「IT」カテゴリーの記事

カメラがなくても写真を撮ることができ、イメージを送信できる賢い『繊維』が米国で開発され、その研究結果が米国科学学術紙・ナノレターズ(Nano Letters)で紹介された。米国、マサチューセッツ工科大学研究チームはカメラのレンズがなくても光の波長を受け入れてイメージを送る『Multimaterial Fibers』の研究結果を発表した。

そもそもカメラはイメージを認識するためには機械のレンズに依存する。 そして、主にガラスで作られたレンズは光の波長を受け入れてイメージ化する。 だが、カメラはレンズが故障すれば写真を撮れなくなるという短所があった。 続きを全部読む

5月27日、人気ブログ『Gigazine』が「楽天、利用者のメールアドレスを含む個人情報を「1件10円」でダウンロード販売していることが判明」という記事を掲載しネット上で物議をかもしている。一体どういうことなのか。 続きを全部読む

ライブドアさんが主催のブロガーイベント「ブログごはん」にロケットニュース24も参加しました!有名なブロガーさんばかり最初は緊張しましたが、飲むにつれ徐々に溶け込むことができた気がします。既にいろいろなブロガーさんがその様子をレポートされておりますのでよろしければ下記をご覧ください。 続きを全部読む

この辞書ブログパーツ「ドラッガー」はなかなか面白いかもしれない。このブログパーツをブログに張ると、例えば記事中のワードをなぞる(ドラッグ)するだけでそのワードの意味が表示されるのだ。(上記写真はロケットニュース24の記事の中で『iPod』というワードをドラッグした際) もちろん「どのワードがよく検索されたのか」をランキング形式で提供をする機能もある。

人のブログを読んでいて意味がわからない単語をコピー、ググッて調べることは結構あるのだが、そんな手間が省かれる。これは結構便利だ。ただし、わからないワードが必ずしも表示されるとは限らないのでそこは注意だ。

メディア王とも呼ばれるルパート・マードック(ニューズコーポレーションの会長)が『現在のような無料のインターネット新聞の時代はすぐに消えるだろう』と展望した。

マードックは6日『正常に動作していないビジネスモデルを正すために、新聞が購読料を請求するかどうかについての重要な議論が必要』だとし、『オンライン新聞の有料化の時代を予告した』と、英紙のインターネット版が7日報じた 続きを全部読む

手のひらサイズの超小型(重量:190g)のプロジェクターとして発売され、衝撃的なデビューを飾ったエグゼモードのMPJ-30。当時3万円ほどで販売されていたが既に半額近く値を下げており超お手ごろ価格となっているのだ。25インチ程度の大きさで映し出されるので多少サイズ不満はあるかもしれないが、この便利さと価格であれば十分満足できるのではないだろうか。会議でプレゼンにも活用できるし、自宅で映画鑑賞だって可能かもしれない。(25インチ以上のテレビを持っている人はあまり意味ないかも) 続きを全部読む

混雑した下りエスカレーターをブロンド女性が駆け上がる動画がインターネット上で話題になっている。アメリカ人と思われるユーザーが4月1日にYouTubeにアップロードした動画は既に20万再生回数を超え、コメント数も250を超えた。YouTube – Escalator Girl

混雑した下りエスカレーターをブロンド女性が自分のペースで駆け上がっていく。下りとあってなかなか進むことができないが彼女はそれでも上っていく。周りの人びとは驚いた表情を見せ、携帯電話で写真を撮る人まであらわれる始末。一体彼女の目的は何なのか・・
YouTubeでは”エスカレーターガール”というニックネームで人気となっている。

侍ジャパンがイチローの2点タイムリーヒットでWBC優勝を決めた夜、民主党の小沢一郎代表が記者会見で「(名前が同じ)イチローのように頑張る」と発言。これを機に、ネット中では“イチローVS一郎”比較が大流行している。

続きを全部読む

WBC準決勝で日本がアメリカを9-4で下し日本中は一時お祭りムードとなったが既にネットでは明日の決勝の行方を予想するなど異様な盛り上がりを見せている。その中でも、韓国もしくは日本が負けたらどんな言い訳をするかを予想する掲示板(スレッド)がにわかに人気だ。 続きを全部読む

関心空間は、自分のこだわりあるモノや興味・関心事を「キーワード」として投稿することで、それに関連する他のキーワードと「つながり」を発生させ、周辺情報を入手したり、新たな関心事を発見できる今年で8年目を迎えた超老舗コミュニィティサイト。そんな関心空間で2005年から毎年この時期に、前年のベストキーワードを決める企画が『関心AWARDS』なのです。 続きを全部読む

株式会社ロケットスタート代表、“けんすう” (本名:古川健介)さんが運営するポエム・詩の投稿サイト「ポイミ!」になんと詩の朗読機能が加わった。面白法人カヤックが運営する声を投稿できるコミュニティサイト「こえ部」との連携により実現した。仕組みはこんな感じである。

続きを全部読む

大人になると、どんどん褒められる機会が減る。子供の頃に沢山褒められた人は社会性のある子になると言うが、大人だって褒められたら成長するものだ。「今日は頑張ったんだから誰か褒めてくれてもいいんじゃないか…」そう思ったら、『ホメラー』で頑張った成果を報告することをオススメしたい。 続きを全部読む

価格が0円になったり、日本の販売不振が海外で議論されたりととても話題の尽きないiPhoneですが遠く海外ではiPhoneのデザインでかたどったコーヒーテーブルが人気のようです。ダンボールを何枚も重ねて接着剤で固められ作られておりその完成度には脱帽です。

続きを全部読む

2月26日、株式会社はてなはユーザーがブックマークしたエントリー(記事)によるニュースサイト『はてなブックマークニュース』をリリースしました。「はてなブックマーク」で集められてエントリーを編集しニュース配信するものですがそもそもWeb2.0を主力に業界をリードしてきたはてながなぜ今ニュースサイトを始めるのかその背景と狙いを考察してみました。

続きを全部読む

リクルートが提供する転職情報サイト『リクナビNEXT』。多くの求人が集まるこのサイトに、いま話題になっている求人情報がある。その求人情報を出しているのは、株式会社加藤電機製作所という会社で、おもに工場で使用される制御盤の設計やソーラーシステム企画・設計・施工を行っており現在社員は13名、兵庫県伊丹市になんと自社ビルを持つ会社である。

この会社さんがリクナビで出している求人にネットユーザーが飛びついているのだが一体どういうことなのだろうか。

実はこの会社、良い部分も悪い部分も隠さず社長が本音で語りかけているのだ!「ここまで言うか~」というくらいさらけ出しているからおもしろい。以下、社長さんのコメントを一部抜粋して掲載する。

続きを全部読む

コンテンツマッチ広告の代名詞といえば、Google社が提供するGoogleAdseseだが、この広告を利用してCTR(クリック・スルー・レート)3%セント以上を毎月記録しているサイトがあるらしい。私の知っている限りでは1%超えれば万々歳であり今回の情報が本当だとしたらかなり凄いことである。取材班はその内容を確かめるべくそのサイトの管理者に取材をお願いした。

続きを全部読む

昨年の12月には会員数が1600万人を超え、同月ページビュー(PV)はPC、モバイルあわせて143億PV突破、最近は頭打ち論も囁かれている日本最大級のSNSサイト「mixi」ですが、みなさん今mixiに会員登録するには携帯のメールアドレスが必須なのはご存じでしょうか。つまり、招待状メール、PCのメールアドレス、携帯のメールアドレスの3つがないと登録できないのですがなぜ携帯のメールアドレスが今になって必須なのでしょうか。

続きを全部読む

ここ数年、野菜に生産者の名前や顔写真が付くようになった。安全性を示すためのものである。おかげで、安心して買い物ができるようになった。これを応用して、Webサイトにも「私が作りました」ということを示す顔写真を付けるのが流行るのではないかと言う人がいる。『株式会社すみましん』というサイトの運営者、住正徳さんだ。 続きを全部読む

「ランチの時、いつも同じメンバーだからたまに話題が無くなって困る…。」「仲良くなりかけの時、どんな話題から始めたらいいのかわからない…。」主に女性の場合、こうゆう時がたまにある。そんな時は、『菓写メ』がオススメだ。『菓写メ』とは、お菓子の写メを送るとお返しにコネタを返してくれる携帯サービスである。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 138
  4. 139
  5. 140
  6. 141
  7. 142
  8. 143
  9. 144
  10. 145