「たこ焼き」にまつわる記事

【85%オフ】10年に1度の一大イベント「銀だこの日」開催! たこ焼き580円 → 88円に!!

今年、10年に一度の最高な日がやってくることをご存知だろうか。なんと!! 2018年8月8日は、銀だこのたこ焼きが88円で楽しめる「銀だこの日」なのだ!! たこ焼き(8個入り)の通常価格が580円なので、およそ85%オフの値段で至福の時を味わうことができるのだから利用しない手はないだろう。

夏の暑い日に、熱々のたこ焼きを頬張るのもまたおつ。キンキンのビールと一緒に楽しむのも最高過ぎる。さあみんな、銀だこに急ごう!!!!

続きを全部読む

提供:キリンビール

【検証】食材の量を300%増しにしたら満足度も300%アップするの? 5つの食べ物で試してみた結果

食に喜びを感じる。幸せなことだ。でも、アタイもっと幸せになりたいのよ。どうすればいい? と悩んでいると、あの『キリン 氷結®』から新商品が出るとの情報をゲットした。その名もキリン 氷結® 300%レモン(期間限定)

『氷結® シチリア産レモン』と比較して3倍の「氷結® ストレート果汁」を使用し、果汁感と酸味を際立たせたという夏の氷結® だ。なるほど、300%か……。その時、私(あひるねこ)に一筋の光明が差す。

そうだ! 食材の量を300%アップしたら、300%幸せになるのでは!? これは試す価値ありだろ!! というわけで、さっそくやってみた。

続きを全部読む

【止まらねえ】ローソンストア100、ついに「たこ焼き」と「お好み焼き」をおにぎりにしてしまう / 男気溢れる炭水化物モンスター爆誕ッ!

ローソンなのにほぼ100均! でお馴染み「ローソンストア100」。店舗数はそこまで多くはないものの、食品の多くが100円で買えるのは本当にありがたい。

さて、ローソンストア100といえば、飾り気を一切無視した雑すぎるおにぎりが有名だ。新作が登場するたびにネットがザワつくパワーアイテムである。そこへ今回、新たに2つの仲間が加わったのでお伝えしよう。気になるその中身だが……100円ローソンさん、相変わらず狂っております。

続きを全部読む

【ファ!?】「ペヤングやきそば たこやき風」と「ペヤングソースやきそば」を食べ比べてみた結果

日本が誇るカップ焼きそば界のスーパーエースといえば、ご存じ「ペヤングソースやきそば」だ。「U.F.O.」も「一平ちゃん」も「やきそば弁当」もウマいがペヤングだけは譲れない……そんなペヤンガーたちも多いことだろう。

そんなペヤングはここ数年「ソースやきそば」だけではなく「にんにくMAX」「ペヨング」「ピーヤング」とぶっ飛んだ商品を続々と世に送り出しているが、2018年2月末から発売となったのが『ペヤングやきそば たこやき風』である。ムムム、あまりいい予感がしない──。

続きを全部読む

【本日2/28から】おーい、銀だこが「大創業祭」をやってるぞーッ! 3日間限定で通常550円のたこ焼きが○○円だァァァァアアア!!

みんな聞いてくれーーー! 今日からだぞーーーーー!! 何がってそんなの決まってるだろ。銀だこの「大創業祭」が今日から始まったんだよ! 創業21周年を記念して、過去最大級の祭りが開催されてるんだよォォォォオオオオ!!

そう、築地銀だこが本日2018年2月28日から「大創業祭」を開催中だ。その第1弾として、通常550円(税込)の『たこ焼き ソース(8個入り)』が、なんと創業価格の○○円で販売されているのである。マジかよ! 550円のたこ焼きが○○円って、それマジかよ~!!

続きを全部読む

【デカ盛り】総重量1キロで1000円だと!? 激コスパのローストビーフ丼を出す「たこ焼き屋」が発見される / 東京・都立家政『もんもん』

これまでに数々のローストビーフ丼を紹介してきた我々ロケットニュース24。やはりそれらは、肉バルと呼ばれるようなお店で提供されることが多かった。しかし、今回私(あひるねこ)が訪ねたのは、どういうわけか たこ焼き屋である。え? たこ焼き屋にローストビーフ丼なんてあるの?

しかもそのローストビーフ丼、総重量が1キロ以上もあるのに、なんとお値段1000円だという! 何だそれは。やけに安くないか? 安すぎて若干不安ではあるものの、その激コスパなデカ盛りローストビーフ丼を食らうべく、噂のたこ焼き屋へと向かった。

続きを全部読む

銀だこの弁当屋「ギンダコキッチン」で弁当を買ったら、肝心のアレが入ってなかったでござる!

関西なら美味しいたこ焼き屋はたくさんあるが、関東ではある企業が1人勝ちしている。まさに独走態勢で店舗拡大を続ける「築地銀だこ」だ。そんな築地銀だこを展開する株式会社ホットランドは、2017年9月27日に東京・恵比寿にお弁当の販売も行う店舗「ギンダコキッチン」をオープンした。

銀だこの弁当? ということは、アレが弁当に入っているはず。期待して弁当を買ってみたのだが……。ない! アレが入ってないじゃないか!! 銀だこなのに……。

続きを全部読む

大阪人が「築地銀だこ」を認めない4つの理由

日本最大級のたこ焼きチェーン店、築地銀だこ。外はカリカリ、中はとろーり、思い出すだけでヨダレが出てきそうな、まさに絶品たこ焼きが楽しめる人気店である。特に関東在住の方ならば「たこ焼きを食べるなら銀だこ一択」という方も多いのではないだろうか?

だがしかし、つい先日のことである。たまたま銀だこの話題になったところ、大阪出身者が「銀だこねぇ(笑)」と、銀だこを全く認めてない様子だったのだ。……うん? 大阪の人ってたこ焼き好きちゃいますの? なんで銀だこを認めへんの?

続きを全部読む

【突撃取材】黒歴史トリオが話題の日清に「本当の黒歴史はタコヤキラーメンじゃないんですか?」と聞いたらこうだった

いま、日清の「黒歴史トリオ」が熱い。2017年6月、日清が「全く売れなかった3商品を再販します」と発表したところ、ネットを中心に大きな反響を呼んでいる。本来なら触れられたくない黒歴史を自らさらけ出すとは……さすが天下の日清さんとしか言いようがない。

──だがしかし、ネットの一部からはこんな声もチラホラ聞こえてくる……。「日清の本当の黒歴史は『タコヤキラーメン』なのではないか?」と。むむむ、遥か昔に発売された話題のラーメンであったが、確かに『タコヤキラーメン』という響きから漂う黒歴史臭はエゲツない。これは直接聞いてみるしかあるまい……日清さんに。

続きを全部読む

【衝撃】「銀だこ」は築地本店限定で『国産の天然真だこ』と『削りたてのかつお節』を使用している! しかもお値段そのまま!!

関西出身の人が何と言おうと「銀だこ」が大好きだ。銀だこを愛している。愛し狂っている。だからもっと……もっと銀だこキュンのこと教えてよーーーン! とクネクネしていたら、なんと東京・築地に銀だこ本店がオープンしたというニュースを耳にした。マジかよ、銀だこキュン。

そもそも本店が今さら完成するってどういうこと? など疑問はあるものの、何も聞かずに受け入れるのがガチ信者というもの。そこで実際に行ってみたところ、なんと本店でしかお目にかかれないという、超レアなサービスを発見してしまったのだからさあ大変!

続きを全部読む

超能力で味が変化するたこ焼き屋さん「パワーブレンドTANAKA」に行ってみた / 7年ぶり2回目

今から7年前のことだ。私(佐藤)は東京・南千住にあるたこ焼き屋さんを訪ねた。そのお店「パワーブレンドTANAKA」はとても変わったお店で、超能力で味を変えるたこ焼きを提供していた。何を言ってるかわからないと思う。私も何を説明しようとしているのか、自信がない。とにかくそういうお店があった。

取材から7年を経て、最近再び南千住を訪ねる機会があったので、お店に寄ってみることにした。住所地に赴いてみると……。おお! お店は健在。店主も元気そうだ。何だか安心した。そして再びパワーブレンドの “味の変わるたこ焼き” を食したのである。

続きを全部読む

【関西限定】プリングルズ「たこ焼き味」がひれ伏すウマさ! マヨ感たっぷりで買いだめ不可避やで~!!

2016年12月13日、あのプリングルズから関西限定で「たこ焼き味」が出たでー。関西人には “とりあえず粉もん系で攻めておけばいい” と思いおって。言っておくが、関西人はたこ焼きに厳しいからね! ちょっと美味しいくらいの、生半可なたこ焼き味じゃ満足しないから!! 

まあ、記者は生粋の関西人ではないのだが、関西在住で自宅にたこ焼き器を持っており、なおかつ活用もしている。ソコソコのたこ焼き好きを自称しても良いだろう。そんな記者の舌を満足させることができるか、プリングルズよ。さあ、かかって来ーい! 

続きを全部読む

1000円でタコス食べ放題! 東京・渋谷「TEXMEX FACTORY」のランチがかなりいい感じ!! これぞ新時代のタコパやでッ!

これまで、本サイトでは数々の「食べ放題」について紹介してきた。そのなかで私(佐藤)は様々な店舗を訪ねたのだが、経験上、食べ放題がお得と感じる金額の指標は、“1000円” だ。もちろん、内容にもよるのだが、わかりやすい目安としては、1000円ではないかと思う。

その1000円で、『タコス食べ放題』だったら……皆さんはどう思うだろうか? 「そんなにお得か?」と思うかもしれない。私もそう思っていた。大したことないだろうと思いつつ、お店を訪ねたところ……意外にもええやん! 割とアリやん!! となった。タコスって結構楽しめる! これはもう新時代のタコパ(タコスパーティ)だ!!

続きを全部読む

英会話力ゼロなのに、日本語を喋れない初対面のアメリカ人を『お好み焼き』に連れていったらこうなった

私(佐藤)の英語力・英会話力は非常に乏しい。中学生レベルの英単語を知っている程度で、語学学習をこれまでして来なかった。そのおかげで、2011年発売の「iPhone4s」の音声アシスタントSiriに英語がまったく通じなかった。いまでこそSiriは日本語対応しているものの、5年前は英語でなければ反応しなかったのだ。

そんな私に会いたいという人が、海の向こうからやってきた。ハワイ在住のアメリカ人男性が、Twitterで連絡を取ってきたのである。彼は2016年10月末から11月頭まで日本に滞在するとのことだった。さて、どうしたものか……。私も会いたいのだが、英語で会話できない。どうしよう……。

続きを全部読む

【朗報】「串カツ田中」でたこ焼き食べ放題やっとるでーーッ! 飲み放題付きで2780円 / セルフ焼きスタイルだから関西人を連れていくべし!!

「たこ焼き食べ放題」という言葉の魅力は異常である。なんや知らんけど、ウキウキしてくるやないかい。こういうのは普通、「銀だこ」みたいなたこ焼き屋でやってるものでは? と思いきや、ちょっと変わったお店で激アツな食べ放題をやっているのを発見してしまった。

そのお店とは「串カツ田中」。東京を中心に全国展開する串カツチェーンだ。最近よく見かける気がする。にしても、串カツ屋でたこ焼き食べ放題だと? その発想はなかったぞ。しかも飲み放題付きとのこと。こいつはえらいこっちゃ! てことで、編集部メンバーでタコパしてきたで~。

続きを全部読む

「銀だこ」には裏メニューが存在した!? 未知なる『カリッとしてないたこ焼き』を食べてみた!

大人気たこ焼きチェーン「築地銀だこ」。先日、銀だこ食べ放題の店舗を紹介したところ、非常に大きな反響があった。んもうっ、あんたも銀だこ好きね~。外はカリッ、中はトロッのたこ焼きは唯一無二。多くの人に愛されているのだ。

そんな銀だこに裏メニューが存在することを、あなたは知っているだろうか? その裏メニューを頼むと、なんと『カリッとしていないたこ焼き』を食べることが出来るという。なんだそのアイデンティティ消失たこ焼きは。本当にウマいのか? というわけで実際に食べてみたぞ。

続きを全部読む

「銀だこ」食べ放題の店舗があるらしいので行ってきた! 60分食べ飲み放題で2000円!! 都内で実施しているのは1軒だけだぞッ!

関東発のたこ焼きチェーン「築地銀だこ」。自宅の最寄りの店舗前を通ると、いつも人が並んでいる気がする。やっぱりみんな銀だこが大好きなのだ。でもちょっと聞きたい。あなたは銀だこを、もういらない! と思うくらいたくさん食べたことがあるだろうか?

私(あひるねこ)はない。なぜなら銀だこって意外と高いからだ。本当はもっと食べたいさ。でもな~、と常々思っていたのだが、なんと銀だこ食べ放題を実施している店舗があるというのだ。マジかよ! さらにお酒も飲み放題らしい。こりゃ行くしかねーだろ!!

続きを全部読む

たこ焼き6個で210円! 座って食べられる東京・野方「ほんま門」がちょい飲み天国すぎた!! これぞたこ焼きのあるべき姿だ

店先からただよう香ばしいソースの匂い。通行人を誘う危険なスメルだ。ホンマたこ焼きは最高やで! ただなぁ、たこ焼きは安くてウマないとアカン。関東の有名な店あるやんか? あんなん邪道やで。8個で500円以上するとかありえへん。怒るでしかし!

大阪に縁もゆかりもないが、たぶんこんな感じだろう。いやしかし、たこ焼きってウマいけどちょっと高いよな。本来はもっと気軽に食べられるべきだと思うのだけど。と思っていたら、なんと6個で210円という素敵なお店を発見したぞ。しかもここ、「ちょい飲み」にも最高だったのだ!

続きを全部読む

【限定】こう見えてケーキなんやで! 『パブロ』の「チーズタルトたこ焼き」が見た目も中身もイケててビビった!!

全国のチーズケーキ好きよ注目せよ! 絶妙なふわとろ加減で大人気、あのチーズタルト専門店パブロ(PABLO)が、数量限定で遊び心満載の商品を売り出し中だぞ!! その名も “焼きたてミニチーズタルト たこ焼き” ──。

そう、なんと “たこ焼き” 型のタルトなのだ。実際に食べてみたところ、どこからどう見てもたこ焼き。青のりやかつお節っぽいものまで振りかけられていて、超本格的だった。さすがパブロ、やりおる……! 気になる詳細は以下の通りだ。とくとご覧あれ!! 

続きを全部読む

【2016年福袋特集】なぜか入手困難な『銀だこ』の福袋(3000円)の中身がこれだ!

大阪にはたこ焼き屋さんがゴロゴロあるという。ではその他の地域でたこ焼きが食べたくなった場合、どうするか? 『築地銀だこ』(以下、銀だこ)に行けばいいのだ! いつも美味しいたこ焼きをありがとうございます。

ということで今回は、『銀だこ』の福袋(3000円)の中身をご紹介……しちゃいたいが、その前に一言。気のせいか、東京ではこの3000円の福袋が “入手困難” なのだとか……?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3