「島根」にまつわる記事

【日本三大そば】生まれて初めて「出雲そば」を食べてみた結果 → 食べ方が分からない…… / 立ち食いそば放浪記:第141回『一福』

もはや時の人であるZOZO前澤友作社長。元バンドマンである彼のバンドのCDをTSUTAYAでレンタルしたところ、意外な事実が判明したのは以前の記事でお伝えした通りである。そのCDを返しに渋谷に行ったところ、東急百貨店で『島根物産展』がやっていた。

2019年1月17日から22日まで開催されているこの物産展、フラッと立ち寄ってみると目に飛び込んできたのは出雲そばの店『一福』。出雲そばと言えば「日本三大そば」と呼ばれるがよく考えたら食べたことがない。そこで初めて食べてみたぞ

続きを全部読む

【方言クイズ】出雲弁「かか~か~かか~か?」、どういう意味でしょうか?

月曜深夜のバラエティ番組『月曜から夜ふかし』で、最近地方の特徴的な方言を紹介している。私(佐藤)の地元島根県の出雲弁についても紹介されると思っているのだが、なかなか取り上げてもらえないみたいなので、自ら紹介したいと思う。

では、問題です! 「かか~か~かか~か?」。“か” だけで構成されたこの文章の意味を答えなさい!

続きを全部読む

10億超の制作費をかけた『たたら侍』が出演者逮捕を受け打ち切りへ / ネットの声「元々ガラガラ」「既に打ち切り同然だった」

俳優・橋爪功さんの息子で、同じく俳優の橋爪遼容疑者が、覚せい剤所持の疑いで逮捕された。この影響が意外なところにあらわれている。2017年5月末に劇場公開されたばかりの映画『たたら侍』が、打ち切られることになったのである。この作品に橋爪容疑者が出演していたことがその理由のようなのだが……。

ネット上では、打ち切りに踏み切ったのには、別の理由があるのでは? との意見が出ている。

続きを全部読む

【芸能】江角マキコさんの芸能界引退で明らかに活躍の場を増やしそうなのはアノ人だ!

女優の江角マキコさんが芸能界引退を発表した。私(佐藤)は個人的に親しみを持って江角さんを活躍を見ていただけに、ちょっと残念な気がする。なぜ親しみを持っていたかといえば、彼女が島根県出身者だからだ。

江角さんの方では、私のことなど1ミリも知る由もないのだが、私の方は「同郷の知り合い」くらいの感覚でテレビを見ていた。そんな彼女が引退することによって、多少なりとも活躍の場を得るかもしれない人物がいる。その人物とは……。

続きを全部読む

【ミステリースポット】「見ると死ぬ」と言われる洞窟を訪ねてみた / そこで驚きの事実に遭遇

出雲大社のある島根県出雲市には、謎めいた場所がいくつも存在する。出雲は神話の舞台であり、さまざまな言い伝えを有するミステリアスな土地だ。

そのなかでも、あの世(黄泉の国)にまつわるエピソードは神秘的であると同時に、恐れを感じさせるものがある。特に猪目(いのめ)洞窟は「見ると死ぬ」とさえ言われる場所だ。そこに行くとどうなるのか? まさか本当に死んでしまうのか?

続きを全部読む

情報ライブ ミヤネ屋でテロップの表記ミス / 鳥取市を「島根・鳥取市」と表示してしまう

2016年10月21日14時7分頃、震度6弱の地震が鳥取県で発生した。主要テレビ各局は、昼のワイドショーの内容を大幅に変更して、地震の様子をライブで伝えている。

そんななか、日本テレビ系の人気ワイドショー『情報ライブ ミヤネ屋』で思わぬテロップミスが発生していた。その間違いとは、「鳥取・鳥取市」と伝えなければいけないところを「島根・鳥取市」と表示してしまったのである。宮根さん、島根出身だから間違いに気づいたはずなんだけど……。

続きを全部読む

【島根悲報】過疎化が進みすぎて人口が『大正時代』を下回る / 島根出身者「どうすればいいのか……」

人口減少は今後の日本にとって、大きな課題である。厳しい現実を伝えるドキュメント番組が、2016年9月25日に放送された。NHKスペシャルの『縮小するニッポンの衝撃』だ。

番組では、北海道・夕張市の現状や東京都・豊島区の取り組みなどを伝えると共に、私(佐藤)の郷里、島根県の実情を伝えている。もっとも衝撃的だったのは、島根県の人口が大正時代を下回っているというのだ。マジかよ、切実だとは思ったが、そこまでとは……。

続きを全部読む

【驚きグルメ】ラーメンに天津飯を搭載した「出雲縁結びどんぶり」がハイブリッド! 島根・出雲縁結び空港

私(佐藤)は空港や駅が好きだ。なぜなら、知られざるお土産に出会えるからだ。当たり前かもしれないが、地方の企業は想像以上に企業努力をしており、特に土産物の商品開発にその傾向が強く見られる。最近紹介した、「ほういちの耳まんぢう」もそのひとつ。なぜ、ちぎられた耳をまんじゅうにした……。

実は土産物だけでなく、空港や駅で味わうことのできるメニューにも、独特のモノが存在していたりする。島根の出雲縁結び空港には、天津飯とラーメンがひとつになった、ハイブリッド丼メニューが存在したのだ。何を言ってるかわかんないと思うけど、この2つがひとつになっててビビった!

続きを全部読む

島根・出雲市の民族芸術「平田一式飾」で作られたアンパンマンがちょっとヤバい! 目を合わせるのをためらうレベル

全国各地に、その土地独特の風習や文化がある。おそらく島根県出雲市の「平田一式飾(ひらたいっしきかざり)」もそのひとつではないだろうか。これは陶器や金物などを使って、人物像やキャラクター像、歴史上の場面などを作り上げる民族芸術である。

実は島根県出身の私(佐藤)も、あまり身近に触れたことがなかったのだが、最近帰省した時にその展示館を訪ねた。すると、かなり制約のあるなかで、いろいろなモノが作られているとわかった。しかしその難しさゆえに、愛らしいアンパンマンがちょっと怖くなっている気が……。

続きを全部読む

日本一買うのをためらう土産はコレだ! 怪談『耳なし芳一』の耳まんじゅう / ちぎられた耳の形を見事に再現

佐藤です。各地に取材に行くと、私は必ずお土産ものをチェックするようにしている。時々驚くような珍品(?)に出会えることがあるからだ。近年もっとも衝撃を受けたお土産は、福岡で発見した「博多ウェハース王」である。ウェハースをチョコでつつんだお菓子なのだが、この商品に付属している冊子の物語はめちゃくちゃだった。

これに匹敵する、いやコレを超える珍品を私の地元島根でみつけてしまった。その名も「ほういちの耳まんぢう」である! マジかよ、小泉八雲ゆかりの地とはいえ、なぜ怪談を題材した!? しかもちぎられた芳一の耳をまんじゅうにしてしまうと! 怖えよ!!

続きを全部読む

このドレス、何に見える?

またドレスだ。以前ネット上で、「このドレス、何色に見える?」と話題になった1枚のドレスを覚えているだろうか? 「知らないぞ」という人のために簡単に説明すると、1枚のドレスの色に関して、「白と金色に見える」「いや、黒と青だ」と意見が真二つに分かれて議論になったのである。

現在、前回のようなドレス論争が再び巻き起こっている。といっても、争点は色の見え方の違いではない。ポイントは、ドレスにプリントされている柄。それが……あまりにもデリケートゾーンにダイレクトフィットしていると話題になっているようなのだ。

続きを全部読む

【無謀再び】島根の離島で豪華な音楽イベント開催! サザエ・地魚の食べ放題付きだぞッ!!

皆さんは覚えているだろうか? 多分覚えてないと思うのだが、島根県の隠岐の島で2013年4月に超無謀な音楽イベントが開催された。そのイベント「音つなぎ 隠岐島前アコースティックフェスティバル」は、かなり豪華な出演者を迎えて10日間開催だったにもかかわらず、チケット代はわずか1万円。素人が考えても採算が取れないというのに、無謀にも開催してしまったのである。

それから2年を経て、再びイベントが開催されることとなった! しかし今回は前回の反省を踏まえたらしく、事前にクラウドファンディングで出資者を募集しているぞ。今回もやっぱりチケット代が安くて3日間で5000円。だが、出演者はかなり豪華! 今回も大丈夫なのかーーッ!?

続きを全部読む

【辺境バーガー】猛烈にアクセスの悪い場所で味わえるリーズナブルな逸品「三瓶バーガー」

本当においしいハンバーガーを求めて食べ歩く、ハンバーガー批評。「辺境バーガー」はその番外編、なぜココに? と思うような場所で提供されているおいしいハンバーガーを探し出すシリーズである。

辺境バーガーの初回は、島根県大田市の三瓶山にある「SANBE BURGER」だ。島根の食材にこだわったハンバーガーの実力やいかに!?

続きを全部読む

【祝】2015年4月25日島根についにアニメイトがオープンするぞ~!! セブンもスタバも成し得ていない全国制覇達成

島根県にはスターバックスコーヒーがある。しかしお隣の鳥取県には、まだスタバがない。すでに、2015年夏にオープンすることが報じられており、2県は肩を並べることになるのだが、実は鳥取にはあって島根にはないものがあった。それはアニメ・コミック・ゲームなどの販売チェーンである「アニメイト」だ。

島根にはアニメイトがなかった! これだけが唯一、鳥取に劣る点だったのだが、4月25日についにオープンすることが判明したぞ! これで再び鳥取とのビハインドを埋めることができると、島根出身者の私(佐藤)は強く思っているーーッ!!

続きを全部読む

【豆知識】島根県隠岐郡海士町にはたった一箇所にしか信号機がない! 設置された驚きの理由と町民が切望するもうひとつのモノ

ちょっと妙な質問なのだが、皆さんは最初に信号機を見たときのことを覚えているだろうか? おそらくほとんどの人が、覚えていないはずである。なぜなら、珍しいものではなく、生活の一部。景色に過ぎないからである。

・海士町には信号が一箇所にしかない

実は、その信号機が一箇所しかない町がある。島根県隠岐郡海士町には、信号機が設置された交差点はたったの一箇所だけ! そもそも一箇所だけあって意味があるのか? それにも増して興味深いのは、この町のある町民は、どこにでもありそうな他の設備を必要としているのである。その設備とは?

続きを全部読む

【海外ドラマ】『ブレイキング・バッド』ATMで潰される “スプージ” の素顔に迫る!! 日本語がペラペラ! 150冊ものマンガを日本語から英語へ翻訳

『ブレイキング・バッド』の出演俳優の素顔に迫りだしてしばらく経つが、興味深い背景を持つ人や意外なエピソードがあったりと、様々な発見があった。そんななかでも、リサーチするにあたって一番驚きだったのが、ATMマシーンで潰されて無残な死を遂げたスプージ役のデヴィッド・ユリーについてだ。

シリーズへの出演はたった2話だったが、彼の経歴があまりにもオモシロいので紹介したい。なんと、日本の大学に留学していた彼は日本語がペラペラで、アメリカから島根県に養子としてもらわれてきた “ケン・タナカ” という架空のキャラクターを作って、YouTubeに動画を投稿しているのだ!

続きを全部読む

【イベントレポート】男3人から騒ぎ / 佐藤・原田両記者の「あるある本」出版記念イベントが開催されたぞ!

去るバレンタイン前夜の2015年2月13日。おなじみの高円寺パンディットにて、我らがロケットニュース24の佐藤記者・原田記者のW出版記念イベントが催された! 佐藤記者は『吹奏楽部だった奴にありがちなこと』に次ぐ第2作目『島根あるある』、原田記者は記念すべき処女作『横浜DeNAベイスターズあるある』の出版を記念してのこのイベント。

今回の出演は、佐藤・原田両記者と、イラストを担当したマミヤ狂四郎(GO羽鳥)の3人。意識高き人でおなじみの佐藤記者は、一足先に会場へ。原田・マミヤと、記録係のわたくしDEBUNEKOは、ギリギリに編集部を出発! イベントの雰囲気はこんな感じだった!

続きを全部読む

【2冊同時出版】佐藤記者の『島根あるある』と原田記者の『ベイスターズあるある』の予約が始まってるぞ~! 2月13日には記念イベント開催

2014年のことになるが、私(佐藤)は宝島社から書籍『吹奏楽部だった奴にありがちなこと』を出版した。この書籍は同年9月に話しが始まり、時間がなくて私がiPhone6の行列参加中に屋外で打ち合わせをしなければならなかった。

実はそれに続いて2冊目の本『島根あるある』が2015年2月10日に発売されることになった! さらに当ロケットニュース24でお馴染みの原田たかし記者も2月15日に『横浜DeNAベイスターズあるある』を発売するのである!! 2冊ともイラストはマミヤ狂四郎(GO羽鳥)だッ!! それを記念してまたイベントをやるぞ~! 来てくれ、頼むから来てくれ~ッ!!

続きを全部読む

もしかして業界初? 当たりつきの「ラーメン自販機」でラーメンを買ってみた / どう見てもハズレだった……

最近都会では見ることのなくなった、ラーメンの自動販売機。その昔、郊外のゲームセンターには必ずといって良いほどあったのに、近頃は筐体そのものを見かけることがなくなった。そんななか、私(記者)は稼動している筐体を発見したのである。

発見したのは、島根県出雲市斐川町のコインレストラン「コウラン」だ。ここにはラーメンの自販機だけでなく、カレーやうどん、そばの筐体が設置されており、現在も元気に稼動中なのである。しかも、ラーメンの自販機は当たりつきなのだ! マジかよ、何が当たるんだ? これは食べてみるしかないッ! ってことで早速小銭を投入した!!

続きを全部読む

スターバックスコーヒー出雲大社店の外観が美しくてめちゃめちゃ感動した! 神々もお茶しに来るレベル

2014年4月、島根県の出雲大社前に大手コーヒーチェーンのスターバックスがオープンした。今年出雲大社は平成の大遷宮や、高円宮典子様のご成婚などで大賑わい。観光客も大幅に増加したという。スタバはその出雲大社の真正面にある。

先日島根に帰省した私(佐藤)は、出雲大社にお参りするついでに、そのスタバに立ち寄ってみた。これがまた、出雲大社周辺の景観に相応しく、和風の佇まいで、美しい店舗だったのである。これはひょっとしたら、八百万の神々も神在月(10月)に立ち寄ったのではないかと想像してしまうほど立派な店構えだった。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2