000

「そうめんやっぱり揖保乃糸♪」でお馴染みの『揖保乃糸(いぼのいと)』は、兵庫県手延素麺協同組合が有する手延そうめんの商標にして、日本で最も有名なそうめんブランドのひとつである。揖保乃糸と言えばそうめん。そうめんと言えばやっぱり揖保乃糸。

……と、思っていたのだが! 揖保乃糸には「中華麺」も存在するというではないか。ファーーーーーーッ!!!! 中華麺ってラーメンとかにするアレでしょ? 揖保乃糸、アイデンティティ崩壊したのか!? 気になって仕方がないので、実際に食べてみた!

・揖保乃糸の中華麺

Amazonで321円でゲットした『手延中華麺「揖保乃糸」龍の夢』。1袋に黄色い麺が3束入っている。麺を止めている赤い紙には、金色で龍がプリントされている。

01

いや、揖保乃糸を作っている地域のひとつは「たつの市(龍野)」ではあるけど、たつのの「龍」というより、めっちゃ中華。そこらへんで売っている棒状のラーメンとそう違いない。

02

・乾麺なのに生みたいにチュルッチュルン!

だがしかし! ゆであがった麺を見て、よく見る乾麺のラーメンとは異なることがわかった。一般的に棒状のラーメンが、マットで膜を張ったような見た目なのに対し、揖保乃糸の中華麺はツヤッツヤ! 食感はあくまでチュルッチュルンなのだ。

03

味は中華麺なのに、のど越しはそうめんのよう。噛まずに飲めるレベルでツルツルしている。さっきまでカラッカラに乾燥していた麺とは思えない。まるで生だーーーーッ!!

04

・ラーメンによし! 冷やし中華もよし! 焼きそばもイケる!!

さっそくラーメンと冷やし中華にして食べてみたが、ちゅるちゅる好吃~!!(ハオチー:おいしい)ただラーメンの場合、麺にザラつきがないためスープと絡みづらく、ここで好き嫌いが分かれる可能性がある。

07

05

どちらかというと、冷やし中華の方が万人受けする気がした。ちなみに焼きそばにしたところ、パスタっぽくなってウマかった。

さて、余談だが本日7月7日はそうめん由来の「乾麺の日」そして「冷やし中華の日」でもある。確かに灼熱シーズンはそうめんが美味しくなる季節だが、さすがに毎日は飽きる。揖保乃糸の中華麺で作る冷やし中華で夏を乗り切ってみてはどうだろうか?

参考リンク:はりま製麺
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.