「東京五輪」にまつわる記事

30代後半男性に聞いた「ボルダリングにハマった理由」

いろんな問題がありつつ開幕するも、選手たちの活躍に熱い視線が注がれている東京五輪。すでに後半戦へと突入しており、2021年8月3日から6日までスポーツクライミングが行われる。ご存じ同競技は五輪で初めて実施されるもので、スピード・ボルダリング・リードの3種目の総合成績でメダルを争う。

その中でもボルダリングはここ数年で随分と身近なものになったように感じるが、ハマる人はどこに魅力を感じているのだろう。ふと疑問に思ったので聞いてみることにした。

続きを全部読む

【え?】コロナ禍のいま「旅行口コミサイト」の人気レストラン東京編を見たらビビった / 東京五輪で来日した関係者は一体なに食いたいのか

コロナ禍のいま、旅行口コミサイトの人気レストランランキングはどうなっているのだろう?

──テレビで東京オリンピックの中継を見ながら、私はふと気になった。なにせ、今の日本には海外から多くの五輪関係者が滞在中。彼ら・彼女らは、人気レストランのランキングを見るたびに悔しがっている気がしたからだ。

「チクショー! せっかく日本に来たというのに……! あの店やこの店に行きたかったぜ!!」という感じで。そこで、どんな店が目に留まりやすいのか、大手旅行口コミサイトの東京人気レストランランキングを見てみたら……え!? なにこれ?

続きを全部読む

集中線でも迫力が出ないものを調べてみた / 東京五輪の開会式でも使われた漫画技法はどこまで強いのか検証

漫画には、多種多様な効果線が存在する。中でも目にする機会が多いのは、「集中線」ではないだろうか。対象に向かって直線が引いてあるだけなのに、簡単に迫力を出すことができる。漫画の中でも、決めゴマやバトルシーンなどでよく見かける。先日のオリンピックの開会式でも、国名のプラカードに使用されていたよね。汎用性が高すぎる。

しかし、ここで1つ気になったことが。そんな最強の集中線でも、迫力の出せないものがあるのではないか? さっそく検証してみよう!!

続きを全部読む

【悲報】東京オリンピック公式マスコットキャラの名前、マジで誰も知らない… / 現役都民に聞いてみた結果が悲惨すぎた

先日、某スーパーに行ったら東京五輪公式マスコットキャラクターのグッズがズラッと並んでいた。藍色のキャラと、ピンクのキャラの2人組(?)である。で、その時ふと思ったんだけど……この2人の名前って何だった?

そう、デザインは見たことあるのに、名前がまったく出てこないのだ。モリゾーとキッコロだっけ? サッパリ分からんぞ。そこで、編集部の現役東京都民7人にマスコット名を聞いてみることに。果たして正解者は現れるのか?

続きを全部読む

【東京五輪】ケニアのタクシー運転手が語る「注目しているオリンピック競技」と「なぜケニアはマラソンが強いのか」について / カンバ通信:第97回

ジャンボ〜! チャオスです。ケニアの首都ナイロビでタクシー運転手やっとりますチャオスです。始まってるね、東京オリンピック! こちらケニアでも確実にオリンピックの話題が多くなってきているよ。

とはいえ、もちろん全種目が中継されているわけではないし、我々が注目すべきはケニアの選手が出る競技であることは言うまでもない。ということで今回は、オレが注目している競技と選手を紹介するね!

続きを全部読む

【東京五輪】マサイ族も日本のオリンピックに注目し始めたもよう「男子マラソンはケニアがメダル独占だ」マサイ通信:第490回

スパ! ルカだ。マサイ族の戦士・ルカだ。ついに始まったな! なんのことってオリンピック! 東京五輪、TOKYOオリンピックだよ!!

以前は「マサイ族の戦士、日本でオリンピックが開催されることを知り驚愕『マサイオリンピックすら中止になったというのに』」なんて記事が公開されるくらいに心配だったんだが、いざ始まると興奮するなぁ!

もちろんケニアにとっても東京オリンピックはエキサイティングな催しだ。特に、町に住んでいる人は身近にテレビがあるので競技の中継に釘付けだろう。

続きを全部読む

【緊張】東京五輪の開会式会場でウーバーイーツを頼もうとしたら…出てきたお店に愕然とした / オリンピック独自レポ

東京五輪の開会式会場である国立競技場は、いま日本でもっとも緊張感の高いエリアと言えるだろう。開催に賛成か、反対か。2つの意見がぶつかり合うプレート境界のような場所と言えるかもしれない。

そんな中で開会式の準備を進める大会スタッフは、一体どんな気持ちなのだろうか? そして、現場はどんな空気なのか? 気になった私は、先日 国立競技場の周辺を歩いてみた。すると……思わぬ形で衝撃を受けることになったので報告したい。

続きを全部読む

有楽町駅の「閉鎖されたD5出口」はどこに通じている? 地上を見たら…“何か” が建設中でビビった

有楽町駅のD5出口は、案内板から抹消されていた。本来D5出口が最寄りだったと思しき場所には、D7・D9などの別の出口が提示されている。そして、D5出口はなぜか閉鎖中

おかしい。たしか、数日前はD5出口を利用できたはずなのに。これは一体どういうことだろう? 気になったので別のルートで地上に上がり、D5出口あたりの方を見てみると……うわ〜! 何か建設中だ〜!!

続きを全部読む

【代打4コマ】第155回「どうなる東京オリンピック」GOGOハトリくん

続きを全部読む

【マジかよ】聖火ランナーの1次選考(プレ選考)を通過してしまった!

東京オリンピック2020開幕まであと1年。その聖火ランナーを、スポンサー企業4社ならびに各都道府県実行委員会が募集していることを以前の記事でお伝えした。

スポンサー企業の1次選考募集は2019年8月31日までとなっているのだが……なんと!  7月初めに応募した私(佐藤)は、ひと足先にコカ・コーラの1次選考(プレ選考)を通過したことが判明した! ウソだろッ!? オリンピックの聖火を持って走ることができるかもしれないだと! 私のような者が走っちゃっていいの!?

続きを全部読む

お~い! 東京五輪のメダルを期間限定で間近に見ることができるぞ~!! 7月31日まで、急げ~!

2020年の東京オリンピック開催まで、あと1年を切った。これからますます開催に向けての機運が高まっていくことだろう。そんななかで、2019年7月27日から東京都庁の本庁舎で、オリンピックメダルの展示が始まった。7月31日までの期間限定、9時半から展示開始とのことだったので、さっそく行ってみると、すでに長い行列が!

続きを全部読む

【天国から地獄】東京オリンピックの開会式チケット抽選申し込みしようとした結果、ゴール目前まで行ったのにまさかの撃沈

ついに今日、2019年5月9日から東京オリンピックのチケット抽選申し込みが始まった〜! もちろん私も昨日のうちにID登録して、本日の午前10時を正座して待った。そして10時ピッタリ、アクセスしたっ!

そしたら!!

さっき私は、天国から地獄を一気に味わった……! やっと到達したドアの目前、ノブを回して開いたら、扉の先には真っ白な虚無の世界が広がっていたのである。何があったのか、ドキュメント形式でお伝えしたい。

続きを全部読む

【手順解説】いよいよ明日(5/9)から東京オリンピックのチケット抽選申し込み開始! ID登録しておけよ~ッ!!

2020年の東京オリンピックまであと約440日。東京での開催が決定した時には まだまだ先のことと思っていたが、来年は日本中が開催の興奮に包まれていることだろう。そして明日、2019年5月9日から競技の観戦チケットの抽選申し込みが開始となるのだ。

申し込みは誰でも行うことができるのだが、事前に「TOKYO 2020 ID」の登録が必要となっている。やべえ! 登録してなかった~ッ!! という人はご安心を。登録はカンタン、わずか数分で完了するので、そのやり方を紹介しよう。

続きを全部読む

東京五輪公式マスコットの特大ぬいぐるみの値段がスゴイ! 全長1.3メートルで1体なんと○○万円!!

2年後に開催される東京五輪。暑さ対策やボランティアスタッフの招集など問題は山積だが、着々と準備が進んでいるようだ。ちなみに東京新聞によると、開催費用は招致段階の試算をはるかに超える額となっているようで、1兆3500億円になるそうだが……。

それはさておき、東京五輪公式マスコットの特大ぬいぐるみに注目が集まっている。ぬいぐるみといえば、以前当編集部で2.5mの超特大ぬいぐるみを購入したことがあったが、サイズはアレよりもずっと小さい。ということは、サイズに見合う価格なのか? と思ったら……何だコレ、めっちゃ高いやないのッ!!

続きを全部読む

空中を歩いている…! 走り幅跳びで「8m83」を記録した選手の大ジャンプがこちらです

国際陸上競技連盟(IAAF)が主催する15戦の陸上競技大会で構成されるダイヤモンドリーグ。男女計32種目の頂点を決める戦いは世界最高峰とも言われており、多くのオリンピックメダリストも参戦する。

そして先日、2018年リーグの第6戦がスウェーデンのストックホルムで行われたのだが、大舞台で才能を開花させた若手選手がいた。キューバのファン・ミゲル・エチェバリア選手(19歳)がそうで、なんと走り幅跳びで「8m83」の大ジャンプをしてみせた。

続きを全部読む

【悲報】2020年、10月唯一の祝日が消滅する

これは何度でも言っていきたいが、休日が週に2日じゃ全然足りないんだよ! もっと少ない人もいるって? そんなの大変だろ、いい加減にしろ!! せめて週に3日は欲しいところだけど、なかなか難しいのが現実だろう。だからこそ、祝日は非常に貴重な休日なのだ。

ところで、祝日がない月といったら6月である。6月には悪いが、本当にテンションが下がるよな。しかし、どうやら祝日がない月がもう一つ増えてしまうようだぞ。なんと2年後の2020年、10月唯一の祝日「体育の日」が消滅するというのだ。マジで!?

続きを全部読む

人類は100年前に比べてどれだけ速く走れるようになったのか / 比較した動画でまさかの結末!

スポーツ界の各競技でナンバー1を決める「オリンピック」まで残すところ約2年。4年に一度の開催だと遠いように感じるが、1日、また1日とその時が近づいてきている。あと東京五輪まで800日と少し……おそらく今から待ちきれない人もいると思われるので、今回は五輪関連の興味深い動画をご紹介したい。

テーマはずばり「人類は昔比べてどれだけ速く走れるようになったのか」。比較対象になっているのは、2016年のリオ五輪と1924年のパリ五輪の男子400メートル走だ。92年もの歳月は人をどう変えたのだろう。

続きを全部読む

東京五輪マスコット「ア案」に決定! 歓迎する一方で「イ案」「ウ案」との別れを惜しむ声も……

第23回オリンピック冬季競技大会、平昌(ピョンチャン)五輪は日本選手の目覚ましい活躍のうちに幕を閉じた。これからいよいよ2020年の東京五輪に向けて機運が高まっていくことだろう。

2017年12月に大会組織委員会は、マスコットの最終選考に残った3案を発表し、2018年2月22日まで投票が行われた結果……「ア案」に決定したと今日(28日)の昼ごろに発表されたのである。この決定を歓迎する声がある一方で、イ案とウ案の行く末を案じる人もいる……

続きを全部読む

【真相】タバコ屋にしか見えないのにカレーが絶品な『フラヌール』でお店の歴史を聞いたら、感動秘話に出会った!

お店を営む上で、店構えはとても重要だ。特に飲食店の場合、入りにくいお店だったら、美味しい料理を作ってもその味を知ってもらうことが出来ない。外観は「店の顔」であり、もっとも有力な宣伝手段のひとつ……のはず。しかしその鉄則を無視するように、タバコ屋にしか見えない食堂『フラヌール』は営業を続けている。

お店については以前の記事でもお伝えしたが、そもそもどうして改装しないのか? 外観がタバコ屋にしか見えないのはマイナス要素じゃないのか? と思っていたところ、縁あってフラヌールのオーナーとお話をさせていただく機会を得た。インタビューを通して見えてきたのは、人と人とのつながりがもたらすものだった。

続きを全部読む

35.659036139.69679

カヌー『ライバルの飲料に禁止薬物混入』問題について為末大さんが驚きの経験を告白!

2020年の東京五輪に向けて、日本ではスポーツに対する機運が高まっていくことだろう。そんななか、スポーツマンにあるまじき行為をしたカヌー選手がメディアの報道で取り上げられている。

その選手は、ライバル選手の飲み物に禁止薬物を混入していたという。2人は東京五輪の日本代表入りを目指すトップ選手だった……。この報道について、自身も五輪出場経験を持つ元男子陸上競技選手の為末大さんが、驚くべき経験を告白している。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2