「知識」カテゴリーの記事

どうなってるの? 12人の少年がいつの間にか13人になるGIFアニメがスゴイ!!

とあるGIFアニメーションがインターネット上で話題となっている。このアニメ、最初に12人の少年が立っているのだが、しばらくすると右側の7人と左側の5人の上の部分だけがそっくり入れ替わる。たしかに12人いたはずなのに、入れ替わった後は13人になっているのだ。これは一体どういうこと?

続きを全部読む

年末年始に向けてタイヤ点検しておいたほうがいいぞ! ブリヂストンの『タイヤーセーフティー選手権』大賞決まる

さあ、やってきました年末進行。メチャクチャ忙しいけど、目指すは年末年始の冬休み。遠いふるさとで待っている、おとーちゃんやおかーちゃん、おじーちゃんやおばーちゃんに会いに行く日がやってくるぞ!

新幹線などの電車ならば問題ないが、車で帰郷する人は絶対に、ズエッテーにタイヤ点検しておこう。いくら愛車をチューンしても、地面に接しているのは4本のタイヤのわずかな面積。急な悪天候にも対応できるように、タイヤのミゾなんかはズエッテーにチェックだ。

そんなタイヤ点検の重要性を広めるために、あのブリヂストンが「タイヤ点検や交通安全」につながる動画やアイデアを競うコンテストを実施していたのはご存知だっただろうか? その名も「タイヤーセーフティー選手権」。つい先日まで開催されていた『東京モーターショー2011』にて表彰式があったのでチェックしてみたぞ!

続きを全部読む

笑えないほど良く当たる「数秘術占い」アプリが凄すぎる / 当たり過ぎて気持ち悪くなるレベル

正直申し上げて、私(記者:男)は占いを信じるたちではありません。気分次第でどうとでも受け取れるような言葉を並べられても、イマイチしっくり来ないのです。したがって、スマートフォンで占いをやるようなことは、今までして来ませんでした。アプリが無料であっても、必要ないと思っていたからです。

ところが2011年12月1日に、リリースされた「奇跡を呼ぶ的中数秘占い」というアプリが、エンターテイメントのカテゴリで1位を獲得し、多くのユーザーが「良く当たる」と答えているのです。もちろん、「当たらない」という意見もあるのですが、全員が当たると答えるよりも、ずっと信憑性があると感じました。

そこで、ちょっと試しにダウンロードして鑑定してみたところ、はっきり言って笑えないほど良く当たり、気持ち悪いとさえ感じてしまったのです。

続きを全部読む

食べすぎにご用心! ショウガや唐辛子料理の食べすぎで目の血管が破裂した男性

ショウガや唐辛子に代表されるは新陳代謝をアップし、食べると体がポカポカしてくる。体を温めるために食事以外にも飲み物などに取り入れてらっしゃる方も多いのではないだろうか。

だが過ぎたるは及ばざるがごとし。台湾ではショウガや唐辛子の食べ過ぎ原因でなんと目の血管が破裂し、出血してしまった男性がいるそうだ。

続きを全部読む

【iPhone4S】 プロの撮影テクで千葉の九十九里を撮影してきた! 富士山も見えて最高だった

iPhone4S持っていますかー?

私(記者)は発売日に購入し、完全にiPhoneにハマっている状態です。特にカメラは非常に性能がよく、接写に関してはiPhone4Sで事足りてしまうくらいです。編集部にいる記者たちも接写はiPhone4S、取材は一眼レフといった形で使い分けています。また、今のiPhoneにはフォトストリーム機能があるため、iPhoneで撮影したものを瞬時にPCに転送することもでき非常に便利です。仕事の効率は今までよりも数倍上がっていることでしょう。

続きを全部読む

中国人の写真の撮り方がすごい / 笑顔を引き出す撮影テク

笑顔まぶしい人物写真は美しい。人を撮る時は、なるべく笑顔を引き出したいものである。

さて、プロのカメラマンが子どもを撮影するとき、どのように笑顔を引き出すのかご存知だろうか? ぬいぐるみを出したり、音の出るオモチャを鳴らしたり、撮影する瞬間に一発芸をするなどして、自然な笑顔を引き出すのである。

そんな、笑顔を引き出す一発芸的なテクニックを、ごくごく自然なかたちで実践している「すごい体勢で撮影する中国人カメラマンたちの写真」が、数年前から話題になっている。

続きを全部読む

「マリファナを合法化すれば交通事故による死亡者が減る」って……ほんとですか!?

日本ではマリファナ合法化をめぐる議論はほとんどされず、もはやタブー視されている感もあるが、世界を見渡せば、実に多くの人々が、実に様々な理由でマリファナの合法化を訴えている。特にアメリカで議論が活発になっているテーマが医療目的のマリファナの合法化。実際に医療目的のマリファナが許可されている州も存在するが、その賛否をめぐって熱い論争が現在進行形で繰り広げられている。

そんなマリファナ合法化の是非をめぐる議論をさらに盛り上げてくれそうな調査結果が発表された。「マリファナを合法化すれば交通事故による死亡者が減る」というものである。

続きを全部読む

鉛筆女子必見! 「手が汚れる鉛筆の濃さはどのくらい?」を調査してみました

鉛筆で字や絵を書いていたら、いつの間にか指や小指側の手の端の部分が真っ黒になった経験……誰にでもあると思います。キレイに書けても、手で「ベーッ」とこすってしまい、汚れてしまうのです。手だけではなく、紙も汚れてしまいます。ついでに心も汚れてしまうかも知れません。

では、どのくらいの濃さの鉛筆から「ベーッ」となってしまうのでしょうか。濃さの違う鉛筆、薄い方から9H、8H、7H、6H、5H、4H、3H、2H、H、F、HB、B、2B、3B、4B、5B、6B、合計17種類を用意して、実際に調査してみました!

続きを全部読む

「雑煮」の全国分布がわかる地図が面白い

もういくつ寝るとお正月~♪ 2011年もすでに師走に入り、デパートやコンビニエンスストアでは「おせち」の予約受付を開始している。そう、もうお正月まで1カ月を切っている。正月といえば、おせちと並んで欠くことができないものが「雑煮」だ。家によって、または地域によってその調理方法が異なっているのだが、雑煮の全国分布をわかり易く紹介している地図が注目を集めている。その地図を見ると、全国で食べられている雑煮の実態が一目でわかるのだ。

続きを全部読む

食品の放射線量って、どうやって測るの? 放射線モニタリングセンターへ行って来たぞ!

大気中の放射線量を測るには、主にガイガーカウンターという専用の測定器で測定することは、もう皆さんご存知のはず。

でも、もっと気になるのは毎日食べる食品に含まれる放射濃度なんですよね。ガイガーカウンターでは、食料や水に含まれる放射性濃度を測ることはできないし……じゃあ、いったい、どうやって測定したらいいの?

続きを全部読む

笑える世界地図の意味づけ! 日本はやはり…

「世界地図を描いてください」といわれ、皆さんは頭の中に地形とその国名、それから国の特徴までを正確に描くことができますか?

以前当サイトで「台湾の子供が描いたとされる世界地図」をご紹介しましたが、今回も一般の人が描いたとされる話題の世界地図をご紹介します。地図にはフリーハンドで描かれた簡単な世界の地形に、その国の特徴を表す一言が記入されていますが、私たちの認識と違うところがたくさんあって面白いんですよ。
 
続きを全部読む

世界腐敗認識指数2011発表! 日本は14位、韓国43位、中国75位、最下位は北朝鮮

毎年、世界のトランスペアレンシー・インターナショナルより2011年版「世界腐敗認識指数(CPI)」が発表された。公共部門の汚職に代表される腐敗の認識レベルについて評価してものである。

発表された腐敗認識度マップでは色の薄い黄色が腐敗認識度が低い地域、濃い赤の部分が腐敗認識度が高い地域である。この調査で日本は14位との結果が出たそうだ。

続きを全部読む

冷えたピザの超簡単かつ最適な復活方法教えます!

大人も子どもも大好き、一人で食べても皆で食べても美味しいピザ。ところが、温め直すと途端に美味しさがダウンしてしまう。

レンジでチンすればシナシナのカピカピになるし、オーブンで焼けばパサパサになるし……余ったピザを美味しく食べるなんて無理だと思っているそこのあなた。諦めてはならない!

ネット上で様々なレシピを紹介し、美声で人気のシェフ・ジョンが、余ったピザをあたため直す簡単かつ最適な方法を説明する動画「Magic Pizza Reheat Method! – How to Get Crispy Crust on Leftover 」をご紹介しよう。その方法は以下の通り。
 
続きを全部読む

コントローラーは「おしっこ」 ! 英国メーカーがトイレで遊べるゲーム機を開発、広告ビジネスも狙う

ただぼんやりと目の前の壁を見つめるしかなかったあの時間。人によっては一日の中で誰にも邪魔されることのない数少ない貴重な時間だったかもしれない。しかし、ついにその時間が変わろうとしている。イギリスの会社がおしっこで操作できるゲーム機を開発したのだ。

イギリスの会社Captive Mediaが開発したこのゲーム機、便器の上の壁に埋め込んだスクリーンを見て操作するようになっている。コントローラーは「おしっこ」だ。スクリーンに表示される3つの指示「開始」「左」「右」に従って、狙いを定めておしっこをして、プレーする。手での操作は必要ない。

続きを全部読む

iPhoneのカメラモードではイヤホンの「+」ボタンもシャッターになるぞ

iPhone4Sのカメラは実に高性能。そんじょそこらのコンパクトデジカメよりも綺麗な写真が撮れるー!と大喜びの人も実は多い。

カメラを構える時は脇をしめ、ブレないように写すのが鉄則。だがしかし、画面内のシャッターボタン(カメラマーク)を押すと、場合によってはその強さによってブレたりすることもある。

ならばとばかりに、本体サイド部分にある音量の「+」ボタンでシャッターを押している人もいると思うが、それでもブレることはある。一体どうすればいいのだろうか。その答えはイヤホンにあった!

続きを全部読む

おとーちゃんの顔の上でスヤスヤねむる赤ちゃんが激カワなのら!

かわいいのら! 実にかわいいのら! YouTubeにロシア語でアップされた赤ちゃんスヤスヤ動画に、世界のネットユーザーたちも「かわいいのら!」という心境になっているようだ。

話題の動画のタイトルはロシア語だが、意味は「カワイイ!」といったものだ。タイトルからしてカワイイ推しである。果たして本当にカワイイのか。さっそく動画を見てみると……

続きを全部読む

ケータイ版「脳内メーカー」が2011冬バージョンにアップデートしたぞー!

名前や生年月日を入力するだけで、いま何を考えているのかを判定してくれるサービスといえば、かの有名な「脳内メーカー」である。

判定してみたら「金」や「異性」のことしか脳内に表示されていなかったり、たいていがギョッとする判定結果なのだが、ふと冷静に自分を振り返ってみると「あってるかも……」と思うこともしばしばだ。

そんな脳内メーカーが携帯サイトにも存在し、季節ごとにバージョンアップ! 2011冬Verが登場したもようなので、実際に試してみたぞ! ちなみに無料だ。

続きを全部読む

各テレビ局が放送拒否? 放送されなかった『通販生活秋冬号』のCM「原発国民投票」の真相に迫る

― 原発、いつ、やめるのか、それともいつ、再開するのか。それを決めるのは、電力会社でも役所でも政治家でもなくて、私たち国民一人一人。通販生活秋冬号の巻頭特集は、『原発国民投票』―

名優、大滝秀治さんのナレーションが自然と心に沁みてくる、シンプルな映像が印象的な、『通販生活秋冬号』(株式会社カタログハウス)のCMが今、話題を集めています。

続きを全部読む

ニュージーランドはもう少しで、夢の国「乳国」になるところでした

南西太平洋、ポリネシアに位置する島国ニュージーランド。総人口430万人のこの国は、1907年にイギリスより独立。現在もイギリス連邦加盟国である。日本との貿易も盛んに行われており、肉や乳製品などで知られている。またワーキングホリデーで訪れたという経験を持つ人もいるかもしれない。

そのニュージーランドの日本での略称が、危うく「乳国」になるはずだったというから驚きだ。もしもそうなっていたのなら、テレビニュースや新聞などで「首相、今年3度目の乳訪問」、「牛肉取引、乳と摩擦」という訳のわからない見出しがつけられたかもしれないのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 604
  4. 605
  5. 606
  6. 607
  7. 608
  8. 609
  9. 610
  10. ...
  11. 634