「感動」にまつわる記事

【感動】長州力がまさかのNHK大河ドラマ『西郷どん』に出演決定! 制作者「長州さんをお迎えすることは夢でした」

革命戦士こと長州力の伝説にまた新たな1ページが加えられようとしている。なんとプロレスラーの長州力が2018年7月22日放送のNHK大河ドラマ「西郷どん」に出演することが判明したのだ! うん、これは歴史的ですよ、うん。歴史的だろうな、うん。

これまでバラエティ番組に出演することはあっても、ドラマ……ましてや日本を代表する超名門「大河ドラマ」に長州が出演するなんて本人だって想像していなかったに違いない。さあ、全プロレスファンよ……長州の熱き演技を見届ける準備はいいか! ここがど真ん中だコラ!!

続きを全部読む

【感動】大杉漣さんの『直筆メッセージ』が公開される / ネットの声「漣さんらしくて泣ける」「人柄が伝わってくる」など

2018年2月、突然この世を去ってしまった俳優の大杉漣さん。その温かい人柄は多くの人に愛されていただけに、日本中が漣さんを偲んだ。きっと漣さんほど存在感のある名バイプレイヤーは、そう簡単には現れないだろう。

さて、あれから約4カ月が経過した6月14日、漣さんの長男で写真家の大杉隼平(おおすぎ しゅんぺい)さんが “とある文章” を公開した。漣さんが色紙に直筆で書いたというその文章は……詳細は以下でご覧いただきたい。

続きを全部読む

【動画あり】武藤敬司「人生最後のムーンサルトプレス」がこちらです

戦後から続く日本プロレス史において “天才” と呼ばれるプロレスラーが2人いる。1人は初代タイガーマスクこと佐山聡、そしてもう1人が武藤敬司だ。何かとこだわりの強いプロレスファンでも2人を天才と呼ぶことに異論はないだろう。

運動神経だけを見れば佐山の方が天才度は上かもしれないが、発想やセンスなど “プロレス力” は圧倒的に武藤の方が優れている……と個人的には思う。そんな武藤を語る上で欠かせないのが必殺技「ムーンサルトプレス」である。

続きを全部読む

メールの誤送信から始まった奇跡のような展開! ある女性が「このドレスどう!?」と赤の他人にメッセージを送ったらこうなった

慌てていると、本来送ろうと思っていた相手とは違う相手にメールを送ってしまうことがある。いわゆるメールの誤送信は、時としてとんでもなく面倒な事態を巻き起こすものだ。ところが……

ある女性が「このドレスどう!?」と誤って見ず知らずの男性にメッセージを送信したところ、結果的に奇跡のような出来事が起きたというのである。

続きを全部読む

【大盛り】超デカいのに激ウマなオムライス! ふわとろだけじゃない “パラパラ” に感動を禁じ得ない / 北千住「キッチンエッグス」

オムライスの美味しさは……たまごの “ふわとろ” だと思っていた時期が……俺にもありました……。そう、つい先日まで普通にそう思っていた。どんなにソースが美味しかろうと決め手はやっぱりたまごのふわとろ食感。それは決して間違いではないのだろう。だがしかし……。

東京は北千住のオムライス専門店「キッチンエッグス」のオムライスを食べて衝撃を受けた。「なにこのパラパラ感……!」と。きっと多くの人はオムライスがまだ美味しくなる可能性に気付いていない──。

続きを全部読む

【圧巻】SP首位の羽生結弦にネット上は感動の嵐! ただし一部の男性からは嫉妬の声も

圧巻としか言いようがない演技だった。フィギュアスケート男子シングルSP(ショートプログラム)に登場した羽生結弦選手が、自己ベストに迫る111.68点を叩き出し首位に躍り出たのだ。怪我の影響が危ぶまれていただけに、日本中が大きな感動に包まれている。

続きを全部読む

【実話】電車の中で「かばんが開いてますよ」と教えてもらった → その後の一言に感動した話

お年寄りに席を譲る、ベビーカーを抱えて階段を上るママさんを見たら手助けする、あたり前のことである。だがこのご時世、そのあたり前ができない人が実に多い。現代日本は1つのミスも許されない減点方式主義、世知辛い世の中になったものだ。

私自身は瞬発力を第一に「こんなアッシで良ければ、いつでも手をお貸ししやす」と心がけているが、今回は私自身がちょっとした人助けをしてもらい、さらにその人が放った一言に感動してしまった話をお届けしたい。ああいう人に私は憧れる──。

続きを全部読む

【JR信越本線】大雪で電車に閉じ込められていた男性のツイートが猛烈な勢いで拡散中!「JRの対応は素晴らしいと思いました」

2018年1月11日午後7時頃、新潟県三条市のJR信越線の一部区間で普通電車が線路上に積もった雪のため立ち往生した。430人ほどいた乗客は一夜を明かし、約15時間半後にようやく電車は動き始めたという。ニュースなどでも大きく取り上げられているので、きっとご存知の方も多いことだろう。

この件に対しJRには批判の声が多く寄せられているが、一方で「実際に閉じ込められていた男性のツイート」が猛烈な勢いで拡散している。その声とは批判とは真逆の「JRの対応は素晴らしいと思いました」というものだ。

続きを全部読む

【いい話】鉄拳さんの窮地を救った「子供の一言」が感動的だと話題

いまや日本一有名なパラパラ漫画家と言っても過言ではないほど、その地位を絶対のものにした鉄拳さん。お笑い芸人としてテレビで見かける機会はあまりないものの、世に送り出すパラパラ漫画はネットを中心に話題になることが多い。

そして2017年12月、今回はパラパラ漫画ではなく、鉄拳さんが描いた1枚のイラストが話題になっている。なんでも「鉄拳さんの窮地を救った子供の一言」が描かれているというが、果たしてどんな内容なのだろうか?

続きを全部読む

【感動映像】耳の不自由な赤ちゃんが「お母さんの声」を初めて聞いたときの繊細な表情に多くの人が涙 / 再生回数は計550万回以上に

「目が見えないことは人と物とを切り離す、耳が聞こえないことは人と人とを切り離す」とは、ヘレン・ケラーの有名な言葉。外見上どのような障害を抱えているか分かりにくい聴覚障害は、周囲から理解を得られなかったり、他者と上手くコミュニケーションが取れずに孤立してしまったりするという。

そんな耳の不自由な人が、初めて誰かの声を聞いたときには、どんな気持ちがするものなのだろう? これからご紹介する1本の動画を見れば、その気持ちが少しは想像できるかもしれない。それは……初めて「お母さんの声」を聞いた耳の不自由な赤ちゃんの動画だ。

続きを全部読む

【感動】病院に “女物のハイヒールをはいた男” が出現! 予想外の理由に世界が感動 / ネットの声「彼こそ本物のヒーローだ!」

ハイヒールは女性の履き物。誰が決めたワケでも、ペナルティがあるワケでもないが、世間ではそういうことになっている。もしも男性がハイヒールを履いたなら、怪しいモノでも見るような目で見られるのではないだろうか。

先日、ある病院でハイヒール男が発見されたという。そこには、あるワケがあった。その理由が、世界を感動の渦に巻き込んでいるのである。

続きを全部読む

結婚式で読まれた “新しいお母さん” からの手紙に少年が大号泣 「私があなたに命を与えた訳ではないけれど、この人生が私にあなたを与えてくれた」

結婚式のテッパン企画「花嫁の手紙」。式の主役である花嫁が、「お父さん、お母さん。今まで育ててくれてありがとう」などと情感をこめて手紙を読み上げれば、会場中はたちまち涙に包まれる。

けれども、これからご紹介する少年ほどの泣きっぷりを見せる人はそういないだろう。他の人の涙も誘う号泣っぷりなのだが、それも無理からぬこと。なぜなら、花嫁が彼に宛てて感動的な手紙を読み上げたのだから。

続きを全部読む

耳が聞こえない女性が歌う「あきらめないことの大切さ」についての歌が世界に感動を呼ぶ

あきらめず、挑戦し続けることの大切さを歌った女性に世界の注目が集まっている。彼女の名前は、マンディ・ハーヴェイさん(29歳)。アメリカのオーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』に登場し、その美しい歌声と歌詞で聴衆たちの心を震わせた。

続きを全部読む

【感動巨編】「日産 スカイラインGT−R」のユーザーレビューがもはや人生! チンピラ中古車屋とオジサンの友情が熱すぎる!!

ハマると深い車の世界。車種やカラーはもちろん、生産された年代や国、部品にいたるまで、好きな人は本当に細部にまでこだわっている。その愛の深さが垣間見えるのがユーザーレビューだ。

この度、クルマ総合情報サイト「carview」に投稿されているとあるユーザーレビューが「逸品だ」と話題になっている。「チンピラ中古車屋だったころディーラーからの業販で入庫しました」から始まるそのレビューはもはや人生! 中古車屋とオジサンの友情が熱すぎる!!

続きを全部読む

【目からウロコ】お坊さんに「男の乳首は必要?」と聞いた結果 → 納得しまくりの “深イイ回答” が返ってきた!

男の乳首って、何のために付いてんの? ——恐らく、男性ならば誰もが1度はこんな話を友人たちとしたことがあるはずだ。 そして “男の乳首問題” が話題にのぼるとき、その場は独特の熱気で包まれるものである。

ある者は「絶対にいる!」と声高に叫び、ある者は「不要だ!!」と拳を振り上げる。男たちの “乳首観” がぶつかる議論は朝まで生討論できるほどアツいが、そんな永遠のテーマに、今回はなんと現役のお坊さんが答えてくれたぞ。

続きを全部読む

【世界が感動】生徒全員と「オリジナルハイタッチする先生の動画」が猛烈な勢いで拡散中

いま、ある教師の動画が猛烈な勢いで世界中に拡散している。その教師はノースカロライナ州シャーロットの小学校に勤める英語教師「Barry White Jr(バリー ホワイト ジュニア)」さんだ。1人の教師が世界中に感動与える理由は何なのか? 動画と併せてご紹介したい。

続きを全部読む

男性が「迷子らしき犬」を発見 → 首輪のタグに書かれたメッセージに超ホッコリ

「ペットがいなくなっちゃった!」となれば、どんな生き物を飼っている飼い主さんでも大慌てだろう。心当たりのある場所を探し周り、そのペットを見つけるまでは不安で夜も眠れない……なんてこともあるかもしれない。

ある日、ガソリンスタンドで給油をしていたタイラーさんという男性。そんな彼に近づいてきたのは、一匹のラブラドールレトリバーだ。「迷い犬かな?」と思い、首輪のネームタグを見てみると……なんともホッコリな言葉が書かれていたのだ!

続きを全部読む

【涙腺崩壊】おじいちゃんを亡くした少女に仕掛けられたドッキリが素敵すぎる!

家族を失うことはとても悲しく辛いこと。思い出の詰まったアクセサリーや写真などを、肌身離さず持っている人も多いのではなかろうか。2016年12月25日、アメリカのある少女2人に送られたプレゼントが感動的だと話題になっている。

そのプレゼントとは大好きだった亡きおじいちゃんの声が録音されたテディベア。声を聞いて大喜びする2人の姿に、こちらもウルウルせずにはいられない。こんなの泣くわ!

続きを全部読む

【なぜだ】鉄拳のパラパラ動画「法務省の社会を明るくする運動」が超感動的! なのに7カ月で8万再生とかもったいねぇぇええ!!

今やお笑い芸人としてよりも、パラパラ漫画作家として有名な鉄拳さん(44歳)。これまで数々のCMやPVを手掛け、「SEKAI NO OWARI」や「AKB48」さらには世界的有名アーティスト「MUSE」にも作品を提供した、超売れっ子パラパラ漫画家である。

そんな鉄拳さんが今から約7カ月前の2016年5月に、法務省公式動画として『社会を明るくする運動』なる作品を公開していたことをご存じだろうか? 再生回数は何と……約8万回! たったの8万回である!! メチャメチャいい出来なのに何故なんだ……?

続きを全部読む

【感動動画】定年退職する恩師をハカで見送るニュージーランドの高校生が胸熱

新しい出会いがあれば別れもあるのが人生というものだ。たとえ偶然だとしても同じ時代に生まれ、同じ時間を共有したことは奇跡。一期一会という言葉があるように、その瞬間を大切にすることは自然とかけがえのないものとなる。

もし別れの時が来たならば、最高の形で送り出したいものだが、ニュージーランドで心が震えるような見送りがあったと世界を感動させている。パーマストンノース男子高校では、今年の4月に定年退職を迎えた教師がいたという。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6