマだ!!

続きを全部読む

【博多弁記事】駅構内で見つけたラーメンがお手頃でうまかったばい!

駅構内の立ち食いっち言ったら、普通はうどんか蕎麦が定番っちゃろうけど、JR博多駅にはラーメンがあるとよ。店からはとんこつのよか香りがしてくるけん、つい足ば踏み入れたくなるとたい。駅で小腹空いとったら、これはもう入るしかなかろうもん! ていうか、気がついたら入ってしまっとった!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2