「男性」にまつわる記事

あなたは空にナニが見える? 雲の写真が “男性のアレ” だと話題 / ネットの声「神はいつから13歳の少年になったのか?」

少しずつ涼しくなっていく今日この頃。澄んだ初秋の空を見上げ、パシャリと写真を撮る人もいることだろう。後で見返しただけで、爽やかな気分になるそんな空の写真の数々。

しかし、それがもし、男性のアレだったら……! 「いや、言ってる意味がわかんない」という人がほとんどだろうが、ネット上に投稿されて今話題になっている写真を実際に見て欲しい。そこに写っているのは……こりゃ一体ナニだ!?

続きを全部読む

【ワンフェス2015夏】今日の俺には自由しかない!「男性コスプレイヤー」写真集

2015年7月26日に、幕張メッセで開催された世界最大級のガレージキット・模型のイベント「ワンダーフェスティバル2015[夏]」(以下:ワンフェス)。同イベントの魅力の一つが、会場のあちこちで見かけるコスプレイヤーたちだ。

華やかな女性コスプレイヤーに目が行きがちだが、男性コスプレイヤーたちも負けてはいない。特に “カッコいい系” のコスプレではなく、オモシロ系コスプレに走る彼らから感じるのは、清々しさとハンパない自由さである。「これぞフリーダム!」 と思わずにはいられない、男性コスプレイヤーたちの勇姿をその目に焼き付けろ!

続きを全部読む

【相手に好印象を残したい人必見】「NGだと思う男性の夏ファッションランキング」1位はスケ乳首! Yシャツ1枚でも「乳首をスケさせない」方法はコレ!!

“通” はその素晴らしさを絶賛するが、そうでない人にはどこがいいのか全くわからないカラスミのような体のパーツと言えば、男性の乳首である。ロケットニュース24では、これまで何度も「その隠れたポテンシャルを追求」してきたが、今回は男性の乳首のネガティブな面、とりわけ「周囲に与える悪いインパクト」について触れておきたい。

結論を簡単に言うと、「乳首が透けている男性の服装を見て、少なからぬ人がマイナスの印象を持つ」のだという。 「ウソでしょ!?」という “通” からの声が聞こえてきそうだが、マジである。というのも、gooが実施したアンケートによると、「NGだと思う男性の夏ファッション」で、1位になったのが「シャツから透ける乳首」なのだ。

続きを全部読む

女性が「理想の男性器の絵」を描いたらこうなった

突然だが、あなたにとって「理想のマイホーム」とはどんな家だろうか? 庭があって、キッチンが広くて、駅からの距離はこれくらいで……などなど。人によって様々な理想があるに違いない。

今回本記事で取り上げる動画も、強いて言うならその一種。ある「理想」を女性が語り、その絵まで描いてしまう。では、一体何の理想なのかと言うと……ずばり、男性のアレ。……あまりにもダイレクトなので、ここでは「女性が思い描く理想のタワーマンション」ということにしたい。YouTube で公開されている映像と合わせてご紹介しよう。

続きを全部読む

【大論争】あなたはナニに見える? 女性キャスターの「ジャケットの襟ライン」 がアレだと話題

ニュースキャスターは世間から注目を集める職業である。その言動が何万人もの人々の目にさらされ、場合によっては、プライベートなど仕事とは全く関係のない部分にまで関心を向けられることもある。

現在話題をさらっている女性キャスターもそうだ。本業とは全くもって関係のないことで注目されている。具体的に言うと、女性が着ていたジャケットの襟のラインが、あるモノにソックリだというのだ。

続きを全部読む

【男性必見】今話題の「胸開きタートルネック」を男子が着るとハンパじゃなくカッコいい / 女子には出せない魅力を発揮することが可能

女性用タートルネックだが、胸の上部分が大きく開いて谷間を強調できると世界中で話題の「胸開きタートルネック」。多くの男子が魅了されている服装だが、胸開きタートルネックは本当に胸の大きな女性がもっとも似合っているのだろうか?

女性の方が似合いそうなスコットランドのスカート状の伝統衣装「キルト」も本場では男性が着用するものになっているし、じつは男子のほうが似合う可能性がある。

続きを全部読む

【実験動画】10時間NYを歩き回ってみたらナンパのオンパレード! 「お姉さ〜ん」「笑えよ!」などその数100回越え

日本中に点在する、渋谷に新宿、なんば、栄、天神などといった繁華街。そこをあなたは悠々と歩けるだろうか? 嫌になるほど人でごった返す場所では、キャッチやナンパ、セールスなど何かと “人との触れ合い” が発生するものだ。

一見フレンドリーな言動でも、失礼だったり、しつこかったりすると相手にストレスを与えてしまうだろう。そのことがよく分かる実験動画があるのでご紹介したい。ある女性がニューヨークを10時間歩き回り、男性からどんな言葉をかけられるか調査を行ってみたのである。

続きを全部読む

【悲劇動画】戦闘態勢に入っている男性の股間が電車のドアに挟まれた

男性なら誰しも、間の悪いタイミングで股間が戦闘態勢に入ってしまうことがあるだろう。地下に眠っているはずのミサイル発射台が突然地上に姿を表し、ミサイルが雄々しい仰角で天を向く、そんな時だ。

今回取り上げる動画に登場する男性もタイミングが悪い。なんと、満員電車に乗ろうしている時にスイッチオンである。しかも、その男性はタイミングだけでなく、場所も悪かった。電車のドアのすぐ近くだったのだ。結果……男性の男性自身が、電車のドアに挟まれてしまったのである。悲劇の一部始終はYouTube にアップされた動画で確認できるぞ。

続きを全部読む

【動画あり】iPhone6 を最速ゲット直後に即水没! ビールのピッチャーに落とした決定的瞬間 / 完全に計算尽くめだったその動機とは?

「一番になりたい」──それは少なからぬ人が、心に抱いている感情だろう。スポーツで一番になりたい、勉強で一番になりたい、自分の得意な何かで一番になりたい……などなど。佐藤記者のように、「ドコモでiPhone6ゲット一番乗り」を目指す人もいる。

そのなかで、誰よりも変わった “一番” を目指した男性がいるので、ご紹介したい。それは、iPhone6 を世界で一番最初に水没させること。クレイジーだ!……と思うだろうが、実は理由があったのだ。恐らく行列に並んで発売初日に iPhone6 を手に入れた人以上に、きちんとした理由があったのである。

YouTube の動画「World’s first iPhone 6 dumped in a pitcher of beer」で確認できるぞ。

続きを全部読む

【アメリカとロシアで検証】具合が悪そうに道端でうずくまる人を見たら周囲の人々はどうするのか? 結果は見事に対照的だった!

路上で具合が悪そうにしている人を見かけたら、人々はどのような反応を示すのか? 実際に検証した動画が、再生回数が500万回オーバーと大ヒットしているので紹介したい。

この動画、ただ人々の反応を確かめたのではなく、ロシアとアメリカ、2つの国で検証を行ったのだ。その結果……見事に差が出たようである。面白いほど対照的なリアクション! 実際の映像は以下をチェックしてみよう。

続きを全部読む

【珍裁判】少女の前で下半身を露出して訴えられた男性の裁判 / 被告の妻「夫のアレは小さ過ぎる」と証言 → 裁判官「サイズを計測しなさい」

一般的に、大型の拳銃の方が小型拳銃より物騒なものだと思われがちだ。確かに、サイズが大きい拳銃は見るからに迫力がある。だが小型の拳銃でも、人をビビらせるには十分。「サイズがどう」と言うより、それが拳銃であることが問題なのだ。

今回は、「モノとそのサイズ」について考えさせられる事件を取り上げたい。何のサイズかと言うと……腰ではなく、男性が体の中心でぶら下げている「拳銃」のサイズである。

続きを全部読む

【異色の音楽動画】配管とサンダルでダンスミュージックを奏でる男性が話題 / 音を聞いて思わず踊り出してしまう人も!

「ダンスミュージック」といえば、“かっこいい” “クール”という印象を持っている人は多いはず。今、そんなダンスミュージックを驚くような機材で演奏する男性が話題になっているので紹介したい。

その男性が主に使っているのは、塩化ビニルパイプと呼ばれる配管とサンダル。何とも異色の組み合わせである。では、彼はそれらでどのような音楽を奏でるのか? 答えは、YouTube にアップされた動画「Pipe Guy – House/Trance/Techno Live」で確認できる!

なお、動画は公開から10日も経たないうちに再生回数が220万回を突破しており、現在大ヒット中である。

続きを全部読む

【モテたい男性必見】“カッコつけようとした男性” が女性の前で塀を乗り越えるためにジャンプしたらこうなった / 女性の反応が優しすぎて泣ける

「女性の気を引きたい!」、「女性の前で格好つけたい」というのは、多くの男性がある程度潜在的に持っている欲求だろう。確かに、そのアピールがいい結果に結びつくこともある。

しかし、女性を意識し過ぎて格好つけた男性の行動は、往々にして裏目に出てしまうものだ。そう、例えば YouTubeの動画「How not to jump over a wall fail」で紹介されているこの男性のように。

続きを全部読む

【超絶閲覧注意動画】鶏皮をつなぎ合わせたスーツを着てロンドンの街中を歩く男性が色々な意味で恐ろしい / ネットの声「悪夢」

やっていることがムチャクチャだとしか思えなくても、「これはアートだ!」と言われると、もう何も言えない……。そういう人は多いのではないだろうか。「アート」という言葉には、理解や共感を拒否する何かがある。その上、 “高尚なことをしているんだ” というニュアンスを漂わせている時も。

今回紹介する男性に関しても、多くの人はその姿を見ても何も言えないだろう。なぜなら、理解するのが難しい……、だけではない。直視することさえも難しいからだ。彼が何をしたのかというと、鶏皮をつなぎ合わせたスーツで街を歩いたのである。YouTube には彼の“アート”がアップされているが、言うまでもなく超絶閲覧注意である!

続きを全部読む

【あるある】周囲から「絶食系」と言われたことがある男性の本音40連発

みなさんは最近流行している「絶食系男子」をご存知だろうか? 簡単に言うと、“女性に対する興味がなく、一切関わりを持とうとしない男性” のことなのだとか。少し前に流行った「草食系男子」から進化したのか退化したのか分からないが、とにかく女性に対して「絶食」している男性を「絶食男子」と言うようだ。

そこで今回は、絶食期間の長引いてる筆者(私)が、周囲から「絶食系」と言われたことがある男性、またはそう思われている男性の本音を、あるある40連発という形でお届けしたい。

続きを全部読む

【動画あり】目を閉じて聞いてみよう! ヒゲ面中年男性の少女ボイスが見た目とギャップありすぎ!!

世の中には、自由自在に他人の声を真似る人がいる。有名人の声やら動物の鳴き声を器用に真似する姿を見て、驚いたことがある人は多いだろう。だが、そんな能力を持つ人にとっても高いハードルなのが、異性の声だ。

元々の音程に差があるため、真似しようとしてもどうしても不自然さが目立ってしまう。完成度を追求するとなかなか難しい。それが、「異性の声真似」なのである。

今そんな高いハードルを越え、限りなく本物に近い少女の声を真似る人がいるので紹介したい。その人物はなんと中年の男性。見た目とは裏腹に、メチャクチャかわいい声を出すのだ。YouTube の動画、その名も「Girl Voice」で確認できるぞ。

続きを全部読む

【衝撃】「好きな女性の気を引きたいーーーー!」という動機から漫画のような角刈りにした男性が話題

男性ならば誰だって女性の気を引きたいと思うものである。特に自分が気になる女性に対しては、なおさらだ。その気持ちに年齢など関係ない。

しかし、どれだけ強くそう思っていても、必ずしも好結果に結びつくとは限らない。相手の心のど真ん中にストレートを投げ込んだつもりでも、ワイルドピッチになってしまった、というのはよくあることだ。

今回はそんなエラーの中でも、とびっきりのものを紹介しよう。男性は自分の髪型で勝負に出たのだが……どうやら完全にボールがすっぽ抜けてしまったようなのだ。その暴投っぷりは、画像を見れば一目瞭然である。

続きを全部読む

男性が自転車で坂道を下る → ブレーキがきかず木に激突! 下半身を強打して睾丸が体外に飛び出す事故

自転車は、幼児からお年寄りまで、誰もが使える気軽な交通手段だ。そのため危険性を忘れがちだが、ときに人命をも奪ってしまうほど大きな事故になることもある。そんな危険性を再確認する事故が起きたそうだ。

男性が自転車で坂道を下っていたところ、突如、制御不能に! 木に激突してしまい、その結果、睾丸が体外に飛び出すという痛ましい事故が起きていたのだ。

続きを全部読む

【なんじゃこりゃ動画】電車内で男性が即興デタラメソングを歌い始める → 他の乗客を巻き込んで大合唱 → 車内に妙な一体感が生まれる

電車に乗っている時に、もし乗客の誰かが突然大声で歌い始めたら、あなたはどう思うだろうか? しかも、よく知られているような歌ではなく、デタラメに言葉を並べたような適当な歌だったら? 恐らく「ちょっと怪しい人なのでは!?」と感じて、距離感を保つ人は少なくないだろう。

ところが! そんな車内で突然歌い出した人に、他の乗客が乗っかり、車内で大合唱になったケースがあるのだ。YouTube の動画「Singing train traveller」で、その一部始終を確認できるぞ!

続きを全部読む

【笑劇動画】掃除機の電源を入れようと悪戦苦闘する男性が話題 / ネットの声「伝説になる面白さ」「絶対飲み過ぎだ」

どんな電化製品でも、いつかは動かなくなる。そして使っているうちに、電源が入りにくくなったり、最初の頃のようにスムーズに動かせなくなるのは、よくあることだ。

現在、そんな電化製品にまつわる動画が海外で注目を集めている。内容は、男性が掃除機の電源を入れようとするだけ。ただし、電源はなかなか入らない。もっと言えば、入るわけがないのだ。YouTube の動画、その名も「C’mon, staarrrtt!」を見れば、あなたにもその理由が分かるだろう。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3