「映画」カテゴリーの記事

映画『ボヘミアン・ラプソディ』を見た直後に新宿二丁目へ直行した話 / ネタバレなし

私は今、猛烈に後悔している。映画『ボヘミアン・ラプソディ』をマークしていなかったことを。具体的に言うならば、公開日の11月9日に映画館へ行かなかったことを! そして、ここまで素晴らしい映画だと予想していなかったことを!!

もちろん、話題になっていたことは知っていた。しかしながら、姑息にも以下のように思っていたのだ。「良い映画らしいけど、スター・ウォーズの新作ほどの話題性はないんじゃないかな。だから、公開日に映画を見に行って記事を書いても、PV(ページビュー ※簡単に言うと閲覧された数)は伸びないかもな」と。

──殴りたい……。1週間前の自分を、猛烈に殴りたい。そして、こう言ってやりたい!

続きを全部読む

【国内外の反応】実写版『名探偵ピカチュウ』の予告編が公開 / ネットの声「超怖い」「意外とカワイイ」

2018年11月13日(日本時間)、ついに実写版『名探偵ピカチュウ』の予告編が公開された。YouTubeにアップされた動画「POKÉMON Detective Pikachu – Official Trailer #1」では数々のポケモンたちが登場し、もちろん実写のピカチュウも自由自在に動き回る。

ただ、リアルさが追求されていることで賛否両論。「超怖い」「意外とカワイイ」「おっさん声」など、いろんな声がSNSで飛び交っているので紹介しよう。まずは国内の反応から見ていこう。

続きを全部読む

【追悼】スタン・リーにアベンジャーズのメンバーがコメントを発表

アメコミの父こと「スタン・リー」が亡くなった。95歳だった。スパイダーマンをはじめ、多くのスーパーヒーローを生み出した巨匠の死に、世界中が悲しみに包まれている。

近年では映画化で世界規模の大成功を収めているマーベルユニバース。その中心にいたスタンの訃報に対し、アベンジャーズを筆頭に多くのスーパーヒーローたちがメッセージを発信しているのでご紹介したい。

続きを全部読む

原作ファンブチギレ炎上の実写映画『がっこうぐらし!』、予告編が公開され火に油かと思いきや「思ってたよりいい」の声

良くも悪くも話題を集めるアニメやマンガの実写化作品。様々なデフォルメがされた2次元の世界観を実写で完全に再現するのは難しいため、話題作ほど原作ファンからディスの声が吹き荒れる。中でも、ここ最近で一番炎上した実写化と言えば『がっこうぐらし!』だろう

場面写真が公開された際にはネット上が阿鼻叫喚となった本実写映画。この度、ついに予告編動画が公開された。これは火に油か? と思いきや、「思ったよりいい」という声もあがっている。

続きを全部読む

【奇跡】しょこたんがロケニューに降臨! 中川翔子が声優業でカルチャーショックを受けたこととは?

2018年11月2日、映画「ヴェノム」が公開される。その日本語吹き替え版の声優に私、P.K.サンジュンが挑戦したことは以前の記事でもご紹介したが、実はヒロイン「アン・ウェイング」の声を務めた中川翔子さんとも対面していた。

しかも、ちょこっとだけ掛け合いをさせてもらったら……しょこたん声優激ウマ! 全ッ然素人とはちげぇぇぇえええええ!! というわけで、今回は中川しょこたんに「声優としてのアレコレ」について聞いてみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【衝撃】誰も知らない『紅の豚』の秘密「ポルコは人間に戻ったのか?」プロレスマニアが語る「豚になった理由」がヤバイ

「飛ばねぇ豚は……」と言えば、日本人のうち1億人くらいは「ただの豚だ」と答えると思う。それほどに印象的な名言で知られる映画『紅の豚』が、2018年11月2日金曜ロードショーに登場する。

飛行艇乗りの生きざまを描く本作は、ジブリアニメの中でもグッと大人な作品。語るのは野暮といった雰囲気のキャラたちのやり取りがビターだ。ただ、あまりにみんなが大人すぎて、私(中澤)にはどうしても気になってしまうことがある。野暮だけど言わせてもらおう。結局、ポルコって人間に戻ったの

続きを全部読む

提供:東宝

【ガチ検証】スマホを落としただけなのに…もしも悪いヤツに拾われたら? どこまで個人情報がバレるのか実験してみた結果

落としたくないものベスト3といえば、おそらく「サイフ」「カギ」、そして「スマホ(携帯)」であろう。家を出る時や、どこかから立ち去る時など、絶対に私はその3点セットを確認する。なんなら指差し確認するくらいのレベルで。

サイフやカギを落としたら困るのは当然として、特に恐ろしいのはスマホである。なにせ個人情報が宇宙のごとく入っている。ということで今回は、もしもスマホを落としたとして、そこそこスキルのある悪いヤツに拾われたら、どのくらいの個人情報がわかってしまうのかを実験してみることにした。

続きを全部読む

【ガチ】映画「ヴェノム」の声優にチャレンジ! 中川翔子と奇跡のコラボは果たせたのか!?

2018年11月2日、話題の映画『ヴェノム』が公開される。本作は公開されれば大ヒットを飛ばすディズニー系マーベル作品とは一線を画す「ソニー系マーベル作品」で、コレが最高に面白い! 一足先に試写会へ足を運んだ私(P.K.サンジュン)は「久々にディズニー系以外で大ヒットするヒーロー映画になるかも」と感じた。

さて、そんな話題作の「日本語吹き替え版の声優」のオファーが、なぜか私のもとに届いたのは今から2カ月ほど前のこと。しかも「もしかしたらヒロイン役の中川翔子さんと掛け合いがあるかもしれません」というではないか。これは……とりあえず行くしかない。

続きを全部読む

『進撃の巨人』ハリウッド実写化決定! 諫山創先生「今考えられる最高の人選」と大歓喜!!

私(佐藤)の記憶に色濃く残っている漫画実写化作品がある。それは、実写版「進撃の巨人」だ。前編後編ともに映画館で見た。あの映画を忘れることができない。なぜなら、歴史に残るレベルのヤベエ作品だったからだ。原作を知る身としては、「どうしてこうなったーッ!」と叫ばずにはいられない内容で、あまりの衝撃で記憶から拭い去ることができないのである

それがもしかしたら、払拭される可能性が出てきた。なんと、進撃の巨人がハリウッド実写化することが発表されたぞ~! やったー! 記憶の上書きじゃーーーいッ!!

続きを全部読む

【衝撃】「名探偵コナン」の安室透さんが運転する車に乗せてもらったらほぼ地震だった / 4D版『ゼロの執行人』感想

全国8億5000万人の安室透ファンのみなさん、もうご覧になっただろうか。意味不明なレベルのヒットを記録した映画『名探偵コナン ゼロの執行人』の4D版が、期間限定で絶賛上映中である。4D版というのはつまり、映像に合わせてシートが動きまくるということだ。

以前の記事で私(あひるねこ)は、安室さんの車の助手席に「ちょっと乗ってみたい」と軽い気持ちで書いたことがある。ということは、むむっ? この4D版を利用すれば……安室さんのRX-7に実際に乗れてしまうではないか! こうしちゃいられねぇ……映画館へ急ぐぞ風見!!

続きを全部読む

【衝撃】誰も知らない『もののけ姫』の秘密 / プロレスマニアに聞いた「シシ神様の正体」がヤバイ

生きろ、そなたは美しい。はあ……アシタカさんマジイケメン。そんなイケメンが本日2018年10月26日、地上波に登場する。そう、金曜ロードショーで『もののけ姫』が放送されるのだ。

名作と名高い本作だが、私(中澤)にはどうしても気になることがある。それは「シシ神様って結局何なの?」ということ。そこで、プロレスマニアに聞いてみたところ衝撃の事実が判明した

続きを全部読む

またやりやがった! ソフトバンクが今度は「映画泥棒」のCMをパロディ!! パトランプ男が出てきて笑った!

ソフトバンクの攻めたCMが止まらない。つい最近、女優の菊川怜さんを起用して、ハズキルーペのCMをパロディしたばかりだというのに、また新たなCMで攻めの姿勢を示している。

動画SNS放題「ウルトラギガモンスター+」の新CMで、誰もが知るマナー映像のパロディを炸裂させたのだ。その映像とは、『NO MORE 映画泥棒』である。まさかあのパロディをやるとは、攻めてる……

続きを全部読む

【マジか】実写映画「キングダム」主要キャストが発表される / 過去の出演作品を調べてみたらスゴイことになっていた

ついにこの日が来てしまった……。本日2018年10月9日、人気漫画『キングダム』の実写映画の監督、そしてメインキャスト9名が発表されたのだ。信やエイ政といった人気キャラたちを誰が演じるのか? 多くのファンが気になっていたことと思う。

結論から書くと、今回発表されたのは山崎賢人さん、吉沢亮さん、長澤まさみさん、橋本環奈さんといった誰もが知っている人気俳優たちであった。それぞれの好みは置いておいて、この配役をあなたはどう見ただろうか?

続きを全部読む

提供:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

【想像の備え】もしも東京が破壊されたらどうなるのか? 不安なのでサバイバルの専門家たちに聞いてみた結果…

あまり考えたくないことだが、我々は常に「もしも」の時を考えておかなければならない。異常気象による震災はもちろん、その他の「何か」が起きた時のことも……。とりわけ東京は、「いつか何かが起こる」と考えられやすい都市である。

「もしも」が来て、東京か壊滅的に破壊されてしまったら……どんな状況になるのだろうか? そして我々は、どのように対処すれば良いのか? 考えれば考えるほど不安は募るばかりだが、ここはひとつ、専門家に聞いてみることにしよう。

続きを全部読む

提供:ワーナーブラザースジャパン

【感動巨編】ココイチの「全トッピングカレー」と死闘を繰り広げた結果……! 仲間を信じて共に闘った男たちの熱き記録!!

本日2018年10月5日に公開となった『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』。人気ゲームアプリ「モンスト」を元にしたオリジナルアニメ映画で、ファンはもちろん、モンストを知らない人でも楽しめるアクションバトルエンターテインメントだ!

さっそく私(あひるねこ)も見に行ったのだが、映画のキャッチコピーである「共に闘う。仲間を信じて。」という言葉に深く感動してしまった。シンプルだが、心躍る熱いフレーズではないか。ああ、私も闘いたい! 信じる仲間と共に!!

というわけで、編集部のメンバーと共に、ヤバすぎる敵と闘ってみることにした。相手はココイチこと CoCo壱番屋の「全トッピングカレー」だ。総重量7キロという正真正銘のモンスターである。こうして、我々と巨大カレーとの死闘が幕を開けた──。

続きを全部読む

【マジかよ】ロックマンがまさかの実写映画化決定! ただしネットでは不安の声も「ヘルメット問題どうすんの?」

1987年に第1作が発売されて以来、累計販売本数3200万本を記録する大人気ゲームシリーズ、ロックマン。テレビゲームに熱中したことがある誰もが1度くらいはプレイしたであろう、カプコンのド定番タイトルである。

そのロックマンがまさかの “実写映画化” という衝撃的なニュースが飛び込んできた。ロ、ロックマンが映画化だと……? 確かにネームバリューとしては申し分ないが、イヤな予感がしなくもない。だって、あのアーマーの実写化って不安すぎるだろ……。

続きを全部読む

【ハロウィン】嫌でも注目浴びそう…「凍結されたハン・ソロの浮き輪マット風コスチューム」がアイデア満点で笑える

気がつけば夏が終わり、もうすぐ10月である。この時期になるとハロウィンに向けて、そろそろ「なんの仮装をしようかなあ~」と考える人がいるのではないだろうか。

すでに流行に乗ったグッズが販売されているが、嫌でも周りから注目を浴びそうなものが海外にあった。「凍結されたハン・ソロの浮き輪マット風コスチューム」はアイデア満点で笑えるので、オプションに加えたら面白いかもしれないぞ!

続きを全部読む

【突撃】千眼美子にインタビューするフリしてイングヴェイしてみた

音楽で食べていきたい。そんな想いを胸に上京したあの日から早13年。私(中澤)がミュージシャンとして売れる兆しはゼロだ。ミュージシャンとして1発当てたい。そのためには、待ってるだけではダメだ!

そんな時、ちょうど千眼美子(清水富美加)さんが映画の声優をやるという話が舞い込んで来た。千眼さんと言えば、趣味がギターで作曲などもするという噂を聞く。そこで、映画のインタビューをするフリしてイングヴェイを弾いてみることにした。バンドやろうぜ!

続きを全部読む

スター・ウォーズ「BB−8」の製作スタッフが開発した『巨大ロボット』がカッコイイ! 6脚で人が搭乗可能!!

テクノロジーの進歩は待ったなし。ホームボタンのない「iPhone X」は2世代目が発売され、車に自動運転機能が付いたかと思えば、人を運ぶドローンタクシーの実用化まで進んでいる。

そんななか、海外で現実のものとは思えないようなロボットが誕生していた。今回はギネスワールドレコーズもスゴさを認めた巨大6脚ロボットをご紹介したい。まるでSF映画さながら、なんと人が乗ることもできるぞ!

続きを全部読む

【動画あり】『響け!ユーフォニアム』新学年を描く新作「誓いのフィナーレ」の特報映像が公開! 2019年4月19日全国ロードショー

サッカー部に野球部、陸上部など、部活にも色々あるけれど、私(中澤)が今になって「入りたい」と思うのが吹奏楽部。大人数で音楽を奏でるのって楽しそうだが実際はどうなんだろう? 大人になってからでは人集めからしてほぼ不可能である。

そんな吹奏楽部の青春を描いたアニメが『響け!ユーフォニアム』だ。人間関係の摩擦や葛藤、そして成長……テレビシリーズが大ヒットした本アニメの完全新作『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』の特報映像が公開され話題になっている。久美子が帰ってきた!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 68