「サブウェイ」にまつわる記事

【開催直前】3月27日と28日は年に1度の「サブウェイの日」! 510円の「ローストビーフ」と「サブウェイクラブ」が290円なんだからね!!

野菜がたっぷりとれることで人気のサンドイッチチェーン『サブウェイ』。最近、290円で日替わりのサンドイッチが食べられる「得サブ」の終了、一部商品の値上げ、人気メニュー「ツナ」の終了と、ファンにとってちょっぴり悲しいニュースが続いていた。

しかし……だがしかし! サブウェイは「あの祭典」を忘れてはいなかった。今年も年に1度の「サブウェイの日」が開催されるのだ。510円のメニュー「ローストビーフ」と「サブウェイクラブ」が290円。2014年3月27日と28日は「ローストビーフ」と「サブウェイクラブ」が約半額の290円!!

続きを全部読む

サブウェイでオーダーされたヤバいサンドイッチ11選 「ソースのかけ過ぎでスープ状態」「8800円相当のサンドイッチ」など

ファストフード店の中でも断とつヘルシー路線の『サブウェイ』は、カロリーが低めなだけでなく、自分流のサンドイッチをオーダーメイドできるのもウリである。しかし中には「ゲゲ!」となるようなサンドイッチを注文するお客さんもいるとかで、「サブウェイでオーダーされたヤバいサンドイッチ11選」が海外サイトで選出されたので紹介したい。

1. オリーブとマヨネーズの相性は?

ある女性が、フットロングサイズのオリーブとマヨネーズのみを大量に入れたサンドイッチを注文。店員は「まだ朝の10時なのに……」と、その組み合わせに “うえっ!” と思ってしまったようである。

続きを全部読む

【みんな知ってるあたりまえ知識】サブウェイのサンドイッチは “パン抜き” にすることができる

みんな知ってるあたりまえ知識。でも100人いたら1人くらいは知らない人がいるかもしれません。今回は「サブウェイのサンドイッチは “パン抜き” にすることができる」という知識です。そうです、サンドイッチチェーン『サブウェイ』では全てのサンドイッチで “パン抜き” が可能なのです。

続きを全部読む

【グルメ】サンドイッチに韓国風焼肉を挟んだサブウェイの新商品「牛肉プルコギ」と「豚肉カルビ」を食べてみた

野菜たっぷりのヘルシーなサンドイッチを提供する「サブウェイ」(日本サブウェイ)は2013年5月15日より新商品を発売しました。新商品は韓国風焼肉を挟んだ「牛肉プルコギ」と「豚肉カルビ」です。サンドイッチ + 韓国風焼肉って一体どんな味? ということで実際に食べてみました。

・「スタミナ」を強調した商品
この商品は「摂ろうぜ! スタミナ」をキャッチコピーに、販売を展開しています。梅雨時期の倦怠感を吹き飛ばすために、肉系サンドイッチの発売にいたったようです。キャンペーン商品とはいえ「ヘルシー」ではなく「スタミナ」を強調しているのは珍しいことです。

続きを全部読む

サブウェイのこだわりパン専門店「ブレッドラボ」がオープン!

2011年12月6日、東京・赤坂にサンドイッチのチェーン店「サブウェイ」が、パンのおいしさを追求するお店をオープンした。その名も「ブレッドラボ」。このお店は同チェーンが敷島製パン株式会社と技術協力し、新規開発商品をテスト販売するアンテナショップとして今後全国に展開する予定だ。早速お店に行ってこだわりパンを食べてみた

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3