「ワンピース」にまつわる記事

『ワンピース』尾田栄一郎先生が戦闘を描く時に参照しているサイトとは? 尾田先生「本当に重宝してます」

迫力の戦闘シーンが見せ場の1つであるマンガ『ワンピース』。私(中澤)は、読み切り「ロマンスドーン」が少年ジャンプに掲載された時、リアルタイム読者だったが、戦闘コマの視点のダイナミックさに衝撃を受けたことを覚えている。素人の中学生がそんな感想を抱くくらいだから相当新しかったのではないだろうか。

そんなワンピースも連載23年目。登場キャラも多く、バトルはより壮大に複雑化して戦争みたいになっている。こういった戦闘が始まった時に尾田先生が重宝しているサイトがあるのだとか

続きを全部読む

【カオス】女性漫画家が描いた『ワンピース』がヤバイ

少年漫画の代表格『ONE PIECE(ワンピース)』。作者の尾田栄一郎先生は男性だが、もし『ワンピース』を女性が描いたらどうなるのか? 答えは “カオスが生まれる” である。具体例を挙げて説明しよう。

本日2020年3月16日、 少女漫画家・槙ようこ先生描き下ろしの『ワンピース』ゲームコラボレーションイラストを公開された。そこには主人公ルフィをはじめ、四皇のビッグ・マムことシャーロット・リンリンなどが描かれているのだが、端的に言って誰やねんな事態となっているのだ。

続きを全部読む

【誰やねん】カップヌードル「ワンピースCM」最新作でルフィさんの素顔が明らかになるも、イケメンすぎてゴム感ゼロ!伸びる気ねぇだろコイツ!!

「アオハルかよ」でお馴染み、日清カップヌードルのCMシリーズ「HUNGRY DAYS」。昨年より漫画『ONE PIECE(ワンピース)』とコラボし、ゾロ・ナミ・ビビといった人気キャラクターにスポットを当てた大変 “エモい” 内容で話題を呼んできた。

その最終回となる「HUNGRY DAYS ワンピース 頂上騎馬戦 篇」が、本日2020年2月7日よりいよいよ全国でオンエアされるぞ。これまで明かされてこなかった主人公ルフィの “高校生” としての素顔がついに大・公・開! とのことだが……いや誰やねん。

続きを全部読む

【※追記あり】パリの『マンガ通り』で人気のジャパニーズMANGAベスト5を聞いてみた結果 →「 パリジェンヌは少年ジャンプと刀がお好き」!?

日本のアニメやマンガが海外でも人気のようだが、中でもフランスは特に熱狂的だと伝え聞く。首都パリに通称 “マンガ通り” なる区間があると知り、訪れてみると付近には多くの日本食店や日本の雑貨を扱う店も並んでいた。日本好きの人が集まるゾーンなのかしら?

以前の記事で “スペインの人気コミックベスト5” をお伝えした。スペインで1番人気の『鬼滅の刃』を私は知らなかったのだが、調べたら相当な人気作品と知り反省。アニメを見て予習してきたのである。隣り合うスペインとフランスでランキングに差が出るのだろうか?

そのあたりを探るべく通りをウロチョロすると、目につくのはコスプレ衣装を扱う店の数々。パリのコスプレ人口ってこんなに多いのか……! マンガ通りに数軒あるマンガショップの中で、とりあえずひときわ人の出入りが激しい店に突撃取材を敢行してみたぞ!

続きを全部読む

48.8551422.375399

初めてスクラッチくじを1万円分買ってみた! 当たらないのに買い続ける人に捧ぐエレジー(哀歌)

見込みのないものにお金と時間を費やすことを「無駄」という。仕事をするにしても。趣味に興じるにしても、何か自分が求めるものが返ってくるからこそ、お金も時間も費やすことができるのだ。何も返ってこないかもしれない。いや、確率的にいえば、返ってことないほとんど確定している。それなのに、お金を投じてしまう人たちがいる。

身近でいえば、当編集部のGO羽鳥と原田たかしは、宝くじやロトを定期的に購入している。当たらないのに……。たぶん彼らは “持ってない” 星の下に生まれたのだろう。それなら、私(佐藤)が! “持っている” この私が購入し、くじの購入には向き不向きがあることを教えてやろう!

そんな訳で、人生で初めてスクラッチくじを1万円分購入してみた!!

続きを全部読む

【スペイン】『ジャパニーズMANGA』ショップで人気漫画ベスト5を聞いてみた結果 → 1位はドラゴンボール…じゃねぇ! スペイン人半端ねぇ! ってなった

スペインの街を歩いていると、突然視界に飛び込んだのは『心』という漢字の書かれた看板だ。よく見ると横に「MANGA」の文字もある。MANGAとはおそらくあの「漫画」だろう。欧米では日本の漫画が人気と聞くけれど、まさか専門店まで存在していたとは。

海外の人が日本の文化を好きでいてくれるのは非常に嬉しいことだ。秋葉原などへ行けば熱心にアニメやゲームを眺める外国人がいて、図らずも「ありがとうな」という気持ちになる。スペインでは一体どんな漫画が流行っているのだろうか? たぶんドラゴンボールだろうな!

続きを全部読む

36.722977-4.42204

『ONE PIECE』を野性爆弾くっきー!が表現した結果 → チョッパーがとんでもないことに

世界的な人気マンガ『ONE PIECE』。敵も味方も魅力的なキャラたちのオンパレードである本作において、マスコットとして不動の地位を築いているのがチョッパーだ。ひねくれたオッサンである私(中澤)もチョッパーを見る度に思わずにはいられない。「クソ可愛い」と

だがしかし、野性爆弾のくっきー!が『ONE PIECE』を表現した結果……チョッパーが……チョッパーとんでもないことに!!

続きを全部読む

【衝撃】ワンピースの尾田栄一郎先生が「ハマった」という漫画『異世界おじさん』を読んでみた結果 → 思ってたのと全然違った

ここ数年、タイトルに「異世界」と名の付くライトノベルやアニメ、漫画が増えている。超乱暴に言うと、冴えない主人公がある日異世界に転生し、無双することで現地の女の子にモテまくるみたいなジャンルのことだ(すべてがそうではない)。人気の裏には、人生をリセットしたいという世間の願望が潜んでいる……のかもしれない。

さて、話は今週発売の「週刊少年ジャンプ」に移る。『ONE PIECE(ワンピース)』の尾田栄一郎先生による、巻末の作者コメントに注目だ。ここで尾田先生が紹介しているのが、なんと『異世界おじさん』という漫画なのである。異世界……おじさん……? 何なのだそれは。

続きを全部読む

【アオハルかよ】カップヌードルがワンピースコラボCMを公開 / 濃厚すぎる背景に一時停止の連打不可避

2019年5月22日に、日清食品「カップヌードル」のCMシリーズ「HUNGRY DAYS」の新作が公開されたぞ! 過去には『サザエさん』や『魔女の宅急便』の登場人物たちを起用。青春をテーマにエモすぎる展開で話題になったのを覚えている方は多いだろう。

そんな本CMシリーズの新しいコラボ先は、あの『ONE PIECE』だ。テーマは「もし、麦わらの一味が高校生だったら」ということで、主役は一味の一戦闘員でおなじみ、ロロノア・ゾロさん。CMを見てみると……背景のネタ濃すぎ! 一時停止連打がとまらねぇぞオイ! 

続きを全部読む

【予想外】『ONE PIECE』の感動シーン5選を20年来のファンに聞いてみた結果 →『エースが死ぬシーン』も『チョッパーの桜』も入らず

友情・努力・勝利。少年ジャンプにおいて三大原則と言われている言葉だ。マンガ『ONE PIECE』は、この言葉を体現したような王道少年マンガ。摩訶不思議な海を航海する主人公ルフィ率いる「麦わら海賊団」に泣かされた人は少なくないだろう。

2019年3月29日、そんな『ONE PIECE』のアニメ20周年を記念した特別番組がフジテレビで放送されることが判明した。そこで番組に先駆け、ファンに『ONE PIECE』の感動シーン5選を聞いてみたぞ。

続きを全部読む

【よく見て】東京メトロ新宿駅にジャンプヒーローによる “必殺技の痕” が出現中! しかし、どうしても納得のいかない点が…

いつも、いつまでも、僕らの少年スピリッツをつかんで離さない少年ジャンプのヒーローたち。挙げていくとキリがないが、ジャンプといったらやはり必殺技だろう。かめはめ波、霊丸、アバンストラッシュ……。誰もが一度は真似したことがあるはず。

そんなジャンプっ子なあなたにお伝えしたいのが、現在、東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードにて掲出されている広告「JUMP HERO’S WALL」である。そこではなんと悟空、ルフィ、ナルトによる “必殺技の痕” が再現されているのだ! ファンならば必見だぞ!!

続きを全部読む

【まさか】ワンピースの尾田栄一郎先生が『ポケモンGO』の悩みを告白 →「2年以上やってるけど…」

ワンピース──。それは1997年から週刊少年ジャンプに掲載中の「尾田栄一郎」先生による漫画作品である。2017年10月の時点で国内累計発行部数は3億6000万部を突破、ギネス記録にも登録されるなど、もはや「伝説の漫画」と呼んでも差し支えあるまい。

そんな尾田栄一郎先生が「ポケモンGO」に関するまさかの悩みを告白し話題になっている。言うまでもなく億万長者、欲しいものは全て手に入りそうな尾田先生の悩みとは一体……?

続きを全部読む

【なぜ】アニメ『ワンピース』の新主題歌がV6に → ネットで「不安の声」があがった理由

日曜朝の国民的アニメ『ワンピース』。その新しいオープニング主題歌がV6の「Super Powers」であることが発表され話題となっている。フジテレビによると、2018年10月7日から新オープニング映像とともに放送されるとのこと。

TBSのスペシャル番組『V6の愛なんだ2018』放送翌日のグループとしての続報に、ファンからは喜びの声があがっている。活動は堅調なようだ。と思いきや、一部ではこの主題歌決定を不安視する声が……。一体なぜ?

続きを全部読む

さくらももこ先生追悼『ワンピース』尾田栄一郎先生のイラストにネット民号泣「泣ける」「ルフィが肉あげてる…」

2018年8月27日、マンガ家さくらももこ先生が死去していたことが発表された。あまりに突然すぎる訃報にネット上では追悼の声が続いている。みんな『ちびまる子ちゃん』を見て育った。

そんな中、『ワンピース』の尾田栄一郎先生が追悼イラストを公開。号泣する人が相ついでいるためお伝えしたい。

続きを全部読む

【守備範囲広すぎ】どんなキャラにも変身できちゃうイケメンコスプレイヤーがスゴい! 日本の漫画&アニメ、ディズニー王子、実写映画まで!!

ドレスアップして誰か別の人になれるのが嬉しい……そんな理由でコスプレを楽しむ人が多いと聞く。うんうん、憧れの誰かに変身できるのって楽しいよね!

でも今回ご紹介する男性のように、いろいろと変身しまくる人はナカナカいないのではないだろうか? なんとその男性は、日本の漫画からディズニーの王子様、海外アニメ、実写映画まで、どんなキャラクターにも成りきってしまうのだ!

続きを全部読む

【コラム】『ONE PIECE』で一番面白い話は幻の第0話「ロマンスドーン」

日本で「海賊」と言えば『ONE PIECE』を想像する人が多いのではないだろうか。もはや説明の必要もないほどに爆売れしている本作。『ドラゴンボール』以来の少年マンガの金字塔と言っても過言ではない。

そんな『ONE PIECE』に幻の0話があることをご存じだろうか。しかも、その話には大人になり、髭を生やして大海賊団を率いる未来のルフィが登場するのである。

続きを全部読む

【診断】ONE PIECE(ワンピース)どこで挫折した? 挫折ポイントでその人の「純粋度」がわかる?

1997年に連載を開始してから、現在も続いている人気漫画『ONE PIECE(ワンピース)』。テレビアニメ・劇場アニメ・ゲーム・小説などメディア展開を繰り広げ、日本だけでなく海外でも高い支持を誇る。

子どもはもちろん、この作品を読んで育った大人世代も多いはずである。しかし、20年もの長きにわたって連載を続けていると、途中で読むのを挫折する読者も少なくないだろう。どこまで読み続けているかで、その人の純粋さがわかるはずである……。

続きを全部読む

【衝撃】漫画『ワンピース』の海外実写ドラマ化が決定! ネット上は早くも戸惑いの声であふれる「イヤな予感しかしない」

近年脈々と続いていた “漫画の実写化の流れ” が、ついに来るとこまで来たようだ。「銀魂」「聖闘士星矢」「ジョジョの奇妙な冒険」と来て、今度はなんとあの大人気漫画『ワンピース』が実写ドラマ化するという。

スポニチによれば、ワンピースは人気ドラマ「プリズン・ブレイク」を手がけたトゥモロースタジオの制作で海外ドラマ化されるらしいのだ。海外で……実写ドラマ化だと? 予想外の発表に、ネット上は当然のように戸惑いの声であふれている。

続きを全部読む

【物議】ワンピース大好き夫婦「子供に流布伊(ルフィ)と名付けようと思ってますがキラキラネームじゃないですよね?」

何かと物議を醸す “キラキラネーム” がまたもネット上に波紋を呼んでいる。波紋の源は、2017年7月7日「Yahoo! 知恵袋」に投稿された1件の相談だ。漫画「ワンピース」大好き夫婦が、子供に『流布伊(ルフィ)』と名付けようとしているらしい……。

続きを全部読む

【会社に反撃】短パン姿で出勤したら「着替えてこい」と怒られた青年 → 法律を逆手に取って “お洒落なワンピ” で職場に戻って仕返しに成功!

最近は日本でもクールビズが一般的になり、ビジネスの場でも、ネクタイを外した軽装が当たり前になってきている。

そんななか、海外で真夏日に短パンで出勤した青年が、上司に「着替えてこい」と叱咤されてしまったのだとか。そこで彼がお洒落なワンピで職場に戻ったところ、法律を逆手に取る結果となり、見事に仕返しに成功したというのである!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3