皆さんはご存じだろうか? ユニクロのヒートテックはめっちゃ伸びるということを。そこで! 「膝下まで伸ばすことができたらワンピースとして着用できるのではないか?」と考えた私たちは、限界まで伸ばすことに挑んだ!!

これはファッションの可能性を常に模索する男たちの物語である──。

・ユニクロのヒートテック長袖Tシャツの限界に挑戦

当サイトの「ファッション研究チーム」はユニクロのジョガーパンツで「首パン」に作り出すことに挑戦し成功を収めている。この好例にならって、今回はヒートテック長袖Tシャツの新しい可能性を切り拓くことにチャレンジした。

購入した商品はヒートテッククルーネックTシャツの4XL。価格はセール品で税別500円だった。



そしてワンピースに仕立て上げてくれるのは、首パンクリエイターとしてもお馴染みのGO羽鳥氏とP.K.サンジュン氏だ。この2人に任せれば、大抵は上手くいく。本当に頼もしい漢達(やつら)だ。


まず初めに、私(佐藤)が挑戦。無事に長袖Tシャツをワンピースにできるのか?


羽鳥「じゃあ寝っ転がって。俺に身体を預ける感じで」

佐藤「これでいいの」

サンジュン「じゃあセットします。身体の力を抜いてください」


サンジュン「では行きます。楽にしててください」

佐藤「え? すげえ怖いんだけど……。股に足、突っ込むの?」


羽鳥・サンジュン「せ~の!」


羽鳥・サンジュン「オリャーーーーーーー!!!!」


あああああああああああああああああ!


ああああああああああああああああああああああああああああ!!


サンジュン「来てる来てる来てる!」

羽鳥「がんばれ、もう少しだ!」


羽鳥「よっし、これでいいじゃない? 立ってみて」

佐藤「ダメじゃん! 元に戻った。すげえなヒートテック! 伸びるし縮む」


佐藤「感心してる場合じゃない。これじゃあ外に出られないよ。もう1回やろう!」


羽鳥・サンジュン「せ~の!」


羽鳥・サンジュン「オリャーーーーーーー!!!!」

佐藤「股間に直撃ィイイイ!」


佐藤「どう? 伸びた?」

羽鳥「さっきより伸びてる」

サンジュン「ヒートテック、手強いな」


お次は中澤星児だ。

中澤「あのねえ、佐藤さんは大げさなんですよ、いっつも。イチイチ騒ぎすぎ」


羽鳥「じゃあ俺に身体を預けて寝っ転がって」

中澤「ちょっと待って。怖い! すげえ怖いんだけど!!」

サンジュン「セットします。身体の力を抜いて~」


サンジュン「行くぞ~!」

中澤「イヤ! なんかイヤ~!」


羽鳥・サンジュン「せ~の!」


羽鳥・サンジュン「そりゃーーーーーーーーー!!!!」


ッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッ!!!!!!


羽鳥「いいぞ! 来てる!!」


サンジュン「来てる来てる! 膝下まで来てる!」

羽鳥「がんばれ、もう少しだ!」


羽鳥・サンジュン「よっしオケ!」

中澤「これめっちゃ戻ってないっすか?」


そして最後はあひるねこ。

あひるねこ「また僕もやんの?」


羽鳥「はい寝っ転がって。上半身は俺の方に倒して」

サンジュン「セットするよ、力抜いて」

あひるねこ「セットってナニ? 怖い怖い怖い」


羽鳥・サンジュン「ドリャーーーーーー!!」


アヒィイイイイーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!


羽鳥「よ~し、来てる来てる。順調だぞ、がんばれ!」


サンジュン「ッシャアアアアアアアアアア!」


羽鳥・サンジュン「よっしオケ!」

あひるねこ「全然膝下まで行ってないし。むしろヒートテックの伸縮性の高さにビビる


このままでは外に出ていくことができない。ということで、ヒートテックの裾をクリップでハイソックスに止めることになった


羽鳥「挟みこんでしまえ」

サンジュン「止まってりゃいいんだ」


こうしてやや強引にヒートテックワンピースの完成!


・いざ、スタバへ!

では行こう! 俺たちのスタバへ~!!


佐藤「寒いな」

中澤「そりゃそうでしょ、肌着1枚っすからね」


佐藤「この道がいつも長く感じるのは気のせいか?」

あひるねこ「気のせいではない」


中澤「あ、クリップが外れた」

佐藤「しょうがねえな、俺がつけてやる」


佐藤「よっし、ついた」

中澤「ありがとうございます。ハイタッチ


佐藤「あ、また外れた。ハイタッチは危険だ。気をつけようぜ」


中澤「今度はこっちが外れた」

あひるねこ「世話の焼ける人ですね、つけてあげますよ」


あひるねこ「つきましたよ」

中澤「ハイタッチ」

佐藤「ハイタッチは危険だって言ってんのに、お前らしょうがねえなあ」


佐藤「ここの信号待ちも長く感じるんだよなあ」

あひるねこ「後ろ交番ですからね。早く向こうに行きたい」


佐藤「この横断歩道をひそかに「国境」と呼んでる」

中澤「わかる」


無事にスタバ前に到着。今回は手が使えるので、コーヒー買えるぞ!


佐藤「俺が買ってきてやるから、お前ら外で待ってろ」

中澤「中に入るのも勇気がいるけど、外で待つのも勇気がいる」

あひるねこ「一刻も早くこの場を立ち去りたい気分」


佐藤「お待たせ、あったかいコーヒーだぞ」


佐藤「コーヒーあったけえなあ! 美味いなあ!」

あひるねこ「そもそも我々が薄着すぎるんだって」

中澤「アツ!」


ということで、ヒートテック長袖Tシャツのワンピース化に成功し、無事にスタバにもたどり着くことができたぞ!


そして我々はこの困難を乗り越えて、さらに絆を深めることができた


帰りには股下にクリップを装着して、パンツスタイルで歩く術を発見した。


佐藤「ファッションって奥が深いな」

中澤「そもそもファッション研究チームってナンすか?」

あひるねこ「あ、僕もそれ聞こうと思った」


佐藤「衣料品の新しい可能性を模索することが、我々ファッション研究チームの使命だ」

中澤「コレも可能性?」


佐藤「そうだ。首パンに続いて我々はまた新しい扉を開いた。胸を張っていいんだぞ

あひるねこ「むしろ恥じるべきでしょ」


我々の挑戦は続く……。


執筆:佐藤英典
Photo:Rocketnews24