「猫 (ネコ ねこ ニャンコ にゃんこ)」にまつわる記事

【横浜】地下鉄「踊場駅」は猫が踊る伝説の場所だった! 駅構内は見事に猫だらけ!

横浜市営地下鉄ブルーラインに『踊場(おどりば)』という駅がある。なんとなく存在は知っていたが、名前の由来までは知らなかった。ふと気になったので調べてみたところ……どうやら「猫たちが夜な夜な踊っていた」という猫伝説が残る駅らしい。

しかも伝説にちなんで、踊場駅構内のあちらこちらに猫をモチーフにしたデザインが施されているのだとか。近所なのに意外と知らなかったなってことで、実際に現地へ行ってみたら……おいおいマジかよ、猫だらけで最高じゃねえか

続きを全部読む

【どうしてこうなった】猫の失敗写真10連発! 変顔から破壊行為の現行犯まで…カメラが捉えた決定的瞬間

好き嫌いはあるだろうが、猫というのは基本的に愛らしい生きものである。フワフワの被毛に温かい身体。存在そのものが魅力的だから、素人がなにげなくスマホのカメラに収めても、その可愛さが写真ににじみ出てしまう。

……というわけでない。どうしてこんな画(え)になってしまったのか撮影者にもわからない、ひどい写真が山ほど存在する。筆者も例外ではない。

普段のあどけない様子は「世を忍ぶ仮の姿」で、こちらが本体なのではないかと疑ってしまう筆者宅の猫の姿を、ちょっと見ていただきたい。たとえば……

続きを全部読む

【カプセルトイ】イタすぎる中二病のニャンコ「厨二猫」登場! 汝その眼を開いて見届けよ…

中二病……思春期にだれもが通る、愛しくもイタい道。

いまでこそ「厨二かよw」と冷笑するあなたも、覚えがあるはずだ。二次元の世界の実在を信じ、自分が特別な力をもった選ばれし存在なんじゃないかと思っていた時代が。

そんな「中学二年生にありがちな妄想と思い込みの世界に生きる猫達」「永遠の中学二年生」をフィギュア化してしまった商品が登場。覚悟して対峙して欲しい!

続きを全部読む

【挑戦】ネコ用のサバ缶を人間が食べてみた → 感想「絶対に真似するな!」

世の中には、ネコ用のサバ缶もある。──その事実を私が知ったのは、ちょうど1ヶ月ほど前の2月22日。にゃん・にゃん・にゃんの「ネコの日」のことでした。

おそらく当日は日本のいたるところでネコ関連のイベントが行われていたかと思いますが、JR秋葉原駅もその1つ。改札を入った駅ナカの一角に、ネコ関連商品を所狭しと並べたブースがあったのです。

続きを全部読む

「イヌは人につき、ネコは家につく」はウソ? ネコのデレデレっぷりがわかる性格アンケート

「イヌは人につき、ネコは家につく」という言葉を聞いたことがあるだろう。似たものに「イヌは3日の恩を3年忘れず、ネコは3年の恩を3日で忘れる」なんていう言葉もある。

忠実なイヌは、信頼する飼い主の行くところであればどこにでも喜んでついていく。一方のネコは人よりも場所や環境に愛着を示し、人がどうだこうだは気にしない、というたとえ。

これ、ネコ飼いであれば遠い目で「違う……」といいたくなるのだが、定説がくつがえる調査結果をご紹介したい。

続きを全部読む

AmazonでAmazonの箱を買ってみた / 猫はせっかく買った猫グッズよりも梱包のダンボール箱を100%気に入る説

天井まで届くキャットタワーよりも、人間の家具並み価格のふかふか猫ベッドよりも、梱包の箱を気に入る生き物……それが猫。ダンボール箱に入って満足げに見つめてくる猫のかたわら、汗をかきながら遊具を組み立てたことは1度や2度ではない。

とりわけAmazonの箱は適度な大きさで大人気である。これが家電の箱などになると大きすぎて秘密基地感もなく、どうも楽しくないらしい。

わかった。そんなに箱が好きなら、箱を買おうじゃないの。

続きを全部読む

【ガチャガチャ】どちらも「トイレ中のニャンコ」フィギュアなのに、一方がどうにも下品で気になる件

ここに2種類の商品がある。どちらも200円のガチャガチャで入手した、ニャンコのフィギュアだ。リアルでも猫飼いの筆者は、以前にもご紹介したとおり猫のガチャガチャがあると買わずにはいられない。

2つは違うシリーズなのだが、どちらも偶然トイレ中の猫を表現している。片方は間違いなく可愛い。あどけない表情にポージング、よくぞこの組み合わせを、というような憎〜い造形だ。しかしもう一方は……。どういうことかご説明したい。

続きを全部読む

【お猫様へ】ちゅ~る専用ポチ袋がついてくる! 短歌集『猫のいる家に帰りたい』のふろくが秀逸

今年6月に発売された、とある短歌&エッセイ集。歌人・仁尾智(におさとる)氏が猫専門誌『ネコまる』『猫びより』で連載していた作品を単行本化。保護猫や飼い猫など多くの猫と暮らしてきた同氏が、軽妙なタッチで日常をつづる……とここまでは普通に書籍紹介なのだが、今回お伝えしたいのはここから。

なんと初版限定ふろくとして「CIAO ちゅ~る」専用ポチ袋「ちゅ~る袋」がついてくるのだ! これは世界初では!?

続きを全部読む

ネットで話題のダンボール工作「猫戦車」を作ってみたら…人類の弱さと愚かさを教えられた

世界中の猫飼いのあいだで密かな人気の「猫戦車」をご存知だろうか。戦車とは穏やかでないが、そのあまりの破壊力に再起不能になる人が続出中だという。SNSでは悩殺画像が百花繚乱、似たものとして「猫 ダンボールトラック」や「猫 ダンボールハウス」などと検索しても同様の効果が得られる。

とにかく猫 × ダンボールの相性は最強といえる。ステイホームで時間だけはあるから、うちでも作ってみようと思い立った。在宅勤務とはいえ記事執筆中は放ったらかしで、ヒマとエネルギーを持て余している我が家の隊員たち。せめてもの罪滅ぼしだ。

続きを全部読む

【神】寝ている猫だけを集めた写真イベント「ねこにすと」がコロナで中止 → ネットで無料公開へ! 600匹の猫たちがひたすら惰眠を貪る!!

新型コロナの影響で様々なイベントが延期、もしくは中止になっている。猫の写真パネルイベント『ねこにすと(NEKO-NIST)』もその一つで、予定していた百貨店イベントがすべて中止になってしまったそうだ。猫が……我々の貴重な猫が……。

しかし『ねこにすと』、タダでは転ばない。イベント中止を受け、ネット上で猫の写真が楽しめる『WEBねこにすと』の無料開催に踏み切ったのである。第1弾のテーマは「寝ているねこ ねこ寝っこ」。字面の時点で相当ヤバイが、内容の方はさらに凶悪なので閲覧には注意が必要だ。

続きを全部読む

【謎】「100日後に死ぬワニ」って知ってる? Twitterをやってない人に聞いてみた結果 → 30代男性「猫なら知ってる」一体どういうことなのか……

ワニが死んで約1週間が経った。最終話の100日目には「ワニくん」が世界トレンド1位になり、2020年3月26日現在、222万いいねを超えている本作。Twitter上では猫も杓子もワニに注目していた。

では、そんなワニはTwitter外では知られているのか? Twitter をやっていない人に知ってるか聞いてみた結果、謎の回答が返ってきたためお伝えしたい。

続きを全部読む

【日本のナポリ】海沿い斜面に密集する3階建てコンクリート住宅 & 集落内は巨大迷路 / 大分県「保戸島」が最高過ぎた!

大分県には “日本のナポリ” と呼ばれている離島がある。島の名前は「保戸島(ほとじま)」だ。なんでも平地が少なく、海岸から山への傾斜面にコンクリート3階建ての住宅がひしめくように立ち並んでいるらしい。その景観が、まるでナポリ! なのだとか。

とりあえず、ナポリには1度も行ったことがないが「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」にも選ばれた保戸島は気になる。ってことで、実際に行ってきたのだが……あそこはたぶん、ナポリ以上にナポリでした

続きを全部読む

33.10468132.010118

【お隣さん】猫カワイイ! その可愛さのルーツに迫る! 四コマサボタージュ第143回「博識さの中に独特の感性を見せる人」

続きを全部読む

凍傷で四肢を失ったネコ、3Dプリンターで作成したチタン製義肢で復活

3Dプリンターって凄いですよね。それまでは複数のパーツに分けるなどしなければならなかったものや、従来の鋳造技術では不可能だった複雑な構造のものを作れてしまったり。

そんな画期的な技術ですが、恩恵を受けているのは人間だけではないもよう。ロシアにて3Dプリント製の義肢を作ってもらい、絶望的な状態から復活したネコがいるそうです。

続きを全部読む

【天才の発想】ネットで話題の猫専用こたつ「猫とこたつと思い出みかん」を部屋に置いたら、猫を飼っている気分になれるのではないか

アカン、猫飼いたい。めっちゃ猫飼いたい。保護猫とか引き取って温かい寝床で惰眠を貪らせてやりたい。けど住んでるマンションはペット禁止だし、日中留守にする間はやはり心配だ。でもめっっちゃ猫飼いたい。そんな時、革命的なアイデアを閃いてしまった。

ネットで話題になっている日本初の猫専用こたつを部屋に置けば、猫を飼っている気分になれるのではないか? 天才である。天才の発想である。売り上げの2%が保護猫のために寄付されるらしいので一石二鳥だ。とうとう私(あひるねこ)の元に、猫がやって来るぞ……!

続きを全部読む

【画像多数】岡山の『猫島』こと真鍋島に行ってみたニャ

猫になりたいと思っている、そこのあニャた。猫の暮らしも大変ニャのよ。そんなに気楽なものではニャいの。飼い猫は飼い猫でご主人様の機嫌の相手をしてあげニャければいけないし、野良は野良で自分の食い扶持(ぶち)を稼ぐのに必死ニャのだから。

まあ私たちくらい可愛ければ皆がすすんでご飯をくれるから、結構楽に暮らしていけてるけどニャ。可愛いは正義ってやつニャのよ。私たちは岡山の真鍋島ってところで暮らしているから、あなたも遊びにおいでニャさい。

続きを全部読む

【4コマ】第68回「猫の反逆」ごりまつのわんぱく4コマ劇場

続きを全部読む

猫は「そっけない」とか「ツレない」とか ← 猫の気持ち的にはそんなこと無かった可能性

犬と比較すると、猫はそっけないとか、ツレないとか。そういうイメージって、それなりにあるかと思います。確かに猫ってちょっとクールな感じしますよね。まあたまに、めちゃくちゃ甘えてる動画とかをSNSで見かけますが。

それはともかく、クールなイメージのわりに、猫と飼い主の間の絆は、犬なんかのそれと同じくらい強固である可能性が出てきました。まあ行動的には、やっぱりちょっとそっけないというか、クールなんですけどね。ツンデレ……いや、クーデレというヤツでしょうか。

続きを全部読む

大阪アメ村で「猫×タピオカ」が流行中? 本物の猫に会える店に行ってみたら…芋タピオカ『芋圓(ユーユェン)』が想定外のウマさ! しかも低カロリーで無敵

「他人と同じであることを何より嫌う」……ようなイメージがしなくもない大阪。しかし、そんな大阪もタピオカブームの波には抗えなかったとみえる。若者の聖地たる「アメリカ村」では東京と同様、もしくはそれ以上に多くのタピオカドリンク店がしのぎを削っているようだ。

「全体的にとにかく派手」……な雰囲気が漂っていなくもないアメ村のタピオカ屋は、外見からしてパッと目を引くものが多い。中でも行列のできている店『ノナラパール』はネコのキャラクターが目印だ。こんなカワイイの買っちゃうに決まってるよ。目立つって大事ね!

……と、歩いているうち、またもネコマークのタピオカ屋を発見した。以前はなかったはずだから、アメ村ではネコが流行っているのだろうか? どことなく西洋を思わせる店内は所狭しとネコの絵がデザインされており、店先にはリアルなネコの置物まで……ヒッ! 動いた!

続きを全部読む

34.67128135.498735

【4コマ】第4回「肉球」ごりまつのわんぱく4コマ劇場

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 29