「モスバーガー」にまつわる記事

【狙い目】モスバーガーの春の福袋「星のカービィ ラッキーバッグ(3000円)」が余裕でお得! お食事券だけで勝利が約束されていた

毎年正月明けから当サイトの総力を結集して「福袋特集」をお届けしているが、最近ではちょいちょい “季節外れの福袋” を目にする。今回ご紹介したいのはモスバーガーの春の福袋『星のカービィ ラッキーバッグ』だ。

モスバーガーに出かけたところ、たまたま見つけた福袋であるが、これがメッチャお得! 内容的には正月の福袋に勝るとも劣らない、いわば “狙い目” の福袋と申しあげていいだろう。

続きを全部読む

【頼みづらい】モスの新商品の名前が長すぎてビビる! それより私が気になったのは……

モスバーガーは何を思ったのか、店舗・曜日限定で食パンの販売を開始した。予約販売で月に2回しか販売していないその商品は「バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パン」という。まったく何を考えて、こんな長ったらしい名前にしたんだか……。

そのアレンジ商品が朝限定で販売開始した。その名も「バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パンで作った『フレンチトースト』」(税込単品250円、ドリンクセット410円)である。名前を覚えらんねえよ!

さて、それを実際に食べたのだが、別売り(税込40円)のメープル風シロップなんていらないかも! と思わず声に出したくなった。

続きを全部読む

【全国でたった1店舗】モスで売ってる「アップルパイ(ホール)」が激ウマ! 専門店出せるレベル

私(佐藤)は有名チェーンの知られざるメニューを探るのが好きだ。公式サイトを深堀りして、誰もが見落とすマイナーメニューを日夜 “発掘” している。そして最近、モスバーガーの超マイナーレアメニューを掘り当てた! それが今回紹介するモスのアップルパイである。

全国でたった1店舗しか販売していないホールのアップルパイ。デカい!! そしてめちゃウマっ! 専門店を出せるレベルのクオリティだぞ!!

続きを全部読む

モス創業50周年の盛り上がり方が予想以上だった / 限定商品「なりもす・ダブルバーガー」はガチ

完全にノーマークだったぜ。創業50周年をむかえ、記念に色々とキャンペーンをしかけているモスバーガー。1号店をリニューアルしたという噂は聞いていたが、どこにあるのかは知らなかった。

のだが、なんとなくググってみると、東武東上線の成増駅の近くだという。マジかよ、仕事で毎日東上線に乗ってるけど知らなかったぜ。そこで販売されている限定バーガーが美味そうだったので、行ってみることに。

続きを全部読む

【完全予約制】モスバーガーの高級食パン「チョコ味」を実食! 「バターなんていらないかも」の次は「じっくり考えた濃厚なチョコ食パン」

昨年「モスの食パン」こと「バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パン」という強烈ネーミングな商品が話題になった。

「完全予約制」「月2回しか販売しない」「1斤600円」というレア感あふれる設定だったが、実際にどうだったのかは過去記事のとおり。

このたび新作「モスバーガーとヤマザキパンでじっくり考えた濃厚なチョコ食パン」が誕生。2022年3月11日に第1回の販売が行われたので実食してみた。

続きを全部読む

軽い気持ちでモスバーガーグループの和食屋のランチを頼んだら「旅館の朝食」みたいなのが出てきてビビった!

おそらくあまり知られていないと思うんだけど、モスバーガーの運営会社「モスフードサービス」は、ハンバーガー以外の業態の店舗も運営している。

パスタレストランの「ミアクッチーナ」、ベジタブルレストランの「シェフズブイ」。そして今回紹介する和食レストランの「あえん」である。

そのお店で、軽い気持ちでランチしようと思ったら旅館の朝食みたいなのが出て来た!! なんじゃこりゃー!!

続きを全部読む

モスの新作『とり竜田バーガー』におけるレモンの謎について 食べ方の正解を聞いてみた

「千早ぶる神代も聞かず竜田川からくれなゐに水くくるとは」言わずと知れた、在原業平の歌だ。竜田川は奈良県の斑鳩町竜田を流れる川で、紅葉の名所として知られる。

みんな大好き “竜田揚げ” の名は、この歌から来ているのではないか……なんて話もあるが、詳しくは各々で調べてくれ。今回はモスバーガーにて2022年1月27日より販売開始した『とり竜田バーガー』を紹介したい。

続きを全部読む

【豪遊】モスバーガーの福袋に入っている「お食事補助券3000円分」の価値を体で理解するため、モスで一気に3000円使ってみた / 福袋をひと足先に入手して…

モスバーガーで3000円分を自由に使える。そう言われて、あなたはどれだけ食べられるかイメージが沸くだろうか? なぜこんなことを唐突に聞くかといえば私自身が想像できないからで、つまりはちょっと困っているからである。

なんとなく「いっぱい食えそう」ってことは分かるのだが、いまいちピンと来ない。どうすればいいのか? ……と頭を振り絞って考えた結果、実際に1回のランチで3000円使ってみることにした。

続きを全部読む

【ガチ検証】ロッテリアも「米バーガー」に参入! マックとモスと食べ比べた結果 → あいつだけバグってた

ライスバーガーはモスバーガーのオリジナル商品……そう思っていた時期が……俺にもありました……。どうせマックも1回でやめるに違いない……そう思っていた時期が……俺にもありました……。

ところがどっこい、気付けば世はライスバーガー全盛期! なんと2021年10月からは「ロッテリア」が『和風ごはんバーガー』の発売を開始している。ほう、ならば決着をつけるしかるまい……私、P.K.サンジュンが公正にジャッジしよう──。

続きを全部読む

モスの『フォカッチャサンド 馬蹄型ソーセージ&グランピングソース』は特にソースがウマい!! 口に入れた瞬間 “木々の香り” が広がるぞ

モスバーガーで2021年9月22日より『フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース』の販売が開始した。スタバ並みに商品名が長いことはさて置き。

モスにフォカッチャが登場するのは、実に7年振り。待っていたという人も多かろう。天然羊腸を使用したプリップリのソーセージに、グランピングソースが最高だったぞ! 

続きを全部読む

【知ってた?】店舗限定の「夜モス」が最高に美味い!「夜マック」を越えてる…と思ったので対応店舗を聞いた

東京・秋葉原を歩いているとき、上の看板をモスバーガー前で発見した。「夜、モス、寄る?」とただのダジャレなのだが、多くの人はアレが頭をよぎるはずだ。

そう……夜マック! 看板をよく見ると「夜モス」とは言い切っておらず、疑問形とダジャレで何かをごまかしているような気がしなくもないが、これは紛れもなく夜モスだろう。

モスバーガーよ、こんなものを密かに販売していたのか! と思いながら入店して食べてみたら、「こりゃ記事にせねば!」となるクオリティであった。

続きを全部読む

【レア店】半分モスで半分カフェの「モスバーガー&カフェ」を知っているか? スフレケーキが美味いんだぞ

「モスバーガー」がこっそり進化していることにお気づきだろうか? モスは言うまでもなくハンバーガーチェーンだが、ひそかに「モスバーガー & カフェ」というブランドを展開しており、ジワリジワリとお店を増やしているそうだ。

そこでは、通常の店舗にはないスイーツメニューを提供しているらしい。何だそれは!? 気になるので、オリジナルメニューのスフレケーキを食べてみた!

続きを全部読む

【数量限定】モスの「真鯛カツバーガー」がマジでウマい! 生き生きとした鯛の味がします!!

魚の中で “鯛” が一番好きだ。淡白でありながら、旨味がしっかり。歯ごたえがあって、刺身から煮つけまで、どんな調理方法にも十二分に合うという素晴らしい存在だ。

さて、モスバーガーが2021年5月20日より『真鯛カツバーガー』の販売を開始したという。なんでも、愛媛県愛南町の養殖マダイを使っているそうだ。これは見過ごせない話である。さっそく食べに行くしかあるまいよ。

続きを全部読む

【関西限定】モスバーガーの『淡路島産たまねぎバーガー和風しょうゆ仕立て』がめちゃウマやで!! みずみずしくて甘い、高級な玉ねぎの味がします

思わず「美味しいっ!」と膝を打ってしまった。2021年4月26日より関西のモスバーガー限定で販売がスタートした “淡路島産たまねぎバーガー和風しょうゆ仕立て” の話である。

その名の通り、玉ねぎがウリなのだが、確かにこの玉ねぎがどえりゃあウマい。瑞々しく甘みがあり、玉ねぎの旨味という旨味が凝縮した、言うことなしなのバーガーなのだ。

続きを全部読む

恥ずかしながら最近知ったモスバーガーの朝限定メニュー『朝モス』が気になるので、店員さんにオススメを聞きつつ注文してみた

みなさん、モスバーガーに朝限定メニュー『朝モス』があることをご存じだろうか? 『朝〇〇』的なものは『朝マック』くらいしか食べたことがなかった私は、最近になってから知りました……。

軽く調べてみたところ、朝モスを実施している店舗とそうでない店舗があり、仮にやっていたとしても店舗によって提供メニューが違うなど事情がさまざま。……気になる! どんなバーガーが食べれるのか、早起きして行ってみた。

続きを全部読む

欲張りすぎる謎の新商品『モスバーガーポテト』に脳がバグった! テリヤキバーガーでありポテトでありスナックでもあり…

「柿の種」「ばかうけ」「キャラメルコーン」など、メーカー問わずいろいろなものに化けるモスだが、今度はポテトになった。は?

「ミスドがドーナツの取り扱いを開始!」というくらい意味がわからないと思うが、つまりポテトスナックが誕生したのだ。「サバチ」や「ツナチ」でおなじみ有限会社 味源とのコラボ。

『モスバーガーポテト テリヤキバーガー風味』という商品名も、「結局なにバーガーだよ」と少々混乱するトリッキーな謎ネーミング。テリヤキバーガーでありポテトでありスナックでもある欲張りすぎなこの新商品、一から十まで気になり過ぎるので、ぜひレポートしたい。

続きを全部読む

【完全予約制】モスの「バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パン」を食べてみた

2021年3月12日、モスバーガーが食パンの発売を開始した。その名も『バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パン』──。「何を言ってやがるんだ?」という小言はさておき、正真正銘のモスバーガーの新商品である。

同商品は完全予約制 & 月に2度しか販売されないレアな食パンであるが、果たしてその実力や如何に? というか、本当に「バターなんていらないかも」と声に出したくなるのか? 実際に食べてみたのでご報告したい。

続きを全部読む

【本音レビュー】モスバーガーの新作『マッケンチーズ&コロッケ』を食べてみた! 重そうに見えて意外とグイグイいけちゃう美味しさだぞ

「日本人の約88%がまだ知らないチーズ料理」を採用した新作バーガーが2月10日(水)、モスバーガーから発売された。その名も『マッケンチーズ&コロッケ』。さっそく食べに行った筆者から、まずは大事なコトをざっくりと2点 お伝えしたい。

まず1つは、俳優の松平健(マツケン)さんとは全く関係ないということ。そしてもっとも大事な2つめが「重そうに見えて意外とグイグイ食べられちゃう美味しさだぞ!」ということ。以下、詳細をレポートしたい。

続きを全部読む

【福袋2021】人気の「モスバーガー × リラックマ」コラボ福袋(3000円)」の中身を大公開! リラックマに興味が無い中年サラリーマンが考えるグッズの使い方とは?

今年も始まったモスバーガーの福袋。税込3000円と昨年より1000円高くなっているにもかかわらず、SNSを見ると事前予約開始初日に完売したお店が続出しており、注目の高さがうかがえた。

今回はリラックマとのコラボだからだろうか? とにかく、福袋の中身を公開するとともに、リラックマに興味がない中年サラリーマンでも有効に活用できる方法を紹介しようと思う。

続きを全部読む

【モス】『まぜるシェイク獺祭(だっさい)』を飲んでみたら一足早く正月が訪れた / ノンアルコールなので安心してね

日本酒にさほど関心がない人でも、獺祭(だっさい)の名は聞いたことがあるのではないか。なんやかんやで人気が爆発した、山口県の酒だ。

そんな獺祭と、あのモスバーガーがコラボ。2020年12月26日より『まぜるシェイク獺祭-DASSAI-』の販売を開始しため、記者もさっそく飲んでみた。ふむふむ……なるほど。こりゃあ、気分は一気に正月ですわ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5