「ノート」にまつわる記事

提供:日産自動車

【悲報】日本の有給取得率が断トツで世界最下位に → 逆にぶっちぎりNo.1の “アレ” を富士山で試してみた結果…

みんな知っているとは思うが、日本の有給取得率は世界最下位だ……断トツで。なんなら、3年連続で。1位のブラジル・スペイン・フランス・ドイツの有給取得率「100%」に対し、日本は50%とか……! これを圧倒的と言わずして何と言おう? まさにブッチギリである。

だがしかし、有給取得率は不名誉なブッチギリであるものの、探せばきっと “ポジティブなブッチギリ1位” もあるハズ。というわけで色々と調べてみたところ……あった。なんと2018年上半期第1位だった “アレ” が、年間でも1位に輝いたというのだ。すごいな、アレ!

続きを全部読む

提供:日産自動車

2018年上半期 最も売れた乗用車「日産ノート」がマジで素晴らしい6の理由

日本で1番売れている乗用車(※軽自動車を除く)はプリウス……そう思っていた時期が……俺にもありました。そう、私(P.K.サンジュン)と同じく「日本で1番売れてる乗用車はプリウスでしょ?」と思っている人はかなり多いのではなかろうか?

確かにプリウスが日本を代表する乗用車であることは間違いないが、実は2018年上半期でもっとも売れた乗用車は日産「ノート(NOTE)」なのだ。なぜノートがそこまで売れているのか……? 実際に運転してみたところ、それには6つの理由があると判明した。

続きを全部読む

【第3弾】スター・ウォーズ学習帳に新作登場! 今度は「エピソード7・フォースの覚醒」版だ!!

これまでロケットニュース24では、2度にわたり『スター・ウォーズ学習帳』についてお知らせしている。SF映画の金字塔で、スケールのデカさがハンパない「スター・ウォーズ」と、日本人なら誰もが身近に感じる「学習帳」とのコラボは、そのギャップがたまらない一品であった。

そんな『スター・ウォーズ学習帳』に、新作が登場! 今回は2015年12月18日に公開される映画「スター・ウォーズ / フォースの覚醒」がモチーフになっているから見逃せないぞ!

続きを全部読む

【これは欲しい】「キン肉マン学習帳」の超人強度がハンパない! しかも嬉しいサプライズ付きだぞ!!

以前の記事で「スターウォーズ学習帳」をご紹介した。自由度がメチャメチャ高くフォースが宿りまくっている学習帳は、スターウォーズファンの心をガッチリつかむ完成度の高さで、「マジで欲しい!」という人も多かったに違いない。

今回はスターウォーズと匹敵するくらい世界的知名度がある……かどうかはわからないが、ハマった人には同じくらい胸アツな学習帳をご紹介したい。それがキン肉マン学習帳DA! これは超人強度がハンパないぞ!!

続きを全部読む

【激レア】これは欲しい! 映画『スター・ウォーズ』の学習帳が販売されていたッ!!

ノートといえば、「ジャポニカ学習帳」。小学生の頃にこのノートを愛用していた人も多いはず。学習帳の定番といっても過言ではない。それをもじって、1996年に米ロックバンド「メタリカ」のアルバム先行販売特典で、「メタリカ学習帳」というのが存在した。どうやら「○○学習帳」という語呂の良さから、ひそかにコラボ商品としてネーミングを活用するケースがあるらしい。

最近話題になっているのが、あのSF映画の金字塔『スター・ウォーズ』とコラボした、「スター・ウォーズ学習帳」だ。語呂はイマイチだが、ノートのデザインは遊び心に富んでいる。これは欲しい!

続きを全部読む

iPhoneやiPadで「すぐメモしたい!」場合は手書きアプリ『NOTE ANYTIME』が便利 / お絵描きアプリにもなる

いくら文字入力の操作が速くても、“とっさの時のメモ” ならばペンと紙、すなわち手書きの方がスピーディーだ。自分だけが読めればいい。とりあえずメモることが重要なのだ。しかし、手元にはiPhoneしかない……なんて時はどうしたらいいのだろう。

音声録音するのもアリだろう。写真をとってメモっちゃうのもアリだろう。だが、ひとつ良いアプリがある。その名も『NOTE ANYTIME』。直感的に手書き入力できるだけではなく、その他の機能も充実しまくりなアプリなのだ!

続きを全部読む

海外ユーザーも期待大! ノートのように曲がるノートパソコンに世界の注目が集まる

様々な場所での仕事、勉強を可能にし、今や現代人の必需品となりつつあるノートパソコン。そして、その可能性を飛躍的に高める新型ノートパソコンのコンセプトが発表され、現在注目を集めています。

そのパソコンとは、まさにノートのように自由自在に曲げられる「The Real Notebook」。これはKim Min Seokさんが富士通の新しいノートパソコンとしてデザインしたもので、日本人だけでなく、海外の多くの人がその斬新さ、機能性に心奪われています。

続きを全部読む