「ミャンマー」にまつわる記事

ほとんど知られていないミャンマー(ビルマ)の料理、文化、風土などについて、実際に取材をした記事もあわせてお届けしています。

【写真集】世界各国で街のバイクを撮ってみた

突然だが、今日8月19日は「バイクの日」らしい。なるほど確かに「8(バ)19(イク)」だ。ということで今回は、そんなバイクの日にピッタリな写真をズラズラッと紹介したいと思う。題して、筆者が世界各国で撮影してきた「街のバイク」である。

今回集めたバイク写真の撮影地は、タイにラオスにカンボジア、ベトナム、トルコ、チベット自治区、ネパール、インド、スリランカ、ケニアに韓国にミャンマーにバングラデシュ……と、10カ国以上のオートバイだ。それぞれ特徴があって面白いぞ。

続きを全部読む

寄付やボランティアなど「慈善活動が盛んな国トップ10」が発表! 1位はなんとミャンマー!! 日本のランクインは?

年の暮れが近づくと、「今年の●●トップ10」といったランキングがよく発表されるようになる。読者の皆さんは、‟慈善活動が盛んな国ランキング” のナンバーワンに輝くのは、一体どこの国だと思うだろうか!?

寄付やボランティアなどの慈善活動に積極的だと聞くと、豊かな先進国を思い浮かべてしまいそうだが、意外な結果が出て話題となっている。果たして、日本はトップ10にランクインしているのだろうか!?

続きを全部読む

【グルメ】ミャンマーにケンタッキーフライドチキン『KFC』のほかに『AFC』もあるよ

ミャンマー連邦共和国の都市ヤンゴンには、どんどん多くの外資系飲食店が乗り込んできている。日本でも有名なファストフード店でいえば、ロッテリアがそのひとつだ。

・『KFC』はないけど『AFC』はある

「ならばケンタッキーフライドチキン(KFC)もあるかな?」と思い、実際にミャンマーに行って確かめてみた。すると、そこに衝撃的な店舗があああーッ!! 『KFC』だけでなく『AFC』もあったのだ!! しかも『KFC』と同じフライドチキンの店(笑)。

続きを全部読む

【グルメ】日本の味を受け継ぐ「ミャンマーの味噌ラーメン」に心が震える / 食材をそろえるのが大変

南アジアの国ミャンマー。その都市ヤンゴンに、日本の味を受け継ぐラーメン屋『あじさい』がある。ヤンゴンにはいくつかラーメン屋が存在するが、ここの味噌ラーメンは「日本の味」の再現度においてトップレベル。しかも低価格で、何よりもラーメンから「真心」を強く感じるのだ。

・大々的な宣伝はせずに営業

「食材を手に入れるのがとても難しい。だけど美味しいラーメンを作りたいから頑張ってます」と語るのは、女将さんをしているミャンマー人のモーおばちゃん。彼女は日本に何年も住んで飲食店で修業をし、故郷のミャンマーに戻ってからラーメン屋をオープン。大々的な宣伝はせずに、地域住民やクチコミでやってくる日本人だけを相手にラーメンを作り続けている。

続きを全部読む

ミャンマーのネットカフェに行ってみた / ほぼ100パーセントがオンラインゲーム用

ミャンマー最大の都市・ヤンゴンにはたくさんのインターネットカフェがある。しかも喫茶店にはWiFiの設備があり、インターネット接続できる場所もある。事実、筆者(私)がヤンゴン滞在中にインターネットができなくて困ったことはない。

・小さなインターネットカフェ
ヤンゴンの中心部から少しだけ外れたところに、小さなインターネットカフェを見つけた。そこはビルの3階にあり、1階のお菓子屋の中を通って階段をのぼり、インターネットカフェへと向かう。階段は昭和時代によくあった古い団地のようで、なかなかノスタルジック。店内に入ると……!

続きを全部読む

ミャンマーの遊園地「ハッピーワールド」に行ってみた / ミッキーにドラえもんにバットマン

海外旅行時、時間があったら遊園地はチェックしておきたい。有名どころの遊園地ではなく、地域密着型の遊園地だ。なぜならそこには地元民の生の姿と、ちょっとした怪しさがあるからだ!

ということで行ってみたのは、ミャンマー(ビルマ)はヤンゴンにある遊園地「ハッピーワールド(HAPPY WORLD)」である。場所は超有名加工スポット「シュエダゴォン・パヤー」の目の前だ。

続きを全部読む

【エナジー速報】これがミャンマーのエナジードリンク『ROCKER(ロッカー)』だ!!

エンナァジイイイィィィッッ!! みんな元気か? エナってるか? 俺の名前はエナジーマン。エナジードリンク(栄養ドリンク)をこよなく愛する、1日1エナ、もしくは2エナ、3エナ4エナ当たり前のエナジードリンク評論家だ。

海外に行ったらエナジードリンクをチェックするのは男の常識。現地でひいた風邪には現地の薬が効くように、エナジードリンクだって現地のモノがエナジフルだ。ということで今回ご紹介したいのは、ミャンマー(ビルマ)で発見したミャンマー産のエナジードリンク『ROCKER(ロッカー)』であるっ!!

続きを全部読む

これがミャンマーのアップルストアだ! リンゴマークが変だけど女性スタッフはミャンマーの民族衣装!!

熱心なMacユーザーやアップルファンにとって、海外のアップルストアは心のオアシス。もしも自分が持っているアップル製品が壊れても、アップルストアがあればなんとかなる! また、自国のアップルストアとの違いを発見するのも楽しみのひとつである。

そんななか……。ミャンマー(ビルマ)はヤンゴンにある大型ショッピングセンター「ジャンクション・スクエア」の中に、リンゴマーク輝く「アップルストア」を発見! さっそく行ってみた!!

続きを全部読む

【ミャンマー取材】パンを甘いミルクに浸したスイーツが絶品! 疲れが一瞬で吹っ飛ぶレベル

あまり知られていないが、ミャンマー最大の都市・ヤンゴンはグルメな場所としても有名だ。今回ご紹介する料理は、市場の屋台で売られていた、パンを甘いミルクに浸したスイーツ。これがまた絶品で、疲れが一瞬で吹っ飛ぶレベル。

続きを全部読む

ミャンマーの新観光名所『国民民主連盟本部』はスー・チーさんグッズでいっぱい!

アジア最後のフロンティアとして、ここ数年日本企業の進出が相次いでいるミャンマー。数年前軍事政権から民政移管を果たし、ミャンマー民主化の象徴アウン・サン・スー・チー氏が率いる野党「国民民主連盟(NLD)」が大勝し、スー・チー氏自身も国会議員となりました。そのNLDの本部が今、観光名所となっています

続きを全部読む

ミャンマーに行ったら『facebook』という服屋があった / 徹底して『facebook』化した店内

ミャンマー最大の都市・ヤンゴンに取材に行った際、おもしろい店を発見した。なんと店名が『facebook』という服屋があったのである。しかもかなり力を入れて徹底的にお店を『facebook』化。

単に店名や看板を『facebook』にしただけではない。値札も、タグも、商品を入れる袋も、何から何まで『facebook』。もちろん店員の制服(?)も『facebook』である。

続きを全部読む

【意外な事実】ミャンマーの人々が日本人のことを「韓国人?」と間違える理由

異国に行くと、現地の人々に「あなたは何人ですか?」と聞かれるときがある。ずばり「ジャパニーズ?」と当ててくる人もいれば、「チャイニーズ?」と間違える人もいる。だが、ミャンマーに行くと、よく「コリアン?」と間違えられるのだ。

そんなに韓国人っぽいかな? ……と思ったりもしたが、実は間違える理由があるらしい。ミャンマー人ガイドさんの目前で、私(筆者)が現地の人から「コリアン?」と間違えられたとき、ガイドさんはこんな話をしてくれた。

続きを全部読む

【ショック】ミャンマーのゲーセンに日本人を撃ち殺すシューティングゲームがあった

海外に行った際、是非ともチェックしておきたいのがその国のゲームセンターだ。どんなゲームが流行っているのか? どんな人が集まっているのか? それぞれの国に特徴があるが、お客さんが楽しそうにプレイする姿は世界共通だ。

そんななか、ミャンマーのゲーセンにて大変ショッキングなゲームを発見してしまったのでお伝えしたい。タイトルは『PK918』。単刀直入に言うと、日本兵を撃ち殺すシューティングゲームである。

続きを全部読む

【写真集】ミャンマーを走る「日本からやってきたクルマ」たち / 路線バスや商用車など

海外に行った際の楽しみのひとつといえば、その国を走るクルマを見ることだ。バスやタクシー、運送トラックに乗用車……と、様々なクルマが活躍している。いかにも「その国」っぽいクルマが走っていると、異国に来たことを実感する。

その一方、ミャンマー(ビルマ)の路上には、どこか見覚えのあるクルマが数多く走っている。よーく見ると、日本語が書いてある。そう、日本から輸出された中古車たちだ。ということで今回は、現地で撮影した「日本からやってきたクルマ」たちをご紹介したい。

続きを全部読む

【写真集】ミャンマー連邦共和国・ヤンゴン管区・住宅街

2013年2月某日、筆者(私)はミャンマー最大の都市ヤンゴンを訪れた。近代化が進み、タイと間違うほど発展した街並みに驚かされる。さらに道路は汚れておらず、住民たちは非常に清潔。なによりも素晴らしいと感じたのは住民たちの優しさだ。

続きを全部読む

ミャンマーの路上でファミコン版『ドラクエ3』を発掘 → 日本に持ち帰ってセーブデータを確認してみた

ミャンマー(ビルマ)・ヤンゴンの路上には、さまざまなモノが売られている。野菜や果物などの食品はもちろん、洋服、雑貨、DVD、用途不明のリモコン、ケータイ用のバッテリー、イヤフォン、スマホ用防水ケース、なんでもござれだ。

そんなミャンマーを取材していた記者(私)。グチャグチャと山積みされたケータイ用のACアダプタにまぎれて、見覚えのあるパッケージが目に入った。こ、こ、これはドラクエ3じゃないか! なぜかミャンマーの路上で箱付きの中古ファミコンカセットが売られていたのである!

続きを全部読む

ミャンマー鉄道に乗ってみた / 山手線のように環状線で1周3時間

ミャンマー最大の都市・ヤンゴンには、市民が気軽に使える鉄道が走っている。そのひとつは環状線となっており、山手線のようにグルリと街を周回している。

ミャンマー人は数十円で乗れるが、外国人は1ドルが相場となっている。環状線の場合、どこまで乗っても運賃は同じだ。今回は、そんなミャンマーの鉄道に乗ってみた。

続きを全部読む

【ミャンマー速報】ドナルドダック + マクドナルド = 意味不明のキャラクター

ミャンマー最大の都市・ヤンゴンに、ディズニーのドナルドダックとマクドナルドが合体したかのような、飲食店のキャラクターがいるという。

筆者(私)は実際にミャンマーへと飛んでその飲食店のキャラクターを見てみたのだが、確かにドナルドダックとマクドナルドが合体した(かのような)キャラクターがいた! これはすごい!!

続きを全部読む

ミャンマーには『ミスタードーナツ』のキャラが横向きになった『トーキョードーナツ』のキャラがいる

ミャンマー(ビルマ)最大の都市といえばヤンゴンだ。最近は情勢が大きく変わりつつあるため、多数の外資系企業が進出しようとしている。そんなヤンゴンには『トーキョードーナツ』(TOKYO DONUTU)というドーナツ屋があり、地域住民に愛されている。

しかし!! よくよく調べてみると、この『トーキョードーナツ』のイメージキャラクター(ロゴ)が、日本の『ミスタードーナツ』のキャラにソックリなのである。どれくらい似ているのかというと……。

続きを全部読む

【ミャンマー現地取材】「衣装は母ちゃんの手作りです」これがビルマのコスプレだ!!

以前、ラオスの首都ビエンチャンで開催されたコスプレイベントについてお伝えした。メコン川の会場に集ったコスプレイヤーたちは、素朴ながらレベルが高く、みな純粋にコスプレイベントを楽しんでいた。それではラオスの隣国、ミャンマー(ビルマ)のコスプレ事情どうなのか?

それを確かめるべく、2013年1月26日にヤンゴンで開催された「第41回コミックパーティー in ヤンゴン(Comic Party 41th in Yangon!)」に行ってみた。ラオスに続き今回もまた、筆者(私)の想像をはるかに超えるコスプレイヤーたちが会場には大集合していたぞ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2