「すき家」にまつわる記事

すき家の「おでん」を単品で頼んではいけないたったひとつの理由

秋の長雨が続き、毎日寒い日が続いている。急激な気温の低下で、風邪などひいたりしていないだろうか? こんな寒い時は、温かい食べ物に限るッ! ……と、そんな絶好のタイミングで、あの牛丼の「すき家」が おでんの販売を開始した!!

これはイイ! 木枯らしの吹く寒い日に、おでんなんて最高やないの! 牛丼屋で「おでん」だなんて、なかなか通(つう)っぽくてオツじゃないの〜!! ということで、さっそく注文。しかし、あとあと「単品で注文すべきではなかった」と痛感したのである。それはなぜか?

続きを全部読む

【欲張り】すき家さん、まさかの「おでん」を発売へ

数ある牛丼チェーン店の中でも、とにかく欲張りなのが『すき家』だ。メインメニューの牛丼だけでも「チーズ牛丼」「ねぎ玉牛丼」「高菜明太マヨ牛丼」「かつぶしオクラ牛丼」……などなど、様々なバリエーションを常時販売している業界No.1欲張り牛丼チェーン店である。

そんなすき家が、2017年10月18日より「おでん」の販売をスタートするという。牛丼屋で……おでんだと? 確かに寒くなるこれからの時期におでんはピッタリのメニューだが、“牛丼屋でおでん” とはその発想はなかった。うーむ、すき家よ……なんて強欲なんだ!

続きを全部読む

【ダイエッター必見】すき家の新商品「ロカボ牛麺」を食べてみた → たった384kcalなのに食べ応え抜群!

桜が咲き、暖かくなってきた今日この頃。心機一転、ダイエットに取り組みはじめた方も多いのではないだろうか。ランニングやウォーキング、筋トレなどなど、軽い運動はそれなりに続けられたとしても、やはり難しいのが食事制限である。

本日2017年4月5日。全国のすき家で、体に負担をかけないダイエットとして注目されている “ロカボ” に適応した「ロカボ牛麺」なる新商品が発売開始となった。果たしてお味はいかがなものか? さっそく食べてみたので感想をご報告したい。

続きを全部読む

すき家のくせに890円もする「黒毛和牛のビーフカレー」が予想以上に美味くてビビった / まるで高級レストランのカレーみたい!

牛カツやビーフステーキ、ローストビーフ丼など、ここ数年の牛肉料理の人気ぶりには目を見張るものがある。そんな中、今度は「すき家」から上質な牛肉を使用したカレーが発売された。

本日2017年3月15日に発売となったその商品の名前は『黒毛和牛のビーフカレー』だ。名前の通り、国産の黒毛和牛を使用しているというこのカレー。値段も税込890円とやや高めの設定だが、果たしてお味はいかがなものか。

続きを全部読む

【すき家】ネットでひそかに話題の「チーズ肉下」牛丼を食べてみた / まさしく禁断の味ッ!! これは危険すぎる

外食産業が発明したメニューのなかで、もっとも革新的なもののひとつに「チーズインハンバーグ」があると思う。今でこそ当たり前だが、「ハンバーグの中にチーズを詰めよう!」、そう考えた人はノーベル賞ものであると私(佐藤)は考える。

「チーズと肉の組み合わせにハズレなし」、そう昔の人たちは言ったとか言わないとか、定かではないのだが、チーズと肉の相性は素晴らしい。その魅力を存分に体感できる、すき家の裏メニューがある。それは “チーズの肉下” と呼ばれる注文方法だ。

続きを全部読む

【発見】豚骨ラーメンに牛丼の肉をのせると超ウマい! 中国の「すき家」で食べた『牛肉ラーメン』は今すぐ逆輸入の価値アリ

大手牛丼チェーン「すき家」。日本人には馴染み深いお店だ。私(あひるねこ)は先日、この「すき家」である重要なことを学んだ。豚骨ラーメンに牛丼の肉をのせると、激しくウマいのである。「すき家」にラーメンなんてあった? 実は、中国の「すき家」での話なのだ。

中国に行った際に発見した「すき家」。そこで食べた『牛肉ラーメン』なるメニューは、当然日本の店舗には存在しない。おそらく中国限定の商品なのだろう。これが今すぐ日本に逆輸入していいレベルの、驚きの1杯だったのである!

続きを全部読む

【正直レビュー】1080円もするすき家の「和牛弁当」を食べてみた / ぶっちゃけ2回目はない

群馬県の1店舗でしか販売していない「すき家」の高級牛丼について、以前の記事で紹介した。その商品『すき家謹製 和牛弁当』はなんと1080円もする、すき家なのに……。

その和牛弁当が、2016年11月16日より期間・数量限定で全国販売している。国産黒毛和牛を使用しているとのことだが、はたしてウマいのか? 実際に食べてみた。

続きを全部読む

【大激怒】くら寿司の牛丼は本当に牛丼を超えているのか? 吉野家・松屋・すき家と食べ比べてみた → 吉野家に謝れッ!!

大手回転寿司チェーンのくら寿司は、2016年11月4日から牛丼(370円)の販売を開始した。おそれ多くも、「牛丼を超えた、『牛丼』」と銘打って販売開始したのだ。これは大手牛丼チェーンへの宣戦布告といっても過言ではないだろう。

実際に食べてみたところ、完全に言い過ぎであると思ったのだが、そこまで言うなら確かめるしかない。ということで、吉野家・松屋・すき家の大手3社の牛丼と食べ比べてみた。

続きを全部読む

くら寿司が販売を開始した「牛丼を超えた、『牛丼』」を食べてみた率直な感想 / 思い上がるな! 全然超えてねえッ!!

回転寿司業界の常識を次々と打ち破るくら寿司が、2016年11月4日からまた新たな商品の販売を開始した。その商品は牛丼である。それもただの牛丼ではないらしい。なにしろ、「牛丼を超えた、『牛丼』」と名付けたそうだ。

いやいや、牛丼を超えてたら、牛丼じゃないだろ。そこまで言うなら食ってみよう、ということで食ってみたら……。おい! 全然牛丼超えてねえじゃねえか! ウマいけど、これ牛丼だろ。思い上がるなよ! ウマいけど。

続きを全部読む

【激レア】すき家なのに1000円もする「和牛弁当」を食べてみた / 全国でもスズラン百貨店高崎店だけ

すき家といえば、牛丼チェーン店である。大手3社(すき家・吉野家・松屋)のなかでも、比較的価格が安く、利用している人も多いはず。そのすき家に1080円もする牛丼があるのをご存じだろうか?

群馬県高崎市のスズラン百貨店高崎店で、この「すき家謹製 和牛弁当」を販売している。すき家で1000円オーバー! 通常の牛丼は並盛で350円。その約3倍もするとは……。ってことはつまり3倍ウマいんだろうか?

続きを全部読む

【検証】すき家の「炭火豚丼」がメニューと実物の差がハンパないと話題 → 実際に頼んで比べてみた

大手牛丼チェーンの「すき家」は、2016年9月7日より『炭火豚丼』の販売を開始した。豚肩ロースと豚バラ肉を炭火でこんがりと焼き上げ、甘めの醤油ダレで仕上げた注目商品なのだが……一部ファンの間で「肉が少なくて残念」といった意見が相次いでいるという。

というわけで、最寄りのすき家に直行して実際に炭火豚丼を注文してみると、確かにメニューの画像とかけ離れている気が……。

続きを全部読む

【検証】『レモンで辛さが消える』という噂は本当なのか激辛料理で試してみた 「ココイチ10辛」「北極ラーメン」など

世の中には二通りの人間がいる。激辛料理が好きな者と、そうでない者だ。かくいう筆者は辛い料理が苦手。それでもいつかは、口から炎が出るレベルの激辛料理を食べても「余裕です」と言ってみたい願望があるのだが……どうやら「ある裏技」を使えば可能らしい。

聞くところによると、辛い料理が苦手な人でも「辛いと感じた時にレモンをかじる」だけで激辛料理を食べることができるというのだ……マジかよ。それなら試してみようということで、さっそくレモンを買って様々な激辛料理と対決してきたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【爆辛】すき家史上最も辛い「アラビアータ牛丼」が期間限定で発売! 頭が爆発してアフロになるレベルの辛さ!!

大手牛丼チェーンの『すき家』は、2016年8月22日より期間限定で「アラビアータ牛丼」の販売を開始した。どうやらこの新メニュー、すき家史上最も辛い牛丼らしい……とは言っても、「史上最も」ってどれくらいなの? と思う方も多いことだろう。

というわけで今回は、普段「とろ~り3種のチーズ牛丼」でぬくぬく育ってきた筆者が、夏の終わりに少し冒険したい気分だったので、すき家の本気に挑んでみたぞ。さっそく、どんな感じだったのかご覧いただこう!

続きを全部読む

松屋の「三色丼」がフリスビーと話題に! 実際に注文したらビート板だった!!

皆さんは覚えているだろうか? 今から4~5年前頃に、大手牛丼チェーン「すき家」が販売していた、まぐろたたき丼が「フリスビー」と呼ばれていたことを。これは盛り付けられたまぐろが、あたかもフリスビーのような形状をしていたことから、こう呼ばれていたのである。

あの懐かしの盛り付けを思い出させてくれる商品が登場したと、ネット上でひそかに話題になっている。すき家ではなく、今度は大手チェーンの「松屋」だ。2016年8月9日より販売開始となった三色丼(単品580円)。このまぐろがフリスビーしているそうなのだが……。実際に食べてみたぞ!

続きを全部読む

松屋が本気出してきた! 本日4/12発売「ごろごろチキンカレー」が思った以上に “ごろごろ” していてビックリした

以前の記事で、牛丼チェーン松屋の「担々エッグプレート」についてお伝えした。改良の余地はあるものの、かなり評価できるメニューだったのだが、その松屋がまた新たなメニューの提供を開始した。

それは「ごろごろチキンカレー」である。宣伝写真を見るとたしかにチキンがごろごろとしているけど、実際は違ったりするんじゃないの? 他社ではあるけど、2015年に販売された豚丼は写真と実物が随分違ったんだけど。気になったので実際に食べてみた。

続きを全部読む

【ロマン】すき家で「牛丼トッピング全部のせ」を注文したらこうなった

数ある牛丼チェーン店の中でも、安さと圧倒的な味のバリエーションを兼ね備えるのがすき家だ。「ねぎ玉牛丼」も「高菜明太マヨ牛丼」も「3種のチーズ牛丼」もウマい! ……が、実はすき家の牛丼の具は、100円~140円で個別にトッピングできることをご存じだろうか?

どの牛丼もウマいから、全部トッピングしたら至極のウマさが待っているハズ……! というわけで、すき家で『牛丼トッピング全部のせ』にチャレンジしてみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【検証】「シェフのオススメ下さい」と注文したら何が出てくるのかやってみた『すき家編』

シェフ。それは料理店の中心部キッチンを戦場に腕をふるう、気高き戦士たちのこと。お店の格式や規模、個人経営店かチェーン店かなどは関係なく、現場にいるシェフたちの想いは「お客様に美味しい料理を届けたい」だけである。

そんなシェフたちのオススメならば、間違いなく美味しいに違いない……! というわけで、「“シェフのオススメ下さい” と注文したら何が出てくるのか?」 を様々なお店で検証するのがこの企画。しばらく間は空いてしまったが、復活の第15回目は大手牛丼チェーン店『すき家』だ。

続きを全部読む

本日10/29より販売開始となったすき家の “新” 牛すき鍋定食を食べてみた!

2014年大手牛丼チェーンの「すき家」は、ワンオペ問題が取りざたされ労働環境の改善する必要に迫られた。ワンオペとはお店の運営をたった1人でまかなうというもの。深夜の時間帯などに従業員が1人しかいないことを見越して、強盗事件が相次ぎ発生する事態となった。

・今年は大丈夫?

特に牛すき鍋定食の期間には、スムーズな商品の提供ができなくなるなどの問題が起きていた。あれから時を経て2015年10月29日より、再び牛すき鍋定食の販売が始まった! 今年は大丈夫か? 心配なので早速食べに行ってみた。

続きを全部読む

【検証】復活したすき家の「豚丼」の肉が少ないというのでメニューと実物を比較してみた

大手牛丼チェーンの「すき家」は、2015年4月15日から牛丼並盛の価格を291円から350円に値上げした。低価格路線を貫いてきた同社が、主力商品を一気に約60円も値上げしたことに、消費者から悲しみの声が広がっていた。肉の量を20パーセント増量したとはいえ、60円もの値上げはかなり大きい。

・豚丼の肉が少ない?

そんななか、同社はある人気商品を復活させていた。その商品とは豚丼である。豚丼復活を心待ちにしているファンから、喜びの声が聞こえる一方で、肉が少ないのでは? との意見も相次いでいる。早速確認をしに行ってみると……。たしかにメニューの画像とかけ離れている印象は否めない……。

続きを全部読む

投票締め切り間近の「ブラック企業大賞」に急遽「たかの友梨ビューティクリニック」と「すき家」が追加ノミネート!

2012年から毎年行われている「ブラック企業大賞」。今年で3回目を数える今回の投票は、2014年7月からスタートし、9月5日17時にその締切を迎えることになっている。翌6日には授賞式が開かれる予定なのだが、ここへきて過去の大賞にはない異例の展開が発生した。

9月2日、ブラック企業大賞実行委員会はなんと2社を追加ノミネートしたのである! しかもその2企業については、7月から行われていた9社の投票とは別に、2社だけの投票枠を設けているのだ。その2社は次の企業だ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4