「カレー」にまつわる記事

アパ社長カレーの専門店が東京・飯田橋にオープン! 実際に食ったら思わず「アパーッ!!」と叫びたくなった

アパ! と聞くとなぜか明るい気持ちになるのは、私(佐藤)だけではないはず。そんな「アパ!」でお馴染みのアパホテルには名物の社長カレーがあり、その専門店が2017年11月1日、東京・飯田橋にオープンした。

そこで、さっそく私が行ってみたところ……小さなお店ながら味は本格的。実際に食べてみると、社長の思いが詰まった味に、思わず「アパーッ!!」と叫びたくなった

続きを全部読む

あの「都こんぶ」がカレーに! 酸味とスパイスが夢の共演を果たした『中野の都こんぶカレー』を食べてみた!!

カレーにもいろいろある。スパイスや具によりガラリと姿を変える様子は、まるでルパン三世の峰不二子。あなたはどのタイプの不二子ちゃん……もとい、カレーがお好きだろうか。さて先日、記者が大阪の街をぶらついていたところ、「中野の都こんぶカレー」なるものに遭遇した。

おなじみの真っ赤なパッケージからも分かるように、あの「都こんぶ」が入ったカレーらしい。酸味と甘味が効いた昆布とスパイシーなカレーの組み合わせは、意外と合いそうだな。そんなことを思いながら食べてみると、想像をはるかに上回る酸っぱさ。正直、好みが分かれそうな味ではあったぞ。 

続きを全部読む

【超意外】カメラ屋だと思って入ったら、超ウマいカレー屋だったでござる! 「カレーの惑星」東京・下北沢

店の外観は、そのお店の「顔」である。その顔ひとつで売上に大きな影響を与える。お店の提供するサービスと外観がマッチしている方が、お客さんに戸惑いも少ないはず。しかし逆に、外観と店の中身が極端に違うと、意外性が生まれて話題になるだろう。

たとえば東京・下北沢の『カレーの惑星』は、外観だけでカレー屋と判断するのは難しい。なぜならどう見てもカメラ屋にしか見えないからだ。えっ……ここ、カレー屋だったの!?

続きを全部読む

【下北カレーフェス】喫茶店の「あの定番メニュー」をカレー味にしてしまったお店が登場! 生クリームの上に○○○○が!?

下北沢のカレーフェスティバルは、当然だが「カレーライス」がメイン。参加している約150の店舗は創意工夫して、ほかでは味わうことのできないオリジナルカレーを提供している。だが、そのすべてを食べることは難しいだろう。1日10軒回っても10日間で制覇することができないのだから。

特に小食の人は、1日に何軒もカレーを食べ歩くなんて非常にキビシイ。しかし安心して欲しい。カレーライス以外のカレーメニューを提供しているお店もある。喫茶ネグラは、なんとあの定番メニューをカレー味にしてしまった! そのメニューとは!?

続きを全部読む

【超絶インスタ映え】下北沢カレーフェスティバルに行ったら「カフェティント」のカレーを絶対撮るべし! 女子受け間違いなしだッ!!

今年も始まった! 東京・下北沢で毎年開催されている、「下北沢カレーフェスティバル」。このイベントは下北沢の飲食店がこぞって参加するカレーの祭典である。

今年は一体どんなお店が出店しているのだろうか? 公式サイトで参加店舗のカレーを確認したところ、もっとも視覚インパクトが大きかったのは、「カフェティント」の『バラとミントのピンクオムカレー』だ。どんな逸品なのかと早速食べに行ってみたところ……インパクト絶大! インスタ映えすること間違いなしの一品だったッ!!

続きを全部読む

ハラール対応のCoCo壱番屋に行ってみた! 物足りないかと思ったら全然アリだ!! 東京・秋葉原

カレーライスはラーメンと並んで日本の国民食といっても良いだろう。外国人観光客も日本で食べてみたいメニューのひとつとして考えているかもしれない。しかしイスラム教徒の場合、宗教上の理由で口にできないものがある。残念ながら一般的な日本のカレーには、彼らが口にできない食材が入っている場合が多いからだ。そんななか……

カレーチェーンのCoCo壱番屋(以下、ココイチ)が、イスラム教徒に配慮した「ハラール店舗」を2017年9月25日にオープンした。実際にお店に行きカレーを食べてみると……物足りないかと思ったら全然アリだった!

続きを全部読む

【裏ワザ】CoCo壱のカレーとドリンクを約300円安く注文する方法

世の中には、知ってるか知ってないかだけで損得が分かれる抜け道がある。「激安」という言葉を聞いて警戒する人もいると思うが、品質が同じであれば安くなって怒る人はいないはずだ

今回は、カレー専門チェーン『CoCo壱番屋(ココイチ)』で安く食べる裏ワザをご紹介しよう。なんと、その価格差は約300円! やだーッ! 差額でロースカツトッピングできちゃう!!

続きを全部読む

【悲報】東京の『パックマンカレー』が海外サイトでボロクソに叩かれる「クソまずいから絶対食うな」→ どれだけまずいのか実際に食べてみた

日本の食べ物は世界一ィィィィイイイ! 日本が誇る日本食。海外で日本食は大人気。そう思っていた時期が私(あひるねこ)にもありました……。そう、すべての日本食が絶賛されるわけではないのだ。叩かれる時は叩かれる。それが現実なのである。

先日、とある海外サイトに東京・新宿にあるVR施設「VR ZONE SHINJUKU」で提供されている『パックマンカレー』を酷評する記事が掲載された。「絶対に食うな」と読者に注意まで促している始末。マジかよ、一体どんだけまずかったんだ? 気になったので実際に食べに行ってきたぞ。

続きを全部読む

【コスパ最高】地元のリーマンに聞いたカレー屋「ホーカーズ」が安い・ウマい・辛いで有能すぎる! 2種盛りが激アツ!! 東京・田町

吉野家などはよく「安い・ウマい・早い」と表現されるが、基本的に外食をする場合はこれらを求めている人が多いように思う。特にお昼時は、このどれもが欠けてもダメだろう。ただ、ことカレーに関しては、あと1つ要素が欲しいところだ。そう、「辛い」である。

これらを全部満たしているカレー屋はないかと探していると、東京・田町に勤めるリーマンからあるお店を激プッシュされた。地元のリーマンのオススメなら信用できるな。というわけで実際に行ってみたところ、マジで「安い・ウマい・早い・辛い」の超優良店だったのだ! いいぞォ~ここ。

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】ウマい「そば屋のカレー」を食べたければここだ! 塩み漂う黄色いルーが五臓六腑に染み渡る東京・入谷『東嶋屋』

街を歩けば、世界の料理が何でもござれの現代。カレーにおいても、インドカレーから欧風カレーまで様々な種類があるが、なんだかんだ言って本格的なものより「昔ながらの日本的なカレーライスが一番好き」という人は多いだろう。

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。今回は、そんなカレーを極めている店をご紹介したい。また最強ランクの「そば屋のカレー」を見つけてしまった……。

続きを全部読む

【役所メシ】練馬区役所の食堂で安易に「メガカツカレー」を頼んではいけないたった1つの理由

「またか」、そう思っている人もいるだろう。安心して欲しい。誰よりも「またか」と思っているのは、この私(佐藤)だ。まさか、再びアノ衝撃に遭遇してしまうとは!!

いいか、聞く気のあるものだけに伝える。練馬区役所の食堂で安易にメガカツカレーを頼んではいけない。絶対だ、絶対にだッ! なぜなら……目黒区役所の食堂国会図書館の食堂でも同じようなことを書いた気がするが、その「たった1つの理由」をお伝えしよう。

続きを全部読む

【禁断の味】カレーに背脂たっぷり! カレーハウス「11イマサ」の背脂カレーがマジでヤバいッ!! 東京・新宿

「マシマシ」といえば、いわゆる二郎系ラーメンで注文時に使う魔法の言葉である。野菜や背脂を増量する時に、「マシマシで」とお願いする。もしもその言葉がカレー屋でも使えるとしたら、どう思うだろうか?

実は東京・新宿の老舗カレー店「カレーハウス 11(イレブン)イマサ」に驚きの新メニューが存在した! 『背脂カレー』である。背脂のマシは無料、マシマシはプラス30円。注文時にラーメンを頼む時のように「脂マシマシで」と言えるぞ~~ッ!

続きを全部読む

【謎すぎグルメ】松屋の「麻婆カレー」が麻婆なのかカレーなのか全くわからない! ウマいけど何度味わってもわからないんだ!!

気持ち悪いけど可愛いのが、キモカワイイ。大嫌い大嫌い大嫌い大好きが、モー娘のサマーナイトタウン。世の中には「どっちやねん!」とツッコみたくなるものが多々あるが、2017年8月8日より松屋が発売を開始した『麻婆カレー定食』も、なかなかのどっちやねん! ……である。

これは言葉の意味だけで言っているわけではなく、1人前キッチリ食べて来てなお「どっちやねん!」と戸惑っているのだ。何度味わっても……どれだけ舌に神経を集中させても、マジでサッパリわからない……おい麻婆カレー定食! お前は麻婆なのかカレーなのかどっちやねん!!

続きを全部読む

【正直レビュー】アメトーーク『カレー大好き芸人』が推す「バザーのカレー」を食べてみた結果 → 他では絶対に食べられない味だった

好きこそものの上手なれ。スポーツでも、仕事でも、食でも、好きなものへの情熱というのはバカにできない。そして、芸人たちが好きなものへの情熱を語り合う人気番組が『アメトーーク!』だ。

そんな本番組の企画「カレー大好き芸人」において、話題となったカレーが六本木ヒルズで再現されているという。何を隠そう私(中澤)もカレーが大好き。というわけで、その味を確かめてきた!

続きを全部読む

【もはや狂気】「てんや」の新商品が完全にカツカレーで笑った! 天丼にカレーをぶっかけた『ブラックカレーの豚天丼』爆誕!!

朗報だ。おれたちの「てんや」が帰ってきた。安くてウマい天丼を提供しながらも、定期的に意味不明な新商品を世に放たんとする「てんや」が帰ってきた。その過激な行動を、私(あひるねこ)は「乱心」と呼んでいるのだが、これは久しぶりに会心の乱心が見られそうだ。

2017年7月26日から新発売となった『ブラックカレーの豚天丼』は、元々はボツになった幻のメニューだったらしいのだが、テレビ番組『有吉弘行のダレトク!?』の企画により期間限定で販売されることになったのだ。ハッキリ言う。驚くことにこの新商品、完全にカツカレーである。

続きを全部読む

【役所メシ】目黒区役所のレストランで安易に「メガカレー」を頼んではいけないたった1つの理由 / 東京・中目黒

安くて美味しい料理を食べられるのは、町の食堂だけではない。役所の食堂でも、安くてボリュームのあるメニューを提供している。そんな「役所メシ」を紹介するシリーズ。今回取り上げるのは、東京・中目黒の目黒区役所のレストランである。

ここは一般にも開放されており、お昼時は券売機に長蛇の列ができる。たまたま早い時間に訪ねることができた私(佐藤)は、かなり軽い気持ちでメガカレー(780円)を注文してしまった。かなり安易であったと、後に反省することになる……。

続きを全部読む

知ってた? ココイチが展開する “あんかけスパ” の店「パスタ・デ・ココ」がかなりイイ! ココイチ式でパスタを注文できる

「ココイチ」(ココ壱番屋)といえば、言わずと知れたカレーのチェーン店。今さら説明するまでもないことだ。しかし、実はカレー以外の業態も展開している。そのひとつがラーメン店の「麺屋ココイチ」。そして東海地方の人には馴染みがある、あんかけスパゲティの「パスタ・デ・ココ」だ。

パスタ・デ・ココは、愛知・岐阜に33店舗。そして東京都港区にも1店舗出店している。ココイチのパスタとは一体どんなものなのか? 実際に行ってみたところ、本家のカレーに負けないボリュームとコストパフォーマンスであることがわかった。

続きを全部読む

【裏ワザ】激ウマカレー7種が食べ放題の「IKEAのカレービュッフェ」を500円で食べる方法

暑い暑い暑い! 暑いぞォォォオオオ!! 近頃の東京の気温は、まるで蒸し焼きにされているようだ。ジメジメと、日陰でもムワッと暑い。

こんな日はカレーに限る! 辛いカレーを食べて汗を流してスッキリするしかない!! というわけで、IKEAのカレービュッフェに行ってみた。

続きを全部読む

【朗報】松屋史上屈指のウマさ「ごろごろ煮込みチキンカレー」が本日から大復活!

吉野家・てんや・すき家にココイチ。どの店も我々庶民には欠かせないファストフード店だが、中でも「松屋」の安定感は特筆すべきものがある。ビビン丼やカレー牛などのレギュラーメニューはもちろん、期間限定系にも激ウマなメニューが紛れているからだ。

今回は2017年6月6日、つまり本日から復活した松屋史上屈指の激ウマメニュー『ごろごろ煮込みチキンカレー』についてお知らせしたい。ハッキリ言ってこれは食べておくべし! というか、期間中のカレーは全部『ごろごろ煮込みチキンカレー』でいいくらい激ウマだぞ!!

続きを全部読む

【最強レシピ】カレーライスにビッグマックソースをかけると激ウマ! コク深くクリーミーになってインド人もビックリ!!

突然だが、あなたはカレーライスを食べる時の付け合わせは福神漬け派? それともらっきょ派? もしくは、何もつけずに純粋にカレーの味を楽しむ人もいるだろう。またはカレーを作る時、隠し味にチョコレートを入れる人や砂糖を入れる人もいる。そう、カレーのアレンジは無限大だ

そんなカレーにビッグマックソースをかけてみたらどんなケミストリーが起こるのだろうか。気になったのでぶっかけてみたところ……激ウマ! インド人もビックリやでコレ!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 15