「たこ焼き」にまつわる記事

最近のコンビニってスゴいよ…セブンと銀だこの「冷凍たこ焼き」を食べ比べたら思わぬ結果に

たこ焼きといえば、大阪はもちろんのこと日本全国を見渡しても身近な存在だ。季節を問わずに食べられるし、一口でパクリとイケるのもよい。当然ながら冷凍食品も販売されており、クオリティーも高いときたらそりゃ距離も近くなるってものだ。

たこ焼き界の中でも圧倒的な人気を誇るのが「築地銀だこ」だが、同社の冷凍たこ焼きは他社のものと比べてどれくらい味に差があるのだろうか。もしかしたら、もしかしなくても、冷凍食品ならそこまで変わらないんじゃないの? ってことで、セブンイレブンの冷凍たこ焼きと食べ比べてみることにした。ちなみに、なぜこの2つを比べようとしたのかというと……

続きを全部読む

【激安】たこ焼き1舟88円! 10年に一度レベルの「銀だこ祭り」開催が決まるも、条件がエグくて鬼混みの予感…!! 8月8日限定

8月8日は年に一度の「銀だこの日」である。しかし、去年の「銀だこの日」は何やらいつもと様子が違った。通常540円(税込)の『たこ焼 ソース 8個入り』が、なんと88円(税込)で販売されたのである! そう、ちょっと衝撃的なくらい安い。

2018年8月8日という8が並ぶ記念すべき日。だからこそあの日は、年に一度ならぬ10年に一度の大イベントだったわけだ。ところが……。その大イベントがなぜか、今年も開催されることになった。喜べ諸君! 令和最初の「銀だこの日」は、たこ焼1舟88円だァァァァアアアア!!

続きを全部読む

宮迫さんのたこ焼き居酒屋『みやたこです』のウマいたこ焼きランキングベスト10! 一位は定番のアレ!!

誰でも時々、ムショーに “何か” を食べたくなる時があるはずだ。それは、カップラーメンかもしれない。カレーかもしれない。私(佐藤)はその時、ムショーにたこ焼きを食べたい衝動に駆られてしまった。

その日、たまたま東京・五反田の駅にいた私は、その欲求を満たすために駅の銀だこに行こうとしたのだが、移転している事実に遭遇。どうしよう! 今すぐたこ焼きを食べたい!! もはや一瞬の猶予もない。

ハッ! そうだ、五反田にはあのお店がある。そう、宮迫博之さんのたこ焼き居酒屋「みやたこです」があることを思い出した!!

続きを全部読む

【全国に1店舗のみ】「銀だこ」研修センター店に行ってみた結果! ドリンク全品200円だが「串カツ田中」に勝てるのか?

大阪人は認めていないらしい「築地銀だこ」のたこ焼き。でもバリバリ東の人間である私(あひるねこ)からすると、いやいや、銀だこ最強っしょ! と思うのだがどうだろう? 最近暑くなってきたことだし、銀だこをつまみに ぐいっと一杯やりたいところでありんす。

そんな酒飲みかつ、銀だこ大好きピーポーにぜひお教えしたい穴場が「大衆酒場市ヶ谷研修センター店」だ。「串カツ田中」の研修センターについて前回お伝えしたばかりだが、実は銀だこにも同様の店舗が存在するのである。こちらもドリンクが安いらしいですぜ、さっそく行きましょう旦那ァァァ!

続きを全部読む

レンチンするだけでふわトロな「たこ焼き」が完成! テーブルマークの商品が優秀だけど公式がぶっ飛んでた

冷凍食品コーナーを頻繁に観察していると、商品が目まぐるしく変化していることに気づく。どの商品を出すのかは店舗によるだろうが、なんというか「意図」を感じるのだ。定番ものに季節ものなど、そこは店長の腕が試される場と言ってもいい。

……と勝手にお店の裏側を推測してみたが、数ある冷食の中で不動の位置を確保しているのが「たこ焼き」だ。大阪の定番という枠だけにとどまらず、人気はもはや全国区。確かにちょっとお腹が空いたときにちょうどいいし、おやつにもなる。言ってみれば食卓の万能プレイヤーだが、そういえば冷食のたこ焼きってどうなのだろう。

続きを全部読む

【検証】ローソンの「たこ焼きおにぎり」を大阪人に食べてもらった結果…

大阪人のソウルフードといえば、ご存じ「たこ焼き」だ。アツアツのたこ焼きは文句なしに激ウマ! 大阪人ならずとも、近所にたこ焼き屋さんがあるならば「毎日食べたい!」という人も多いのではなかろうか。

そのたこ焼きをおにぎりにねじ込みやがった……ローソンが。以前の記事で100円ローソンが「たこ焼きおにぎりを発売している」とご紹介したが、ついに “本丸” のローソンまで……! ローソンめ、完全に狙ってやがる。

続きを全部読む

【炭水化物+炭水化物】築地銀だこの定食「銀だこごはん」が素人には難易度高すぎな件

「築地銀だこ」はいうまでもなく、たこ焼きチェーンである。たこ焼きの種類が豊富で、関西圏以外でたこ焼きを身近な存在にするのに、大きく貢献していると言って良いだろう。

さて、そんな銀だこには、呑みの需要を狙った「銀だこハイボール酒場」があり、そこではたこ焼き以外のメニューが充実している。昼時にはランチ営業も行っており、たこ焼きとご飯を組み合わせた定食「銀だこごはん」なんてものまである。しかし、たこ焼き素人にとって、その銀だこごはんの難易度はあまりにも高すぎる……。

続きを全部読む

これが「たこ焼き」だと!? 銀だごが『ピザポテト味たこ焼』を期間限定で発売開始したので食べてみた → 摩訶不思議な食感だが相性は悪くない!

食品系のコラボ商品は今まで数多くリリースされているが、なかには意外な組み合わせのコラボ商品もある。例えば、最近話題になったサワークリーム&オニオン味を再現したカップ焼きそばもその1つだろう。

そして2018年10月18日に銀だこから発売開始された『ピザポテト味たこ焼』も、意外な組み合わせのコラボと言えるのではないだろうか。たこ焼きは分かるが、ピザポテト味って……!? 気になったので、食べてみることにした。

続きを全部読む

このたこ焼きがシュークリームって信じられますか

広島県福山市といえば、ばら公園や福山城はもちろん、ジブリ映画『崖の上のポニョ』の舞台と噂される鞆の浦(とものうら)や、西日本最大の大道芸フェスティバル「ふくやま大道芸」なんかが有名だ。そして……今回ご紹介する「たこ焼き」の誕生地としても知られている!

JR福山駅の駅ビルで偶然発見した、たこ焼き。なんとな~く存在は知っていたが、コレって福山市の名物だったのかッ! ということで購入。さっそく食べてみたら想像以上に裏切られた。もう見事に裏切られたのである。どういうことなのかと言うと……

続きを全部読む

【85%オフ】10年に1度の一大イベント「銀だこの日」開催! たこ焼き580円 → 88円に!!

今年、10年に一度の最高な日がやってくることをご存知だろうか。なんと!! 2018年8月8日は、銀だこのたこ焼きが88円で楽しめる「銀だこの日」なのだ!! たこ焼き(8個入り)の通常価格が580円なので、およそ85%オフの値段で至福の時を味わうことができるのだから利用しない手はないだろう。

夏の暑い日に、熱々のたこ焼きを頬張るのもまたおつ。キンキンのビールと一緒に楽しむのも最高過ぎる。さあみんな、銀だこに急ごう!!!!

続きを全部読む

提供:キリンビール

【検証】食材の量を300%増しにしたら満足度も300%アップするの? 5つの食べ物で試してみた結果

食に喜びを感じる。幸せなことだ。でも、アタイもっと幸せになりたいのよ。どうすればいい? と悩んでいると、あの『キリン 氷結®』から新商品が出るとの情報をゲットした。その名もキリン 氷結® 300%レモン(期間限定)

『氷結® シチリア産レモン』と比較して3倍の「氷結® ストレート果汁」を使用し、果汁感と酸味を際立たせたという夏の氷結® だ。なるほど、300%か……。その時、私(あひるねこ)に一筋の光明が差す。

そうだ! 食材の量を300%アップしたら、300%幸せになるのでは!? これは試す価値ありだろ!! というわけで、さっそくやってみた。

続きを全部読む

【止まらねえ】ローソンストア100、ついに「たこ焼き」と「お好み焼き」をおにぎりにしてしまう / 男気溢れる炭水化物モンスター爆誕ッ!

ローソンなのにほぼ100均! でお馴染み「ローソンストア100」。店舗数はそこまで多くはないものの、食品の多くが100円で買えるのは本当にありがたい。

さて、ローソンストア100といえば、飾り気を一切無視した雑すぎるおにぎりが有名だ。新作が登場するたびにネットがザワつくパワーアイテムである。そこへ今回、新たに2つの仲間が加わったのでお伝えしよう。気になるその中身だが……100円ローソンさん、相変わらず狂っております。

続きを全部読む

【ファ!?】「ペヤングやきそば たこやき風」と「ペヤングソースやきそば」を食べ比べてみた結果

日本が誇るカップ焼きそば界のスーパーエースといえば、ご存じ「ペヤングソースやきそば」だ。「U.F.O.」も「一平ちゃん」も「やきそば弁当」もウマいがペヤングだけは譲れない……そんなペヤンガーたちも多いことだろう。

そんなペヤングはここ数年「ソースやきそば」だけではなく「にんにくMAX」「ペヨング」「ピーヤング」とぶっ飛んだ商品を続々と世に送り出しているが、2018年2月末から発売となったのが『ペヤングやきそば たこやき風』である。ムムム、あまりいい予感がしない──。

続きを全部読む

【本日2/28から】おーい、銀だこが「大創業祭」をやってるぞーッ! 3日間限定で通常550円のたこ焼きが○○円だァァァァアアア!!

みんな聞いてくれーーー! 今日からだぞーーーーー!! 何がってそんなの決まってるだろ。銀だこの「大創業祭」が今日から始まったんだよ! 創業21周年を記念して、過去最大級の祭りが開催されてるんだよォォォォオオオオ!!

そう、築地銀だこが本日2018年2月28日から「大創業祭」を開催中だ。その第1弾として、通常550円(税込)の『たこ焼き ソース(8個入り)』が、なんと創業価格の○○円で販売されているのである。マジかよ! 550円のたこ焼きが○○円って、それマジかよ~!!

続きを全部読む

【デカ盛り】総重量1キロで1000円だと!? 激コスパのローストビーフ丼を出す「たこ焼き屋」が発見される / 東京・都立家政『もんもん』

これまでに数々のローストビーフ丼を紹介してきた我々ロケットニュース24。やはりそれらは、肉バルと呼ばれるようなお店で提供されることが多かった。しかし、今回私(あひるねこ)が訪ねたのは、どういうわけか たこ焼き屋である。え? たこ焼き屋にローストビーフ丼なんてあるの?

しかもそのローストビーフ丼、総重量が1キロ以上もあるのに、なんとお値段1000円だという! 何だそれは。やけに安くないか? 安すぎて若干不安ではあるものの、その激コスパなデカ盛りローストビーフ丼を食らうべく、噂のたこ焼き屋へと向かった。

続きを全部読む

銀だこの弁当屋「ギンダコキッチン」で弁当を買ったら、肝心のアレが入ってなかったでござる!

関西なら美味しいたこ焼き屋はたくさんあるが、関東ではある企業が1人勝ちしている。まさに独走態勢で店舗拡大を続ける「築地銀だこ」だ。そんな築地銀だこを展開する株式会社ホットランドは、2017年9月27日に東京・恵比寿にお弁当の販売も行う店舗「ギンダコキッチン」をオープンした。

銀だこの弁当? ということは、アレが弁当に入っているはず。期待して弁当を買ってみたのだが……。ない! アレが入ってないじゃないか!! 銀だこなのに……。

続きを全部読む

大阪人が「築地銀だこ」を認めない4つの理由

日本最大級のたこ焼きチェーン店、築地銀だこ。外はカリカリ、中はとろーり、思い出すだけでヨダレが出てきそうな、まさに絶品たこ焼きが楽しめる人気店である。特に関東在住の方ならば「たこ焼きを食べるなら銀だこ一択」という方も多いのではないだろうか?

だがしかし、つい先日のことである。たまたま銀だこの話題になったところ、大阪出身者が「銀だこねぇ(笑)」と、銀だこを全く認めてない様子だったのだ。……うん? 大阪の人ってたこ焼き好きちゃいますの? なんで銀だこを認めへんの?

続きを全部読む

【突撃取材】黒歴史トリオが話題の日清に「本当の黒歴史はタコヤキラーメンじゃないんですか?」と聞いたらこうだった

いま、日清の「黒歴史トリオ」が熱い。2017年6月、日清が「全く売れなかった3商品を再販します」と発表したところ、ネットを中心に大きな反響を呼んでいる。本来なら触れられたくない黒歴史を自らさらけ出すとは……さすが天下の日清さんとしか言いようがない。

──だがしかし、ネットの一部からはこんな声もチラホラ聞こえてくる……。「日清の本当の黒歴史は『タコヤキラーメン』なのではないか?」と。むむむ、遥か昔に発売された話題のラーメンであったが、確かに『タコヤキラーメン』という響きから漂う黒歴史臭はエゲツない。これは直接聞いてみるしかあるまい……日清さんに。

続きを全部読む

【衝撃】「銀だこ」は築地本店限定で『国産の天然真だこ』と『削りたてのかつお節』を使用している! しかもお値段そのまま!!

関西出身の人が何と言おうと「銀だこ」が大好きだ。銀だこを愛している。愛し狂っている。だからもっと……もっと銀だこキュンのこと教えてよーーーン! とクネクネしていたら、なんと東京・築地に銀だこ本店がオープンしたというニュースを耳にした。マジかよ、銀だこキュン。

そもそも本店が今さら完成するってどういうこと? など疑問はあるものの、何も聞かずに受け入れるのがガチ信者というもの。そこで実際に行ってみたところ、なんと本店でしかお目にかかれないという、超レアなサービスを発見してしまったのだからさあ大変!

続きを全部読む

超能力で味が変化するたこ焼き屋さん「パワーブレンドTANAKA」に行ってみた / 7年ぶり2回目

今から7年前のことだ。私(佐藤)は東京・南千住にあるたこ焼き屋さんを訪ねた。そのお店「パワーブレンドTANAKA」はとても変わったお店で、超能力で味を変えるたこ焼きを提供していた。何を言ってるかわからないと思う。私も何を説明しようとしているのか、自信がない。とにかくそういうお店があった。

取材から7年を経て、最近再び南千住を訪ねる機会があったので、お店に寄ってみることにした。住所地に赴いてみると……。おお! お店は健在。店主も元気そうだ。何だか安心した。そして再びパワーブレンドの “味の変わるたこ焼き” を食したのである。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3