第23回オリンピック冬季競技大会、平昌(ピョンチャン)五輪は日本選手の目覚ましい活躍のうちに幕を閉じた。これからいよいよ2020年の東京五輪に向けて機運が高まっていくことだろう。

2017年12月に大会組織委員会は、マスコットの最終選考に残った3案を発表し、2018年2月22日まで投票が行われた結果……「ア案」に決定したと今日(28日)の昼ごろに発表されたのである。この決定を歓迎する声がある一方で、イ案とウ案の行く末を案じる人もいる……

・小学生を対象に投票

マスコットの投票は、全国の1万6769校の小学校を対象に行われた。その結果、ア案は10万9041票を獲得し、東京五輪マスコットに決定したのである。

A post shared by Tokyo 2020 (@tokyo2020) on

市松模様をあしらった未来のロボットをイメージしたデザインで、青色をベースにしたオリンピックマスコットと、桜色をベースにしたパラリンピックマスコットは、性格は真逆ながら、お互いを尊重する大の仲良しという設定だ。名前は今後決定するとのこと。

・さらばイ案、ウ案……

ア案に決まったことを喜ぶコメントが相次ぐなか、残念ながら選にもれたイ案・ウ案が消えてしまうことを憂う声もある。

「断然、イ案」
「イ案とウ案を救済してあげて」
「イ案が良かった」
「イ案のぬいぐるみがほしい」
「イ案が自分好みでとても欲しかった」
「イ案のぬいぐるみが欲しかったなあ」
「イ案とウ案が消えてしまう運命なのがさみしい」

A post shared by Tokyo 2020 (@tokyo2020) on

「ウ案が良かったな」
「ウ案の方が可愛かった」
「ウ案ならグッズたくさん買いたかった」
「ウ案だったらグッズかってた」

A post shared by Tokyo 2020 (@tokyo2020) on

……など。

3案、いずれもクオリティが高く、どれが選ばれてもおかしくない状況だった。小学生の間では、どうやらア案に人気が集中したようなのだが、不採用になった2つのデザインはどうなってしまうのだろうか? 何か別の形で活躍の場を得られると良いのだが……。

参照元:東京オリンピック「東京2020大会 マスコットデザイン」、Twitter @mai_spo_gorin@Tokyo2020jp
執筆:佐藤英典

▼最終選考に残った3案

▼ア案に決定した