流行とは、常に中高年にとってナゾなものである。最近、若者ファッションの発信地「原宿」では、かなり意外なモノが流行っているという。それは「フィッシングベスト」である。なぜそんなものが!? そういえば、ダンロップのバリバリスニーカーの価値も見直されているというから、オッサンの私(佐藤)にはまったく理解できない。

とにかくフィッシングベストが流行の兆しを見せているそうなので、さっそく購入して竹下通りに突撃じゃいッ!!

・歌舞伎町に上州屋

まず私が向かったのは釣り具専門店の上州屋だ。実は新宿・歌舞伎町のド真ん中に店舗がある。そのこと自体も驚きに値するのだが……。


流行っているというから、フィッシングベストだけで何パターンも揃っているのかと思ったらそうでもなく、ラック3本分に似たようなデザインのものが色違いで並んでいるのみ。ちなみに価格はおおむね3000~4000円。意外と安いな。


・購入した品々

私が購入したのは、「Gett」というメーカーのメッシュベスト(2480円税別)。フロント部分に10カ所もポケットがあり、背中部分は丸ごとポケットになっている優れものだ。


これだけでは心もとないので、ティアドロップのサングラス(3980円税別)。


そして釣り用品のトップメーカー「SHIMANO」のキャップ(1760円税別)である。


・完ぺきすぎるコーディ―ネート

コーディネートとしては完ぺきだ。いつ「船を出す」と言われても恥ずかしくない組み合わせ。着用してみると、実に自然である!



自分でいうのも何だが、めちゃくちゃ大物を釣りそうな佇まい。



原宿の若い皆さんには大変申し訳ないのだが、私ほどフィッシングベストの似合う人間は、この日の原宿にはいないはずである。という訳で原宿行くでッ!!


・原宿で一番似合う

ほんとはボートで乗り込みたいところだったけど、残念ながら電車で行くのが一番手っ取り早いことがわかったので、仕方なく東京メトロ副都心線で明治神宮前・原宿へ。

竹下通りに向かう道すがら、喫煙所を発見してまずは一服。たばこを吸う姿も、ニクイほど様になる。


着いたで、原宿竹下通り~~ッ!!


流行りのフィッシングベスト着てるで~~~ッ!


今この瞬間、ここ竹下通りで一番フィッシングベストが似合うのは、このオレだーーーッ!!!!


・なぜ見向きもされない?

しかし残念ながら、似合いすぎてしまったせいか誰にも見向きもされていない気が……。


もしかしたら、ハマりすぎるのも問題なのか? ダッドシューズの時のようにダサカッコイイみたいな雰囲気が出てないのがダメなの? ファッションって難しい……。


・クレープ食うべ!

仕方がないので、クレープでも食うか。心なしかクレープ屋の店員さんが微笑んでいるように見える。これはもしや、私がフィッシングベストを完ぺきに着こなしているからなのか?


私史上、もっとも原宿にふさわしい格好で食べるクレープだ。人生ではじめて原宿に馴染んでいる気がするぞ。


やっぱ原宿で食うクレープは一番ウマいわ。ウハ、ウマ!


・1人しか見かけなかったんだが?

ちなみに原宿にいる間に、フィッシングベストを着ている若者は1人しか見かけなかった……。誰だよ、フィッシングベストが流行っているって言ったやつは……。


もしかして場違いだったのか? いや、そうじゃない。自分で似合うと思う格好をしているのが、最高のオシャレだ! 原宿に服を合わせるんじゃない。原宿が俺に合わせるんだッ!!

参考リンク:Twitter @fashionsnap
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24