「山」にまつわる記事

【エッセイ漫画】日々限界集落 226話目「じわじわ」

続きを全部読む

新鮮な獣道を見つけたので、暗視カメラをしかけて調べてみた結果…奴がいた

ある日、いつも通り犬の散歩をしていると、ふとあるものに目が止まった。土の崩れた跡がまっすぐに山の中へ消えている。間違いない、獣道だ。

見たところ道幅はかなり広めで、崩れた土も新しい。つまり……大型の何かが頻繁にここを通過してる……ってこと……!?

なんだか嫌な予感がする。もしここがクマの通り道だったとしたら、いつ遭遇してもおかしくない。

このままじゃ安心して散歩もできないじゃないか……! 不安に駆られた筆者は、勢いのまま暗視カメラを購入。通行人を特定するべく、さっそく仕掛けてみることにした。

続きを全部読む

山・山・山! 複雑な人間関係! 四コマサボタージュDE第159回「こ~なってんだわ」

続きを全部読む

【100万円の古民家】第6話:こーゆー無名の山の中や山の上には何があるのか? 登ってみた!

生まれも育ちも都会なもんで、山のことがよくわかっていない。移動中の車窓から無名の山を眺めては、こう思う。「あの山の中は、どうなっているのだろう」と。「登ることはできるのだろうか」とも。

そんな疑問の答えを知る時が、突然来た。100万円で買った古民家の物置小屋撤去作業の休憩中、唐突に我らが解体リーダーのIMAZUさんが「裏山、登ってみるべ」と言い出した。特に目的はなく、なんとなく、だった。

続きを全部読む

【デカ盛り】2リットルのアイスが盛り付けられたハニートーストに挑戦してみた / 群馬県桐生市「キッチン・マカロニ」

なぜ山に登るのかと聞かれれば、大抵の人は「そこに山があるから」とイギリスの登山家、ジョージ・マロリーのセリフを口にすることだろう。その言葉の意味は、大の甘党が山のように盛り付けられたスイーツを目にしたときも同じではないかと思う。

そう、なぜ山盛りスイーツを食べるのかと聞かれれば、そこに山盛りスイーツがあるからだと筆者は答えよう。

今回挑戦する “山” は、2Lアイスをドカッと盛り付けたハニートーストである。このスイーツは見た目の迫力もさることながら、味や食感も評判らしいのだ。よーし、今年の夏はこれを食べて締めくくるとしよう。

続きを全部読む

【山菜】フキノトウでクッキーを作ってみたら、ホットケーキミックスのすばらしさを痛感した話

春。雪解けが進み、山菜が芽吹き始める季節だ。筆者が住んでいる地域でも、最近フキノトウが顔を出し始めた。

う~ん、フキノトウって毎年たくさん採れるんだけど、独特の苦みとか香りがあってちょっと食べづらいんだよなぁ……どうにかして食べやすくできないかな。誰もが食べやすいものの代表格と言えば……あ、そうだ! 

お菓子にしちゃえばフキノトウだって食べやすくなるんじゃない!?

続きを全部読む

【エッセイ漫画】日々限界集落 121話目「環境音」

続きを全部読む

【エッセイ漫画】日々限界集落 117話目「くっきり」

続きを全部読む

【ケニアの山登り】標高2776mのロンゴノット山へ娘とハイキングに行ってきたよ! カンバ通信:第128回

ジャンボ〜! チャオスです。ケニアのでタクシー運転手やっとりますチャオスです。なんかロケットニュースのサンジュンさんが娘さんとディズニーランドに行っている記事があったので、オレもマネしちゃおう!

ということで娘ひとりパパひとり、親子水いらずで行ってきたのは、首都ナイロビから車で約1時間、リフトバレー州にある「ロンゴノット山(Mount Longonot)」だ。さーて、がんばって登ってみるぞ〜!

続きを全部読む

コメダのフルーツサンドを買いに行ったら、意外なオマケがもらえたよ! 食パンの耳ではなく……

「萌え断」という言葉を知っているだろうか? 思わず写真を撮ってSNSに投稿したくなるような「断面」のことがそう。主にサンドイッチの断面に用いられることが多く、フルーツサンドが代表格だ。

そんな萌え断商品があのコメダにも存在していた。全国でたった1店舗しか販売していない「コメダ謹製フルーツサンド」だ。実際に購入したところ、フルーツサンドもさることながら、意外なオマケがついて来たのに驚いた! コメダらしいオマケだなあ。

続きを全部読む

ラグビーW杯を “登山” でPR / 出場国の最高峰にトライする「ラグビー登山家・長澤奏喜」を君は知っているか?

2019年9月20日にラグビーW杯が開幕するまであと1カ月を切った。4年に一度の祭典だけにあちこちでラグビーが取り上げられており、徐々に熱気が高まっている。ただ……まだ足りない。自国開催に加え、前大会で南アフリカに勝利したことで巻き起こった「五郎丸フィーバー」を思い出すと、まだまだ熱が足りない。

そのような状況を前から肌で感じていて、世界初のラグビー登山家に転身したのが長澤奏喜さん(34歳)。彼はW杯を盛り上げるためにラグビボールを抱え、出場国の最高峰にトライする挑戦を2017年から続けている。

続きを全部読む

僕が命がけでラグビーW杯を盛り上げる! 脱サラして「ラグビー登山家」になった男の挑戦は最終章へ

あと72日。これは何の数字かというと「ラグビーW杯」までの残り日数である。2019年9月20日、ここ日本で4年に一度の祭典が開幕する。そのことをどれだけの人が知っていて、なおかつラグビーに興味を持ってくれるのだろうか。

2015年W杯の「世紀のジャイアントキリング(南アフリカ戦)」で巻き起こった熱狂を再び──。ラグビーに携わる人は期待と不安が入り混じっているのが現状だが、自国開催のW杯を盛り上げるために一念発起した男がいる。ラグビー登山家の長澤奏喜さん(34歳)はラグビボールを抱え、出場国の最高峰に “トライ” する挑戦を2017年から続けているのだ。

続きを全部読む

脱サラして世界初の「ラグビー登山家」になった日本人がいた! ラグビーW杯を盛り上げるため出場国の最高峰山頂へトライ中

2019年秋、ラグビーW杯が日本で開催される。このことをどれくらいの人が知っているだろうか。ラグビーファンからすると何を今さら……と思ってしまうところだが、現実は悲しいかなそうでない。「日本であるの?」「いつ?」といった声も少なくないのが現状だ。

開幕日の9月20日まであと約半年。現状をどう打破するのか不安が募るが、1人の元ラガーマンが2年前から信じられない行動に出ている。「ラグビー登山家」の長澤奏喜さん(34歳)は、より多くの人にW杯のことを知ってもらおうとラグビーボールを抱えて各国の山頂へトライする挑戦を続けているのである。

続きを全部読む

タイ洞窟 “奇跡の救出” の少年たち、映画化か / ハリウッドの映画監督が現地入り「世界中で何百万人を鼓舞する出来事」

2018年7月10日、タイの洞窟で遭難した少年サッカーチームが無事全員救出された。遠足に出かけた12人の少年たちとコーチが大雨による増水で洞窟から出られなくなったのは6月23日。雨季による水位の上昇も懸念される中での救出劇には世界中が安堵したに違いない。

そんな奇跡の救出劇について、早くも映画化の動きがあるようだ。ハリウッドの映画監督がすでに現地入りして、映画化を企画しているのだとか

続きを全部読む

【恐怖のデスロード】滝が増水して断崖絶壁に流れ込む → その上を車で走る動画がマジ恐怖

これを恐怖と呼ばずして何と呼ぶ。現在、遊園地の最恐アトラクションをはるかに上回る怖さの動画が、海外で話題になっている。車で断崖絶壁の細道を進む……というだけでもヤバいが、最悪の条件の中で無謀とも言える走りを見せたのだ。

一言でいえば恐怖のデスロード。道路が整備されている日本だと、とても考えられない光景は心の準備をして閲覧して欲しい。動画のタイトルは「Dangerous Waterfall and Road in NEPAL」である。

続きを全部読む

【美麗映像】マグマに飲み込まれたGoProカメラが撮った自然の神秘

知っているようで実は知らない。それが、私たち人間が住む地球である。深海、山奥など、人類が踏み込めない場所は存在し、謎に包まれた土地もまだまだ多い。ただ、近年は技術の発達で、これまで見えなかったものが見えるようになってきたのも事実だ。

そして今回ご紹介するマグマを映した映像もその一例。1台のGoProカメラがマグマに飲み込まれながらも、奇跡的にSDカードが無事。つまり映像記録が残っていたというのだ。

続きを全部読む

【炎上】ハロウィンのゴミ問題は仕方がない? 海外在住者のつぶやきに批判が殺到

近年、盛り上がりを見せる日本のハロウィン。本サイトでも、当日の渋谷の異常な人ゴミをお伝えしたが、一方で深刻になっているのがゴミ問題だ。翌日、ゴミに埋もれたセンター街が報じられるのが風物詩のようになっている。

このゴミ問題に対する海外在住者のつぶやきが物議を醸しているためお伝えしよう。ゴミ問題は、若者のマナーの問題ではない

続きを全部読む

【衝撃動画】前が見えない雪山を自転車で全速疾走するレースが過酷すぎてヤバい

過酷すぎる自転車レースといえば、真っ先に思い浮かぶのが「ツール・ド・フランス」。それもそのはず、同レースは世界最大とも言われるだけに、人の限界を超えるような体力と肉体が要求されるからだ。

そのことは自転車レースに詳しくなくても知っている人は多いだろうが、とあるレースもまた、あまりに過酷すぎるので紹介しておきたい。レース名は「Mountain of Hell(マウンテン・オブ・ヘル)」……つまり「山の地獄」である。

続きを全部読む

クマに遭遇して「やるべきこと」をやった男性が九死に一生! 絶体絶命のピンチを切り抜ける

もしクマと遭遇した場合、絶対にやってはいけないのが「背中を見せて走って逃げる」という行為だ。なぜなら、走るのはクマを刺激し、背中を見せると高確率で追ってくるからだ。しかも、クマは100メートルを7秒ほどで走れてしまうとも言われているので、逃げられる訳もなく致命的なことになる。

山へ入るなら必ず知っておきたい知識だが、そのことを実感できる驚きの映像が海外から届いた。実際にクマと遭遇した男性が、恐ろしすぎる視点映像「2017 Katmai NP, Mama and 2nd Year Cubs on Trail with Geoff」を公開しているのである。

続きを全部読む

世界には ‟超~たどり着くのが困難な場所” が存在している!「タイミングを逃したら到着まで3カ月もかかる島」など

どこでも飛行機で飛んで行ける現代では、船で旅していた大昔に比べたらグっと世界が小さくなったとも言える。

しかし、そんな時代になっても、世界には ‟超~たどり着くのが困難な場所” が存在している。なんと、タイミングを逃したら到着まで3カ月もかかってしまう島があるというのだ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2