世にも恐ろしいサメ。人が殺傷される事件は数多く起きており、海水浴場にサメが現れると遊泳禁止になったりもする。それだけに名前とイメージはめちゃくちゃ有名だが、実物にお目にかかる機会が少ないのもまたサメだ

海で泳いでる姿なんてもちろん見られないし、サメ肉がスーパーに並んでいることもあまりない。言わばサメとは謎。恐怖と共に好奇心もそそられる。そんなサメの心臓が売っていた。……って、サメの心臓って食べられんの!? 鮮魚店に普通に並んでるんですが……!!

・御徒町「吉池」

そんな光景を目撃したのは2020年7月1日の朝。御徒町駅前にある鮮魚店「吉池」でのこと。先日、この店でタコの卵を購入したわけだが、今度はサメの心臓が入荷……! 東京の街中なのにマジで意味不明な品揃えだ。さすがは「プロも通う専門店」と名乗るだけのことはある。

100g580円で「さめ」とだけ書かれて並んでいる切り身にすらなっていない心臓。その素っ気なさに逆にガチ感をビンビン感じる。店員さんに聞いてみたところ、血抜きが必要だがこれまた生でイケるらしい。血抜きの方法は後述するとして、さっそく購入してみた。

・この先閲覧注意

価格は1595円だったため、私が購入したサメの心臓は約275gと思われる。まずは、そのまま皿に置いてみたのだが、邪教の儀式みたいになってしまったため、ここから先は閲覧注意とさせていただきたい。心の準備ができた方から、ジョーズのテーマでも聞きながらスクロールしてくれ。




ダーダン……









ダーダン……









ダーダンダーダンダーダンダーダン……







パーラパーラパーラパーラパ・パ・パ・パ・パ・パ・パッ







オーマイガーッ!!

さすがにサメなので、まごうことなき心臓だ。皿についた血も新鮮さをアピールしている。あとは六芒星さえあれば、絶好のサバト日和と言えるだろう

だが、これを食べるのは悪魔ではなく人間。なんと、今からコイツをほぼそのまま食べようとしている男がいるという。バカな! 一体誰がそんなことを!? 恐るべきことに私である

・血抜き

というわけで、血抜きした後刺身でいただきたい。吉池の店員さんによると、血抜きは通っている太い管を切るイメージで心臓を真っ二つにして、水で洗いながらギュッと2~3回揉めばOKとのこと。もし、切らない場合は管から水を入れて揉む方法もあるというが、初心者なので切って血抜きすることにした。


2つに切って揉むと真っ赤に染まる水。これで「Happy birthday to you」を鼻歌で歌っていたら、完全に手を洗う殺し屋である。

・食べてみた

さて置き血抜きが済んで、ひと口サイズに切ってみると心臓オーラが大分ソフトになった。ようやく臓器ではなく食べ物に見えてきたぞ。

赤い肉のきらめきがレバ刺しみたいである。そこで、おろしニンニク+ゴマ油+塩でタレを作ってみた。レバ刺しと言えばこれだろう。食べてみたところ衝撃が私を襲った


こ、これは……!


めちゃんこウマイ!!

表面がコリッとしつつも柔らかく歯切れの良い肉の食感はまさにレバ刺し。まろやかな旨みをタレの塩味が引き締める味は、非常に酒に合いそうだ

・食感の冒険

さらに、管部分はよりコリコリしていたり、鶏皮のような食感の部位があったりと、心臓1個の中に様々な食感が詰まっているではないか。それはさながら食感の大冒険。ここはどんな食感なんだろう? 食べれば食べるほどにワクワクする。

結局、275gを一食で食べきってしまったが全然飽きなかった。レバ刺しが好きな人は確実に好きな味である。サメの心臓ウメェェェエエエ!



何かと不穏な空気が流れていた今回。しかし、気分はジョーズというか、インディ・ジョーンズである。謎と好奇心から始まり、サバトや殺し屋を経てお宝のような味に出会えたのだから。

どこまでも広がる大海を泳ぐように、サメの心臓には冒険が詰まっていた。もはや私の心に恐怖はない。サメにありがとう。そして、ご馳走様でした。

・今回紹介した店舗の情報

店名 吉池
住所 東京都台東区上野3丁目27−12
営業時間 鮮魚コーナー 9:30~20:30
定休日 無休

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.