「コラム」カテゴリーの記事

「メールを制する者は色恋を制する」、これは男性にのみ当てはまります。というのも、女性という生き物はびっくりするくらいメールが好きです。いや、メールが好きと言ってしまうと語弊がありますね。正確には「メールで愛情を測る生き物」だと思ってください。

想いを寄せる男性へ送るメール文面を、何かの学会に提出する論文かというくらい練りに練って考えます。語尾・絵文字・顔文字、さらには送信する時間帯まで、よくもそれだけ情熱を傾けられるものだと感心させられるほど、熟慮を重ねます。

続きを全部読む

最近めっきり見かけなくなりましたね。といってもコンドームの自販機や、ラブホの回転ベッドのことではありません。トランクスのことです。製造中止になったのでは? と疑いたくなるくらい、トランクスを見る機会が減ってしまいました。では、男性たちは何をはいているのでしょう? ノーパンでしょうか? 白ブリーフでしょうか? いえいえ、普通の答えで恐縮ですが、現代男性たちがはいているのはボクサーパンツが主流のようです。

ひと昔前までは、トランクス派とボクサーパンツ派は半々だったような気がします。それがいったいどういった理由で、ボクサーパンツが主流になったのでしょうか?

続きを全部読む

「広告」とは何のために存在するのだろうか? 商品やサービスの宣伝、そのほか紙面を買ってでも伝えたいことのために、存在するのかもしれない。

81歳の元弁護士、ジョー・インバーは一般的ではない方法で、新聞広告を活用している。それももう10年にわたって。彼は妻への愛を示すために、年に二回紙面を買い、新聞広告を出しているのである。

続きを全部読む

「彼氏がかまってくれない」、恋愛中の女性からよく聞く言葉です。メールをくれない、デート回数が減った、エッチが手抜き等々、言いたいことは山ほどあるかと思いますが、そのなかから今回は「髪の毛」に注目してみたいと思います。

続きを全部読む

巷の恋愛ハウツー本を読んでいると、必ず出てくる言葉が「コンパ」。「コンパで恋人をゲットする方法」だとか、「コンパで好印象な立ち居振る舞い」など、様々なテクニックが紹介されていますよね。それらを読んで、「そもそもコンパに行ったことがないのだが……」と、一人静かにボヤいている人もいるでしょう。そう、コンパ童貞やコンパ処女って、決して少なくないんです。

コンパ童貞・コンパ処女の人に話を聞いてみると、「現代人特有の、他者と関わりを持ちたくない自己完結タイプ」というわけではないようです。「誘われたら行く」とのことですが、その「お誘い」が来ないので、今日までコンパ童貞やコンパ処女をこじらせてしまったとのこと。

続きを全部読む

現代は飽食の時代といわれていますが、大昔は食料の確保にも大変な苦労を伴っていました。当時は、ふくよかな肉体は「富の象徴」とされ、痩せ型の女性よりも、ムチムチ体型の女性のほうが美人とされていたそうです。そういえば、名画・名作と言われる絵画や彫刻の裸婦たちは皆、ふくよかな体型をしていますよね。

痩せている女性のほうが美しい、という価値観が浸透したのは、1950年代に活躍した往年の大女優オードリー・ヘプバーンの影響が大きいでしょう。それまでに活躍してきたグラマーな女優とは相反する、美乳・薄い体・長い首・細い腕・小尻などが、スクリーンの中の彼女に憧れる一般女性に与えた影響は絶大でした。

続きを全部読む

飲み会やコンパの二次会で、カラオケに行くこともありますよね。また、デートの際に、ゴハンを食べてからいきなりホテル……、というのもなんとなく情緒がないので、とりあえずカラオケに行こうということもありますよね。

いずれにせよ、カラオケに行った際は、男性は極力上手に歌ってください。そして女性は、なるべくヘタクソに歌ってください。というのも、男性はカラオケが上手いほうがモテます。逆に女性は、カラオケがヘタクソなほうがモテます。

続きを全部読む

バブル崩壊後に生まれ育った平成世代の皆さんは、デート代のみならず、ラブホ代をワリカンにすることがあるそうですね。たしかに、もらっている給料に男女差があるわけでもないのに、男性ばかりが支払うというのは不公平かもしれません。

ですが、小中学生の頃とはいえ、多少なりともバブル期を知っている私たち三十路世代は、さすがにラブホ代のワリカンというのは男女共に気が引けてしまうのではないでしょうか?

続きを全部読む

本格的な夏を前に、体型が気になっている女性も多いことでしょう。たしかに薄着の季節を前にして、寒い時期に蓄えすぎたぜい肉を憂う気持ちはよくわかるのですが、その気持ちをむやみやたらに吹聴してはいけません。女性同士で交わされる「や~ん、太った~」や「あと○キロ痩せたいんだよね~」などの会話は、男性陣のウケが非常に悪いです。

続きを全部読む

意中の人と何かを共有したいと思うのは、恋する乙女なら当然のこと。だからといって、片想いの段階から、「おそろいのストラップを付けよう!」など厚かましい発言をしては、相手がドン引きしてしまう可能性があります。

そこで多くの人は、物ではなく「好きなもの」を共有しようとします。本当は野球だのサッカーだの格闘技だの、スポーツにはいっさい興味が無いという人でも、意中の彼が熱狂的なプロレスファンと聞き、プロレスの勉強をするようになった、というのはよくある話ですね。

もっと有効なのが、「秘密」の共有です。二人だけの秘密を持つことによって、お互いの距離感はぐっと縮まることでしょう。もちろん秘密といっても、竹やぶに1億円を埋めに行けとか、そういうことではありません。そもそも、現金で1億円を持っている人のほうが少ないでしょう。そうではなく、たとえば「部長って実はメンズブラジャー着けているらしいわよ。でも、部署のみんなには内緒ね」程度の秘密でけっこうです。

続きを全部読む

先日、スーツ姿のサラリーマンらしき男性が、菓子パンを食べながら歩いている姿を目撃しました。時刻は午前9時前……、おそらくこれから出社するところだったのでしょう。

女性の皆さん、こういう男性とは付き合ってはいけません。「歩きながら食べる」という「ながら行動」をする人は、他の部分においても「ながら行動」をするでしょう。たとえば、「本命のカノジョと交際しながら浮気する」など。

前述の男性は、もしかすると、のっぴきならぬ事情があったのかもしれないのだから、浮気男と決めつけてしまうのはオーバーだ、と思う人もいるかもしれませんね。ですが、考えてもみてください。のっぴきならぬ事情とは、どんな事情でしょうか? よほどの人でない限り、朝食を座って摂る暇がないくらい忙しいということは無いはずです。

続きを全部読む

【ハゲメンのススメ】ただ禿げてれば良いわけじゃないよ! 絶対にはずせないハゲメン(かっこ良いハゲ)の条件とは?

世界中のハゲのみなさんへ。そしてフサフサなみなさんへ。そしてハゲにいくばくかの偏見をもつ女子たちへ。

ハゲはかっこいい! めっちゃクール!!

前回、そんなハゲの魅力について説明したけれど、ひとつ伝えなければならないことがあるよ。

実は、ところかまわず禿げてさえいれば良いわけではない。「ハゲメン」になるための条件があるのだ。

今回はそのことをお伝えすべく、ふたりのハゲ好き女子2人に話を聞いてみることにした。ハゲに魅力を感じている女子は、いったいどんなハゲが好きで、どんなハゲは難しいと感じているのだろうか。

続きを全部読む

【ハゲメンのススメ】渋メン目指すなら禿げは必須条件! 正々堂々とクールな「ハゲメン」を目指すべし

「ハゲメン=渋メン」

本日は「禿げ」がいかに魅力的かということを、禿げ好き記者(アラサー女)が解説するよ!

これを読めばフサフサ諸君は「俺もハゲたい!」って心底思うはず。「なんで俺はハゲじゃないんだ!」って運命を呪うかもしれない。でも、絶対に自分の髪の毛むしっちゃダメだよ!

その前に、注意して欲しいことがある。

続きを全部読む

私たち三十路世代が子どもの頃は、男の子の遊びといったら外で野球・サッカー、女の子はお人形遊び・ぬり絵などが一般的でした。ところが大人になってみると、時代が変わったせいか、男女の嗜好や趣味に、ほとんど差がなくなってきているように感じます。

男性でも、料理が得意だという人は多いですし、フィギュアやプラモデルなどの「大人のお人形さん遊び」に熱中するのは、むしろ男性のほうが多いでしょう。逆に、格闘技観戦が大好きだという女性も珍しくないですよね。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 135
  4. 136
  5. 137
  6. 138
  7. 139
  8. 140
  9. 141
  10. ...
  11. 148