「サブウェイ」にまつわる記事

【サブウェイ】超絶限定メニュー「高岡ロール」って何? ググっても出てこないので実際に食べてみた

サブウェイと言えば、野菜! ……だけじゃない! サンドイッチを好きなようにカスタマイズできるのも魅力。ローストビーフを限界までトッピングしたり、まさかの野菜全抜きにしたりと、自分好みのものを作ることができる。

そんなサブウェイのある店で、謎すぎるメニューを発見した。その名も「高岡ロール」。何これ? 検索しても詳細不明! いったい何のことなのかわからないが、ひとつ買ってみることにした。

続きを全部読む

【今日だけ】サブウェイのローストビーフが実質半額で食べられたぞぉぉ!! 誰でもいいから2人で行け! サンドイッチが1個無料になる / クマと行ってきた

本日3月25日は何の日かご存知だろうか? 今日は年に1度のサブウェイの日だ。例年なら人気メニューがほぼ半額になるのだが、今年はちょっと違った。「2人で行くとサンドイッチが1個タダになる」というのだ。何それハードル上がってない?

連れていくのは、友達や恋人だけでなく、カーチャンでもバーチャンでも誰でもいいらしい。誰でもいいというのでクマを連れて行ってみたところ……1個無料になったぞ! 580円のローストビーフが実質半額で買えたのだ!! やったぁぁぁあ!

続きを全部読む

【裏ワザ】知ってた? サブウェイを「ミート乗っけ焼き」にするとピザみたいになってウマい / パンと肉とチーズを一緒に焼く

フレッシュな野菜をたくさん食べられるファストフードと言えば『サブウェイ』だ! メニュー表こそあるものの、何でもカスタマイズしてくれるのが同チェーンの魅力である。

肉の限界トッピングや、野菜全抜きなど、さまざまなオーダーに応えてくれるが、また、サンドイッチがめちゃウマになる技が発見されたので報告したい! それは「ミート乗っけ焼き」だ。本来、後から挟むはずのミート類をパンと一緒に焼いてくれるのである!

続きを全部読む

【知ってた?】海外のサブウェイでは従業員は「サンドイッチアーティスト」と呼ばれている! なぜ日本は違うのか問い合わせてみた

色々なサンドイッチが食べられるサブウェイ。好きなパンや具材、ドレッシングなどが選べて、自分好みにカスタマイズ出来るところがとても便利! 美味しいサンドイッチを作ってくれる従業員のみなさん、いつもありがとうございます!!

実は海外のサブウェイでは、 “サンドイッチを作る人” に、ある名前が付いているのだとか。それは「サンドイッチアーティスト」! なんだかカッコいいけど、あれ? 日本ではこの名は使われていない気が……。なんでだろう? ということで、その理由をサブウェイに直接聞いてみたぞ!!

続きを全部読む

サブウェイで「牛カルビを限界までトッピングして下さい」と注文したらこうなった

本日2016年3月2日。大手サンドイッチチェーン店「サブウェイ」から、期間限メニュー『炭火焼牛カルビ』が発売された。どう考えても激ウマなこと間違いなしの肉サンドだが、せっかくならお腹いっぱい胸いっぱいに牛カルビを堪能したいもの。

そこで近所のサブウェイまで足を運び、「牛カルビを限界までトッピングして下さい」と注文することに。これまで同店では何度か “限界トッピング” に挑戦しているが、結果的に『限界牛カルビサンド』は史上最強のボリュームとなったのだ

続きを全部読む

【肉の日】サブウェイで「ベーコンを限界までトッピングして下さい」と注文したらこうなった

本日2月9日は「肉の日」である。今日だけはカロリーもお金も気にせず……YOU! 肉食べちゃいなよ!! というわけで、普段はなかなか勇気が出ない高カロリー肉を探していたところ……あった。牛でも豚でもなく高カロリー肉の代名詞といえば、やっぱりベーコンでしょ!

正直、普段ならベーコンを限界までトッピングする気にはならないが、今日だけは特別。むしろ、肉神様(にくがみさま)が「今日やらなくていつやるんだよ!」と言ってる気さえする。OK……肉神様。今日だけはカロリーなんて気にせずに、限界に挑んでやろうじゃないのさ!

続きを全部読む

【禁断グルメ】サブウェイに焼きそばを挟むと激ウマ! 究極の焼きそばパンが誕生するぞ!!

やってはいけない、でもやめられない。人間の理性が崩壊した瞬間に生まれるグルメが「禁断グルメ」である。ロケットニュースでは過去に、ガリガリ君を溶かしたり、女体盛りに挑戦したりしたが、この度、また後ろめたさが残るグルメに出会ってしまったので報告したい。

それは、ヘルシーさがウリのサブウェイに焼きそばを挟むと、究極の焼きそばパンになるというもの!! サブウェイのアイデンティティぶち壊し! でも、でも……美味しかったんだもん!

続きを全部読む

【裏ワザ】「隠しメニュー教えて」→ サブウェイの人「BLTサンドの野菜全部抜きおいしいですよ」→「ウソつけ(笑)」→ マジウマだった

店舗数ではマクドナルドをも凌ぐ世界最大の飲食チェーン店、それがサブウェイだ。味や野菜の多さはもちろんのこと、自由度の高いカスタマイズが可能なことから、これまで当サイトでも「限界エビトッピング」や「限界ローストビーフトッピング」などをご紹介してきた。

つい先日のこと。そのサブウェイの広報担当者と直接話をする機会があり、「なんか裏ワザとか隠しメニュー的なものってないですかね?」と尋ねたところ、「BLTサンドの野菜全部抜きが美味しいですよ」と教えてくれた。B……、BLTの野菜全抜きってことはBしか残らないじゃないか! ウソつけーーーー!!

続きを全部読む

【朗報】サブウェイの歴代人気メニュー「ケイジャンチキン」と「クラブハウスサンド」が大復活だぞ! やったあぁぁぁあああ!! 2月下旬まで

野菜がたっぷりのサンドイッチが美味しい『サブウェイ』。ちょくちょくメニューもリニューアルされ、何度行っても飽きないのもいいところ。だがそれは、同時に大好きなメニューとの別れでもある。ハーブソーセージがなくなったときは悲しんだし、ホースラディッシュソースが消えたときは泣いた。……泣いた。

──それはさておき。本日2016年1月20日、長らく店頭から消えていた歴代人気メニューが復活したそうだ。ズバリ「ケイジャンチキン」「クラブハウスサンド」である。マジか! マジかよ!? やったぁぁぁぁあああぁ!

続きを全部読む

【2016年福袋特集】レア物!『サブウェイ』福袋(2400円)の中身を大公開!! 常連さんなら嬉しいラインナップかも?

マクドナルドモスバーガーケンタッキーなど色々なファストフード店の福袋をご紹介してきたが、はて『サブウェイ』の福袋ってあるのだろうか?

そんな疑問から検索してみたところ……おおお、あるではないか! 福袋を販売している『サブウェイ』があるではないか!! ということで今回は “レア” といっても差し支えない『サブウェイの福袋』の中身をご紹介しちゃうぞ!

続きを全部読む

【知っ得】サブウェイの野菜をこぼさずに食べる方法! ズバリ横笛を吹くように食べる「フルート食べ」だ!!

肉も野菜もたっぷり食べられるサブウェイ! 筆者も大好きなのだが、ひとつだけ困ることがある。それは、食べているときに具が落ちてしまいがちということだ。

ラヴコメ展開なら、「野菜落ちたよ☆」「え、やだぁ♪」とかいうコミュニケーションツールになるかもしれないが、ボッチ飯の私に1000%関係なく、百害あって一利なし。野菜はこぼさずに食べたい。

一体どうすればいいのか悩むが、実は野菜をこぼさずに食べるスマートな食べ方があるという。その名は「フルート食べ」!! 早速試してみたぞ。

続きを全部読む

3日間限定「肉のサブウェイ」の『スペシャル肉サンド』を限界まで肉増ししたらこうなった

サブウェイといえば、無料で野菜マシマシOKに代表されるよう、ヘルシー志向のサンドイッチチェーン店である。そんなサブウェイが2015年11月27日~29日の3日間限定で、「肉のサブウェイ」として、東京は表参道に出現することは以前の記事でお伝えした。

肉のサブウェイの目玉は、なんと言っても肉々しさ満点の『スペシャル肉サンド』なのだが、これまでローストビーフエビを限界までトッピングしてきた筆者からすると、ちょいと物足りない。そこで『スペシャル肉サンド』を、限界まで肉増ししてみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【筋肉速報】 期間限定で「野菜のサブウェイ」ならぬ『肉のサブウェイ』が出現! ムキムキのマッチョメンズたちも登場するゾーー!!

野菜をたっぷり食べられるファーストフード店で有名な「サブウェイ」が、肉率の高い商品を発売したことは以前の記事でお伝えした通りだ。しかしなんと今回、さらに肉々しさを増したイベントを開催するという情報がホームぺージで公開された。

しかも肉々しいというだけでなく、期間限定で特別価格にて商品を販売するというのだ。マジっすか? 新商品の内容だけでも驚きだったのに、安く食べられちゃうんですか? ということで、そのイベントの内容をお伝えしたい。

続きを全部読む

【やってみて】コイケヤのチップス「サブウェイ・えびアボガド味」をサブウェイに挟むと激ウマ! マジウマ!! 新食感のサンドイッチになっちゃった

手軽に野菜を食べたいなら、何と言っても『サブウェイ』! 最近、そんなサブウェイの人気サンドイッチ「えびアボカド」を再現したお菓子が誕生したのをご存じだろうか?

それはコイケヤのトルティアチップス!! 完成度はなかなかで、一度食べ始めると、止まらないウマさだ。……ということは、これをサブウェイのサンドイッチに挟んだら、エビがなくても「えびアボカド」が再現されるのではないだろうか? 実際にやってみたら、こうなった!

続きを全部読む

史上NO.1の肉率! サブウェイの野菜がほぼ入っていない限定メニュー『BIG★ミートボール』を食べてみた / 野菜マシ不可! あくまで肉!!

マクドナルド、KFC、ロッテリア……世の中にファストフードと呼ばれる店は数多くあれど、「野菜をたくさん食べたい」となれば、やはりサブウェイであろう! 筆者(沢井)も野菜不足やカロリーが気になるときによく利用している。

だがしかし! そんな “野菜のサブウェイ” に、ほぼほぼ肉なメニューが登場したのだ。吉野家の肉なし丼以来の衝撃!! サブウェイから野菜をとったら何が残るんだよ! ついに心を失ったか!? 気になったので早速食べてみた。

続きを全部読む

米サブウェイで「ネズミの死骸がトッピングに混じっていた」と騒動に!!

ファストフード・チェーン店のなかでも、健康志向を前面に打ち出しているサブウェイは、日本でも全国的に店舗を展開して人気を博している。

そんなサブウェイの発祥地であるアメリカの店舗で、ネズミの死骸がトッピングに混じっていたと騒動が起きたというのだ! 以前に「米KFCでフライドチキンを買ったらネズミの丸揚げだった!」というニュースをお伝えしたことがあるが、この消費者の訴えの信ぴょう性は低いと見られていた。だが今回は、どう見てもネズミの死骸であることは間違いないようなのだ。

続きを全部読む

サブウェイで「ローストビーフを限界までトッピングして下さい」と注文したらこうなった

以前の記事で、サブウェイにて「エビを限界までトッピングして下さい」と注文した結果、“40匹の限界エビサンド” のオーダーに成功したとご報告した。食べ応え抜群、大好きなエビにまみれた筆者は、大いに満足したのだが……。なんだこのモヤモヤ感は?

心の内を明かせば、エビもいいけどやっぱり肉が食べたい! ニク食わせろニクーーー!! だがサブウェイに行っても「ローストビーフ」のトッピングについては一切メニューに書いておらず「無理だよな」……と諦めかけたそのとき! 神様、いや “サブウェイ神” が筆者に微笑みかけてきたのだ!!

続きを全部読む

サブウェイで「エビを限界までトッピングして下さい」と注文したらこうなった

エビエビエビエビABーーーッ! 以前の記事でもご紹介したが、筆者は「リンガーハットでエビを100匹トッピングしようとした」ほどエビが大好きである。甲殻類アレルギーでもない限り、エビが苦手な人はそう多くはあるまい。

とある日のこと。お昼ご飯を買いに大好きなサンドイッチ店『サブウェイ』に出向くと、「エビ5匹100円でトッピング」の文字が目に飛び込んできた……。こ、この手があったか! これなら腹いっぱいエビが食える!! というわけで、サブウェイでエビを限界までトッピングしてみたので、ご覧いただきたい。

続きを全部読む

『サブウェイ』のピザを食べてみた / フレッシュ野菜をのせて焼く「ピザサブ」はアツアツ野菜がやっぱりウマイ! 400kcalちょいで罪悪感なし

手早く野菜が食べたい! もちろんカロリーは控えめで!! そんなときに便利なのがサンドイッチチェーンの『サブウェイ』である。そんなサブウェイには、ピザが食べられる店舗があるのをご存知だろうか?

ピザと言えば、高カロリーなジャンクフードの王様なイメージがあるが、サブウェイなら、なんだかヘルシーそう……気になったので、実際に行って食べてみたぞ!

続きを全部読む

【検証】「シェフのオススメ下さい」と注文したら何が出てくるのかやってみた『サブウェイ編』

料理店の中心部・キッチンで、磨き抜かれた腕をふるうシェフたち。調理場の戦士たちには、それぞれ強いこだわりがあるに違いない。格式や規模を問わず、「美味しい料理を届けたい」という思いは、全シェフが持つ共通精神であろう。

そんな気高きシェフたちがオススメしてくれる料理なら、絶対に美味しいハズ……! というわけで、「“シェフのオススメ下さい” と注文したら何が出てくるのか?」を様々なお店で検証するのがこの企画! 第4回目は、大手サンドイッチ店『サブウェイ』だ!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3