「閲覧注意」にまつわる記事

【閲覧注意】サメの心臓を “生” で食べてみた結果……

世にも恐ろしいサメ。人が殺傷される事件は数多く起きており、海水浴場にサメが現れると遊泳禁止になったりもする。それだけに名前とイメージはめちゃくちゃ有名だが、実物にお目にかかる機会が少ないのもまたサメだ

海で泳いでる姿なんてもちろん見られないし、サメ肉がスーパーに並んでいることもあまりない。言わばサメとは謎。恐怖と共に好奇心もそそられる。そんなサメの心臓が売っていた。……って、サメの心臓って食べられんの!? 鮮魚店に普通に並んでるんですが……!!

続きを全部読む

【閲覧注意】タコの卵で「たまごかけご飯」を作ったら美味いのか? 試してみたら激ヤバモンスター爆誕 / 蛸の日検証

本日7月2日は蛸(たこ)の日である。と変換して気づいたのだが、タコって「むしへん」なんだな。海の生物だけどなんか納得。

そんなタコの卵が激ウマなことは以前の記事でお伝えした通りだ。イクラみたいな味はご飯にも合うのではないだろうか。そこで、タコの卵で「たまごかけご飯」を作ってみたぞ! 閲覧注意!!

続きを全部読む

【閲覧注意】30代男性がヘアピンにハマったらヤバいことになった / ヘアピン男子じゃなくて新種のモンスターが爆誕

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続いたため、私は美容室に行かなかった。前に散髪したのが2019年12月だからボッサボサのボサボサ。こんなに伸ばしたのはハタチの頃以来だろうか。

現状を考えると仕方ない……と思っていたとはいえ、髪を伸ばしたら伸ばしたでいろんな弊害が出た。乾かす時間が長いのはもちろん、前髪が視界に入ってうっとうしいのだ。まさか30代半ばのおっさんになって、髪の長さが自己最長記録を更新すると思っていなかったなぁ。ちなみに今の髪型を漫画のキャラで例えるならば……

続きを全部読む

【閲覧注意】コオロギをかき揚げにした「コオロギ天そば」を作ってみた結果… / 立ち食いそば放浪記:第228回

ウマイそば屋を求めて色んな町を放浪する立ち食いそば放浪記。しかし、現在、東京都は緊急事態宣言中のため、放浪は控えている。この期間に立ち食いそば屋が潰れないことを願うばかりだ。

さて置き、放浪できないなら自分で作ったらいいじゃない。というわけで、コオロギをかき揚げにして「コオロギ天そば」を作ってみたぞ! 閲覧注意

続きを全部読む

【閲覧注意】タランチュラでペペロンチーノを作る「タランチーノ」が激ウマ! でもなぜだろう? 何か大切なものを失った気がするのは……

巨大蜘蛛として知られるタランチュラ。でも、私(中澤)は、ネットでタランチュラ画像を見るたびに思う。「あんまり蜘蛛に見えない」と。足が太くて毛が生えてるせいかちょっとファンシーなのである。かわいい。食べちゃいたい

というわけで、ペペロンチーノにして食べてみることにした。ぺぺるぺぺれば閲覧注意

続きを全部読む

【閲覧注意】2kg超の “豚の頭” で角煮を作ってみたら友ができた / あるいは「命を食べる」ということ

もはや日本ではない。そう例えられるほどに外国人コミュニティーが形成されている場所というのは実はあちこちにある。『上野アメ横センタービル地下食品街』もその1つだ。

アジア圏の外国語が飛び交い、日本人にはあまり馴染みのない食材だらけのこの市場。そんな食品街を歩いていると、両手で抱えないと持てないような豚の頭が税込1000円で売られていた。そこで、角煮にしてみることにしたぞ!

※人によってはショッキングに感じる内容も含むと思われるため閲覧注意でお願いします

続きを全部読む

【閲覧注意】昆虫食の「いもむしカレー」を食べたら思考回路はショート寸前 / ゴキブリやカブトムシを食べた強者の感想あり

自分が生きている間は大丈夫。そう悠長に思っていたのだが、どうやら世界のタンパク質不足はすぐそこまで来ているらしい。日本経済新聞によると2030年がその時。このまま人口増加が進むと、需要と供給のバランスが崩壊するという。ここ数年、タンパク質豊富な昆虫食が注目を浴びているのもそのせいだ。

さて、当サイトはこれまでさまざまな昆虫食を取り上げてきたが、今回は「いもむしゴロゴロカレー」なるものに挑戦することにした。カレーと昆虫……クセにある2つが混ざり合うことで食のケミストリーは起きているのだろうか。

続きを全部読む

【閲覧注意】『進撃の巨人』、最新話でとんでもない展開になりファン騒然! どうすんだよこれ…

先日最終回を迎えたアニメ『進撃の巨人 Season3』はビックリするくらい面白かったらしい。当編集部の中澤も記事でそう書いていた。しかし原作は今、さらにヤバイことになっているのだ。

2019年7月9日に発売された「別冊少年マガジン」8月号。当然そこには『進撃の巨人』最新話も掲載されているのだが、その内容がいろいろ衝撃的すぎるとネットをザワつかせている。ショックを受ける人も多かったようだが……一体何があったというのか? 以下、完全ネタバレ注意でお願いしたい。

続きを全部読む

【閲覧注意】伝説の漫画『殺し屋1』が全巻無料で公開中! 心が弱い人は読まない方がいいぞ!! 3月31日まで

漫画をアプリで読んでいて、更新が途中で終わった時ほど悲しいことはない。毎日チェックしてたのにー! と、やるせない気分になってしまう。無料だから仕方ないとはいえ、できれば全巻公開してほしいと思っているのは、なにも私(あひるねこ)だけではあるまい。

そんな同様の思いを抱えるあなたに朗報である! なんとあの伝説の作品『殺し屋1』が、期間限定で全巻無料公開されているのだ!! やったァァァァアアア! 待っていた……お前みたいな変態漫画を……。

続きを全部読む

【閲覧注意】ベッキーのアンドロイド化が始まる

もうすぐそこまで、人類が想像していた未来が来ている──。スマートフォンには当たり前のようにAI(人工知能)が搭載され、インターネットを介して世界と瞬時にコンタクトを取れるようになった。そしてペッパーに代表される “アンドロイド” も今や珍しくない。

アンドロイドとはすなわち「人造人間」のことだが、どうやら人間がアンドロイド化してしまうこともあるようだ。例えば、2019年1月23日、タレントの「ベッキー」さんが自身のTwitterに投稿した画像を見てみると……。

続きを全部読む

【閲覧注意】20年間溜めた「歯石」を除去する動画が気持ち悪いけどクセになる

ハッキリ言って気持ち悪い──。なんなら不快でさえある。なのに、なぜ我々は「耳アカを除去する動画」や「鼻の角栓を抜く動画」さらには「ニキビを潰す動画」などを見てしまうのだろう? いわゆる一種の “怖いもの見たさ” なのだろうか?

事の真相はさておいて、以前これらの記事を紹介したところ「やめろや」というお叱りの声と共に「へへへ……旦那。こんなのもありまっせ?」と複数のタレコミをいただいた。その中でも今回ご紹介する「歯石」はなかなかヤバい……! 毎度のことながら、苦手な人は今すぐ引き返そう。

続きを全部読む

【閲覧注意】潰したニキビから「ニュルルルルルルッ!」と脂肪が飛び出す動画

見たくない……けど見たい。気持ち悪い……でも見ちゃう。汚い……のに見ずにはいられない。世の中には “怖いもの見たさ” を刺激する動画が数多く存在する。例えば今回ご紹介する「潰したニキビから飛び出す脂肪だけを集めた動画集」も、まさにその1つだろう。

こっち系が好きな人は、ぜひYouTubeで英語でニキビを意味する「Acne」と検索してみて欲しい。おぞましい映像を収めた動画が、メチャメチャたくさんヒットするから──。

続きを全部読む

【閲覧注意】ギネス史上もっとも危険な世界一!? 全身「火だるま」の状態で30秒耐える動画が完全に狂気

どうやら世界一の頂に登りつめるには、常軌を逸するくらいでないとダメらしい。なぜならば、ギネス記録でこれまでにないような危険すぎるチャレンジが敢行。南アフリカのケープタウンで、32名のスタントマンが全身火だるま状態になりつつ30秒も耐えたのだ。

そんなギネス記録まであったんかいっていうのはさておき、チャレンジの様子は動画「Most people performing full body burns – Guinness World Records」で確認できる。衝撃的な映像となっているので閲覧には気をつけて欲しい。

続きを全部読む

【閲覧注意】韓国のタバコにプリントされた「吸いすぎるとこうなっちゃいますよ?」って画像が本気で怖い

日本でタバコの箱に「喫煙はガンの原因になります」なんて注意文が掲載されるようになってからどれくらい経つだろう? 当時は「だっせぇ箱になっちまったな~」なんて思っていたが、最近ではすっかり見慣れてしまった。

ぶっちゃけ「あたり前すぎて目に入らない」なんて喫煙者も多いかと思うが、海外のタバコにプリントされた画像はマジで……強烈だ。つい先日おみやげでもらった韓国のラークには、本気で怖い画像がデカデカと貼り付けられていた──。

続きを全部読む

【閲覧注意】セーラームーンのコスプレをしたイケメンマッチョがお仕置きされる

月に代わってお仕置きよ! これは言うまでもなく有名な『セーラームーン』のセリフだ。連載終了からだいぶ時間が経つが、いまだに色あせることなく女性たちの憧れであり続けている。

女子フィギュアのメドベージェワ(ロシア)が同作の大ファンだということでも知られており、コスプレしようものならリアル天使になる訳だが、一歩間違えるとお仕置きされる側になるようなので報告しておこう。結論から言えば、マッチョマンがセーラームーンに大変身。以下、閲覧注意である。

続きを全部読む

【閲覧注意】メキシコの「ミイラ博物館」があらゆる意味で衝撃的すぎた

「ミイラ」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべるだろうか? 日本の「河童のミイラ」を思い出す人もいれば、古代エジプトのミイラを思い出す人もいるに違いない。そして多くの人は “ミイラ = 昔のもの” とイメージしていないだろうか?

ところがどっこい、世界には現在進行形でミイラが量産される地域がある。メキシコのグアナファトもそのひとつで、同地の乾燥した気候と土壌の成分は天然のミイラができる条件が揃っているらしく、街の『ミイラ博物館』は観光スポットとして人気を博しているのだ。

続きを全部読む

【閲覧注意】池袋駅に死体が転がってた話ってもうしたっけ?

都内屈指のターミナル駅・池袋。大型ビルが立ち並ぶ派手な駅前はまさに都会である。だが光があれば影があるように、都会を歩いていると気持ちが暗くなるようなシーンにぶち当たることも多い。

つい先日、私(中澤)が強烈に「都会」を感じさせられた話をしよう。閲覧注意

続きを全部読む

【閲覧注意】「巨大なフケを除去する動画」が鳥肌必至のおぞましさ! 気持ち悪いけどクセになるゥゥゥウウウウーーー!!

1998年にリリースされたモーニング娘。の代表曲『サマーナイトタウン』をご存じだろうか? その中に「大きらい 大きらい 大きらい 大好き」という歌詞があるが、今回ご紹介する動画もまさしくそんな動画だ。

以前の記事でご紹介した「耳アカをごっそり取る動画」「鼻の角栓を抜きまくる動画」に続く、“気持ち悪いけどついつい見ちゃう系動画” の第3弾は「巨大なフケを除去する動画」である。毎度のことながら、苦手な人はこの時点で引き返すことをオススメしたい。

続きを全部読む

【閲覧注意】「鼻の角栓を抜きまくる動画」の中毒性が激しくヤバイ / 気持ち悪いのにニュルッと取れたときの爽快感は異常

人間とは複雑な生き物で “見たい” と “見たくない” 以外にも「見たくないけど見たい」という感情があるらしい。いわゆる “怖いもの見たさ” というヤツだろう。以前の記事でご紹介した「耳アカをごっそり取る動画」は、予想以上の反響があった。

おそらく多くの人が「きったねぇ……!」とか言いながらも動画に夢中になってしまったことと思うが、今回はその続編!! 耳アカと同じくらい気持ち悪くも爽快な『鼻の角栓を抜く動画』をいくつかまとめてご紹介したい。さあ、苦手な人は今のうちに帰った方がいいぞ。

続きを全部読む

【閲覧注意】「耳アカをゴッソリ取る動画」を耳掃除サロンが公開中 / ユーチューバー以上の再生回数をたたき出す

今や「子供が将来なりたい職業ランキング」でも上位に入賞するユーチューバー。上手くいけば好きなことで生きていけるロマンあふれる職業である。ただし、YouTubeだけで食べていけるのはごく一握りとされる、非常に厳しい世界であることは言うまでもない。

そんな中、ユーチューバーも顔負けの再生回数をたたき出す “耳掃除サロン” があることをご存じだろうか? それが東京目黒駅近くに店を構える『eariss(イアリス)』である。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6