「検証」にまつわる記事

【検証】2時間1本勝負! おっさんが本気でバク転の練習をしたらこうなった

スポーツクラブやジム通いをしている人にお伺いしたい。それなりにいい体になってくると周囲から「どうなりたいの?」と聞かれることはないだろうか? 個人的にはそういう機会がまあまああり、いつもは「健康でありたい」と答えるようにしている。

健康でありたい──。これは紛れもない本心である。だがしかし、手っ取り早く願いが叶うなら本当はジャッキー・チェンのようになりたい。攻めてよし受けてよし、そんでもって超タフネスなんて最高ではないか。そしてジャッキーになるためには「バク転」が必要不可欠だろう……!

続きを全部読む

力士がぶつかり合ったらどれほどの衝撃が生まれるのか / 4Kスローで撮った相撲動画がスゴい

ボディーコンタクトのあるスポーツを見ていると、「ゴツン」といったような衝突音がすることは少なくない。特に相撲の迫力は凄まじく、巨漢同士が正面からぶつかり合ったらテレビを通して “生々しい音” が聞こえることもしばしばだ。

想像以上に凄まじい衝撃が生まれているのは予想できるが、何がどうなっているのかまでは分からず。あまりに一瞬すぎるため、接触を目で追うのも難しい。一体、どういう風になっているのだろう……。ということで、疑問を解決するべくご紹介したいのが、4Kスローで撮った相撲動画「Sumo Wrestling in 4K」である。

続きを全部読む

【バイト殺し】ドミノ・ピザが「20分以内に配達できなかったら1枚無料サービス」を開始! 実際に注文したらまさかの結末に

その昔「デリバリーピザは30分以内に届けられるもの」とされていた。お店によっては時間内に届かなかった場合 割り引きをしていたし、なんなら無料をうたうケースさえあった。だが最近では安全面の観点からか、特に時間制限は設けられないようだ。だがしかし……。

2018年1月18日、業界最大手の「ドミノ・ピザ」が、20分以内に届かなかったら次回Mサイズが無料になる、その名も『ミッション20ミニッツ』を開始した。時代の流れに逆行している気がしなくもないが、本当に20分で届くのか? 実際に注文してみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【ドキドキ】はじめて「スマホゲームのオフ会」に参加してみたらこうだった

あなたはいわゆる “オフ会” に参加したことがあるだろうか? インターネット上で知り合った人とオフライン、つまりリアルで会うあの “オフ会” である。このご時世、ネットを通じて人と知り合うことも珍しくはないが、やはり初対面はドキドキが止まらないものだ。

今回、私(P.K.サンジュン)は初めて「スマホゲームのオフ会」に参加してきた。参加を決めたその日から緊張で吐きそうだったが、果たしてその結末とは? 詳細は以下でご覧いただきたい。

続きを全部読む

【検証】メガネの「最強くもり止め」と言われる『アンチフォグ』をiPhoneのカメラに塗って湯気にさらしたらこうなった!

メガネっ子には辛い季節になってきた。というのも、温度差で曇るんじゃ~! ラーメン食べたら、視界が真っ白。電車に乗ったら視界が真っ白。外出先から帰ってきたら、視界が真っ白。メガネが白くなると見えないだけでなく、なぜか理由もなく笑われる。何がおかしいんじゃあーーーッ!!

そんな悩みを解決してくれるかもしれない一品を発見したぞ。一部のメガネっ子の間では、「最強くもり止め」との呼び声の高い『アンチフォグ』(※パッケージは『アンチフォッグ』)である。これをiPhoneのカメラに塗布して、電気ポッドの湯気を浴びせて検証した。

続きを全部読む

【検証】明星「中華三昧 酸辣湯麺」に大感動 → 監修の『赤坂 榮林』に行ってみたらこうだった

あなたのこれまでの人生で「最も美味しかったインスタントラーメン」は何だろうか? 即答できる人は少ないかもしれないが、記者は迷いなく「中華三昧の酸辣湯麺!」……と答える。詳しくは以前の記事をご覧いただきたいが、つい最近知った明星中華三昧「酸辣湯麺(スーラータンメン)」が馬鹿みたいにウマいのだ。

この「中華三昧 酸辣湯麺」は『赤坂 榮林(えいりん)』が監修しており、中華三昧にハマって以来「インスタントでこんなにウマいなんて本店はどんだけウマいんだよ?」と思わずにはいられなかった。これは一度行くっきゃあるまい……!

続きを全部読む

【検証】ユニクロの『超極暖ヒートテック』は真冬のバイク通勤に耐えられるのか試してみた結果

真冬のバイクは寒さとの戦いであるが、私の記憶が正しければ、今から約20年ほど前、突如として『サーマル』なるアイテムがオシャレ系バイカー界に登場した。要は「オシャレな股引(ももひき)」なのだが、いわゆる “ラクダ色の股引” を敬遠していた若者バイカーたちは、こぞって股引文化を採り入れた……と思われる。

そしていつしか、ユニクロから「ヒートテック」のタイツが発売され、冬のバイクに革命が。ほどなくして1.5倍暖かい「極暖ヒートテック」が誕生したが、ふと気づけば、さらに1.5倍暖かい「超極暖ヒートテック」まで登場していた。はたしてその実力とは!? 股引をはき続けて20年以上の筆者が、真冬のバイク通勤で試してみたぞ!

続きを全部読む

【ガチ検証】カップ麺と袋麺ではどちらの麺の方が長いのか? 実際に測ってみた結果!

もはや私たちの生活に必要不可欠な存在となったインスタントラーメン。カップ麺や袋麺など、一口にインスタントラーメンと言っても様々な種類がある。ところで、あなたはこんなことを思ったことはないだろうか? カップ麺と袋麺では、どちらの麺の方が長いのか、と。

できることならより長い方、つまり量が多い方を食べたいと思うのが人情というもの。そこで、実際に2つの長さを測って比べてみることにした。さあ、一体どんな不毛な作業が待っているのか、オラわくわくすっぞ! 正直死ぬほどどうでもいいけど、いっちょ測ってみっか!!

続きを全部読む

【やっぱり】ダイエットと禁煙を同時にやったらこうなった / 無修正のビフォーアフターが見るに耐えない

イケメンになりたい。スタイル良くなりたい。お腹周りの贅肉を何とかしたい。適度に筋肉をつけたい。薄毛を気にせずに生きたい。髪の毛をファッッッサァ〜〜〜とさせたい。──あなたはどうだろうか?

少なくとも私は、自分の全身を鏡で見たときに「もっとこうであれば」と思うことが腐るほどある。中には自分の努力ではどうにもならないこともあるが、逆に努力で何とかなることも。例えば、体型&体重。こいつを何とかしたい……いや、しなければ! というわけで、ダイエットに挑戦してみた。

続きを全部読む

【検証】好きなものなら無限に食べられるのか? 牡蠣で試したらこうなった

牡蠣が好きだ。メチャメチャ好きだ。牡蠣を口にすると体中の細胞が喜んでいるのがわかる……それくらい牡蠣が好きだ。おそらく私(P.K.サンジュン)の前世は牡蠣しか食べないラッコだったのだろう。とにもかくにも牡蠣が大好きだ。

それはどうでもいいとして、今回はかねてより試してみたかった検証企画を実施した。それは「好きなものなら無限に食べ続けられるのか?」というもの。もちろん無限は無理だとわかっているが、一番好きな食べ物ならば軽くリミッターをぶっ壊し、“ピリオドの向こう” へ辿りつけるのではないか? 牡蠣ならば……イケそうな気がする。

続きを全部読む

【ガチ検証】ダイエット1カ月目!「糖質制限だけ」で40歳のおっさんはこうなった

個人的に「んだな!」と思わざるを得ない ことわざがある。ズバリ「歴史は繰り返す」だ。過去に起こったことはいずれ再びやって来る……という意味だが、わたくしP.K.サンジュン39歳、2018年1月には40歳……またもや太ってしまいました

過去に何度もダイエット企画に挑み、直近では約1年前に「ハイブリッド肉体改造法」でそこそこいい体になったハズなのに……。このまま「もう40歳だし」と諦めるのか「まだまだイケるハズ!」と抵抗するかは自分次第。もちろん私の答えは後者である……ワシはまだまだモテたいんや!!

続きを全部読む

【ドッキリではなくガチ】突然300万円をあげたら人は何を買うのか検証してみた結果

質問だ! あなたは今、何か欲しい物はあるかな? 洋服、バッグ、化粧品、家具、家電、スマホ、ゲーム……挙げ出すとキリがないはずだ。しかし、悲しいことに何を買うにもお金がかかっちゃうのよね。お金がないと欲しい物は買えないのよね。だから、我慢してるのよね。

だがもし、もしもの話だが、突然300万円を渡されて「今からこれで何でも好きな物を買ってもいいよ」と言われたら、あなたなら何を買うだろうか? 言っておくが、考える時間など与えないぞ。「制限時間3分ね、よーいドン!」と始まるのだ。その状況に立たされた時、人は何を買うのかを検証してみた。

続きを全部読む

【検証】ハロウィンなら「変態仮面のコスプレ」は許されるのか? 聖地・渋谷に繰り出したらこうなった

変態仮面──。正式名称「究極!! 変態仮面」とは、1992年から週刊少年ジャンプに掲載された伝説のギャグ漫画である。2013年と2016年には実写映画化されるなど、いまだに多くの人を熱狂させる “記憶に残る作品” の代表格といえるだろう。

そんな変態仮面の特徴は、何といっても変態すぎるビジュアルだ。今から1年以上前、我々ロケットニュース24は「変態仮面のコスプレはおまわりさん的にOKなのか?」という検証企画を行った。結果的には逮捕まで至らなかったものの、久々に大人に怒鳴られるなど散々な思いをし、以来変態仮面のコスプレは自粛している……が、ついに封印を解く日が来たようだ……。

続きを全部読む

【検証】くら寿司、スシロー、はま寿司の「鉄火巻」を食べ比べてみた結果 → 別次元なほどの “違い” が明らかに!

日本の心・寿司。私(中澤)は、かれこれ10年以上、週1~2回のペースで回転寿司屋に通っている寿司ジャンキーだ。No sushi No life である。

ところで、あなたは寿司屋に行った時、絶対に食べるネタってあるだろうか。私の場合、鉄火巻は絶対に外せない。そこで、くら寿司、スシロー、はま寿司の「鉄火巻」を食べ比べてみたところ……マジかよ!? 全然違うじゃないか!

続きを全部読む

【一杯数千円】ネコのウンコから採れる最高級コーヒー「コピ・ルアク」はどれほどウマいのか「マイルドカルディー」と飲み比べてみた

淹れたての上質なコーヒーが、100円で当たり前に買えるようになった現代。しかし一方で、有名ホテルで飲めば一杯5000円は下らない世界最高級といわれる超希少なコーヒー豆もある。

ご存知の方も多いかと思うが、ジャコウネコのフンから採れる『コピ・ルアク』がそう。一杯数千円とは、果たしてどんな味がするのか? 高コスパで人気の「マイルドカルディー」と飲み比べてみたので、感想をお伝えしたい。

続きを全部読む

【検証】マックの店員さんはきっちり「ヘーホンホヘホハイ」と言うのか試してみたらこうだった

2017年10月4日から発売開始となった、ヘーホンホヘホハイ。あなたはもう召し上がっただろうか? なに? ヘーホンホヘホハイがわからないって? 実はこれ、マクドナルドのかつてレギュラーメニュー「ベーコンポテトパイ」が、期間限定で『ヘーホンホヘホハイ』として復活しているのだ。

ユニークな試みで大変よろしいと思うが、気になるのは店員さんも「きっちりヘーホンホヘホハイと発音するのか?」ということ。そこで発売初日に元気よく「ヘーホンホヘホハイください!」と注文し、店員さんのリアクションを確認してきたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【激クサ検証】潔癖男子「シュールストレミングなんて絶対に吐く!」→ ニオイを嗅がせてみたらこうなった

人間が発する言葉は、時としてオーバーになりがちだ。「死ぬほど可愛い」と評判の女性を見て死ぬことはないし、「ぶっ倒れるほどウマい」と噂のグルメを食べても、実際にぶっ倒れることはまずない。特に感情が高ぶると、表現はどうしても誇大になっていく。

ところで、我々ロケットニュース24編集部には、やや潔癖症気味の記者がいる。彼は「シュールストレミングのニオイなんて絶対に吐きますよ!」と話しているのだが、果たして本当なのだろうか? というわけで今回は、シュールストレミング童貞の男性に「初めてのシュールストレミング体験」をさせてみたのでご報告したい。

続きを全部読む

【ガチ検証】「ジャイアントカプリコ」を100本開封して “顔が付いたカプリコ” が何本出るか試してみた!

子どもから大人まで、みんなが大好きなお菓子といえばグリコ「ジャイアントカプリコ」で決まりでしょ! 発売開始から47年もの間、多くの人に愛されている「ジャイアントカプリコ」であるが、どうやら顔が付いたカプリコがあるらしいのだ。

カプリコの側面に時々「カプすけ」の顔が描かれていることがあって、カプすけに会えたらラッキーなんだって。マジかよ! そいつは絶対会ってみてェェェエエ!! でも、一体どのくらいの確率でカプすけに出会えるんだろうか? そこで、カプリコを100本開封して何本カプすけが出るか試してみたぞ!

続きを全部読む

【検証】「リア充代行サービス」が話題だから『押しかけリア充代行サービス』をしてみたらこうなった

ここ数カ月、テレビやネット上で「リア充代行サービス」がたびたび話題になっている。「リア充代行サービス」とは、非リア充(リアルが充実していない人)がSNS上だけでもリア充っぽく見せかけるため、一緒に写真に収まってくれる人を呼ぶサービスのことを指す。

SNSの闇とも取れなくはないが、それでニーズがあるならば決して悪いサービスではないのではあるまいか? むしろ恥ずかしくて「リア充代行サービス」を呼べない人のために、率先してリア充代行サービスを行っていくべきではないか? いわば『押しかけリア充代行サービス』である。

続きを全部読む

【検証】松屋が発売した「牛めし味ふりかけ」と牛めしを食べ比べてみた! マジで牛めしの味になるのか?

2017年8月4日、牛丼チェーンの松屋が画期的な商品を発売した。「牛めし味ふりかけ」というオリジナルふりかけで、なんと松屋の超人気商品「牛めし」の味を再現しているというのだ。マジかよ! そんなドリーミンなアイテムを、なにサラッと発売しとんねん。買うしかねぇだろ。

というわけで、さっそくふりかけを買いに松屋へと走った。せっかくなので本物の牛めしも買って、このふりかけがどれくらい牛めしの味を再現できているのか食べ比べてみることにしたぞ! 本当に牛めしの味になっているのかどうか、レッツ・ジャッジ!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11