「マサイ族」にまつわる記事

ケニアのサバンナにはこんな動物もいるんだよ! マサイ族の戦士が集めてきた野生動物写真集 / マサイ通信:第121回

スパ! 知ってるぞ。いま日本……のみならず世界的に『どうぶつの森 ポケットキャンプ』が流行ってるってことを。ゴー(羽鳥)もハマってるみたいだな。もちろんオレは、やってない。なぜならば、そこらじゅうに野生動物がいるからだ。

ということで今回は、日々オレが激写してきた野生動物(ならびに昆虫)の写真をお届けしたいと思っている。ここケニアのアンボセリに生息している野生動物は、ウシさんやヤギさんだけじゃないんだぜ? ななな、なんと……

続きを全部読む

努力はしたけどネタとして転がせなかったマサイ族の写真集パート2 / マサイ通信:第119回

スパ! 突然だけど、プロフェッショナルの条件って何だと思う? オレは、「どんな状況であってもベストを尽くして仕事をすること」だと思っている。その条件を、この連載『マサイ通信』に置き換えてみれば、「オレがどんな写真を送っても、それを面白おかしく記事としてまとめる技術」といっても過言ではないよな。

今回の記事は、それができなかった写真集、すなわち「努力はしたけどネタとして転がせなかったマサイ族の写真集シリーズ」のパート2だ。

続きを全部読む

死ぬまでに見たい&行きたい! マサイの絶景(ケニア・アンボセリ編) マサイ通信:第118回

スパ! なんでも日本では「死ぬまでに」って本がたくさん出てるんだろ? 「死ぬまでに行きたい!」だとか「死ぬまでに見たい!」だとか、「死ぬまでに飲みたい!」だとか。みんなどんだけ死を意識してんだよ。さすがはサムライの国だな。

でもよ、どうせ死ぬなら一度くらいはケニアのアンボセリに来てくれよ。ここは絶景の宝庫だぞ。ということで今回は、マサイ族のオレが撮影した「死ぬまでに見たい! マサイの絶景(ケニア・アンボセリ編)写真集」をお届けするぞ。

続きを全部読む

たまにしか出現しない「どうぶつの森」ならぬ「どうぶつの池」がコレな / マサイ通信:第117回

スパ! やあ兄弟、調子はどうだい? なーんか日本では今、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』ってゲームが流行しているらしいな。オレらの住んでいるエリアに「どうぶつの森」は……ないな。なにせ地平線が見えるくらいのサバンナだからな。

でも、「どうぶつの池」ならあるぞ。しかも、たま〜にしか出現しない、レアな池だ。ちょっと前にも紹介したかもだけど、またしてもイイ写真が撮れたから、あらためて紹介しとこうかな。どうぶつたちが、たくさん集まってくる池なんだ。

続きを全部読む

【マサイふれあい街歩き】住民がほぼ全員マサイ族の町「キマナ(Kimana)」編 / マサイ通信:第116回

スパ! みんなはNHKの『世界ふれあい街歩き』って番組、知ってるかナ? もちろんオレは知らないんだけど、ゴー(羽鳥)が大好きな番組なんだとさ。世界のいろんな街を、ぶらぶらと散歩する……だけの番組で、BSプレミアムでやってるらしいゾ。

そんな話をゴーから聞いたもんだから、オレはいつも待っているんだ。オレの村に……なんて無茶なことは言わないさ。オレのよく行く「キマナ(Kimana)」って街……いや、町にロケ隊が来ないかなぁ〜って。……って、来ねえか。ならオレが案内しよう。

続きを全部読む

【油断禁物】意外と知らない「野良ゾウ」の被害 / マサイ通信:第115回

スパ! いきなりだけど、日本では「野良ネコ」だとか「野良イヌ」って言葉があるみたいだな。人によっては、フンの被害にあっているかも知れないな。野良バトは平和だけど、被害っつったら、ゴミをあさる「野良カラス」のほうが大変かもな。

でも、オレたちマサイ族にしてみれば、フンだとかゴミあさりだとか、そんくらいの被害は被害のうちに入らない。オレたちが最も困っているのは、ごくたまに発生する「野良ゾウ」からの被害なんだ。それも、1発1発がキョーレツにデカい。

続きを全部読む

「バイクの魅力」を語るマサイ族の戦士 / マサイ通信:第114回

オレの名はルカ……。ここは土と太陽と牛の世界……。枯れていた井戸は見事に復活、村人たちは仲良く水汲みに明け暮れている……。vsライオン1勝の戦士でもあるオレはライターでもあるし写真家でもあるのだが、実はもうひとつ顔がある……。

バイカーだ。

続きを全部読む

【天才】マサイ族の学校の「テスト答案用紙」を大公開! こっちの6歳児(小1)はこんな勉強をしているよ / マサイ通信:第111回

スパ! マー語(マサイ語)はもちろん、ケニアの公用語であるスワヒリ語、そして英語、さらに最近は……なんと日本語まで覚え始めたマサイ族のインテリ戦士・ルカだ。「arigato」って、アッシェオレン(ありがとう)って意味なんだろ? アリガト!!

さてさて、そんなオレたちマサイ族が、どんな教育を受けているのか気になる人も1人や2人はいるだろう。つーことで今回は特別に……マサイの未来を担う天才児、オレっちの娘ちゃん(6歳)のテスト答案用紙をご披露しようかと思う。ビビるぞ。

続きを全部読む

【マサイ通信】第110回:久しぶりに雨が降ってマサイ族は大喜び! 知られざる「干ばつ」の被害とは

スパ! 今回は朗報をお伝えしよう。つい先日、オレたちマサイ族が住むケニアの僻地アンボセリに……久しぶりに雨が降ったんだ! 雨!! チョー嬉しい!! スーパーハッピー! オレらの祈りが「天空神エンカイ様」に通じたんだなァ〜ってな!

きっとおそらく、長きにわたってオレたちを苦しめてきた「干ばつ(かんばつ)」も、この雨をきっかけに終わりを告げることだろう。てな感じで今回は、なぜオレたちマサイ族が「干ばつ」で困るのかを、サクっと簡単にお伝えしようかな。

続きを全部読む

【より良い眠りのために】マサイ族は寝具にこだわる / マサイ通信:109回

スパ! 元気か? 元気じゃないって人は、まず睡眠の質を疑ったほうが良いぞ。ちゃんと寝てるか? 寝すぎてもダメだけど、ちゃ〜んと寝ないとダメダメだぞ。よく言われることだけど、なにせ「人生の3分の1は寝ている」んだからな。

もちろんオレたちマサイ族は睡眠にもこだわる。ビックリするほど、よく寝ている。だからいつも前向き元気! いつぞやか昼寝のネタも書いたけど、今回はもう少し詳しく教えてあげよう。まずは家の寝具からだな。

続きを全部読む

【注意喚起】いまケニアでポリ袋(ビニール袋)を使ったら最大7年間の禁固刑もしくは約200万円以上の罰金だからな / マサイ通信:108回

スパ! スパはマー語(マサイ語)で「こんにちは」って意味なんだけど、スーパーつったらスーパーマーケットを連想するわな。そんで、スーパーで買い物したら、ふつうはポリ袋(ビニール袋)をもらえるわな。でもこれ、ケニアでは違法なんだぜ。

実はな、ことし2017年の8月くらいから、ケニアではポリ袋の製造、販売、そして使用までをも禁止する法律が可決されたのよ。違反したらブタ箱な。それも最大7年間の禁固刑だ。もしくは最大200万ケニア・シリング(約227万円)の罰金だから要注意な。

続きを全部読む

【急展開】オレ、やっぱ井戸を直すのヤメた。そのかわり… / マサイ通信:107回

スパ! 思わせぶりなタイトルでポレ(Pole / スマン)な。ルカだ。百獣の王ライオンとの決闘で1勝したこともあるうえ、ライター業で稼いだ原稿料で「村の枯れた井戸」を見事に復活させた実績もある、誇り高きマサイ族の戦士・ルカだ。

今回のマサイ通信、重大な発表があるぞ。オレ、村の井戸を直したあと、「マサイ通信シーズン2」とも言うべき次の目標を発表しただろ。ゴー(羽鳥)と一緒に考えた目標、それは「もっとデカい井戸を直す」ってことだったじゃん。

でも、それ、ヤメるわ。というのもな……

続きを全部読む

【決定的瞬間】昼寝してたら竜巻が襲ってきたのでスマホで激写してみた / マサイ通信:106回

スパ! さ〜て、日本は秋……を通り越して冬みたいに寒いらしいな。急激な気温の温度差に気をつけろよ。くれぐれも体調を崩さないようにな。特に風邪には要注意。

もちろんケニアの僻地で暮らしているオレたちマサイ族も、風邪……じゃなくて風には常に注意している。たまに発生する強い風、それもグルグルと回りながら近づいてくる強い風……そう、竜巻には気をつけている。たとえば、つい先日のことだ。

続きを全部読む

【マサイの学校】よく学んでよく遊ぶ、マサイのチビッコ写真集 / マサイ通信:第105回

スパ! 学校に通ってるみんな、まじめに勉強してるかな? グレていたりはしないかな? 不良になるのは結構だが、勉強だけはちゃんとやれよ。集中して勉強できるのは今しかないし、勉強できる環境があるってことにも感謝しなきゃいけねえよ。

つーことで、今回紹介したいのは、学校に通うマサイの子たちの写真集だ。勉強できるチャンスをおろそかにする子なんて、ここにはいない。みんな、よく遊んで、よく食って、まじめに勉強しているぞ。なぜなら勉強したほうが絶対に得するからな。

続きを全部読む

【マサイ通信】第104回:マサイの「#イマソラ」写真集 / 今日も夕日が綺麗ですね

スパ! みんな、いま何を見ている? まぁこの記事だろうけども、空も見てるか? ちょいちょい空も見上げているか? ためしに今、空を見上げてみるといい。いま日本は夜だから、きれいな月が空に浮かんでいることだろう。月が綺麗ですね。

そんな綺麗な空が見れた時には、思わず写真を撮りたくなる。そして、それをSNSにアップしたくもなる。「今、空が綺麗だよ!」って気持ちを込めて「#イマソラ」なんてタグを付けたりしてな。つーことで、今回はマサイのイマソラ写真をお届けしよう。

続きを全部読む

【マサイ通信】第103回:ゆっくりした時間を過ごすのも大切だぞ / マサイ族がスマホで撮影したマサイ族の超日常写真集シリーズ20

スパ! チッス。チィ〜〜〜〜ッス。今日は土曜日、週末チィ〜〜ッス。しかも月末チィ〜〜〜ッス。ティス、ティェ〜〜〜ッス。こうオレが書くと「チィ〜ッス」って言葉もマー語に聞こえるかもしれないけれど、単にナメた口調で挨拶してるだけな。

まァそんな事も言いたくなるくらい、こっち(ケニア・アンボセリ)の時間はマッタリよ。あせらない。たまには何も考えずにゆっくりしろって。オレの村の写真を見てもらえればわかると思うけど、常日頃から超まったりした時間が流れているよ。

続きを全部読む

【マサイ通信】第102回:せっかく直した井戸だけど、想定外の問題が… / そして見えてきた今後の目標

スパ! 元気か? ルカだ。ライオンに1勝したこともあるマサイ族の戦士・ルカだ。そして、もうひとつ誇らしい自己紹介が、つい最近、加わった。「ロケットニュース24の原稿料だけで枯れた井戸を復活させたこともあるマサイ族ライターのルカ」だ。

いずれにしても、オレは勝った。だが! また新たな挑戦をしなければならないようなのだ。というのも、やっとこさ直った井戸なんだけど、実はひとつだけ問題があるんだ。答えは水。そう、水の味だ。なぜか、ちょびっと、しょっぺえんだ( ;∀;)

続きを全部読む

井戸が直った嬉しさのあまり、同じような写真をいっぱい撮っちゃったマサイ族の写真集 / マサイ通信:第101回

スパ! ありがとう、ありがとう。マー語で言うならアッシェ オレン アッシェ オレン……ってな!! まー、みんなが「おめでとう!」「オメ!」と言ってくれてる。ナニにオメなのかっつーと、オレの村の枯れた井戸が直ったことに対してのオメな。

嬉しいな。嬉しいなったら嬉しいな。みんなが喜んでくれているってことが嬉しいよ。あ、でも、もちろん水が出たことも嬉しいよ。命にかかわる問題だからな。つーことで、今回は歓喜の写真集をお届けしようかなァ〜なんて思ってる。

続きを全部読む

【祝】マサイの村の枯れた井戸、ついに原稿料で復活す / マサイ通信:第100回

スパ! 今回のマサイ通信は、記念すべき連載100回目。正直、まさかここまで続くとは思っていなかっただろ? でも続いた。なぜならオレたちには極めてシンプルな目的があるからだ。オレの住んでるマサイの村の、枯れた井戸を直すって目的がな。

スマホで写真を撮りまくって、ネットで日本のゴー(羽鳥)に送って会話して、それをゴーが記事にして、稼いだ原稿料の一部を貯金して……って100回続けた。途方もない挑戦だったけど……ついに、ついに、マサイの村の枯れた井戸が復活したんだ!!

続きを全部読む

【マサイ通信】第99回:村の井戸を復活させるために原稿料を稼ぎ続けたマサイ族、現在の貯金額は…

スパ! もう覚えたよな。マサイの言葉(マー語)で「こんにちは」だ。では、マー語ではないけども、ケニアの公用語であるスワヒリ語での諺(ことわざ)、「チュルル、シ、ンド! ンド! ンド!」の意味は覚えているかな? 何度か教えたぞ。

あえて日本語で表現するなら「雨垂れ石を穿つ」、つまるところ「継続は力なり」だ。てな感じで、マサイ通信も連載99回目。まさにチュルルシンドンドンドの99回目だ。そして、もうひとつ覚えているかな? オレがライターになった目的を。

つーことで今回は、オレが今まで貯めてきた原稿料……すなわち、「マサイの村の井戸を修復するための貯金額」を発表したいと思ってる。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6