「キャンプ飯」にまつわる記事

雪でキャンプに行けないから代わりに「道とん堀」に行ってみた! 期間限定キャンプ飯フェア

ベテランキャンパーのなかには「冬こそキャンプ本番!」という方もいるだろう。しんと静まりかえった雪山や、空気が澄んでどこまでも見通せる星空など、冬ならではの楽しみがあると思う。

残念ながら筆者の住んでいるところは冬季閉鎖のキャンプ場も多く、四輪駆動でもスリップする凍結路や、息がつまるほどの吹雪など、命にかかわる悪天候もしばしばなので、すっかりキャンプがご無沙汰だ。

ところがこの冬「お好み焼道とん堀」でキャンプ飯が食べられるだと!? それは聞き捨てならぬ!

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】正月に余った餅が大変身「あんバター餅サンド」がうま過ぎるから毎日食べたい / 表面カリカリ中ふわふわで感動的なおいしさ!

正月にお餅を食べ過ぎた……けど、まだかなり余っている。うーむ、ちょい飽きてきたところだしアレンジして美味しく食べたい。きっと同じ悩みを抱えている方も少なくないだろう。そこで今回は「あんバター餅サンド」を作ってみることにした。

いや実を言うと、最近、福袋でホットサンドメーカーを手に入れたので、早く使ってみたかったってのもある。なんでもホットサンドメーカーを使うと、表面はサクサクに中はモチモチに仕上がるらしい。いつもの焼き餅と異なる食感を求めて……デビューしてきました!

続きを全部読む

【ズボラ贅沢キャンプ飯】シェラカップで揚げるポテトチップスが簡単で旨すぎる! サワークリームスパイスが最高の組み合わせ!!

ポテトチップスは美味しい。これに異論を唱える人は少ないだろう。そんな美味しいポテチに関して、筆者が声を大にしてお伝えしたいと思っていることがある。それは「作りたてのポテチはもっと旨いぞ!!!!!!」ということだ。

今回は、筆者が一番美味しく簡単に食べられると思うアウトドアでのポテチの作り方をご紹介しよう。荷物少なく、準備も片付けも簡単なので作らなきゃ損だぞ!

続きを全部読む

【すぼら贅沢キャンプ飯】材料3つで作るフレンチトーストは至福の味 / 洗い物も1つで済むラクチンおやつです

キャンプ中に料理をする上で面倒くさいのは、要冷蔵の食材の保管と後片付け。このふたつさえなければもっと気軽に作るのに……。そう思うのは筆者がズボラ過ぎるからだろうか。

今回は「とにかく手間を減らしたい!」という筆者のような面倒くさがりキャンパーのためのオヤツ作りだ。何を作るかっていうと……フレンチトースト! 手順も片付けもビックリしちゃうぐらいに簡単だから、覚悟して見てほしい。

続きを全部読む

moz(モズ)ホットサンドメーカーはコンパクトで持ち運びに便利! 今すぐセブンイレブンで購入すべきキャンプギアだぞ!!

「こんな商品を待っていたんだよ……!」

ソイツをセブンイレブン店内で見つけた時、思わずガッツポーズをした。なんの話かって言うと、宝島社がセブンイレブン限定で販売をしている『moz OUTDOOR BOOK ホットサンドメーカー ver.』(税込2530円)のことだ。

筆者は年間を通して月に数回はキャンプへ出かけている、キャンプを愛するキャンプラバー。これまでずっと理想のホットサンドメーカーを探してアウトドアショップを巡りながらも見つけることができていなかったのだが……まさかコンビニで出会うとは思っていなかったぜ!

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】包丁も使わず10分で完成「サバ味噌カレーチーズ」が最高にうまい / 大人気サバ缶レシピにハズレなし!

大人気缶詰「サバ缶」を使ったレシピにハズレなし。どのようにアレンジしようと大体「うめえええ!」となる。キャンプおつまみにしても、ボリューミーな満腹メニューにしても最高だ。というわけで今回は「サバ味噌カレーチーズ」を作ってみることにした。

こちらサバの味噌煮缶詰を使った超時短レシピ。濃いめの味付けだから、ご飯が無限にススムくんだし、お酒のおつまみにもなるぞ。包丁も使わない簡単料理なので覚えておいて損はナシだ。さっそく作っていこう!

続きを全部読む

【100均ライフ】セリアで100円の『BBQ GRILL』はキャンプで活躍間違いなし! ホットサンドも焼けちゃうってお買い得過ぎ!!

「ついに100均アウトドアもここまで来たのか……。」そのアイテムを見つけた時、言いたくなった。

何の話かというと、セリアにて100円(税抜)で販売されている『BBQ GRILL』のことだ。横開きになる2枚の網が組み合わさった、その名の通り中に具材を入れて使うバーベキューグリルなのだが、パッケージを読んでみるとホットサンドメーカーとしても使えるということだったのだ。

ほぼ間違いなく国内最安値のホットサンドメーカーである本商品。先に結果をお伝えしておくと、「マジで最高!」と言いたくなる優秀アイテムであった。ただしちょっとした使い方のポイントと注意点を見つけたため、あわせてご紹介したい。

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】居酒屋メニュー「たらこと長芋のふわとろ焼き」が塩気が効いてクセになる美味しさ! 10分あれば作れる激ウマおつまみがこちらです

キャンプやバーベキューで “簡単な居酒屋メニュー” を披露すると100発100中で喜ばれる。豪快な肉料理に飽きた頃に、気の利いたおつまみをサッと作れるような人間になりたい。「こんなものしか作れないけど……」と言いながら、準備に準備を重ねた料理を出したいのだ。

そんなわけで今回は、居酒屋で見つけたらつい注文してしまうメニュー「たらこと長芋のふわとろ焼き」を作ってみることにした。スキレットやフライパンで作って、そのまま食べるのが最高。私のように料理が苦手な方も大丈夫、10分あれば激ウマおつまみができあがるぞ!

続きを全部読む

【ずぼら贅沢キャンプ飯】全部ダイソーのギアで作る! 10分でできるお手軽燻製でロマンを味わえ!!

燻製はロマンの料理である。こだわりのチーズや肉などをじっくり時間をかけて燻(いぶ)し、質の良いお酒と共にいただく。大人のたしなみだ。

ところが今回挑戦するのはロマンの正反対の場所に位置しているかもしれない100円ショップ、ダイソーの商品で作るお手軽燻製だ。燻す時間はわずか10分、準備を含めても20~30分ほどで簡単に作れちゃうからビックリしちゃったよ。

もちろん難しい作業は一切ナシ。ただし気を付けなきゃいけないポイントもあるから、要チェックだ!

続きを全部読む

【ずぼら贅沢キャンプ飯】「スンドゥブの素」で作るラーメンがウマすぎて感動! マジで店が出せるんじゃないかってレベル

筆者が丸大食品のスンドゥブの素に出会ったのは、ある日のキャンプの買い出し中のことだった。ズボラな筆者のキャンプ飯は、とにかく簡単でお腹がいっぱいになるものと決まっている。

ってなわけでこの時もラーメンあたりでお茶を濁そうと思っていたのだが、偶然目に入ったのがスンドゥブの素

試しに中華麺を入れて食べてみたところ大当たりで、マジで店が出せるんじゃないかってレベルで美味しかったのだ。

今回はそのスンドゥブ麺を作りながら「マイルド」「辛口」のふたつの辛さを比較してみたところ、丸大食品の研究力に感動することになってしまったぞ……!

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】華やかな「丸ごとカマンベールチーズのアヒージョ」はキャンプおつまみの主役になる! 熱々とろっとろでバカうまい!

キャンプおつまみの大定番といえば「アヒージョ」だ。オリーブオイルとニンニクで具材を煮込むシンプルな料理だから、準備が楽なうえに調理の過程も楽しめる。さらに見栄えが良くてウマいから最高なのだ。てことで、今回チャレンジしてみたのは……

カマンベールチーズのアヒージョ」である! カマンベールチーズを “丸ごと” 使ったキャンプならではの豪快料理。途中、思いっきりミスったものの最高に美味しかったぞ。料理苦手男子が悪戦苦闘しながら作るキャンプ飯……ぜひ続きをご覧いただきたい!

続きを全部読む

カルディのタンドリーチキンの素をバーベキューで使ってみたら → 香ばしさとスパイスのマリアージュ!

手軽で美味しい多国籍料理を食べたくなったらカルディへ向かうことにしている。カルディで売っているものは大体間違いないのだ。

それぐらいにカルディのセレクトに信頼をしている筆者がここ数年で一番好きな商品。それが今回ご紹介する、タンドリーチキンの素。ピリッと辛くて絶妙な塩っ辛さ、本格的なスパイスの香りが癖になってしまう。

鶏肉を漬け込んで焼くだけで絶品タンドリーチキンが量産できるこの商品、バーベキューで焼くことでもっと美味しくなるのではないかと思いついたので試しに行ってきた。

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】黒光りした濃厚なタレが激ウマ「帯広豚丼」はキャンプでも手軽に作れる! おこげも美味しいワイルド飯!

北海道の帯広名物といえば「豚丼」だ。炭火で焼いた香ばしい豚肉と、黒光りした甘辛いタレが特徴のどんぶり飯。あの超濃厚な豚丼をキャンプでも味わいたい……という方のために、今回は「帯広豚丼」を作ってみることにした。

こちら一般的なレシピ記事と違うのは、料理が苦手なオッサンが見よう見まねで作っていること。だから間抜けな失敗もするし、盛り付けのセンスもゼロだ。それでも今回の「帯広豚丼」は……かなりイケてる気がする! しかも美味しかったのでぜひ参考にしてみてほしい。

続きを全部読む

【金のほりにし】最強アウトドアスパイス『ほりにし』からプレミアム版が登場! トリュフ香る高級キャンプ飯

アウトドアにぴったりな調味料といえばなんだろうか?

様々な答えがあると思うが、マニアからライトユーザーまで圧倒的な人気を誇るのが、和歌山県の有名アウトドアショップOrangeが製造・販売するアウトドアスパイス『ほりにし』である。

その『ほりにし』からなんと! プレミアムバージョンということで、白トリュフ味の『金のほりにし』が発表されたぞ! これは食べねばなるまい、ということでゲットしたのでレビューしてみるぞ!

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】手を汚さずに作る「鶏つくね」は安くてうまい! 居酒屋気分で黄身に絡めて食べまくろうぜ!

シソの豚巻き串」や「はしまき」のように、1人ずつ取り分けやすいメニューをもうちょい覚えたい……ということで、今回は安くてうまい「鶏つくね」を作ってみることにした。なんでも手を汚さずに作れるらしい。キャンプでも大いに活躍が期待されるだろう。

居酒屋に行く機会がないから「鶏つくね」を食べるのもかなり久しぶりだ。ビールでも買って再会を祝福したい……皆さんも、それぞれ好きな飲み物を用意して居酒屋気分で楽しんでくれたまえ。簡単なようでチョイ苦戦した「鶏つくね」を作った様子はこちらです。

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】メスティンで作る「丸ごと玉ねぎスープ」がとろ〜りうんまいっ! 固形燃料に火をつけて放置するだけ!

万能クッカー「メスティン」を制する者はキャンプ飯を制す! と、言われているかどうかは知らないが、メスティンをうまく使いこなすことで料理の幅が格段に広がるのはたしか。持ち運びが楽だし調理も楽、そのまま食べれば後片付けも楽チンである。最高〜。

これまでメスティンを使った「ロコモコ丼」と「ガーリックバターステーキ丼」の簡単レシピを紹介した。今回は「丸ごと玉ねぎのスープ」を作るぞ。こちら過去最強レベルで簡単に作れるから、ガチで料理が苦手な方も試してみてほしい。それでは、さっそく調理開始ィィ!

続きを全部読む

提供:ZENB JAPAN

【最強】ZENBのスープヌードルがキャンプ飯に最高なワケ! 実際にキャンプで作って確かめてみた!

もうあなたはミツカンの「ZENBヌードル」を試してみただろうか? 以前の記事で “有能すぎて世界を救いそう” と紹介された究極ヌードルのことだ。食物繊維たっぷり、高タンパク質な黄えんどう豆100%の麺で、グルテンフリーなうえに激ウマ……って、あらためてスゲーな!

そして何と……2021年6月8日より『ZENBスープヌードル』が発売されたという。でもって、こいつがどうやらキャンプ飯に最高らしい。ほほう、キャンプ飯か。確かめてみるしかなさそうだな。というワケで、ガチでキャンプに行ってきた。

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】セブン「金の直火焼きハンバーグ」を使ったロコモコ丼が最高にうまい! メスティン使えばほぼほったらかしでOK!

だいぶ唐突だが、ワークマンで万能調理器具「メスティン」をゲットしたので、メスティンを使ったキャンプ飯レシピを覚えたい。どちらかと言えば手の込んだものではなく、現場で手軽に調理ができて美味しく食べられるやつ。というわけで今回は……

セブンイレブンの『金の直火焼きハンバーグ』を使ったロコモコ丼を作ることにした。キャンプ場ではレトルト食品を上手に活用するのもテクニックの1つらしい。効率的かつ超簡単に作れる……うえにセブンの「金のシリーズ」を使うからバカうまだ。すぐ真似してくれ!

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】「モンサンミッシェル風オムレツ」はシュワシュワ食感と優しい甘さが超オシャレ! 世界遺産を感じる失敗しないレシピはこちら!

キャンプ料理といえば「肉食系男子が作るワイルド飯」のイメージが強いかもしれないが、あえてオシャレ路線で攻めるのも全然アリ。つまり肉とか焼きそばはヤンチャ系男子に任せておいて……狙うは女性陣が喜ぶ “超絶オシャレ料理” であるっ!

そこで今回は、超絶オシャレ料理の代表格「モンサンミッシェル風オムレツ」を作ることにした。 “美しすぎる修道院” として知られるフランスの世界遺産・モン・サン=ミッシェル。現地の名物料理をマスターして、大自然の中でフランスの風を感じようぜ!

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】チーズトマトステーキは誰が作っても美味しいし食べ応え抜群! ワイルドな肉料理にも真っ向勝負できるぞ!

キャンプやバーベキューの主役はもちろんワイルドな肉料理だが、野菜がメインの料理も覚えておきたい。でもって、めっちゃ簡単に作れて食べ応えがあってビールにも合うやつ……今回は、そんな素人のワガママに完璧に応えられる料理を作ることにした。

料理名はズバリ……チーズトマトステーキ! 名前の時点で最高においしそう。こちら簡単かつ短時間で完成するうえに、誰が作ってもおいしくなるというミラクル料理だ。サクッと覚えて、ぜひ現場で使っていただきたい。それでは実際に作っていくぞ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2