「クレープ」にまつわる記事

長年ドムドムを守り続けてきたオレンジフードコートのクレープ店「ディッパーダン」のクレープが安い!

「オレンジフードコート」という会社の名前を聞いたことはあるだろうか? では「ドムドムハンバーガー」は? お気づきの方もいるかもしれないが、オレンジフードコートはかつてドムドムハンバーガーを運営していた会社である。

同社はドムドムハンバーガーの事業を譲渡したものの、半世紀も前から「ディッパーダン」というクレープ専門店を全国で展開している。そのディッパーダンのクレープを食べたことがなかったので、実際に食べてみたぞ!

続きを全部読む

ようやく関東に来た「ゴディバのクレープ」を食ってみた! ただし埼玉・大宮限定……

ゴディバはズルい! 美味しそうなデザートメニューを地域限定で販売したりするんだもの!! 知らない人もいるだろうけど、2022年4月に福岡に「GODIVA dessert」ってデザート専門店をオープンしてたんだぞ!

ゴディバのオリジナルクレープはそこでしか食えなかったんだ。不公平だろ!

がしかし!! 7月から関東でもクレープを食えるようになった。やったね! ってことで販売店の大宮に行ってクレープ食っちゃったぞ!

続きを全部読む

【正直レビュー】シャリも入ってる! くら寿司原宿店限定の「すしクレープ」を食べてみた!!

回転寿司チェーンの出店が止まらない。「スシロー」「くら寿司」の2大勢力は、都市型店舗を相次いで出店している。そのくら寿司は、2021年12月9日に東京・原宿にグローバル旗艦店と位置付けたお店をオープンした。

ここでしか食えない「すしクレープ」があるらしいので、その味を確かめに行ってきた!

続きを全部読む

【逆転の発想】お店のような薄焼きクレープがおうちでも作れる! ハンディクレープメーカーがめちゃくちゃ実用的だった!

その発想は無かった。何の話かと言うとクレープメーカーだ。時々フライパンでクレープを焼くのだが、その仕上がりはお店のものとは程遠い。料理スキルが乏しいため極厚で見た目が不格好なクレープしか焼くことができなかった。

だが逆転の発想とも言える新しい形のクレープメーカーを使えば、誰でも薄焼きのクレープを焼くことが可能に! しかも超簡単でめちゃくちゃ素早く作れる。ネットでこのメーカーを見つけた時には「その手があったか!」と驚かされた。売り出された当初はクレープ屋さんも度肝を抜かれたのではないだろうか。

続きを全部読む

創業50年の老舗クレープ屋に「お好み焼き味のたい焼き」を食べに行ったら、お店が愛される理由がわかった / 八王子『ミュクレバーコア』

たい焼きを食べるとしたら、基本的には「クリーム」か「餡子」の2択しかないはずである。生まれついてクリームが好きな私(佐藤)の場合は必ずクリームを選ぶことになる訳だが、東京・八王子の創業50年の老舗クレープ店「ミュクレバーコア」には、クリーム・餡子以外に第3の選択肢があった。

それは「お好み焼きたい焼き」だ!

たい焼きでありながらお好み焼きでもあるってことなのか!? よくわからないから実際に食べてみたぞ!

続きを全部読む

サーティワンの新コンセプト店「グレンデール」でクレープを食べてみた / あるいは自分の「舌の感度」について

正直に申し上げる。私(佐藤)の味覚は頼りないところがある。味は濃いほど美味いと思っているくらいだから、微妙な味の機微を感じ取ることができないらしい。自分では敏感な舌を持っているつもりなんだけど、現実はそうではないらしいのだ……。

それはさておき! アイスクリームの「サーティワン」が都内に新コンセプトのお店を出していた。麻布店を改装して『グレンデール』として営業しているのである。ここには特別メニューの「グレンデールクレープ」があるそうなので、食べに行ってみたぞ!

続きを全部読む

【波乱】商品名からしてヤバそうな「納豆ごはんクレープ」を食べたら納豆の新たな可能性を発見した

世の中には、ありとあらゆる食べ物の組み合わせがある。「それ絶対ウマいやつやん!」となるものから、思わず「えぇ……」と閉口してしまうものまで、それこそ組み合わせは無限大。

今回は、京都の繁華街で発見した「納豆ごはんクレープ」なるグルメを紹介しよう。ブッ飛んだ商品名だけ聞くとズバリまずそうだが、実際どうなのか食べてみた!

続きを全部読む

35.005963135.768232

つけ麺屋なのにクレープ店を併設する『小麦と肉 桃の木』は、なぜクレープを売るようになったのか? その理由

どんな業種であれ、長くお店を続けていくのは大変なことだ。とくに飲食店となると、5年10年と看板を守り続けていくのには覚悟と努力を要する。東京・新宿御苑の『小麦と肉 桃の木』は2017年に惜しまれながら閉店した。

2019年2月、同じ場所に同じ名前で復活を遂げ、さらにクレープのお店を併設するに至っている。一体なぜ、つけ麺屋なのにクレープを売るようになったのか。そのいきさつを店主に尋ねた。

続きを全部読む

35.690546139.711751

【爆釣】今、原宿で流行っているという「フィッシングベスト」を着て竹下通りに突撃してみた!

流行とは、常に中高年にとってナゾなものである。最近、若者ファッションの発信地「原宿」では、かなり意外なモノが流行っているという。それは「フィッシングベスト」である。なぜそんなものが!? そういえば、ダンロップのバリバリスニーカーの価値も見直されているというから、オッサンの私(佐藤)にはまったく理解できない。

とにかくフィッシングベストが流行の兆しを見せているそうなので、さっそく購入して竹下通りに突撃じゃいッ!!

続きを全部読む

【クレープ界の二郎】生クリームを盛りに盛った『クレープゴリラ』の破壊力がマジでパネェ! 中でも「キングゴリラギドラ」がヤバい!!

無謀と思えることにこそ挑戦したくなる。人間のサガなのか動物的本能なのか……とにかく山があれば登ってみたくなるというものだ。ラーメン二郎をはじめとする爆盛り系、他にも早食いやコッテリ系など、一定の人気があるのは同じような理由ではなかろうか。

さて、ここ最近、SNS上で生クリームをモリモリ盛った『クレープゴリラ』のクレープが信じられない形状をしていると噂になっている。実際に行ってみたら、中でも「キングゴリラギドラ」の破壊力といったら筆舌に尽くしがたいものがあったため、この場を借りてお伝えしたい。

続きを全部読む

34.611928135.511477

【超インパクト】SNSで話題のインスタ映えスイーツ「生クリームパラダイス」を食べてみた! 北海道・パフェ&クレープ ハルハル

2017年の流行語大賞に選ばれた “インスタ映え”。そのブームは収まることを知らず、多くのインスタユーザーが日々インパクトのあるシチュエーションや商品を探し続けていると思われる。

“インスタ映え” するかどうかで商品の売れ行きが左右される今、まさにインパクト抜群の商品で人気に火がついた店がある。生クリーム&ソフトクリーム満載スイーツで話題の「パフェ&クレープ ハルハル」だ。

続きを全部読む

43.057917141.356416

【罰ゲーム動画】イケメンの顔面に「熱々クレープ」をのせたらこうなった

神に選ばれしイケてるメンズ、イケメンたち。イケメンたるもの、寝起きだろうと変顔だろうとイケメンだ。イケメンがどんな危機的状況に陥ろうと、イケメンはイケメンでしかない。簡単に言えば、イケメンは何をされてもイケメンなのだ。だがしかし……。

もし万が一、熱々のクレープを顔面にのせられたとしても、イケメンはイケメンでいられるのだろうか? というわけで今回は、当サイトNo.1イケメンの顔面に『熱々クレープ』をのせてみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【マジかよ】鹿児島県には「クレープの自動販売機」があるらしい → 西郷さんも買い占めそうな絶品スイーツと判明!

鹿児島グルメといえば、黒豚やさつま揚げ、芋焼酎などが有名である。いかにも屈強な九州男児が好みそうなラインナップと言えるだろう。そんな鹿児島県のド真ん中で発見したのが今回ご紹介する「クレープ自販機」だ。薩摩隼人が……クレープだと?

まさか鹿児島でお手軽にクレープが食べられるとは思っていなかったが、実はひそかに名物となっているらしい。というわけで、実際に購入して食べてみたぞ。

続きを全部読む

【激レア】全国3店舗のみ!「ロッテリア」と「雪見だいふく」の限定コラボスイーツを食べてきた

本日2016年12月1日、ハンバーガーでお馴染みの「ロッテリア」と、冬の名物アイス「雪見だいふく」のコラボスイーツが店舗限定で発売となった。販売店は銀座クリスタルビル店、神戸ハーバーランド店、小田急マルシェ玉川学園前店の3店舗のみだ。

コラボスイーツのメニューのラインナップは「チョコバナナクレープ雪見」と「いちごあずきクレープ雪見」の2種類だという。筆者はそのごく限られた店舗でしか食べられないスイーツを味わうために、都内のロッテリアへと足を運んだ。

続きを全部読む

【裏ワザ】鎌倉で大人気『コクリコ』のクレープを並ばないで食べる方法

連日多くの観光客で賑わう鎌倉の小町通りで、創業40年を超える老舗のクレープ店がある。その名を『コクリコ』といい、土日ともなると行列必至の人気店だ。地元の人にも愛されている名店で、名物・レモンシュガーの味に懐かしさを感じる人も多いだろう。

さて今回は、コクリコのクレープを並ばずに食べる簡単な方法を紹介したい。鎌倉に詳しい方ならご存知かと思うが、これからという方なら知っておいて損はないはず。さっそくご覧いただこう!

続きを全部読む

35.317809139.549536

日本でもはよ!「チョコケバブ」が海外でブレイク中 / クレープ生地に生クリーム&チョコたっぷりで超うまそう!!

回転させながら焼いた肉をナイフで削ぎとり、野菜と一緒にピタパンに挟んで食べる料理といえば「ケバブサンド」である。日本でも人気のこのケバブサンドだが、実はドイツの首都ベルリンで生まれた料理だということをご存知だろうか?

今、そのべルリンで発明された、回転するチョコを削ぎとってクレープ生地で巻く『チョコケバブ』が、ベルリンのみならず欧米各国でブレイクしつつあるという。今回は、いずれ日本にも上陸するかもしれないと話題のチョコケバブを動画と共にご紹介したい。

続きを全部読む

【検証】オッサン2人が原宿で「双子コーデ」に挑んだら激烈に可愛くなってビックリした!

東京・原宿を歩いていると、同じ格好をした女子を良く見かける。オッサンの私(佐藤)は良く知らなかったのだが、これを「双子コーデ」と呼ぶそうだ。仲良しで可愛らしく見える。最近、男子でも双子コーデをするらしい。やっぱり可愛らしく見えるのか?

よくわからないんだけど、オッサン2人でやっても、もしかしたら可愛らしく見えるのかも? ということで私(42歳)と中澤記者(34歳)で挑戦してみたところ……。おお! 何かいい感じになったやんけッ!!

続きを全部読む

【海外の萌え】パリで異彩を放つ日本発のクレープ店『プレンセス クレープ』に行ってみた / パない “萌え萌えパワー” が弾けるピンクな空間

フランス・パリでクレープ店を見つけるのは、渋谷で日サロを探すくらい簡単だ。……つまり、パリのどこに行ってもクレープの売店やカフェ(クレープリー)がある。メチャクチャある。

そんな数多いパリのクレープ店の中で、異次元の可愛さを誇る店があるという。パリ在住のフランス人によれば、「可愛いモノに目がない女性&海外のオタクたちからの熱視線を浴びまくっている」のだとか。噂を聞いた私(筆者)は、実際に行ってみたのでレポートしよう。

続きを全部読む

【期間限定】おそ松さんクレープを発売日に買いに行ってみた結果 → 大行列で整理券が配布される事態に

個性豊かな6つ子の日々を描くギャグアニメ「おそ松くん」。そのリメイクである、主役の6つ子が大人になったアニメ『おそ松さん』は、今期も相変わらず話題を呼んでいる。もはやリメイクの枠を超え、一人歩きを始めていると言っても過言ではないだろう。フチ子化も決定し、グッズ展開もますます勢いに乗るこの作品が打った次の一手はクレープ!

本日2016年1月22日、原宿のキャラクタークレープ専門店「キャラクレ!」がおそ松さんとのコラボクレープを発売した。これはおそ松さんファンとしては見逃せない! カラ松推しであるメグ記者と共に買いに行ってきたぞ。しかし、混むことは想定していたが、クレープを買うために整理券の行列に並ぶことになろうとは……。

続きを全部読む

新橋の謎の店「おっさんクレープ」に潜入してみた / 中に入っている「サクサクした何か」ってなんやーーッ!?

9月のある晴れた日。新橋を歩いていると、高架下で謎の貼り紙を発見した。その紙にはこう書かれていた『2015.9.29 OPEN あの「おっさんクレープ」が新橋初上陸』。おっさんクレープとは何だ? “あの”、“新橋初” ということは他の地域では有名な店なのか? “上陸” ということは、本州以外もしくは海外に本店があるのか? 私の頭は疑問符で一杯になった。

そもそも、“おっさん” と “クレープ” は対極のイメージを持っている。くたびれたおっさんと甘くふわふわしたクレープ。この二つが合わされば、どのような物が出来上がるのか……? ナゾだ、ナゾすぎる! 実際に行ってさらに驚愕、クレープの中には「サクサクした何か」が入ってるらしい。何かってなんやーーーッ!?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2