佐藤ゆき (Yuki Sato)

ライター

ドイツ、ベルリンを拠点に活動中の翻訳記事ライター。ベルリンの現地ネタも発信中。好きな国はモロッコ。

「佐藤ゆき」担当の記事

他人のPCを遠隔操作して盗撮が可能!?「MacBookのウェブカメラで盗撮が可能である」という研究結果

最近のノートPCの多くには、ウェブカメラが内蔵されている。ビデオチャットの時には非常に便利だ。しかし、もしこのカメラを通じて、他人が自分を盗撮しているとしたら……? スパイ映画のような話だが、現実には想像以上にこうした盗撮が起きているのかもしれない。

先日、米大学の研究チームが2008年以前に発売された MacBook と iMac を対象に研究を行い「MacBookのウェブカメラで盗撮が可能である」という研究結果を発表。大きな話題を呼んでいるのである。

続きを全部読む

【保存版】米Google会長シュミット氏直伝の「iPhoneからAndroid端末への乗り換え術」

スマホが普及し始めた当初に iPhone をゲットした人は、その後も iPhone を使い続けている人が少なくないだろう。OS の違う端末に切り替えるのは、ちょっとしたハードルだ。

しかし! 以下の内容を読めば、そのハードルがぐっと低くなるかもしれない。米Google の会長であり、過去に Apple の取締役も務めたことのあるエリック・シュミット氏が、自身のGoogle+ページ上で「iPhone から Android 端末に乗り換える方法」を紹介しており、ちょっとした話題になっているのだ。

続きを全部読む

医学生の触診スキル向上のために開発されたシミュレーターが静かな反響を呼ぶ

医学生向けに開発されたあるシミュレーターの写真が、ネット上で静かな反響を呼んでいる。パソコン上のバーチャルな患者と、マネキンのある部位が接続されたこのシミュレーターは、医学生がデリケートな部分を触診するスキルを磨くために開発されたものだ。

そのデリケートな部分とは「肛門」だ。身体部位の中でも特に、触診する側・される側ともに大きな緊張を生む箇所であり、もっともデリケートな部分のひとつといっても過言ではない。その肛門の触診用に開発されたシミュレーター、見た目はなかなか衝撃的であるが、医学の進歩に大きな貢献を果たしてくれるのではと期待されている。

続きを全部読む

【実録】MacBook AirのSSDが突然死んだ! 症状からデータ復活までの経緯まとめ

2013年10月17日、アップルは前世代「MacBook Air」に搭載された一部の SSD が故障すること、また対象の端末は無償で SSD を交換すると発表した。対象となるのは、2012年6月~2013年6月に販売された 64GB または128GB の SSD を搭載する MacBook Air だ。

これは、まっっったく他人事ではない。記者(私)も、まさに該当の端末を持っていたのである。そして、アップルの発表の3日前に SSD が故障するという悲劇に見舞われていたのだ。これは、その Mac 故障からデータ復活までの経緯である。これは Macユーザーだけでなく全ての PCユーザーに共通することだ。今回の件で得た教訓を報告したい。

続きを全部読む

少ない量でも満足感が得られる! ダイエットにもなる「集中して食べる」ための9つの方法

みなさんは、普段食事にどれくらいの時間をかけているだろうか? ゆっくりと味わいながら食べているだろうか? 忙しさのあまり食事をぱっぱと済ましている人も多いだろうが、健康食サイト「Summer Tomato」を運営するダリヤ・ローズさんは「料理に意識を集中して食べる」ことを提唱している。

意識を目の前の食事に集中して食べることで、食べ物をより深く味わうことができるばかりか、少ない量でも満足感を得られるためダイエット効果もあるのだ。以下に、ローズさんの提案する「意識を集中して食べる」ための9つの方法を紹介したい。

続きを全部読む

中国企業レノボのPCにハッキング工作か!? 「5カ国の国家機関がレノボ製PCの使用を禁止」と大手紙が報じる

中国のPCメーカー『Lenovo(レノボ)』が製造する PC に「スパイ疑惑」が浮上し、注目を浴びている。事の発端は、オーストラリアの全国紙『オーストラリアン・ファイナンシャル・レヴュー』による報道だ。

その報道によると、「回路が変更されており、遠隔操作で機器にアクセスすることが可能」と指摘されているというのだ。オーストラリア、米国、英国、カナダ、ニュージーランドの諜報・防衛機関の機密情報を扱うのに使用するネットワークでは、安全性への懸念から、レノボ製 PC の使用が禁じられていると報じられている。

続きを全部読む

欧米の「金を乞う人」のアプローチは大胆かつユニーク! 「2階から箱を吊るして金を集める」など

現在、私(記者)はドイツのベルリンに滞在しているが、日本との文化の違いに受けるカルチャーショックはさまざまある。そのひとつが「お金を乞う人の積極的な態度」だ。

最近も、近所を散歩中にビックリする物に遭遇した。なにやら小さな木箱が2階から吊り下げられている。よく見ると、その箱には「旅行のためにお金が必要です!」と書かれてある。なんと「お小遣い募金箱」だったのだ。いくらなんでも積極的すぎるだろーーー!! ……と思いつつ、改めて欧米での経験を思い返すと、なんと多くの積極的な「お金を乞う人々」に出会ったことか。そうした例をまとめてご紹介したい。

続きを全部読む

「明らかに違う!」と思いきや実は両目の色が同じという画像 / あなたにはどう見える?

同じ大きさのものが違う大きさに見えたり、静止しているものが動いてみえたり……ああ、人の目はなんといとも簡単にだまされてしまうことか!! もうだまされまい!と思ってもやっぱりだまされてしまう、それが目の錯覚だ。

さて、ここに女の子が描かれた画像がある。みなさんには、右の目と左の目、それぞれ何色に見えるだろうか? よーくよーく見てから、答えていただきたい。さて、その答えは……?

続きを全部読む

【レシピ】スイカとスプライトを合わせると超さわやかなカクテルに変身!! 夏のフルーツカクテル「ファッツェ」

夏を代表する果物といえば、スイカだ! シンプルに、ざっくり切ったスイカにかぶりついて食べるのが日本では一般的。だが、実は身近な素材で作れる、こんな隠れレシピをご存知だろうか?

それは、スイカと炭酸飲料『スプライト』で作るフルーツカクテルだ。意外に思われるかもしれないが、スイカとスプライトを合わせると、これからの暑い季節にぴったりの超さわやかなフルーツカクテルに変身するのである! 詳しいレシピは以下のとおりだ。

続きを全部読む

日本人と韓国人と中国人が餃子を作ってみた → 日中韓で全然違う餃子が出来てビックリ!!

お隣の韓国・中国とは、米や麺類を好むなど、食文化の共通点は多い。たとえば、三国ともに食する共通の食べ物のひとつが「餃子」だ。

ある日の午後、ベルリン滞在中の日本人である記者(私)が韓国・中国の友人と共に餃子を仲良く包んでいたところ、出来上がった餃子を見て衝撃を受けた。なんと三人三様、全く違う見た目の餃子が出来上がっていたのだ!! 日本ではあまりお目にかからない韓国式・中国式の餃子。韓国人と中国人に教わった包み方をご紹介したい。

続きを全部読む

世界で話題となったベルリン郊外にある「すごい自転車屋」に行ってみた! 壁一面にびっしり自転車が!!

ドイツのベルリン郊外には、自転車屋の概念をくつがえす「すごい自転車屋」があるらしい。一体何がそんなにすごいのか。「直接見に行った方がいい!」という声に押され、ベルリン滞在中の記者(私)は早速その自転車屋を訪れてみた。その店を見た瞬間……ぶったまげたーー!!

壁一面に自転車がビッシリと飾られているのだ! 壁に取り付けられた自転車は、数にしてなんと250台近くにも上るという。それだけではない。超ステキな、これまたかつて見たことのないショールームまであったのだ! 自転車屋に感動する、という初めての体験を得ることになった。

続きを全部読む

古代ギリシャ彫刻に洋服を着せるとめっちゃ今風になることが判明

人の見た目の印象は着るもの次第である。何を身に着けるか、どう着こなすかで相手に与える印象はガラリと変わる。

今、仰天のイメチェンを成し遂げた人々がネットで話題になっている。それはなんと「古代ギリシャ彫刻」! あの神秘的で優雅な雰囲気をたたえるギリシャ彫刻が、現代の洋服を身に着けることで、なんとも今風のあかぬけた姿に大変身しているのだ!

続きを全部読む

ベルリンのゲイパレードに行ってみた → 想像以上の盛り上がりと自由っぷりに感動した!!

2013年6月22日、世界でも最大規模のLGBT(同性愛者、両性愛者、性転換者の人たちのこと)パレードのひとつ「クリストファー・ストリート・デイ」がドイツの首都ベルリンで開催された。

LGBTの文化を讃え、未だ存在する問題を人々に喚起するために行われるこのイベント。「クリストファー・ストリート・デイ」はベルリン以外の都市でも開催されるが、特にベルリンは参加者・観客の数が約50万人以上と「世界最大規模」のLGBTパレードだ。記者(私)もワクワクしながら、見に行ってみたところ……その規模の大きさ、盛り上がりのすごさに驚き、めちゃくちゃ感動したのである!

続きを全部読む

【世界の宿】モロッコの古い邸宅を改装したホテル「リヤド」が素敵すぎて夢のような空間だった!

世界各地から旅人が集まる北アフリカのモロッコには、安いシンプルなホテルから設備の充実した大型高級ホテルまで様々なホテルが存在する。その中でも特に、これからモロッコを旅する人におススメしたいホテルが「リヤド」と呼ばれる宿だ。

モロッコの伝統的な邸宅を改装したホテル「リヤド」を訪れた記者(私)は、その完成度の高さ、デザインのすばらしさに心をわしつがみにされてしまった! まるで夢のような空間「リヤド」をご紹介したい!!

続きを全部読む

死後のデータ管理もお任せ! Googleが死後にデータを譲渡・削除できる「アカウント無効化ツール」を提供開始!

自分の死後、ネット上に残した大切な書類や写真といったデータをどう処理したいか、考えたことがあるだろうか? SNSの普及などによって、オンライン上の個人情報が莫大に増えた今、死後の個人データ管理は多くの人が関心を寄せるテーマだ。

そんな中、Googleが「自分の死後のアカウントを管理できるページ」開設した。この「アカウント無効化ツール」を使用すれば、アカウントがしばらく利用されていない状態が続いたときの管理方法を設定でき、家族や信頼できる友人などにデータを共有することも可能だ。

続きを全部読む

【再生回数100万回超え】一瞬で笑顔になれるホームレス男性の「一発芸」がスゴいと話題

米国に住むある1人のホームレス男性の「一発芸」がすばらしいと世界中で注目されている。身体の一部を使ったその芸を彼が披露する様子を映した動画がYoutubeに投稿されるや一気に話題になり、今や閲覧回数は100万回を突破している。

動画のタイトルは「Homeless Man With A Funny Talent」。その思いがけない一発芸はシンプルながらも、なんともクリエイティブ! 観る物を一発で笑顔にする素晴らしい芸だ。

続きを全部読む

【現地取材】「過去を消し去るな!」ベルリンの壁の一部取り壊し計画に市民が猛反発!

かつて東西ドイツを分断する抑圧のシンボルだった「ベルリンの壁」。1989年に壁は崩壊。東西統一後、旧東ドイツ側の壁にはアートが描かれ、現在では「イーストサイドギャラリー」として主要な観光スポットとなっている。

そのベルリンの壁が危機に直面している。なんと、イーストサイドギャラリーの一部が不動産開発のために取り壊しになるというのだ。取り壊し予定日に壁の前で市民による抗議デモが行われるというので、私(記者)も現場に行ってみた

続きを全部読む

【モロッコ結婚事情】愛していない男性と結婚しなければならない彼女の「秘密」

「愛しているから結婚する」。仕事や学歴、家族構成……。結婚相手を決める際に考慮する点は人によって様々だろう。それでも結婚に重要な要素は「愛」と考える人が大半だろう(と思いたい)。でも、彼女の場合は違う。彼女は婚約者を愛していない。しかし、結婚せざるを得ないのだ。

「彼女」とは私(記者)がモロッコのマラケシュで出逢った25歳のモロッコ人女性、ハナちゃんだ。彼女との恋愛トークで盛り上がった私は、彼女が近々結婚することを知った。しかし、婚約者について浮かない顔で語る彼女は、明らかにその結婚に不満を抱いているようだった。のちに私は、彼女には愛していない人と結婚しなければならない特別な「事情」があることを知る。

続きを全部読む

【モロッコ】イヴ・サンローランが愛した「マジョレル庭園」が息をのむほど美しい

アフリカ大陸随一の観光国家モロッコの中でも、とりわけ旅人を惹き付ける街と言われるのがマラケシュだ。世界遺産にも登録されてる旧市街メディナは深夜まで喧噪に絶えない。そんなエネルギーあふれるマラケシュに、旅人を癒しで包み込んでくれる異空間が存在する。イヴ・サンローラン氏が愛した庭園として有名な「マジョレル庭園」だ。

モロッコを訪れていた私(記者)はこの庭園を訪れて、その空間にすっかり魅了されてしまった。竹林やサボテンなど、世界各地の植物が絶妙なバランスで配置されており、鮮やかな色彩にあふれる空間が、それはそれは美しいのだ。

続きを全部読む

【中国】建築界の権威ザハ・ハディッドが手がけるビルのパクリ版が本物を上回るペースで建設中

これまでロケットニュース24では中国で出回っているニセモノ製品を数々ご紹介してきた。誰がどう見てもパクリとしか思えない製品を、ためらうことなく堂々と、さらに時に神業のような瞬発力をもって開発する、それが中国だ。

そんなニセモノ大国、中国で今回新たな「ニセモノ」が話題を読んでいる。それはなんと高層ビル。建築界の権威ザハ・ハディッド氏がデザインし、北京で建設中のビルとウリ二つのビルが中国南部の重慶で建設されているのだ。しかも、ホンモノを上回るペースで! ニセモノに追い抜かされまいと、ハディッド氏側はホンモノを急いで完成させるべく焦っているという。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2