「コーヒー」にまつわる記事

東京・六本木ヒルズの『ガチャガチャコーヒー』が最高に贅沢! ただし500円のコーヒーのために1800円払わなければ……

「ガチャ」といえば、いわゆるカプセルトイを販売している自販機のことを指す。大抵、複数の種類の小さなオモチャが入っており、何が出てくるのか分からない楽しみがあるのだが、それがもしコーヒー豆の自販機だったら?

2019年10月4日から、東京・六本木ヒルズにそんなコーヒー豆の自販機が登場している。行ってみたところ、ただ豆を買うだけではなく、セルフで豆を挽いてコーヒーを淹れるというオールセルフサービスのコーヒーショップだった!

続きを全部読む

スタバ「リユーザブル コールドカップ」は便利でお洒落なアイテムだった / 急冷式で本格的なアイスコーヒーを淹れられる!

「リユーザブルカップ」という物をご存じだろうか? 見た目は普通のスタバのカップなのだが、洗って繰り返し使える素材で作られており、何度でも使用することができるカップのことである。

私はこの商品をよく知らずに「なんとなく家でコーヒー飲むのに良さそう」くらいの気持ちで買ってみた。しかし、想像以上に便利でお洒落。またセットのコーヒーもレベルが高く、美味しかった。コーヒー好きは、必見のアイテムだぞ~!

続きを全部読む

お湯に入れてクルクル回すだけ! オランダ発の紅茶がめちゃスタイリッシュだった / スタイルスティック

今の日本人に必要なのは、シエスタ(休憩)じゃないだろうか? 朝から晩まで働き詰めで、1日ずっと緊張しっぱなし。ときにはほっと一息つく時間が欲しい。そんなときこそシエスタだ。日差しが降り注ぐお昼時に、紅茶を飲んで安らかに心を落ち着けよう。

さあ、お茶のカップを用意して、湯を沸かして、こし器に茶葉を入れて、適切な濃さで抽出……できるか!!! ほっと一息つきたいのに、紅茶を入れる作業が仕事のごとく面倒で飲めんわい!!!

続きを全部読む

【コーヒー検証】もっともコスパが高い「税込み700円」の組み合わせメニューはどれ? スタバ・タリーズ・ドトールで比較してみた

700円検証シリーズの第6弾はコーヒーチェーンだ。これまで、持ち帰り弁当ハンバーガー牛丼カレー、そして蕎麦と検証を重ねてきた。

そして今回はコーヒーチェーン。スターバックス・タリーズ・ドトールの3社、価格設定に開きがあるが、各社1フード・1ドリンクで購入できる組み合わせを検証してみた。

続きを全部読む

【喝】「夏休みの宿題の計画くらい甘すぎる」とオラつくローソン『悪魔のコーヒー』を飲んでみた感想 → マックスコーヒーの足元にも及ばん!

もはやローソンの定番商品になりつつある「悪魔」シリーズ。元々はおにぎりだったはずだが、今やパンにうどんに何でもござれ。まさに悪魔のバーゲンセール状態である。

本日2019年8月6日には、そこに新しく『悪魔のコーヒー(税込178円)』が仲間入りを果たした。練乳入りでとにかく甘いらしく、パッケージもひたすらオラつきまくっているものの……この際ハッキリ言ってしまおう。貴様はマックスコーヒーの足元にも及ばない。

続きを全部読む

炭酸入りコーヒー『WONDA CONIC』は歴代の炭酸系コーヒーのなかでも最強説 / メーカーが禁断の組み合わせにチャレンジするアツい理由

アサヒ飲料が2019年6月25日から販売開始している炭酸入りコーヒー『WONDA CONIC』。今までの炭酸とコーヒーを合体させた商品の成功具合(失敗具合と言ったほうがいいかもしれないが)のせいか、そもそも扱っているコンビニをあまり見かけない。

まあ、不良在庫とか出ちゃいそうだし……。だが、はっきり言わせてもらおう。『WONDA CONIC』は歴代の炭酸&コーヒー系ドリンクの中ではベストな出来だ! これはマジでアリだと思うぞ!!

続きを全部読む

【激レア】高速道路でしか買えないという「幻のおいしいやつ」が超ウマい / 豊かな香りとほろ苦い余韻が絶妙な『たべる珈琲』

高速道路のSA(サービスエリア)PA(パーキングエリア)といえば、地域の特色を生かした「ご当地グルメ」や「土産コーナー」ばかりが注目されている。かくいう記者も、つい先日まではグルメと土産さえチェックしておけばOKだと思っていた。だがしかし……

今後は、お菓子コーナーもレジ横も簡単に見逃してはいけない。なぜなら高速道路のSA・PAでしか購入できないという「幻のおいしいやつ」が陳列されている……かもしれないからだ!

続きを全部読む

カルディで発見! 超デカい缶に入った格安コーヒー『アーミーグリーン』と定番の「キーコーヒー」を飲み比べてみた

輸入食品店として広く親しまれているカルディ。正式名称が『カルディコーヒーファーム』というだけあって、数多くのコーヒーが販売されている。

ある日、そんなカルディをのぞいてみたら、巨大な缶に入っているコーヒー(粉)を発見した。しかも、量がたくさん入っている割には1200円程度と格安だ。果たしてコレはウマいのだろうか……。

続きを全部読む

ドン・キホーテ限定のコーヒーメーカー『絶品珈琲』を使ってみた → 普通のドリッパーとは確かに味が違ったぞ!

食品から家電まで、あらゆるものが揃う日本最大級の総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」。最近ではプライベートブランド「情熱価格」のリーズナブルな4Kテレビやアクションカメラなどが注目を集めている。

2019年4月5日、そんな「情熱価格」に今度はコーヒーメーカー『絶品珈琲』が登場。創業110年の老舗コーヒー器具ブランド「メリタ」とのコラボ商品だというから見逃せない。はたして本当に “絶品” の珈琲が味わえるのか? 普通のドリッパーで淹れたコーヒーと飲み比べてみることにした。

続きを全部読む

【100円コーヒー】キッチンオリジンの「挽きたてコーヒー」は美味しいの? アイスとホットを飲んでみた率直な感想

ここ数年、コーヒーを飲むなら100円ポッキリが当たり前である。ご存じのようにコンビニのコーヒーは安くて美味しい。いまやカフェラテなども充実しており、わざわざ喫茶店に入らなくてもいい時代になった。

カフェの充実は店舗の充実──と言っても過言じゃないが、その余波は飲食業界も巻き込んでいるらしい。先日、キッチンオリジンを利用したところ「挽きたてコーヒー」を発見。しかも値段も安く、レギュラーサイズが100円(ホットは70円)だったのである! ていうか、オリジンのコーヒーって美味しいの?

続きを全部読む

セブンのコーヒーがゼリーになった「セブンカフェゼリー」を食べてみた結果…

コンビニ業界の絶対王者、セブンイレブン。おにぎりもパンも弁当も、セブンの安定感はハンパではない。実際問題として、セブンがなくなったら生活に困る……という人は、かなり多いのではなかろうか?

中でもここ数年、多くの人にとって欠かせない存在になったのが、淹れたてコーヒー「セブンカフェ」だろう。2019年4月、そのセブンカフェがスイーツになって登場した。その名も『セブンカフェゼリー』──。これはたぶんウマいやつだ……!

続きを全部読む

提供:UCC上島珈琲

【潜入】都内に複数ある「住所1-1-1」の場所にカフェが出現したらしい → 実際に行ってみたら “超絶ブラック” だった話

公開されている情報なので書いてしまうが、当編集部の住所は「東京都新宿区新宿2-14-6」である。言うまでもなく「2-14-6」という数字は住所によって異なり、都内にはこの数字が「1-1-1」となっている場所が複数存在する。ここまでは大丈夫だろうか?

実は今回、この住所「1-1-1」の場所にカフェが出現したらしいのだ。それも複数の場所で。同じ日に。しかも1日限定ときた。そう、どう考えても怪しい。闇が深そうな気配が漂いまくっている。そこで実際に潜入を試みたところ……これが案の定 “超絶ブラック” だったためお伝えしたい。

続きを全部読む

モスの限定店舗には「コーヒー味のハンバーガー」が売られている

みんな知ってるあたりまえ知識。でも、100人いたら1人くらいは知らない人がいるかもしれません。今回は……モス

「山のように気高く堂々と(Mountain)」
「海のように深く広い心で(Ocean)」
「太陽のように燃え尽きることのない情熱を持って(Sun)」

なんて意味が込められた名を持つ『モスバーガー』についての知識です。なんと「モスの限定店舗には、コーヒー味のハンバーガーが売られている」というではありませんか。あなたは食べたことがありますか?

続きを全部読む

インスタントコーヒーのネスレが「うどんつゆ」を発売 / 上質を知る人のうどんつゆ、爆誕

ダバダ~ダ~ダ♪ ダバダ~♪ ダバダ~♪ 上質を知る人のネスカフェゴールドブレンド。で有名な「Nestle(ネスレ)」。インスタントコーヒーと言えばネスレである。

そんなネスレが、この度うどんつゆを発売した。繰り返す。ネスレがうどんつゆを発売した。何を言っているか分からないと思うが、私(中澤)も分からない。だが事実は1つ。ネスレがうどんつゆを発売したということだけ

続きを全部読む

【朗報】マクドナルドの0円コーヒー、ランチタイムもOKに! クーポンもアプリも不要!!

タダより高いものはない……と思いつつも、タダだとやっぱり嬉しくなってしまうのが人間の性(さが)。こういうところがビッグマネーを掴めない理由なんでしょうが、ちょっと嬉しいもんは仕方ない。小市民は小市民なりにコツコツ生きていくのです。

さて、今回は「マクドナルドのホットコーヒーがタダでもらえるよ!」という情報をお届けしよう。これまで何度か開催されているマックの0円コーヒーだが、なんと今回から開催時間が延長! 7時から14時まではホットコーヒーがタダでもらえるから、マックに行かない理由がない。

続きを全部読む

【2019年福袋特集】今年も「上島珈琲店」の福袋が進化していた! 年明け前に “一部売り切れ” もでている中身がこれだ!!

え……本当に? 福袋を買うために、上島珈琲店に足を踏み入れた筆者は、思わずそうつぶやいた。なぜなら、年明けを待たずして一部の福袋がすでに完売になっていたからだ。

ヨドバシでも、スタバでも、無印の福缶でもない、上島珈琲店の福袋が? 2015年から途切れることなく、上島珈琲店の福袋を購入してきた筆者は「売り切れないだろう」と高をくくって、予約すら入れていなかったのだ。

自分の浅はかさを悔やみながら、店頭に残っていた4000円の福袋を買い求めて、フラフラと退店。「上島珈琲店の福袋ってそんなに人気あったけ?(失礼)」と首を傾げながら、家で福袋を開けてみたら……う〜ん、売り切れも納得だった!

続きを全部読む

提供:UCC上島珈琲

こんなの絶対笑うやん…海外の通販番組を意識した『UCC』のCMがおもしろすぎるとネットで話題

笑う門には福来たる──。2018年も残すところあとわずかだが、せっかくならたくさん笑って縁起の良く新年を迎えたいものだ。そこで今回は、「おもしろすぎる」とネットで話題の動画をご紹介したい。

配信先は『UCC BLACK無糖』なのだが、これがマジでヤバいのなんの。おもしろすぎて、公開されている動画2本の累計視聴回数は400万回を突破(2018年12月12日現在)しているのだ。

続きを全部読む

【超強気】1杯500円!「ローソンの超高級コーヒー」をスタバと飲み比べた結果…

とても失礼な言い方かもしれないが、あえてこう言わせてもらおう……「ローソンがまたやりやがった」と──。記憶に新しいところだと「ロールケーキのクリームだけ」を発売し話題となったローソンが、今度は『1杯500円の超高級コーヒー』を販売するという。

1杯……500円だと? このニュースを聞いたネット民からは「それならスタバ行くわ」などとツッコミの声が相次いでいるが、果たして500円の価値はあるのだろうか? さっそくスタバのコーヒーと飲み比べてみたのでご報告したい。

続きを全部読む

俺は何を血迷ったのか銀座で1万円を超えるコーヒーを飲んでしまった…… / さらにお店のメニューに驚愕したでござる

コーヒーといえば、南米やアフリカなどが原産国としてよく知られている。実は日本の、それも東京でコーヒー栽培が行われていることは、あまり知られていない事実だ。

さて、そんなコーヒーをたまたま銀座で飲もうとしたところ、お店のメニューに驚愕! 入店した以上引くに引けなくなった私(佐藤)は、そのお店でもっとも安い部類に入るコーヒーを飲むことにしたのである。血迷わざるを得なかった……

続きを全部読む

【1杯930円】東京原産のコーヒー豆を使用した「小笠原コーヒー」を飲んでみた

ブラジル、ケニア、エチオピア……と、世界70カ国以上で栽培されているコーヒーの木。いずれの地域もいわゆる “熱帯地方” が原産国だが、実は日本……どころか首都・東京でコーヒー豆が栽培されていることをご存じだろうか?

その名は「小笠原コーヒー」──。お察しの通り、東京は小笠原諸島で栽培されている大変貴重なコーヒー豆のことである。国産……いや、東京産コーヒーのお味とは一体どんなものなのだろう? これは飲んでみたい……。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8