「岩手県」にまつわる記事

【日本激ウマクラフトビール巡り】岩手県・ベアレン醸造所『ラードラー』

日本には、全国に美味しいクラフトビール(手作りのビール)を造る醸造所がある。ここではそんな各地方にある醸造所が造った、美味しいビールをお教えしたいと思う。

第1回目となる今回は、岩手県盛岡市にある醸造所、「ベアレン醸造所」の『ラードラー』をご紹介しよう。

続きを全部読む

まるでダジャレのようなお守り(砂)がタダで配布中!受験生はゲットせよ

岩手県一関市駅の土産ショップに、興味深いモノ(砂)がタダで配られている。その名も「勝利を砂ポート」。まるでダジャレのようなこの商品、中身はもちろんタダの砂ではなく、スリップ防止(電車の)の砂なのである。

看板には以下のような説明書きが……。

続きを全部読む

【永久保存版】蘇民祭に参加したいと思った人へおくる寒さ対策のアドバイス

ジャッソー! ジョヤサー! 2012年1月29日に岩手県黒石寺で開催された、日本最大級の伝統的な裸祭り『蘇民祭』。まさに昨日は蘇民祭ニュース一色であった。本誌でも精力的に報じたので、「参加したい!」と思った男性も多いだろう。

そんな心熱き男の中の男たちにに、蘇民祭に参加した記者2人が肌身で感じた「寒さ対策のアドバイス」をお伝えしたい。結論から書こう。

続きを全部読む

【蘇民祭体験記】あまりの寒さに本当に死ぬかと思った

ジャッソー! ジョヤサー! 2012年1月29日に岩手県黒石寺で開催された、日本最大級の伝統的な裸祭り『蘇民祭』。ふんどし一丁、気合いの入ったタフガイたちが集まる男の中の男の祭であり、そのムンムン・メラメラとした熱気は本誌でも総力的にお伝えしているところだが、実は死ぬほど寒いのだ!

なぜそう言い切れるのかというと、本誌記者(私)も参加してきたからである。本誌からは私以外にも、もうひとり(記者)、合計2人で蘇民祭に参加してみた。ジャッソー! ジョヤサー!

気温はマイナス7度。チラチラと雪も舞っている。なのに身なりはフンドシ一丁。すでにこの時点で寒いのだが、祭りの開始と共に始まる『裸参り』のキビシさは、「今までの人生の中での過酷な経験ベスト3」に入るほどに強烈だった。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2