「池袋」にまつわる記事

池袋・東武百貨店の「昭和レトロな世界展」が本気モード! なつかしの給食や古着に雑貨が大集合

デパートの催事といえば、北海道物産展や九州物産展、駅弁博覧会といったご当地フードものが多め。そんんな中、2022年5月29日に60周年を迎える池袋・東武百貨店が開催しているのが「昭和レトロな世界展」!

デパートの催事としては異色の「昭和レトロ」に焦点をあてた企画なのだ! たしかに今はレトロブームだけど……これをわざわざ60周年の節目にもってくるなんて東武はかなり勝負した感じがする。

ところが通常の催事に比べて、前情報がかなり少ない。いったいどんな展示になっているのか、初日の5月18日に行ってみたので会場の様子をレポートしたい!

続きを全部読む

【潜入】「ビールが届くまで1時間半」「パスタは半生」と炎上中の『バルおそ松さん』にあえて行ってみた結果…

あなたは現在進行形でインターネット界隈をザワつかせている『バルおそ松さん』をご存じだろうか? バルおそ松さんとはその名の通り、アニメ「おそ松さん」の期間限定コラボカフェのことである。

ざっくり説明するとオープン初日の『バルおそ松さん』では運営の不手際が多発し「ビールが届くまで1時間半」「パスタは半生」「頼んでいないアルコールが提供された」……などなど、現在進行形で波紋を呼んでいるのだ。

続きを全部読む

出前アプリで見つけた「スタバの謎商品」を注文したら中国から電話がかかってきた

中華圏No.1の出前アプリ『EASI』を東京で利用したら『阿呆炒飯』に出会ったと、以前に本サイトの記事でご紹介した。詳しくはそちらをご確認いただくとして、今回は『EASI』のスタバに焦点を当てたい。

覚えておられるだろうか? 『EASI』上でスタバが「STARBABAS」になっていたことを。今回、そのスタバで注文してみたところ……中国から電話がかかってきたので報告しよう。

続きを全部読む

【素朴な疑問】東京生まれ東京育ちなら、新宿や渋谷で道に迷わないのか? シティボーイに聞いてみた

地方出身者が上京して最初に驚くのは東京の電車や道の複雑さ。地元では何も考えずに感覚で歩けていたはずなのに、東京では感覚で歩いたが最後、道に迷ってミイラになりかねない。

特に怖いのが新宿・渋谷・池袋といったターミナル駅。駅の構内も複雑だし、乗り換えの難易度も高すぎる。私は長崎から上京直後に池袋で迷子になって泣いたけど、東口に西武百貨店、西口に東武百貨店ってなんなわけ……!? 未だに納得がいかない。

東京で暮らし始めて20年近くになるが、家や会社の周囲以外はいまだにグーグルマップ無しだと道に迷うし、乗り換え案内の検索は必須。

地元を何も考えずに歩けていたのは「土地勘」ってやつだったんだな……。そこで生まれたのが、東京生まれは土地勘があって、東京でも道に迷わないのか? という疑問である。

続きを全部読む

【池袋】ベトナム人が並ぶフォー専門店「フォーティントーキョー」が最高すぎた / ベトナム・ハノイの伝説的名店の味と香りと雰囲気を楽しめ!

池袋駅東口から歩いて5分ほどの場所に、ベトナム・ハノイでめちゃめちゃ有名な「フォー専門店」がある。地元で行列ができるほどの人気店が2019年3月に日本初上陸……ってか、ハノイでしか食べられない伝説の味が池袋で気軽に楽しめるらしい。

そんな情報を知人に教えてもらい、先日仕事帰りに行ってきたのだが……一発でハマった。完全にハマってしまった。本当に毎日行きたいレベル。本場・ハノイのような店の雰囲気、香り、味を楽しめるのが最高。海外旅行気分を味わいたい方は必見だぞ!

続きを全部読む

【マジかよ】池袋に空中浮遊する大仏がいた / 仙行寺の池袋大仏

日本を代表する大仏というと、パッと思い浮かぶのは「奈良の大仏」と「鎌倉の大仏」。この2強が圧倒的なオーラを放っているため “第三の大仏” は明確に定まっていない。全長120mの牛久大仏やピッコロ過ぎる名古屋大仏、ごろ寝している群馬の涅槃像なども人気だが……

またしても「第三の大仏争い」に割って入りそうなダークホース的存在の大仏に出会ってしまった。その名も「池袋大仏」である。新宿や渋谷と肩を並べる東京の副都心・池袋に……なんと空中浮遊する大仏様が鎮座しているらしいのだ。気になったので参拝してきたぞ!

続きを全部読む

【50個限定】サンシャイン水族館の「サンキューバッグ」が盛り盛りすぎ! 飼育員さんお手製の〇〇〇までゲットできる夢のアイテムだった

2022年3月1日、池袋にあるサンシャイン水族館のオンラインストアがオープンした。

その直後、2022年3月9日の「サンキューの日」に合わせてなんと8000円相当のアイテムが詰め込まれた「サンシャイン水族館 サンキューバッグ」なるものが発売されたとのこと。オープン早々から大盤振る舞いである。

海洋生物好きとしては、こんなビッグチャンスを逃すわけにはいかない。秒速で購入し、中身を確認してみると……

え、なにこの癒しの塊????

続きを全部読む

【コラム】池袋「サンシャイン60通り」がスカスカになってる……! 2年ぶりに行ったら青春が終わった話

以前、池袋に住んでいた私(中澤)。6年くらい住んだので、豊島区最大の繁華街・サンシャイン60通りも庭みたいなものであった。メシにしても服にしても映画にしても何でも揃う。それがサンシャイン60通りであり、用もないのにブラつくことも多かった。

そんなサンシャイン60通りが、私の30代の青春が詰まったサンシャイン60通りが、ちょっと行かない間にこんなことになっているなんて……!

続きを全部読む

【立ち食いそば放浪記】第282回:穴子一本入って税込530円! しぶそば「穴子一本そば」が穴子の暴力

東急線沿線の駅そば屋しぶそば。展開範囲が限られているため一般的な知名度はそこまでではないが、そばチェーンの中でも高コスパな部類に入ると私(中澤)は思う。富士そばくらい近所にあって欲しいと思っている立ち食いそばファンも多いかもしれない。少なくとも私は思っている。

そんなしぶそばが2022年1月11日から販売を開始したそばが密かに話題を呼んでいる。トッピングの穴子天は一本! それでいて価格は税込530円!! 誠に豪快なそば、その名も「あなご一本そば」DA!!

続きを全部読む

ストップ! というまで積み上がる「盛り放題」のローストビーフ丼が最高すぎる!! 東京・池袋『牛恋』

「放題」という言葉には人をトキめかせる効果があるのではないか? 「詰め放題」「取り放題」「食べ放題」「飲み放題」、これらの言葉を目にすると自然とワクワクしてしまう。では「盛り放題」はどう?

東京・池袋の焼肉店「牛恋(うしこい)」には、「盛り放題! ローストピース丼」(税込1500円)ってのがあるらしい。盛り放題ってどういうこと!? 気になったので、たしかめてみた!

続きを全部読む

【池袋】関東最大級サウナ「かるまる」に行ったら “最近の若者” に対するイメージが一変した / まさに究極の癒しと極上のリラックス空間

今も昔も「最近の若者」はルールやマナーを守らないと言われている。ま、知らないのだから仕方ない。私も20代前半の頃に通っていた小さな銭湯で、体を洗ったついでに歯を磨いていたら「歯を磨くな!」と怒鳴られてしまった。施設や地域によってルールは異なるのだ。

その後、経験を積んで「他人に迷惑をかけない過ごし方」をなんとなく身につけたものの……流行りのスポットより、馴染みの銭湯やサウナで汗を流す方がリラックスできる。しかしこの度、超人気サウナ「かるまる」に行ったら死ぬほど衝撃を受けたので報告しておきたい。

続きを全部読む

ショートケーキ缶の「OKASHI GAKU」がプリン缶(税込500円)を都内で販売開始! 噛まずに食える超柔らかプリン / 東京・池袋

2021年6月、世のスイーツ好きがザワつく一大事が起きた。パフェ・リゾット専門店を運営する「株式会社GAKU」がショートケーキ缶の発売を開始したのである。ドリンクサイズの缶にショートケーキを詰めた新しいスイーツの登場にネット騒然。インスタラムで続々と画像が投稿される事態になった。

それから約2カ月を経て、同社は都内で「プリン缶」(税込500円)の販売を開始した。プリン好きの私(佐藤)としては見過ごせない! ということでさっそく買ってみた!!

続きを全部読む

【ズルい】「Suicaのペンギンマリトッツォ」が猛烈にカワイすぎて、めちゃくちゃ食いづらい!

これはズルい! マリトッツォブーム全盛のなかで、ホテルメトロポリタンはSuica(スイカ)ペンギンのマリトッツォを、期間限定で販売している。クリームたっぷりなのはもちろんのこと、親子ペンギンがクリームの中から顔を出しているのだ! これはズルい、こんな愛らしい見た目のマリトッツォは、ほかにないぞ、マジで!

続きを全部読む

池袋のガチ過ぎる中華フードコート『食府書苑』で食べた「小鍋米線」が最高にうまかった / 2021年6月オープンの穴場的ディープスポット

JR池袋駅からスグの場所に、中華フードコート「友誼食府(ゆうぎしょくふ)」があるのはけっこう有名。現場は観光地というよりもローカル……というかディープな雰囲気が漂う雑居ビルなので、プチ中華街気分だけでは物足りない方も満足できる人気スポットである。

そして同じ雑居ビル2階に「聞聲堂(ぶんせいどう)」なる中国書店があるのだが……実は同じフロアに新フードコート「食府書苑」が2021年6月にオープンしたのはあまり知られていない。こちら4階の「友誼食府」よりも広くておすすめ。詳しく紹介しよう。

続きを全部読む

精肉店スタイルの焼肉食べ放題「ブラックホール」が最高すぎた! 天国といっても過言ではない!! 東京・池袋

焼肉食べ放題といったら自分で皿に盛る「セルフサービス」か、電子端末で欲しいものを注文する「オーダーバイキング」が一般的だ。そんななか、新しい焼肉食べ放題スタイルが確立されつつある。それは「精肉店スタイル」。肉屋のように、ショーケースに並んだモノを好きなだけ好きなように取り選ぶことができる方式だ。

そんな精肉店スタイルの新たなお店「焼肉食べ放題 ブラックホール」が、2021年6月21日東京・池袋に誕生した。実際に利用してみると、普通に天国だった! 精肉店スタイル、最高!!

続きを全部読む

【ノスタルジックグルメ】これこそが菓子パンだ! 老舗洋菓子タカセの『カジノ』には子どもの夢が詰まっている

ガキの頃から朝はパンと決まっていた私(佐藤)は、パンが好きだ。もしかしたら、ご飯より好きな気持ちが上回っているかもしれない。

でも近頃はオシャレなパン屋が増えすぎて、昔馴染みのパン好きから言わせると少々物足りない。お店によってはスイーツ気取りの菓子パンがとても高かったりする。安くて食い応えのある菓子パンはどこに行った?

探し求めていたところ、東京・池袋を中心に店舗を展開する「タカセ」に私の望むものがあると判明。実際に購入したところ、懐かしい昭和の記憶がよみがえってきた。

続きを全部読む

【最高】西武鉄道「特急ラビュー」が快適すぎィィ! 乗車券プラス500円でプチセレブ気分…しかし1つだけ残念なことも!

西武鉄道の特急『Laview(ラビュー)』といえば、近未来的なデザインが「まるで宇宙船みたいだ」と人気だ。機会があれば乗ってみたいなァ〜なんて思っていたのだが、チャンスは突然……たまたま部屋探しのために訪れた飯能駅から池袋駅まで走っているではないかっ!

というわけで、飯能駅構内で特急券(500円)を購入。安い。乗車券プラス500円でプチセレブな特急列車に乗れるのかよ(特急料金は区間によって異なります)。さあさあ、それでは……人生初の特急ラビュー出発進行ですッ

続きを全部読む

【絶句】551、期間限定で池袋に出店するも人気すぎて…最新iPhoneの販売みたいになっている件 / 購入までにかかった時間に震えた

もしかしたら、関西以外の人にとって551蓬莱(以下551)の人気っぷりは理解できないかもしれない。売っている商品自体、特別珍しいものではないからだ。私自身、もし誰かに「豚まんも餃子も今はコンビニで買えるじゃん」と言われたら、「その通り!」としか言いようがない。

そして、「551のものが死ぬほど美味いってわけではないだろう?」と言われても、「その通り!」である。しかし、「じゃあ わざわざ大阪で551の豚まんなんて買わなくていいじゃん!」と言われたら……断固として「NO!!」なのだ。

続きを全部読む

【行列必至】テイクアウト専門の「プリンに恋して」が良すぎてヤバい!! おかしくなりそう~! 東京・池袋

プリンを愛するすべての人に朗報をお伝えしよう。2021年4月15日、東京・池袋にプリンの聖地が誕生した。店の名は「プリンに恋して」である。テイクアウト専門のこのお店、良い! 良すぎる!! とにかく品揃えが充実していて、味も文句なしでイイ!

これは人気店になるに違いない。今後行列の絶えないプリンスポットになっていくことだろう! あまりの良さに頭がおかしくなりそうだよっ!

続きを全部読む

【ガチ検証】有名店のカップラーメン、本物の直後に食べる「池袋大勝軒 特製ワンタン中華そば」編

今や数えきれないほどの種類が展開されている有名店のカップラーメン。通年販売されているレギュラー商品はさほど多くないが、毎週のようにコンビニやスーパーには、新しい「有名店のカップラーメン」が並んでいる。

そんな有名店のカップラーメンは本当にお店の味と近いのか? そこんところをガチ検証する企画がこの『有名店のカップラーメン、店の直後に食べる』である。第4回となる今回は「池袋大勝軒 特製ワンタン中華そば」編をご覧いただきたい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9