「iOS」にまつわる記事

ヤフー『音声アシスト』とドコモ『しゃべってコンシェル』に「OK Google」「Hey Siri」と話したらこうなった……

以前の記事で、iOSの音声アシスタント『Siri』についてお伝えした。Siriに「OK Google」というと、割とイライラした感じの回答をすることが判明した。そこで、今後は別の音声アシスタントで試すことに。

Yahoo! が提供している『Yahoo! 音声アシスト』アプリと、ドコモの『しゃべってコンシェル』アプリ。それぞれに、「OK Google」と「Hey Siri」と話しかけてみたところ……。お話にならない、Siriのような高度な回答を得ることはできなかったのである。残念……。

続きを全部読む

【豆知識】Siriに「OK Google」と繰り返し言ったら割とイライラし出して笑った

スマホの音声アシスタントを活用している人はいるだろうか? 正直あまり見たことがない。通話ならまだしも、端末に1人で話かけることに違和感があり、私(佐藤)は普段使いしていない。

iPhoneを使用している人なら、「Hey Siri」と呼びかけるだろう。Android端末なら「OK Google」ということになるだろう。では、Siriに「OK Google」と言ったらどうなるのか? 実際にやってみたら、割とイライラし出すぞ。

続きを全部読む

【ゲーム】無尽蔵にエガちゃんが増え続ける「江頭うじゃうじゃ」が不気味だけどクセになる!

独特の芸風で幅広い層から支持を得ている芸人、江頭2:50さん。そんな江頭さんは2015年7月1日に誕生日を迎えて50歳になった。それを記念して、遊べる本屋ヴィレッジ・ヴァンガードから「エガちゃん監修レトルトカレー」2種が8月より発売されることになっている。

同じく50歳を記念したのかどうかわからないのだが、エガちゃんのアプリが登場していたことがわかった。そのアプリ「江頭うじゃうじゃ 〜江頭2:50日本侵略計画の巻〜」(iOS)は、エガちゃんが無尽蔵に増えて日本を侵略するというゲームである。想像しただけで恐ろしい……。実際にプレイしてみたら地獄絵図のようだった!

続きを全部読む

【アップル】Siri に「0÷0は?」と質問したらこうなった / 想定外の答えにビビる人が国内外で続出中!

アップルのスマートフォンと言えば、もちろんiPhone。そして、iPhone に搭載されている音声認識型のアシスタントアプリと言えば、「Siri」である。

実は今、Siri に「0÷0は?」と問いかけたときの反応が、世界中で話題になっている。なぜなら……ザックリ言うと、その答えがあまりにも予想外だから。「そう来たか!」と、人々を驚かせているのだ。筆者(私)も実際にやってみたので、その結果を動画とあわせてレポートしたい。

続きを全部読む

【Apple Music】iOS 8.4にアップデートしてみたら「ミュージック」アプリがスゴイことになってた!

いきなり2015年6月30日の真夜中から、アップルの「iOS 8.4」が提供開始となったわけだが、とりあえず様子見という人も多いだろう。だが、まず最初に断言しておきたい。これはスゴイ! 音楽ファンなら狂喜乱舞することマチガイナシ!

というもの、当の私(筆者)も、何の期待もしないまま、とりあえず “人柱” になるつもりでアップデートしてみたところ……何これスゴい! 何がスンゴイって、音楽アプリ「ミュージック」が、とてつもなくスッゴイ強力な進化を遂げていたのだ!!

続きを全部読む

アップルウォッチでもオリジナリティにこだわるアナタへ! 画像コラージュできる「Casetify」で自分専用バンドを作ろう

2015年4月24日より販売が開始される、アップル社のウェアラブル端末「アップルウォッチ」。4月10日の予約開始を心待ちにしている人も多いのではないだろうか。iPhoneやiPadのケースをカスタマイズするサービスは存在しているのだが、ウォッチの場合はどうなるのか?

純正品しか使えないのではないかと、気にしている人もいると思うのだが、ご安心あれ。すでにバンドをカスタマイズできるサービスが登場しているぞ。iPhoneやGalaxyなどのスマホ端末のオリジナルケースを作成できるサービス「Casetify」には、すでにアップルウォッチをカスタムできる項目が設けられているのだ。

続きを全部読む

「オナラでつながるアプリ」が登場!! オナラの音を共有して “いいね!” やコメント機能も搭載したアプリで楽しもう!!

常識ある人なら、人前で大きな音を立ててオナラをブッ放すことはないだろう。だが、家では誰も見ていないことをいいことに、豪快にオナラをしている人は結構いるのではないだろうか。

それなら、「せっかく出したオナラの音をシェアしてしまおうではないか」とのコンセプトをもとに、オナラを録音してシェアできるアプリが登場した! iOSバージョンを作るために、資金調達サイトで寄付を募っている「Fartners」について紹介したい。

続きを全部読む

ロケットニュース24のスイス人特派員フィリップがAndroidゲーム「Tako Tako」を作ったぞ! サクサク進むかと思ったら無理ゲーすぎて笑った

皆さん、ロケットニュース24のスイス人特派員を覚えているだろうか? おそらくほとんどの人が忘れてしまっていると思うのだが、ゲーム好きのフィリップである。彼は元気だ。元気にゲームを楽しんでいる。

その彼から久しぶりに「マイド^^」とメールが来た。毎度というほどの頻度で連絡を取り合っている訳ではないのだが、この一言で元気であることが十分に伝わる。その彼がなんとゲームを作ったというのである! ゲーム好きが高じてゲームまで作ってしまうとは……。Google Playに公開されたゲームをやってみたところ、ムズイ! ちょっと無理ゲーじゃないのコレ?

続きを全部読む

自分のつぶやきの閲覧具合がリアルにわかってしまう「ツイートアクティビティ」サービス開始 / フォロワー少ない人はショックを受けるかも……

2014年3月、Twitter の衝撃的なサービスに関する報道があった。それはなんと閲覧数の表示機能である。リツイート数やお気に入り数を投稿のモチベーションにしている人も少なくないはずだ。閲覧数が多ければ良いのだが、もしも少なかったら……。

「たぶん誰も見ていないと思うけど……」と思いながらも細々と投稿している人にとって、現実を突きつけられることがどれほど残酷か! 当初一部の人を対象に、実装されていたようなのだが、これがついに公式iOSアプリでスタートしたのであるッ! 以下に利用方法を記しているが、現実を見たくない人は使わない方が良いと思うぞ。

続きを全部読む

これちょっとイイ! Instagramが発表した動画アプリ「Hyperlapse」の手ブレ補正がめちゃくちゃ優れてるッ!

豊富なフィルターで味のある画像加工が楽しめるアプリ「Instagram」が、2014年8月27日、動画を編集するiOSアプリを発表した。このアプリ、「Hyperlapse(ハイパーラプス)」は手軽にタイムラプス動画を編集できるという。

デモ映像を見てみると、かなり使い勝手が良さそうなのだが、一般的にこの手のアプリが公開するデモ映像は魅力的に演出されている場合が多い。本当にこんなスムーズなタイプラプスが撮れるんかいな? と思って使ってみたら、思った以上にスムーズな映像になることが判明した。このアプリは手ブレを補正するスタビライズ機能が本当に優れている

続きを全部読む

ヘボかったiOS「マップ」が猛烈進化! 立体表示「3D Flyover」が完全に地図の領域を超えててマジでスゴイ!!

2012年9月、アップルは自社による地図サービス「マップ」の提供を開始した。当初、地図表示が正確ではなく、まったく「パチンコガンダム駅」など、意味不明な地名表示が相次いでいた。

最近になって、そのマップがパワーアップしたことをご存じだろうか? 海外の一部都市で対応済みだった航空写真を立体表示する、「3D Flyover」を東京都の一部エリアに適用したのである。実際に立体表示された地図を見てみると、スゲェエエエエ!! 街の様子が手に取るようにわかるぞ。さすがアップル! やればできるじゃないかッ!!

続きを全部読む

【朗報】旅の荷物になって仕方がない『地球の歩き方』に電子書籍版が登場したぞ~ッ!!

海外旅行したことがある人であれば、一度は必ず思っていることがあるはず。旅行ガイド『地球の歩き方』がズシリと重い! 早く電子版を出せはいいのに!! と。わざわざ自前でスキャナーを利用して電子書籍化しているという人もいるかもしれない。

が! ようやく出た! やっと、やっと出たぞ! 「歩き方」の電子書籍版がやっと登場したぞ~ッ! やっとこれで、重たいあの本をカバンに入れる必要がなくなった。移動のたびにページを破って持ち歩く必要がなくなったぞ~ッ! やった~ッ!!

続きを全部読む

【革新】Android端末上でiOSアプリを使用できる技術「Cider」開発中! OSの垣根を飛び越えられるようになるかもしれないぞ~!

Android端末を使用していると、iOSアプリがうらやましく感じることがある。たとえばヤフーの「リアルタイム検索」のアプリは、AndroidとiOSの間でアプリ仕様が異っており、iOSの方がより詳細なデータを確認することができるようになっている。

いっそのこと、双方の端末で互換がとれれば良いと思うのだが、その夢を叶えてくれる技術の開発が進んでいるようだ。コロンビア大学コンピュータサイエンス部に所属する、6人の博士号を持つ学生がAndroid端末でiOSアプリを使用できる「Cider」(サイダー)と呼ばれる技術を開発している。これはいい! OSの垣根を飛び越えてアプリが使えるようになるかもしれないぞ!

続きを全部読む

【アップル】iOS 7.1.1でバッテリーの消費問題が改善か / 6時間稼働テストでの比較結果

2014年4月23日、アップルのiPhone、iPad向けの「iOS 7.1.1」がリリースされた。すでにアップデートしたという人もいるかもしれない。毎度のことながら、「更新すると何か問題が起きるのでは?」と心配になり、ためらう人も多いだろう。

たとえば「アップデートしたらバッテリーの消費が早くなった」などの問題が、過去にはあった。……だが! 今回のアップデートは、電力消費まわりの処理も改善されているようだ。簡単に言えば、バッテリーの持ちが良くなったらしい! これは朗報である。

続きを全部読む

【アプリ】暇つぶしに最高! ひたすら懐かしいネタが出現する『小学生あるある』が懐かしすぎて涙が出そうになる

誰もが小学生の頃に、思い出すのも恥ずかしい遊びをしていたに違いない。遊びならまだしも、先生のことを「お母さん」と呼んでしまったり、お辞儀と同時にランドセルの中身をぶちまけたり、恥ずかしい失敗をしたことだって多々あるはずだ。そんな懐かしさ全開のアプリが存在した!

「泣ける育成ゲーム『小学生あるある』」は見ているだけで楽しい、育成収集ゲームである。あまりの懐かしさに、本当に涙が出そうになる(泣)。

続きを全部読む

耳コピ苦手なヤツ集まれ! カシオのコード解析アプリ「Chordana Viewer」がかなりいい感じで使えそうだぞ

音楽をやっている人にとって、大好きなミュージシャンやバンドの曲をコピーするのは楽しみのひとつである。ただ、いくら聞いてもコードがわかんねえッ! なんて曲も存在する。だからこそ勉強にもなるのだが。

どう聞いてもわかんねえッ! コイツ天才かよッ!? という曲に遭遇してしまったときに、役立ちそうなiOSアプリをご紹介したい。カシオの「Chordana Viewer」はオーディオファイルを読み込むと自動でコードを解析し、コード譜を表示してくれるのである。これでいくら聞いてもわからないという、「耳コピ」地獄から解放されるかもしれないぞ~ッ!

続きを全部読む

【みんな知ってるあたりまえ知識】iPhoneやiPad同士のメッセージ「iMessage」は無料! 海外からでも無料!!

みんな知ってるあたりまえ知識。でも100人いたら1人くらいは知らない人がいるかもしれません。今回は、「iOS同士のメッセージ iMessage は送受信無料! 海外からでも無料!!」という知識です。

そう、iPhone や iPad など iOS を搭載しているデバイス同士で送れるメッセージ「iMessage」は、国内だろうと海外だろうと送受信が無料なのです。これで、海外からの通信費も安く抑えられそう。そう、iPhone ならね!

続きを全部読む

メッセージを入力してオラァーーッ!! とスマッシュして送信! キモチを込めて送れるアプリ登場

腹立たしい相手にメッセージ送信するとき、興奮のあまり思わずスマホの画面を叩き割ってやろうか! と感じたことはないだろうか? やり場のない怒りを、そのまま相手にぶつけたいと思うようなときに、打ってつけのアプリが登場したのでご紹介したい。

このアプリはメッセージを入力した後に、端末を思いっきりスマッシュ(振り下ろす)と、その強度がアニメーションで相手に伝わる。勢いあまって端末を床に叩き付けないように注意しながら使ってみよう!

続きを全部読む

Androidカメラアプリ「Paper Camera」が秀逸すぎてヤバイ! ダサい写真もアーティスティックに大変身だッ

以前の記事で、写真家で映画監督の蜷川実花氏が監修したiOS版のカメラアプリ「cameran」についてご紹介した。このアプリはiPhoneやiPod Touchでキュートな画像編集を実現する優れものなのだが、残念なことにAndroid版がいまだ(2012年10月22日現在)リリースされていない。

そこでAndroidユーザーにも素敵なカメラアプリをご紹介しよう。「Paper Camera」はリリース以来注目を集めており、手軽に画像をスケッチ風や漫画風に加工できると話題を呼んでいる。実際に使ってみたところ、思った以上にアーティスティックに大変身!! これでダサい写真もグレードアップだぞッ!

続きを全部読む

蜷川実花監修のカメラアプリ「cameran」が超スゴイッ! 女装した汚いオッサンを撮ってもめっちゃキュートになることが判明

いまだかつて、これほどまでに素晴らしいカメラアプリがあっただろうか? いや、なかった。きっとなかったと断言できる。というのも、「直視に堪えない」と不評を博してきた記者(私)の女装画像が、キュートでコケティッシュでプリティーなうら若き乙女に変身したからだ。

さすがオシャレ写真の巨匠、蜷川実花氏監修のカメラアプリ「cameran」である。誰が使っても、ありきたりの画像が素敵に大変身。汚らしいオッサンが華麗に変貌を遂げた様子をとくとご覧頂きたい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4