「スポーツ」カテゴリーの記事

【競馬予想】逃げ馬不在で今年もスロー! 大混戦のジャパンカップ、最も「旨味」のある馬はコイツだっ!!

神仏を頼まず。かの宮本武蔵の至言である。そう、人生は自分の力で切り拓いていかなければならない。

先週の競馬予想ではランダム予想マシン・マンバくんに運命を託した筆者だが、馬券は不発。ここは初心に立ち返り、自力で予想していくことにしましょう。

今週狙うのは、G1・ジャパンカップ。絶対的な馬不在で混戦ムードのJCを斬ります──。

続きを全部読む

【意味不明】読売ジャイアンツさん、選手の女装姿を全世界に配信する / 妙に可愛いのだが! どの選手かわかる人いる? 

2019年11月17日、野球の国際大会『プレミア12』を制し、一段落した感がある日本野球界。今年も多くの感動をありがとう! 早くも来シーズンが待ち遠しい!!

……なんて思っていたところ、読売ジャイアンツの公式Instagramが突如、7名の美女写真を公開した。思わず「誰やねん。野球関係ないやん、何がしたいん?」とツッコミたくなるが、関係ないどころではなかった。彼女、いや彼らは巨人軍の選手。公式が選手の女装写真を公開したのだ。ちょっと何なん? ジャイアンツさん、何がしたいんや!?

続きを全部読む

【名言連発】動画「イチロー人生すごろく」が時間泥棒でデンジャラス

2019年3月、惜しまれつつも現役引退を発表したイチローさん(46歳)。かねてから公言していた「50歳まで現役」の目標には惜しくも届かなかったが、記録にも記憶にも残る伝説的プレイヤーであることは間違いなく、今なお注目度は高い。

11月、そのイチローさんがブランドパートナーを務めるSMBC日興証券株式会社が『人生100年 イチロー人生すごろく』なる動画を公開した。飛び切りの変わり者(?)としても知られるイチローさんだが、その片鱗が見え隠れする内容となっている。

続きを全部読む

【競馬】シンクロ予想マシン・マンバくんが久々の復活! 人とマシンが力を合わせて当たり馬券ゲットを目指します / G1・マイルチャンピオンシップ

競馬ファンの皆さん、馬券、当たってますか? 私は恐るべきペースで外れ馬券を積み上げております。今年も残りわずか、そろそろ巻き返さないとマズイと思い始めている今日この頃でございます。

そこで今週の競馬予想は強力な助っ人を用意。ランダムに好走馬を導き出すシンクロ予想マシン・マンバくんが久々に復活! 理論無視のシンクロ予想とガチ予想を組み合わせて、当たり馬券ゲットを目指します!!

続きを全部読む

結果あり【競馬予想】秋の女王はクロノジェネシスで決まり! 今年のエリザベス女王杯で買うべきは「3歳馬」&「先行馬」

女心と秋の空。牝馬のレースって難しいんですよね……。

今週末の注目レースは秋の最強牝馬決定戦・エリザベス女王杯。フルゲート18頭立てと今年も予想が難しそうだが、筆者の狙いは「3歳馬」&「先行馬」。2つのポイントから買い目を絞っていきます!

続きを全部読む

この台湾野球のチアガールから目が離せないィィッ! 中信兄弟「チュンチュン(峮峮)」が反則レベルの可愛さ / 見れば100人中3億人は納得する魅力

アジアで野球が盛んなのは? もちろん日本、韓国、そして忘れちゃいけない台湾! 一時人気が低迷していた台湾プロ野球も復活の兆しが見えてきたと言われている。2019年にはリーグのチーム数も増え、新球団にムネリンこと川崎宗則選手が合流して話題にもなった。

さて、そんな台湾野球を陰に陽なたに支えているのが、啦啦隊(ララドゥイ)と呼ばれるチアチームだ! スタンドで応援ダンスを踊る姿はマジ天使。なかでも最も注目されているひとりが……この人だ!

続きを全部読む

ラグビーやろうぜ! W杯で興味を持った子どもたちは「ラグナビ」で簡単にスクール情報が探せるよ

感動をありがとう! およそ1カ月に渡って行われたラグビーW杯は、ご存じの通り南アフリカの優勝で幕を閉じた。今思えば開幕前に心配された盛り上がり不足もウソのよう。今年イチのテレビ視聴率を記録するわ、これまで関心のなかった人も興味を持つわで、日本全体が1つになった大会であった。

初の決勝トーナメント進出で歴史を塗り替え、4年後の大会へ新たな一歩を踏み出した日本ラグビー。おそらく今大会がキッカケで、ラグビーを始めようと思った子どもたちも多いことだろう。分かる……それも分かる! それほど日本代表の戦う姿はカッコよかった!!

続きを全部読む

【YouTuber】ダルビッシュ有が語る「日本時代すごいと思った3人の打者」の内容が濃ィィイイイ

プレイのみならず、歯に衣着せぬ発言や自身を貫く行動で、21世紀版「男の中の男」との呼び声も高いメジャーリーガーのダルビッシュ有。個人的にはブッチギリで「今すぐにでも転生したい男No.1」である。超絶イケメンだし。

それはさておき、そのダルビッシュ有が日本を離れて7年以上が経つが、このたび自身のYouTubeチャンネルにて『日本時代すごいと思った3人の打者』を公開した。果たして、球史に名を残すダルビッシュが認めた日本のバッターとは誰なのだろうか? 野球ファンは超必見だ。

続きを全部読む

結果あり【競馬予想】早熟? 晩成? 今週は「ブラッド予想」で京王杯2歳ステークス&アルゼンチン共和国杯のダブル的中を目指します

いやぁ強かったですねえ、アーモンドアイ……。天皇賞(秋)の興奮も冷めやらぬ競馬界だが、今週も京王杯2歳ステークス、アルゼンチン共和国杯など注目の重賞が続々と開催されます。

今さらながら、アーモンドアイは両親ともにG1馬(ロードカナロア&フサイチパンドラ)の超エリート血統。やっぱり強さって受け継がれるんです。というわけで今週のテーマは、ずばり血統。ブラッド予想でダブル的中を目指します!

続きを全部読む

【激アツ】新庄剛志さんがついにYouTuberデビュー! 日本シリーズや得意の守備について真面目に語っているぞ!

野球界が生んだ愛すべきスーパースター・新庄剛志さんがインスタグラムのアカウントを開設したと以前の記事で紹介した。現役時代と変わらず “宇宙人らしさ” 全開の投稿内容は、多くのファンが「え、本当に本人なの?」と疑ってしまうレベル。とにかく、ありのまま過ぎるのだ。

そして今度はYouTuberデビュー。もう完全にSNS版「新庄劇場」が幕を開けたと言っていいだろう。果たして一体どんな動画が投稿されていたのか? そして、新庄さんが記者に伝えた「SNSとは○○みたいなもんやね~」というメッセージが珍名言過ぎたので紹介したい。

続きを全部読む

ラグビー日本代表・田中史朗選手から聞いた「チームが結束した理由」に感動 → 気がついたら同僚を抱きしめていた

One for All、All for One。これはラグビーを表す表現として、しばしば使用される言葉である。1人はみんなのために、みんなは1つの目的のために──いよいよフィナーレを迎えようとしているW杯でも、気持ちの入った選手たちのプレーに涙した人は多いのではないだろうか。

特に史上初のベスト8に進んだ日本代表の結束力はスゴかった。前大会に続いて今大会も1つの目的のために一丸となり、世界をアッと言わせた活躍は記憶に新しい。今でも思い出すだけで泣けるが、なんとこの度フミさんこと田中史朗選手から話を聞ける機会に恵まれた。その結果、感動した記者(私)は同僚を抱きしめたのだった。

続きを全部読む

結果あり【競馬予想】豪華キャスト集結の天皇賞(秋)はアーモンドアイ or サートゥルナーリアどちらに乗るべき?「騎手」と「枠順」に注目すれば答えは見えてくる!

今年の天皇賞(秋)は超豪華版! 10頭のG1ホースが顔を揃えているだけでなく、最強牝馬・アーモンドアイと3歳世代のエース・サートゥルナーリアの初対決にも注目が集まりそうだ。

ともに甲乙つけがたいスーパーホースだが、勝つのはよほどのことがない限り1頭。はたして秋の盾を手にするのはどちらか、それとも伏兵が割って入るのか。本記事では2大巨頭を中心に予想をお届けするが、「騎手」と「枠順」に注目したら答えが見えてきた!

続きを全部読む

【ラグビーW杯】何度見ても泣ける! 日本代表の「華麗なスキル」ベスト5動画がこちら

こんなにもラグビーは面白いスポーツだったのか!! 現在、日本で開催されているラグビーW杯を見て、そう思った人は多いことだろう。世間の興味は視聴率にも現れており、産経新聞によると決勝トーナメントの南アフリカ戦(NHK)は平均41.6%を記録して今年放送された番組で1位となったそうだ。

果たして盛り上がるのか。大会前、不安だったラグビーに携わる人たちもさぞホッとしているだろうが、本当に大事なのはこれから。日本ラグビー界の未来のため、国全体で盛り上がった熱を一過性のものにしてはいけない。

そんなW杯も残り4試合。ベスト4が出揃っているが、決戦を前に「World Rugby」が何度見ても泣ける動画をYouTubeに公開していた。収録されているのは日本代表の「華麗なスキル」ベスト5。あんなプレーやこんなプレー、あなたはどれくらい覚えている?

続きを全部読む

【待ってた】新庄剛志さんがインスタグラムをこっそり開設! バリ島でのプライベート写真を公開しているゾォォオオオーッ!!

数々の伝説を残し “記録よりも記憶に残る選手” として、野球ファンを大いに賑わせたスーパースターといえば、もちろん新庄剛志さんだ。イチロー選手とともに日本人野手として初めてメジャーリーグに挑戦し、その後、日本ハムを44年ぶりの日本一に導いたのはご存知の通り。

現役を引退してからは、バリ島に移住して自由な生活を謳歌(おうか)している新庄さんだが、実は最近……インスタグラムのアカウントをこっそり開設していた。愛すべきスーパースターご本人から「記事にしてもよかばい」と博多弁で許可をいただいたのでバッチリ紹介するぞ!

続きを全部読む

ラグビー日本代表に感動した「にわかファン」は今後どうやってラグビーを応援していくべきなのか?

2019年10月20日の東京スタジアム。ラグビー日本代表は準々決勝で過去優勝2回の強豪、南アフリカ代表と対戦し3対26で敗れた。それでも史上初となるベスト8を達成したことは紛れもない事実であり、多くの人がその姿に勇気と感動をもらったことだろう。ラグビー日本代表のみなさん、本当にお疲れ様でした。

さて、私、P.K.サンジュンはアイルランド戦直後に娘のユニフォームを購入した典型的な “にわかファン” であるが、心の底からラグビーに感動し、どうにかしてラグビー日本代表を応援したいと考えている。果たして今回のW杯で感動した我々はどうやってラグビーを、そしてラグビー日本代表を応援していくべきなのだろうか?

続きを全部読む

【ラグビーW杯】もし決勝トーナメントで同点のまま前後半を終えたらどうなるの?

いよいよラグビーW杯の決勝トーナメントが始まる。2019年10月19日には「イングランド vs オーストラリア」「ニュージーランド vs アイルランド」、20日には「ウェールズ vs フランス」「日本 vs 南アフリカ」といずれも好カードが開催予定だ。

負けたら終わり。そんなことは今さら言うまでもないが、押さえておきたいのが「万が一」の展開……仮に同点で前後半を終えた場合である。プール戦では両者に勝ち点2が与えられたが、一発勝負の決勝トーナメントだとそうはいかない。一体、どうなるのかというと……

続きを全部読む

【ドラフト】ファンだけど不安。千葉ロッテは「佐々木朗希」投手を育てきれるのか?

2019年10月17日、年に1度の「プロ野球ドラフト会議」が行われた。今年の目玉は何と言っても163km右腕の岩手大船渡高校『佐々木朗希(ささき ろうき)』投手であった。4球団競合の末、交渉権を勝ち取ったのは千葉ロッテマリーンズ──。そう「王者は奢らず勝ち進む♪」の、あの千葉ロッテマリーンズである。

ドラフト会議を見守っていたロッテファン歴約25年の私、P.K.サンジュンは、井口監督が拳を突き上げるのと同時に拳を突き上げた。キタァァァアアアアッ! ……そう思ったのも束の間、今度はとんでもない不安が襲ってきた。我が千葉ロッテが佐々木くんを育て切れるのか? と──。

続きを全部読む

結果あり【競馬予想】クラシック最終戦・菊花賞は伸び盛りのサトノルークスに逆転の余地あり! 個性派メロディーレーンの応援馬券もお忘れなく

熱い戦いが繰り広げられた3歳クラシックロードも、いよいよフィナーレ。今週末の京都競馬場では「最後の1冠」菊花賞が行われる。

皐月賞馬&ダービー馬が不在のなか、主役候補に躍り出たヴェロックスに隙はあるのか。それを負かす伏兵の台頭は。今週もじっくり予想していきましょう。菊花賞といえば……最も強い馬が勝つ!

続きを全部読む

【感動】大正製薬が「ラグビー日本代表」のスポンサーを18年も続けてこられた理由

予選プールを破竹の4連勝で突破し、2019年10月20日(日曜日)にはベスト4をかけて強敵「南アフリカ」との一戦を迎えるラグビー日本代表。そのプレイに心を揺り動かされ、日本中がラグビーに熱狂している。ズバリ、流行語大賞待ったなしの状況だ。

とはいえ、これまでのラグビー日本代表の歴史は決して明るいものではなかった。むしろ、暗黒時代と呼んでも差し支えあるまい。そのラグビー日本代表を2001年から今日まで支え続けているのが、リポビタンDでお馴染みの『大正製薬』である。果たして大正製薬はどんなきっかけでラグビー日本代表のスポンサーになり、また継続してこられたのだろうか?

続きを全部読む

【ラグビーW杯】小さな爆速男は日本の脅威! 南アフリカ戦は170センチのトライゲッター「チェスリン・コルビ」を警戒せよ

ラグビーW杯が2019年9月20日に開幕してから、気がつけば1カ月が過ぎようとしている。多くのドラマを生んだプール戦が終了し、10月19日からはいよいよ “負けたら終わり” の決勝トーナメントが始まる。

史上初のベスト8に進んだ日本の次なる相手は、スプリングボクスこと南アフリカ。2015年のW杯で大金星を挙げたイメージが強いが、言うまでもなく優勝候補の一角。プール初戦こそニュージーランド(オールブラックス)に13−23で敗れたものの、そこから3戦3勝で2位通過してきた強敵だ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 46