スポーツ界の各競技でナンバー1を決める「オリンピック」まで残すところ約2年。4年に一度の開催だと遠いように感じるが、1日、また1日とその時が近づいてきている。あと東京五輪まで800日と少し……おそらく今から待ちきれない人もいると思われるので、今回は五輪関連の興味深い動画をご紹介したい。

テーマはずばり「人類は昔比べてどれだけ速く走れるようになったのか」。比較対象になっているのは、2016年のリオ五輪と1924年のパリ五輪の男子400メートル走だ。92年もの歳月は人をどう変えたのだろう。

・リオ vs パリ

リオのレースは、決勝で南アフリカのウェイド・バンニーキルクが世界記録を樹立したもの。一方のパリ五輪は、イギリスのエリック・リデルが金メダルを獲得したレースとなっている。動画を見ると、1924年ですでにクラウチングスタートしていることに「おっ」と思うが、本当に驚くのはそれからだ。

・まさかの結果

というのも、リオ五輪の選手は初速から目に見えて速く、パリ五輪組をグングン引き離していく。そしてタイムもリオの43.03秒に対し、パリは47.6秒。実に4秒もの越えられない壁が生まれていた。

ただ、リオ五輪の決勝で最下位になった選手は、パリ五輪組をギリギリ上回ったくらいでフィニッシュしている。陸上で言う1秒は大きな差があるが、92年前にもとんだ超人がいたものだ。

・スポーツ好きにオススメのインスタアカウント

ちなみに、今回の動画をアップしたオリンピックの公式インスタでは、他の競技を比較した動画もアップされている。どれも興味深いので、スポーツ好きはフォローしておくと面白い発見ができるかもしれないぞ。

参照元:Instagram @olympics
執筆:原田たかし

▼リオ vs パリ

▼体操の変わり方も面白い